こなメモ

忘れっぽい自分へのメモ書き。またの名を散財日記といいます。

カテゴリ: 欲しいもの

2ヶ月前に書きかけて途中だった記事、その【3】はサンダル&スニーカー。
加筆してアップします!

サンダル&スニーカーの前に余談から。
ここ1年ほど、私は次のシーズンのイメージ固めに、
海外ファッション通販サイトを役立てるようになりました。
よく見る海外ファッション通販サイトは……

NET-A-PORTER.COM(ネッタポルテ)
MATCHESFASHION.COM(マッチズファッション)
Farfetch(ファーフェッチ|日本語対応)

なぜ海外ファッション通販サイトなのか?
理由はいくつかあります。

・新入荷のクルーズ&SSコレクションをいち早く見られる
SSなら12月には新しい商品がサイト上に並び始めます。
ブランド毎の入荷数は少ないかもしれませんが、
多くのブランドを取り扱うサイトなら、集まればある程度の数になるもの。
入荷したアイテムを俯瞰することでシーズン全体の傾向が掴めてきます。

各コレクションの動画やLOOKは半年前には見られますが、
ファッションのプロでもない私には時期が早すぎて実感が湧きません(笑)。
かといって、日本の場合、本格的な立ち上がり時期はSSなら2月下旬〜3月上旬。
イメージを固める→買い足すものをリストアップ→リサーチ→購入→身につける、
という一連の流れを経るのに、準備期間が2ヶ月は欲しい私には2月では遅すぎて。
海外ファッション通販サイトは時期も見られるアイテム数もちょうど良いのです!

・ブランドミックスのスタイリングが提案されている
上でご紹介したような海外ファッション通販サイトは、
アイテム単体だけでなく、トップス、ボトムス、靴、バッグ、アクセサリーなど、
頭からつま先までのスタイリング込みで提案されていることが多く、
これが全体のシルエットや配色を捉えるのにとても役立ちます。

スタイリング提案は各ブランドでもされていますが、
同じブランドで固めたものは、あくまでもそのブランドが推したいイメージ。
空振りに終わることも少なくありません。
対して、ブランドを横断するスタイリングは、
個々のブランドが推すイメージを平均化したものになります。
その方が素人の私でも全体の傾向を掴みやすくなるな〜と。
スタイリングのセンスが良いNET-A-PORTER.COMは特に気に入っています。

というわけで、12月に海外ファッション通販サイトをチェックしまくった結果(笑)、
モノトーン、ネイビー、ブルー、イエローが心惹かれるカラーパレットに決定。
(後でライトベージュやグレージュといったニュアンスカラーも追加)

ここからが本題。色が決まれば、次は靴。
春夏の靴の主役は何といってもサンダルですが、
手持ちのサンダルはジャック・ロジャースの白トングサンダルのみ。
トングタイプなので真夏以外は履けません。

スニーカーも、昨年購入したNIKE FREEは蛍光ライトグレーの色がスポーティーすぎて、
普通の服に全く合わないという大失敗を仕出かしました(笑)。

今季は昨季にも増して、サンダルとスニーカーが楽しいシーズン。
定めたカラーパレットや手持ちアイテムとの相性が良く、
靴下を合わせても履けるサンダルとスニーカーが欲しい!
いくつか気になっているものをピックアップしました。

続きを読む

こちらも2015SS 気になるもの【1】MARNIコレクション同様、
2ヶ月前に書きかけて途中だった記事。加筆してアップします!


2015SSをどんな風に楽しみたいか、イメージを探りはじめた12月のこと。
原宿のユナイテッドアローズウィメンズ館をお邪魔すると、
2015SSのセレクト商品が何点か入荷していました。
その中でひときわ輝いて見えたのがこちら。

513482_in_xl
J.W.ANDERSON / Lemon-embroidered cotton-piqué polo shirt(NET-A-PORTERより)
J.W.アンダーソンのポロシャツ……の、厳密にはレモン刺繍。
白地に映えるレモンモチーフの何と爽やかなこと!
ひと目で、見飽きた冬物の閉塞感を打ち破る“レモンパワー”の虜になってしまいました。
梶井基次郎の小説「檸檬」よろしく、
J.W.アンダーソン氏が鬱屈とした鉛色の冬を爆破せんと、
ウィメンズ館にレモンポロシャツを置いて行ったに違いない(妄想)。
次にお邪魔した時は、もう、ポロシャツの姿はありませんでした。

DSC_6808
ちょうどその頃、私はアヲハタのレモンママレードにハマっていました。※
身体の内外からレモンパワーを欲していた可能性も。
※今もまだハマり中です。
※クリームチーズやココナッツオイルと共にトーストに塗るのが好きな食べ方。

かくして、レモンイエローとレモンモチーフが気になり出したのでした。
レモンの延長でパイナップルモチーフも♡
今季はイエローのアイテムを割とよく見掛けます。トレンドカラーの一つでしょうか?
広い面積に使うならスカート、ポイント使いなら靴下やアクセサリーが良さそう。
ポイント使いをリンクさせるならフットネイルもいいかも。

イエローはモノトーン、ニュートラルカラー、ネイビー、ブルーのいずれにも合うので、
何らかの形でぜひとも取り入れたいです。
落ち着きのあるスタイルにしたいときはMARNIコレクションの配色。
そこにイエローをプラスすれば元気なスタイルに早変わり。
焼き魚のレモン、刺身の小菊、漬け物のゆず……
ほんの少し添えるだけで全体を明るく照らす力はイエローならでは!?

▲靴下は実店舗で見たこちらのパイナップルモチーフ×透けるタイプが素敵でした。
マジメな靴やパンプスの外しに投入すれば、やり過ぎにならず楽しめそう!
アクセサリーは検討中のものが一つアリ。
2015年のウィッシュリストでイエローの傘が気になる、というのもこの件から。
財布探しで内側がイエローだったセリーヌの財布に惹かれたのもそうです(笑)。

レモン気分がいつまで続くか分かりませんが、
ここ2年ほど淡い色の気分が続いていた反動から、元気な色の力が欲しくなったのかもしれません。
それなら2年は気分が続くかな……?
ワードローブのカラーパレットが散らからない範囲でイエローを楽しみたいです。 

2ヶ月前に書きかけて、そのままだった記事です(笑)。
春夏のイメージを固めようと2015SSコレクションをパラパラと眺めていたら、
サムネール画像の一覧が表示された瞬間、心奪われるコレクションに出会いました。
MARNIの2015SSコレクションです。

とにかく色使いとその配分が素晴らしい!
鮮やかなLOOKもありますが、特筆すべきはモノトーン×ニュートラルカラー。
素肌の軽さが映える春夏ならではのドライでクリーンな雰囲気がとても美しくて。
モデル達はダークな髪色とナチュラルメイク。
日本の一般人でも参考になるバランスなのがまた良い♡
(スタイルは全く違いますが……)
今季は何かの形で、MARNIのエッセンスを取り入れたいものです。

※以下、画像は全てMARNI 2015春夏コレクション | Fashionsnap.comより引用


marni_2015ss-20140921_007-thumb-532x800-311483
サンドベージュ、白、ライトベージュ、黒。
ドレスとサンダルだけで、こんなにもクリーンで知的なスタイルに仕上げるとは!
一切のアクセサリーも強いメイクも不要。完璧な美しさです。

marni_2015ss-20140921_003-thumb-533x800-311479
上のLOOKと同じカラーパレットなのに、配分やシルエットで印象がガラリと変わる!
古代ローマ風でありながら、透ける袖と大胆な黒使いで、モダンにアップデートした感じ。
デザイナーのコンスエロ様は天才だと思う……。

marni_2015ss-20140921_050-thumb-532x800-311526
さらにさらに、カラーパレットはほぼ同じで、アップリケや織柄、フリルなどを大胆にミックス。
嘘みたいな組合せなのに見事に調和しています。不思議な魅力。

 T8-kzEe0TA
余白を埋める静かなライトベージュと、
大粒ビーズのネックレス、斜めに走る黒のアップリケ、丸いプリント柄が織りなす、
流れるようなリズムの対比に引き込まれてしまいました。
プリミティブには転ばないのも、さすが!

marni_2015ss-20140921_022-thumb-532x800-311498
こちらもグッと来たカラーパレット。
黒、杢グレー、ネイビーと来て、白ではなく、
アイボリー?オフホワイト?を合わせてくる色彩感覚。
全て好きな色なので、このLOOKのエッセンスを盗みたいものです。

marni_2015ss-20140921_027-thumb-532x800-311503
1枚目のニュートラルカラードレスの色違い。
見た瞬間、身体に電気が走ったLOOKです。
サンダルはメタリック×ホログラムカラー。こんな配色が成立するなんて!
ドレスに白の曲線という形で取り入れたセパレーションカラー使いも巧み。
→セパレーションカラーとは
セパレーションカラーは、ベルトや水平方向の切り替えで使われることが多いものですが、
曲線で使うと強い色同士でもエレガントにまとめ上げる効果が生まれるようです。
カーキ×ブルー×白も試してみたいな〜♡

ローデニム(RAW DENIM)。
和訳で生デニムとも呼ばれる、未洗い未加工のデニム生地のこと。
デニム復権の今季はローデニムに再び心惹かれています!
(今季はクラッシュデニムも来ていますが、心が動かないのと、
使い込まれた風合いが映えない私には地雷なので見送り)

DSC_7091

10年ほど前になるでしょうか。
当時、A.P.C.が大好きだった私は、そこで初めてローデニムと出会いました。
ムラのない深く締まった藍色。糊の効いた生真面目な表情。
なんとストイックでカッコいいのだろう!
レディースのニュースタンダードジーンズを手に入れて、
(綿100%ローデニムのストレートジーンズ)何年か愛用したのでした。

その後、一時的に甘いテイストが好きだった時代が訪れ、
ローデニムからはしばらく距離を置くことに。
再びローデニムの気分が戻り始めたのは一年前。
MACPHEEのローデニム(風?)タイトスカートがきっかけでした。

そして今季のデニム旋風。
10年前には無かったさまざまなローデニムアイテムがお目見えして、
ローデニム気分、完全復活♡
豊作のうちに何か取り入れたい!

こういうことがあるので、私はトレンドの存在を肯定的に捉えています。
トレンドは向こうから毎シーズン新たな提案をしてくれる“御用聞き”のようなもの。
スタイルの確立は大切ですが、確立したスタイルに固執したままでは、
変わっていく時代や環境、自分との間に徐々にズレが生じます。
その時々で、いいな、楽しそう、と思うものを取り入れてみれば、結果が成功でも失敗でも、
頑なになりがちなスタイルに何らかの化学変化が起きる……気がするのです。
トレンドを“追いかける”のは受け身。でも、自分から選ぶなら主導権は自分にあり!
とはいえ、“好き”の感情も、心理学でいうところの単純接触効果の可能性もありますが、
要は自分が楽しいかどうかで判断すればいいと思っています(適当)。

話を戻して。
気分が完全復活した私はローデニムアイテム調査に繰り出しました。
以下、試着記や気になるアイテムなどを、つれづれなるままに綴ります。

続きを読む

先日アップした、2015年に更新したいもの1位:バッグの中身の続きです。
バッグの中身以外で今年買い足したい&買い替えたいものをリストアップしました。
年初にリストアップすると効果絶大!
優先順位が低いアイテムの衝動買いを防いでくれます。
寄り道をするたび、本命から一歩遠のく」の呪文が強化されたのは言うまでもありません。

実際にリスト通りに揃えられるかどうかわかりませんが、書くだけならタダ。
というわけでリストの内訳をご紹介します♡
これらが控えていることもあり、服に回す予算は少なくなりそう……(笑)。
でも、それに気づけただけでも儲けものですね。
限りある予算を有効に使えるように頑張ろうっと!


2015wishlist
バッグの中身がPART1、今回がPART2です。



続きを読む

このページのトップヘ