2006年12月

2006年12月27日

俊輔同点弾!ループシュート決める

スコットランド・プレミアリーグ セルティック2─2ダンディーU(26日、英国グラスゴー) セルティックに所属するMF中村俊輔(28)が26日のダンディーUにリーグ21戦連続先発出場、獅子奮迅の活躍を見せた。0―2で迎えた後半33分にDFオディーのヘディングゴールをアシストすると、同35分に左足で約23メートルのループシュートを決めて、同点。1得点1アシストとし、敗北寸前のチームをドローにまで引き上げた。今季リーグ戦はこれで6得点6アシスト。ホーム連勝記録は14でストップしたが、同不敗記録は15に伸びた。死にかけたセルティックを俊輔の左足が救った。今季初のホーム2失点を喫し、敗戦ムードが漂い始めた後半33分、右サイドでFKのチャンスを得ると、キッカーには俊輔が立った。滞空時間の長い放物線がゴール前に上がり、寸分の狂い無しにDFオディーの頭にピタリ。1点を返したチームは一気に沸き返った。2分後。左サイドでボールを受けた俊輔は相手GKの位置を確認するとすかさず左足を振り抜いた。フワリと浮いた約23メートルのループシュートはGKの頭を越えて、右隅に飛び込んだ。後半ロスタイム、俊輔が起点となった攻撃が相手DFを崩し、最後はMFリオーダンが無人のゴールに蹴り込んだが、惜しくもポストに嫌われた。今季ホーム全14戦で勝利を飾ってきたが、連勝はこの日ストップ。だが、辛うじて俊輔の活躍で敗戦は逃れた。リーグ戦は6得点6アシスト。チャンピオンズリーグを含めれば、8得点と大暴れだ。試合後、MVPに選ばれた俊輔に対し、大きな拍手が鳴りやまなかった。

映像を見たけどすごいループだったな〜。

qoo01qoo02 at 13:45|この記事のURLTrackBack(0)スポーツ 

藤原紀香3

c5b70b81.jpg10日に結納を交わした女優、藤原紀香(35)とお笑いタレント、陣内智則(32)が大安の26日、都内でツーショットの婚約会見を行った。紀香の「芸人の嫁になるんで、三歩下がってついていきます」の言葉に、陣内は「藤原紀香に嫁ぐと言われないよう、僕が頑張らなきゃ」と大きくうなずいた。しっかり女房を得た陣くん、1000万円超のダイヤの指輪を贈ったんだから、あとは頑張るっきゃない!!挙式は2007年2月17日に神戸・生田神社で行われる。

もって3年とみた!w

qoo01qoo02 at 13:41|この記事のURLTrackBack(0)芸能 

2006年12月26日

HGがプロレス大賞授賞式に出席、再会した元ライバル・棚橋との対戦を熱望

2006年プロレス大賞の新人賞に輝いたハッスルのHGが25日、都内ホテルで行われた授賞式に出席した。お笑いではもらえなかった新人賞を受賞したHGは、「お笑い界では箸にも棒にもかからなかったのに、プロレスラーとして新人賞をいただけたのは、芸人になるときは思いもしなかった。私は今、FED(ファイティングED・戦う勃起不全)なんですけど、精神的に回復できるきっかけをもらえた気がします」と喜びをかみしめた。この日は普段は絡むことのないノアの丸藤正道や高山善廣との競演も実現。さらに、学生プロレス時代にしのぎを削った新日本プロレスの棚橋弘至とも再会。公の場で初の2ショットを披露したHGは「やっぱり1回ヤッてみたいですね。いろんなしがらみがあってバッチコーイしてもらえませんが、プロレス界はボーダレスなので可能性はあると思います」と、夢の対決を熱望した。しかし、旧交を温めあう2人の背後に怪しい影が。なぜか毎年、“獲物”を物色しに会場に潜入している男色ディーノが指を加えて2人に熱い視線を送っていたのだ。ディーノはヘビのように2人の体に絡みつくと下半身を物色。「いつか3人でヤリましょうよ」とタッグ結成を呼びかけた。「学生プロレス出身で、同じ男色キャラということでずっと意識はしてたんで、今日は会えてよかった」と語ったHGだったが、「ずっと汗をかいてましたね」と苦笑い。「試合をしても、お互いに股間の取り合い、穴の攻めあいになるから、たぶんおもしろくないと思う。でも、いつか機会があれば」と“男色対決”の可能性を示唆した。
 その後もメカマミー、デーモン小暮閣下、アニマル浜口&京子親子と対面。「気合だ!」と「フォーッ!」のコラボレーションも実現した。

HGは頑張ってたもんね〜w

qoo01qoo02 at 08:23|この記事のURLTrackBack(0)スポーツ 

松嶋初音3

f63ef698.jpgサンケイスポーツ月曜芸能面でコラムを連載しているタレント、松嶋初音(19)が25日、新作DVD「初音色」(GPミュージアムソフト、3990円)を発売した。同作では身長1メートル58、B86W56H88のボディーを緑や赤、銀など6色の水着で披露。また長野・上田を舞台に、女子高生役を演じる物語シーンは、グラドルを超えた演技を見せてくれる。肩もあらわの妖艶な着物姿にはドッキリ。松嶋は「とてもきれいに撮れたイメージシーンに注目して欲しい。大人になったなぁと思わせます」とPRしている。

キュートだねw

qoo01qoo02 at 08:18|この記事のURLTrackBack(0)グラビア 

釈由美子3

49a6f239.jpg釈由美子(28)がコメディーに初挑戦するフジテレビ系ドラマ「ヒミツの花園」(来年1月9日スタート、火曜午後10時)の制作発表が25日、都内で行われた。ドラマは、ファッション誌編集者だった28歳の女性が、少女漫画編集部へ異動になり、人気少女漫画家の花園ゆり子を担当したことから起こる喜劇を描く。釈演じる編集者が、花園の自宅を訪ねると、男4人の姿が。実は彼らこそ「花園ゆり子」を名乗る4兄弟だったというストーリー。長男(堺雅人)二男(要潤)三男(池田鉄洋)四男(本郷奏多)は、いずれも個性的なキャラクターで、釈は「偶然ですが、私も4姉妹の二女。でも、女同士だと友達みたいな感覚なんですが、男兄弟だと結束力があっていいですね」と話していた。

ニットの服っていいよねw

qoo01qoo02 at 08:17|この記事のURLTrackBack(0)芸能 

2006年12月25日

チュートリアルがM1完全V

若手漫才日本一決定戦「M−1グランプリ2006」の決勝戦が24日、東京・六本木のテレビ朝日で行われ、チュートリアルが優勝した。決勝予選では700点満点の664点で1位通過。最終決戦では島田紳助、松本人志ら審査員7人から満票を得て、大会6年目で初のパーフェクトVを達成した。安定した笑いは取るものの賞レースでは1位に無縁だった「隠れた関西の爆笑王」が、優勝賞金1000万円を獲得した。イケメン徳井義実(31)は顔をこわばらせ、癒やし系丸顔の福田充徳(31)は、トレードマークにもなった額いっぱいの汗。「明らかに1位慣れしてへんな…と」と、照れた徳井の表情は、昨年5位の雪辱を果たした充実感に満ちていた。フットボールアワーと麒麟という優勝候補が残った最終決戦を満票で制した。今年で6回目のM−1グランプリで初快挙だった。M−1初開催の01年に決勝進出したが、最下位に沈んだ。福田は「ホンマにもう、芸人やめたいと思った」と振り返る。昨年、2回目の決勝に挑んだが、最終3組に残れなかった。徳井は「(優勝は)信じられない、いう気持ち、ホンマにあんねんな、と。M−1で傷付けられ、M−1で自信をつけました」。イケメンに秘め続けた闘志をのぞかせた。というのもコンビは、多数ある関西の新人賞レースで常に次点止まり。「最優秀」「1位」に縁がなく「とくにフットには、base(よしもと=大阪の若手劇場)のイベントでさえ勝ったことない」。フットは関西新人賞レース5冠を達成しており、対照的なコンビだった。ただこの日は、最終決戦に残ったフットのツッコミ後藤輝基(32)が気負って顔面真っ赤だったのに比べ、マイペースを保った。福田が「いや、冷蔵庫買うねん」と言えば、徳井が「えーっ、もう兄さん、やんちゃやな〜」。常識外れの返しで、客席を徳井の妄想ワールドに引き込む得意技を連発。数々の惜敗を無駄にせず養われた舞台度胸が、完全勝利を呼び込んだ。

勢いがあって面白かったもんね。笑飯はもうダメだなw

qoo01qoo02 at 14:45|この記事のURLTrackBack(0)芸能 

ほしのあき5

3940f79d.jpgグラビアアイドルのほしのあきが24日、都内で2冊組写真集「ダブ☆ハピ」の出版記念サイン会を開いた。写真集では中学のブルマ姿を披露し「15年ぶりぐらいなので、入らないかと思ったけど、意外といけました」と一安心。

萌えですなw

qoo01qoo02 at 14:40|この記事のURLTrackBack(0)グラビア 

川原洋子3

23be348f.jpg発売中のDVD「プリ尻」で、身長168センチ、B92・W58・H89という完璧ボディーを披露する川原洋子。“最大露出”に挑戦、93分間じっくりと堪能できる。また、リラクゼーションサロン「URURU」もプロデュースしているのだ。

いい体っすねw

qoo01qoo02 at 14:39|この記事のURLTrackBack(0)グラビア 

2006年12月22日

姉歯被告が保釈金500万円で保釈へ

9月に東京地裁で保釈を許可された耐震強度偽装事件の元1級建築士姉歯秀次被告(49)が21日、保釈保証金500万円を納付した。同日中にも保釈される。

ほとぼりが冷めたと思ったのかな?!w

qoo01qoo02 at 09:46|この記事のURLTrackBack(0)一般 

倖田來未3

128f35ef.jpg歌手、倖田來未(24)が「第39回オリコン年間ランキング2006」(平成17年12月5日付〜18年12月18日付)でアーティストのトータルセールス1位に輝き、21日、千葉市内のホテルで行われた表彰式に出席した。シングル12曲連続トップ10入りや第2弾ベスト盤の発売などで総売り上げは127億円となり、女性アーティストの100億円突破は浜崎あゆみ以来3年ぶりの快挙に。「デビュー6周年に入り…クラブで歌っていた時代もあったけど、このような賞がいただけるまでになってうれしい」と喜びを爆発させていた。

アユを越えたかな?!w

qoo01qoo02 at 08:35|この記事のURLTrackBack(0)芸能 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profile

qoo01qoo02