こなメモ

忘れっぽい自分へのメモ書き。またの名を散財日記といいます。

カテゴリ: > インド&ネパールカレー探求

インド・ネパールカレー屋さんで惚れ込んだ味、ガーリックティッカ。
ぶつ切りにした鶏肉を、にんにく、マヨネーズ、スパイスで味付けして、
タンドール(窯)で蒸し焼きにした、
食欲をそそる香りと濃厚な味わいがたまらない一品です。

IMG_4124
▲お店のガーリックティッカ

時々無性にインド系カレーが食べたくなる“カレー病”もさることながら、
このガーリックティッカも、カレー病と同じくらいの中毒性を持っています。
しかし、カレーと合わせて、かなり高カロリー&高脂肪なのは間違いなし。
頻繁に食べるには決して身体に良い食事とは言えません。
せめてガーリックティッカだけでも家庭で再現できないものか……。

そこで、お店で食べた味をもとに、ガーリックティッカを自己流で作ることに。
タンドールならではの香ばしさや専門店の複雑なスパイス使いは再現できませんが、
試作2回目にして家庭でもそれっぽい味に近づけることができると分かりました。
ガーリックティッカが大好きなパートナーも“お店の味にかなり近い”と言ってくれるので、
お店の味を100としたら80には迫れたのではないかと思います!

DSC_3427
▲なんちゃってガーリックティッカ

タンドールの代わりに魚焼きグリルを使い、
スパイスは市販のカレー粉(私はヱスビーのカレー粉を使用)でできる、
難しい道具も材料もいらない、家庭でできる自己流ガーリックティッカです。

作り方はこちら

続きを読む

久々のインド・ネパールカレー探求記事です。
(年始に吉祥寺のシタルに行ったのですが、記事を書き損なったまま……)

昨日は中途半端な時間に外出したこともあり、
トースト一枚を食べて家を出た私のお腹に空腹警報が発令されました。
時刻は間もなく午後4時。どこの飲食店もランチタイムは終了している頃です。
しかし、しっかりと食べたい気分なので必死こいて検索(笑)。
「方南町 インドカレー」で最初にヒットしたカレー店・バラトは、
ランチタイムがなんと11時〜17時まで! 速攻で入店しました。

インドレストラン&バー バラト(食べログ)

店内は薄暗く、時間が時間だけに他のお客さんの姿は無し。
壁にはお約束のネパールビール&ヒマラヤ山脈のポスター。
こういう時は大抵、看板にインドカレーと書いてあっても、実態はネパール人のお店です。
夜メニューにモモがあるからほぼ間違いないかと。
その方が「日本人に分かりやすいから」らしい。そりゃそうだよね。

店員は壁のテレビ(現地の放送)を見て時間をつぶしていた、
インドorネパール人シェフと思しきおやっさん一人。
せっかくテレビを楽しんでいたのに割り込んでごめんなさい(笑)。
注文が通じるか心配でしたが、その点はまったく問題ありませんでした。


続きを読む

昨日のカレー初めで訪れたのは、ネパールカレー店のネパーリチューロ。
過去記事でもご紹介した庶民派カレー店です。

R0014079
(過去記事の外観写真を流用)

家からは少し遠いのですが、食べ飽きない味と手頃な価格、
そして気さくなネパール人マスターに会いたくて、
応援の気持ちも込めて通っています。

ただ、残念なことに、ここ数ヶ月マスターにお会いできていません。
もう一店舗の方(つつじヶ丘)にいらっしゃるのか、帰国されたのか……。
今は日本語がおぼつかないネパール人ホールスタッフがマスターの代わりをしています。
気配り上手で日本語が達者なマスターに比べると見劣りしてしまいますが、
大らかな接客もアジア系料理店の醍醐味と思って。

今回はカレー初め記念(笑)ということで、久々のカレーレポートです。
このお店はランチもディナーも全体的にお手頃価格。
味に強いクセはなく(おそらくパウダースパイス)、
どのメニューも比較的食べやすい部類だと思います。
ホールスパイスでエッジの効いた本場らしいカレーも好きですが、
パウダースパイスの中庸さも食べ飽きない安定感があって良いものです。
ランチタイムには小さな子を連れたママさんグループで賑わうのも分かる気がします。

続きを読む

どの辺に需要があるのか(そもそも需要はあるのか)全く不明なカテゴリ、
インド&ネパールカレー探求。主に自分用の備忘録カテゴリです。


銀座で道草の日、ソフトバンクショップやユニクロを回るうちに
お腹が減ったものの時刻は15時。ランチタイムをとうに過ぎてしまいました。
どうしようかと思っていたとき、目に飛び込んだのは
「ランチタイム11:00〜16:00」「インド料理」の看板。即決でした。

インド料理 マハラジャ銀座店

店内は居心地のよさを感じる程度に薄暗く、
落ち着いた雰囲気。
インドカレー店にありがちなボリューム大のインド音楽もなく、
客数がまばらな時間帯も手伝って、一人でもくつろげました。

注文したのは「マハラジャランチ」1,150円。
・2種類のカリー(6種類から選択)
・タンドーリ(マライカバブ、チキンティッカ各1)
・ナンorライス
・サラダ

R0015196
カレーはメニュー名を失念しましたが、
パラックパニール(ほうれん草とチーズのカレー)、とマトンカレーに。
このお店はカレーの器が円筒ではなく半球タイプでした。

■カレー ☆☆☆☆☆5
本当においしい。スパイスがよく効いています。
カレーの器は小さめでしたが、お腹は十分に満たされました。
ランチタイム終了間際でも煮込み過ぎたり香りが飛んだりしていない
丁寧なカレーを提供しているお店だと思います。

パラックパニールはほうれん草の青臭さや繊維のとろみがちゃんと感じられ、
チーズの濃厚な風味もカレーにしっかり溶け出しています。
パラックパニールは以前カルディで買ったレトルト(後述)が一番美味しかったので、
実際のお店でおいしいと思えるものを味わえて幸せです。
お店の方にこの喜びを伝えたところ、ほうれん草をすりつぶすところから
手間を惜しまず作っています、とのことでした。

マトンカレーは大きめのマトンが4個ごろごろ。柔らかくほぐれます。
独特の甘酸っぱさと強い辛み、スパイスの香りのバランスは素晴らしいの一言。
今までで一番マトンカレーが美味しいと感じたのは
名古屋のアリアナレストランですが、それに匹敵する味わいです。

■ナン ☆☆☆★★3
表面に油を塗らない、甘さは少なく塩気が強いタイプでした。
普段は2枚食べる私でもカレーの濃厚さとナンの塩気のせいか一枚が限界。
このお店のカレーの濃さなら油を塗らなくても問題なしですが、
塩気はもう少し控えめの方が良かったです。

■タンドーリ ☆☆☆★4
2種類とも
パサパサ感は少なくジューシー。
独特の香ばしさが食欲をそそります。ちょっと塩気が強いかな?

■接客 ☆☆☆☆☆5
女性スタッフの方の気遣いが細やかで丁寧でした。
白シャツを着ていた私に「お召し物が白いので汚れないように」と
紙ナプキンを渡してくださったり、水もこまめに注いで回っていました。
グループ客が帰り際に道を尋ねていましたが、方向音痴の私でも理解できるほど
分かりやすく説明されていてビックリ。素晴らしい接客でした。

■今回のお店
インド料理 マハラジャ銀座店
JR名古屋セントラルタワーズ13Fにあるマハラジャと系列店だったのですね。
名古屋のマハラジャはお値段の割には……だったのですが、
銀座のマハラジャはクオリティーと
立地を考えると納得の価格です。


□おまけ
カルディで買った絶品パラックパニール、調べてみました。
私が以前買っていた物はこちら。廃盤商品のようです。
アンビカ パラックパニール

同メーカーがパッケージと商品名をリニューアルしたものがこちら。
アンビカほうれん草のカッテージチーズカレー(パラック パニール) 200g
アンビカ ほうれん草のカッテージチーズカレー(パラック パニール) 200g
(カルディコーヒーファーム)


以前買っていたものはたっぷり280g入りで店頭価格294円だったと記憶しています。
現行品は200g入りで350円。お得感が減って少し寂しいです。

消防訓練で脳の普段使わない部分を使ったのか、やたらお腹が減る始末。
こんなときはカレー店に駆け込むのが一番です。

今日は月1くらいでお邪魔している西永福のネパール料理店
「ネパーリチューロ」さんに行ってきました。
食べログには何故か店名が英語表記で登録されているので
検索に出てきません。→食べログ:NEPALI CHULO
(以前はお店の公式サイトもありましたが、ドメインを更新
していないのか、見られなくなっていました)
R0014079
お店の外観。色調といい、右上の謎の顔といい、それっぽい
怪しげな雰囲気がたまりません。
外からは中の様子がよく見えないこともあり、インド・ネパールカレー店に
抵抗がない人でなければ、普通の人は入りにくいみたいですね。
そのせいか、表でメニューを見ていると店主の方が中から出てきますw
すみません優柔不断なもので…先にメニューを決めてから入店したいだけです。

R0014080
遠目で初めてこれを見た時、ナンの巨大模型が飾ってあると
信じて疑わなかった壁画。単に立体的に描かれている絵でした。
ナンてこったい。

R0014074
今日は日曜なので、掲示してあるのはホリデーランチメニューです。
チーズナンセットにしました。カレーはチキンカレー。
マトンカレーにしようとしたら今日はありませんでしたw
それにしてもチーズナン付きで千円を切る945円とは良心価格です。

R0014075
インド・ネパールカレー店おなじみ、すぐに出てくるサラダ。
キャベツ、水菜、人参のサラダで結構ボリュームがあります。
右上の貝殻のお皿は「おかず」(メニューにそう書いてある)。
日替わりセットとチャイルドセット以外のカレーセットメニューには
サラダ、ドリンクに加え「おかず」という名の謎の小皿が付いてきます。
おかずの正体はスパイシーなオクラの和え物のようなもの。
スパイスが効いていて辛みが強く、少し酸味もあってとてもおいしい。
これ単品でおつまみになりそうな程おいしいのに、メニューに無い…。
ちなみに、パートナーと来たときは「辛すぎる」とギブアップされ
私が全部食べました。辛いものが苦手な方には厳しいかもしれません。

R0014077
チキンカレーとチーズナン。
鶏肉は大きいものが2つと、小さい欠片がいくつか入っています。
カレーはとろみが強めでざらりとした舌触り。
辛さは無指定ですが結構辛く、そのかわり甘さもあるため
トータルでは中辛といったところ。ナンとよく合う味です。
チーズナンは8インチピザ大で放射状にカットされています。
チーズが中からはみ出すくらいたっぷり入っていて食べ応え満点。
2枚目以降は普通のナンをおかわりできますが、チーズナンは
かなりお腹に溜まるのでやめておきました。
ちなみに、このお店のナンは薄甘で塩気も程よく食べやすいですよ。
厚みもフワフワとパリパリの間くらいでバランスが良いのです。

R0014078
チャイと
ランチサービスのアイスクリーム。
今日は普通のバニラでしたが、抹茶アイスやココナッツ風味のアイスが
出てきたこともあります。このお店は日によってガラガラな時も多く、
何かとおトク感を出して頑張っているのかもしれません。
潰れてもらっては困るのでちょくちょく通ってはいますが…
最近はそれなりにお客さんが入っている気がして嬉しいです。
以前、お店の看板にスプレーで落書きをされるいたずらがあり、
店主の方が悲しそうな顔で
その話をしていたのが忘れられません。
言葉も文化も違う異国でお店を出すなんて本当にすごいこと、
心ないいたずらに負けずに、この調子で繁盛して欲しいものです。


実はつい先日もカレー店に行ってきました。
銀座に行ったついでに京橋のグランドダージリンで念願の
ミールスを食べたのですが…ドリンク、サラダは別料金の割に
量が少なめで、しかもその日のカレーがあまり口に合わず
物足りなさが残ってしまいました。
場所が場所なだけに値段が高くなるのは仕方ないかもしれませんが、
カレーは気軽に食べに行ける料理であってほしい私としては
わざわざ高くて回転が早い(落ち着けない)都心で食べなくても、
郊外の安くておいしいお店に行けば良いと改めて思うのでありました。

このページのトップヘ