卵巣がんステージⅣでも、人生楽しく前向きに。喜怒哀楽を大事にね。

夫と猫2匹と暮らす40代のどこにでもいる普通の主婦です。 2018年2月、卵巣癌(高異型度漿液性腺癌)ステージⅣbと告知されました。※※※※夫と二人三脚の闘病風景や体調の記録、日常(たまに猫)のことなどを綴っています。

2018年04月

闘い前の腹ごしらえ

こんばんは。

皆様、楽しいGWを満喫してますでしょうか?

私の方は、いよいよ明日から3クール目の抗がん剤治療のため入院となります!

本当は先週、治療に入る予定だったんですが、前回血液検査をした時、副作用の骨髄抑制により白血球数が低下したままだったので治療が延期となりました。明日朝イチで再度、血液検査をして問題なければそのまま入院、翌日に抗がん剤投与となります。

多分、今回は治療に入れると思います。
根拠はないですが・・・


抗がん剤も3クール目なので、治療自体はだいぶ気が楽になりました。入院準備も慣れたものです(笑)ただ、やっぱりその後の副作用のことを思うと憂鬱感は否めません

でも、様々な理由があって治療をしたくても出来ない方がおられる中で、治療が出来るってだけでもありがたいことなんですよね・・・。 

弱音吐いてちゃダメですね。
今回も副作用に負けないよう、気を強く持って頑張りたいと思います 


※※※
さて、そんなわけで今日は、明日からの闘い(笑)に向けて元気を出そうと、夫がお寿司屋さんへ連れて行ってくれました(私は抗がん剤治療中でも生もの気にせず食べちゃってます)

やったーお寿司大好き


にぎり寿司(大盛り)
1525056550363
にぎり13貫と巻物3個。あとガリ。
ランチなので、これで1000円(税込)なんです~


そして、こちらがちらし寿司(大盛り)
1525056558940
こっちもランチで同価格です。
ネタがどっさりで幸せに満たされます・・・



では実食。
BlogPaint
(※音は出してません)


!?

お味噌汁美味しい・・・!
エビの出汁が効いてて、まろみのある甘さがとても美味しいです。


そして、お寿司もいただきますと・・・



ピカーーーーーーーー!!


BlogPaint

お寿司も本当に美味しい。
特に中トロの絶妙なトロけ具合がたまりませんでした。
終始笑ってました(笑)


さー腹ごしらえも済んだので、明日からの治療、頑張ってくるぞー!
入院後もリアルタイムで色々ご報告出来ればいいなと思います。

それでは今日もご覧頂き、ありがとうございます。

ランキングに参加中です。
↓ポチッと頂けると更新の励みになります(^o^)丿
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村




 

最近あったちょっといい話

こんにちは。
いつもご訪問ありがとうございます

今日は、最近あったちょっといい話についてお話します。


※※※
少し前のことです。
某駅へ行ったら改札近くに、こんなコーナーが設けられてました。
web2-1524972695946

『ねがいの樹』と書かれたポスター大の紙。
桜の花びらをかたどったミニカードに、4月の新生活に向けての夢や目標を書き、箱に入れておくと駅員さんが貼ってくれるというものです。

私、結構こういうのに参加するのが好きで、せっかくなんで病気が治るよう祈ってみました

『がんが消えますように!!』




すると・・・

後日、駅を利用した時に何気なく自分の書いたカードを見てみたら・・・







BlogPaint

わ~~~~!
オレンジのペンで、どなたかの応援メッセージが

驚きとともに、ちょっと嬉しかったです。

なので、うっすらお礼を書いときました(本当に薄い)
BlogPaint
ただ、翌日にはコーナーが撤去されてたので、残念ながら私が書いた返事はお相手に伝わってないだろうな~と思います


ちなみにこのコーナー、書いた時は全く気付かなかったんですが、よくよく見てみると・・・
web2-1525063146427







実は・・・









web3-1525063146427



見・落・と・し・て・ま・し・た!!(笑)



きっと応援メッセージくれた方は、若いのにがんになって気の毒に・・・と思いながら書いてくれたんでしょうね・・・。すいません、新入生でも新社会人でもなく、ただの普通のオバサンでした!

それでは今日もご覧頂き、ありがとうございます。
ランキングに参加中です。
↓ポチッと頂けると更新の励みになります(^o^)丿
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村





医療用麻薬のおかげ~薬について②

こんにちは。
いつも拙いブログにご訪問いただきまして、ありがとうございます

今日もこちらは風が強いです
洗濯物を干したはいいが、飛んでいきそうな勢いでちょっと心配


ちなみに、ふと寝室を見たら『ごめん寝』してたギャーコ
1524049750053-2web
なんか笑えますね


※※※
さて、今日は昨日の記事の続きです。

2月下旬。
医療用麻薬を処方されてしばらく経った頃、初めて抗がん剤治療(TC療法)を行いました。

知識としては持っていた抗がん剤の副作用に初めて直面した私と夫は、そのあまりの凄まじい状態に苦しみ戸惑い焦りました。オキシコドンやオキノーム散を服用しても体中の痛みが治まらず、動くことが出来ないまま布団の中で言葉にならない唸り声を上げるほどのものでした。

それを横目に見つつ何も出来ないことに歯がゆさを感じた夫が病院に電話をしたのです。
病院の回答は「以前処方したカロナールが余っているならそれを服用して下さい」とのことでした。

医療用麻薬であるオキシコドンですら効かないのに、カロナールなんて効くの?と半信半疑でしたが、藁にもすがる思いで家に残っていた数少ないカロナールを飲んでしばらくすると、痛みが少し弱まりました。それでも3~4時間の間だけ。
入院中、看護師さんにカロナールは8時間置きに服用と言われてたので、なんとか痛みに耐えつつ時間を空けて、結局6時間置きにカロナールを服用していました。

やがて、抗がん剤の副作用が弱まるにつれて痛みも緩和され、抗がん剤投与4~5日後にはカロナールも1日6錠くらいに落ち着いてきました。

カロナールありがとう

また、病院に電話をして私の代わりに薬を取りに行ってくれた夫や、対応してくれた看護師さんに感謝です。


後の診察で
K先生が言ってたのですが、痛み止めには「細い神経に効くもの」と「太い神経に効くもの」があるそうです。オキシコドンは細い神経に、カロナールは太い神経に効くとのことです。

なるほどな・・・

確かに痛みには様々なものがあり、自分が体感しているものでも数種類あります。一概に痛み止めと言っても全ての痛みに通用するわけでは無いんですね。勉強になりました(ちなみに、オキシコドンやカロナールでも効かない厄介な痛みもあります


補足ですが、オキシコドン・オキノーム散を服用した際に私が感じた副作用は、強い眠気と便秘でした。眠気に関しては現在ほとんどありませんが、便秘は相変わらずなので下剤(マグミット・スインプロイク)を併用しています。マグミットは1日5錠ほどです。
※スインプロイクはオピオイド(医療用麻薬)誘発性便秘症に効く下剤です。


余談ですが、副作用なのか定かではないのですが、医療用麻薬を服用し始めて5~6日後から右太腿の外側に痺れるような(酷い時は火傷したような)痛みが起こり、服が少し擦れただけでも痛みを感じるようになりました。現在は両太腿に症状があります(
痛みに差はありますが)。

それで初期の頃、太腿の痛みをK
先生に相談した際、病気によるものではないかと言われ、治療を開始してみないとなんとも言えないと言われましたが、抗がん剤治療2クールを終えた現在も症状が治まらないので、また今度の診察日にでも訊いてみようと思います。 


薬は、同じ病気・症状でも、その人その人で処方される種類や用法・用量が変わります。私の場合は記載した薬の服用で痛みのコントロールが出来るようになり、現在は簡単な家事や外出など出来ています。

昨日の記事からの繰り返しになりますが、処方された薬に対して何か不安がある場合には医師や薬剤師、看護師に納得いくまで相談しましょう
そして自分に合った薬を効果的に使用して、病気であっても極力QOLを下げず、少しでも痛みや苦しみのない日常が送れると良いなぁと思います

最後までご覧頂き、ありがとうございます。

ランキングに参加中です。
↓ポチッと頂けると更新の励みになります(^o^)丿
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村 





 

医療用麻薬のおかげ~薬について①

こんにちは。
本日も拙いブログにご訪問ありがとうございます

今日、私の住む地域は日中、日差しが強く半袖でも十分なくらいの気候でした。今日は少し遠くまで散歩に出掛けたのですが、GW初日ということもあってかいつもより家族連れが多く感じられました。

今年のGWは残念ながら治療と重なってしまいますが、皆様は是非私の分までお出掛けやグルメ、旅行など、日頃の疲れを癒して思いっきり楽しんで来て下さいね
私は皆様のお土産話を楽しみに治療を頑張りたいと思います!


※※※
さて、昨日の記事の最後に載せたビスコの箱の中身です。
BlogPaint

おわかりになるだろうか・・・(笑)

はい、私が現在服用している薬が入っています。病気が発覚して薬が増えて行くにつれ、夫が「そうだ、薬入れがいるな!」と思いつき、その時食べていたビスコを一気食いして薬箱にしてくれました。

え・・・ビスコって・・・雑だな!!


それ以降、薬の管理は何故か夫の担当となり、私が病院からもらった薬袋から薬を出してビスコ箱に足そうとすると、「いいから!俺がやるから!!」と触らせてくれなくなりました


そんなわけで今日は私が服用している薬、主に医療用麻薬(オキシコドン・オキノーム散)などについてのお話をします。

まず、1月の試験的開腹手術後に腹痛を抑制するためカロナールが処方されました。入院時から痛みがある時に服用しています。
それが2月に入ると徐々に腹痛が強くなり、カロナールを飲んでも治まらなくなりました。2月7日のがん告知で、ショックで混乱をしつつも、痛みの原因がわかって納得。どうりで手術をしたのに症状が改善されないわけだ・・・と。

そしてその場で疼痛を抑えるための医療用麻薬の説明を受けました。『医療用』とは付いていますが麻薬という言葉に大きな抵抗を持ちました。

毎日服用しても大丈夫なの?

中毒や依存症などにはならないの?

素人の私の頭にはこんな疑問が浮かびました。

また、医療用麻薬と聞いて一番に思いつくモルヒネのように、服用すると寝たきりや意識混濁になるのではないかという怖さもありました(あくまでも私個人のイメージです)。
主治医の
K先生の説明で不安が全て払拭されたわけではありませんでしたが、常時襲う痛みには耐えられず、医療用麻薬のオキシコドン(初めは5mg)を指示された用法通り12時間に1回服用するようにしました。

また、レスキュー用にオキノーム散
2.5mgも処方されました。
服用を始めて数日が経過し様子を見ましたが、服用後しばらくは痛みが治まるものの、効果が切れる数時間前(繋ぎ目)からジワジワと痛みが強くなり耐えられない程に・・・。

ですが、やはり『医療用』とはいえ『麻薬』。
レスキューのオキノーム散を飲むのはためらいました。しつこく夫に諭されてようやく飲む・・・といった状態が続きました。それでもレスキューを飲んでもどうにも痛みのコントロールがうまく行かず、オキシコドンの量も
20日間という短いスパンで10mg→20mg→30mg→40mg→60mg/1日と徐々に増えていきました。

夫や看護師さんに「痛みを取り除くことが何より大事」「痛みがあると生活の質が下がる」「がんの痛みは耐える価値がない」と説得されてレスキューも抵抗なく飲めるように。
現在はオキシコドン60
mg/1日とオキノーム散10mg(1日1~2包)で痛みのコントロールがほぼ出来ています。


さて、医療用麻薬を服用するにあたって思ったのは、「優先すべきは痛みを抑えて
QOLを維持する」ということです。当時はそれが解らずに無駄に痛みを我慢している時間がありました。

私と同じく医療用麻薬の服用に抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、どうか服用をためらって痛みを我慢しないで下さい。
痛みがあると心身ともに疲弊します。
痛み止めを効果的に利用して、日々病気とうまく付き合って行ければ良いですよね

それでは長くなってしまいましたので、続きはまた次回に

今日もご覧頂き、ありがとうございます。

ランキングに参加中です。
↓ポチッと頂けると更新の励みになります(^o^)丿
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村 





開腹手術後の痛み・怒り・癒し③

こんにちは。

まず初めに昨日の記事についてお詫びいたします

昨日の記事内にお腹の創の画像を掲載しましたが、見る方によっては御不快になると思い、クリックをすると見られるよう折りたたんで投稿しました。ですが、折りたたみが有効になるのはPCのみで、スマホではTOP画面にいきなり画像が掲載される仕様となっておりました
気が付いた時点ですぐに画像を削除しましたが、その間にご訪問下さったスマホユーザーの皆様には大変申し訳なく、深くお詫び申し上げます


※※※
さて今日は『開腹手術後の痛み・怒り・癒し②』の続きです。(ちなみにカテゴリー欄の『病気が発覚する前の話』をクリックしますと、以前の記事を時系列でまとめて読むことが出来ます)


1月
26日(入院10日目/術後7日目)
術後1週間が経ちだいぶ動けるようになってきて、回復に向かっていることを実感していました。そして、病院でもらった入院~退院指導計画書に書いてある術後のスケジュールを確認すると、この日はお腹の創の抜糸ならぬ抜鉤(ばっこう)の日。

い、いよいよか・・・

シャワーの時に数えたお腹の針は
10個以上。

これをまた、バヂンバヂンと取ってくのか・・・

私、生きてられるかな・・・

いつ始まるかわからない抜鉤の恐怖に怯えながら、朝からスマホで「抜鉤」「痛み」で検索しまくる私。夫からメールで「抜鉤は毛抜きで毛を抜くイメージらしい」との情報をもらい、少し安心しつつその時を待ちました。

14
時過ぎ、いつものように颯爽とK先生が現れて看護師さんと抜鉤準備を始めました。いざとなるとやはり怖気づいた私は、

私『あの、やっぱり抜鉤ってすごく痛いんですか・・・?』

と訊くと、

K
先生『(ケロッと)あ~痛いのはむしろ、(創に貼ってる)ガーゼを剥がす方ですから』

と仰いました。

・・・そう、仰いました。

・・・そう仰ったのにぃ~!!!

バヂンバヂンバヂンバヂンバヂン・・・!!!!!

痛だだだだだだだだだだっ!!
やっぱりすっごく痛た
--------い!!!

確かに毛抜きのような痛さではありましたが、1本ずつとかじゃなくてなんか毛を
10本まとめてブチブチ抜くような痛みでした!しかも何故か1ヶ所だけ超痛い所があって涙でた・・・。 ドレーンに続き、抜鉤もトラウマになりました(ワーン)。
ちなみに、この抜鉤の時に居合わせた看護師さんに、後に心無いことを言われたのですがその話はまた後日にでも・・・。

1月
2728日(入院11日目・退院日/術後8~9日目)
腹痛や点滴痛はまだあるものの、だいぶ動き回れるようになりました。また、この日からガスが多数回に渡り出るようになり、その度に強い腹痛が起こっていました。入院前に現れていた排便前痛のような症状です。ですが、何はともあれ退院指導を受けて、無事に退院することが出来ました。


以上が、1月に行なわれた試験的開腹手術後~退院までの記録です。
(①~③と長々とお付き合いくださり、ありがとうございます)

・・・思えば検査のために
MRIを撮りに行ってその場で急きょ入院が決まり、あれよあれよと言う間に手術を終えて退院までこぎつけた私ですが、この時はまだ自分がまさか「がん」を患っていることなど知る由もありませんでした。

るんるん気分で退院して、あ~やっと好きな物が食べられるなぁ、家族や友達にも会いたいし、仕事も早く復帰しなきゃ、と、いつも通りの日常を取り戻した(と思ってる)私の横で、嫁の病気を1人知らされていた夫の当時の心境を思うと、今更ながら申し訳ない気持ちになります。

ちなみに最近、夫と当時を振り返って色々話していたら、普段メンタルの強い夫が「退院してからがん告知までの期間は、俺もさすがに辛かった」と言っていました。

一人で抱えさせちゃってごめんね・・・

身近な人が病気になるということは、その周囲の人たちをも巻き込んで辛い気持ちに陥らせてしまいます。
でも、病気になった今でこそ思うのは、悲観的になったり、落ち込んだり、謝り続けたり、逆に無理して明るく装うのではなく、等身大でその時その時の正直な気持ちを素直に出して、ストレスを溜めずに闘病を続けることが治癒への近道であり、それこそが周囲への最大の恩返しになるんじゃないかなぁということです。


※※※
ちなみに。
1524805542759-2web
次回はこのビスコの箱の中身のお話。

それではご覧頂き、ありがとうございます。

ランキングに参加中です。
↓ポチッと頂けると更新の励みになります(^o^)丿
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村




 

開腹手術後の痛み・怒り・癒し②

こんばんは。
いつも拙いブログにご訪問ありがとうございます

今日は日差しが強い割に、風があって涼しかったです。 
今日も体調が割と良かったので、いつものように最寄駅の方まで散歩に行きました。来週の抗がん剤治療に向けて、少しでも体力をつけようと日々食べて動くことを意識しています。

まだまだ運動は出来ませんが2回目の手術が終わって落ち着いたら、少しずつ家で出来る簡単な運動を始めたいなと思ってます


※※※
さて今日は先日の記事『開腹手術後の痛み・怒り・癒し①』の続きです。(ちなみにカテゴリー欄の『病気が発覚する前の話』をクリックしますと、以前の記事を時系列でまとめて読むことが出来ます)


1月22日(入院6日目/術後3日目)
前日のドレーンを抜いた時のショックから未だ立ち直れず・・・
とはいえ、術後3日目ともなると少しずつ体を動かせるようになり、ようやく排尿チューブ(バルーン)ともおさらば出来て一人でトイレに行けるようになりました。あ、排尿チューブを抜く時はさほど痛みはありませんでした(ホッ)。

食事も朝から五分粥になり、久し振りに完食。

ちなみに前回の記事で書きそびれましたが、前日は流動食でした。お見舞いに来てくれた姉が少しずつ食べさせてくれて、丸2日ぶりの食事はとても幸せを感じました。自然と「美味しい、すごく美味しい」という言葉が何度も口ついて出て、姉もそんな私を見て喜んでくれました

さて、夕方には点滴も終わり、術後初めて体から全ての管が外され、身軽になりました。夜、さぁ寝ようと横になった時、改めて管がないってこんなにも楽なんだなぁと思いました。

1月
2325日(入院7~9日目/術後4~6日目)
相変わらず腹痛はあるもののだいぶ動けるようになり、この日からシャワーの許可が下りました。そしてこの日、脱衣所で初めてお腹の創を見ました。

うわぁ、こんななんだ・・・

自分で言うのもなんですが、ちょっと気持ち悪くて痛々しい創にシャワーを浴びることをためらいましたが、何せ5日間入浴してませんからね。冬の寒い時期であるにも関わらず、病気の影響か毎晩寝汗をビッショリ掻いてて、そろそろ自分の体臭が気になってましたので・・・。

よしっ!と意を決してシャワールームへ。
透明の防水ガーゼが貼ってあるものの、創になるべくお湯がかからないよう慎重に体を洗うのには気を遣いましたが、やっぱり5日ぶりのシャワーはサッパリ出来て気持ち良かったです

また、この日から点滴を刺していた所に異様な痛みが・・・。自然に治まるかな、と2日ほど我慢していましたが痛みは増す一方で、3日目には腫れも出てきてしまったので看護師さんに冷湿布(なんか黄色い薬剤がヒタヒタに付いたガーゼ)を貼ってもらいました。
 


それでは今日はここまで、続きはまた今度にいたします。

今日もご覧頂き、ありがとうございます。


※4/27追記
お腹の創の画像を『続きを読む』クリックで見れるようにしていましたが、スマホ版で確認したところTOPページに画像が表示されてしまっていました。見る方によっては気分を害する画像だと思い、ワンクッション置いたつもりでしたがスマホ版では確認不足でした。
誠に申し訳ありませんでした。


ランキングに参加中です。
↓ポチッと頂けると更新の励みになります(^o^)丿 
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村 





引っ張られるもんか!(^-^*)/

こんにちは。

今日は天気の回復もあってか昨日より体調が良くなったので、午後に最寄駅の方までお散歩しに行きました
がんになってからというもの、以前のように当たり前に毎日外出することが出来なくなりましたが、最近は抗がん剤の副作用が治まった後、体調の良い日は意識してなるべく外出するように心掛けています。
連続で外出した日はちょっとした達成感があります

治療中の現在は、何かにつけて出来なくなってしまったことを目の当たりにする場面が多いですが(2月は本当にヤバかった)、それでもほんの些細なことでも出来ることを見つけて、日々前向きに生きられるように楽しみを見出しています。このブログもそのひとつです

闘病には暗くネガティブなことがつきまといますが、それに固執して立ち止まっても時間が勿体ないですものね。そういった自分の感情に引っ張られないよう自身を保つことが何より大事だと思っています。
私、結構引っ張られやすいので・・・(笑)



※※※
それでは今日のにゃんこです 

うちは普段ドライフードを主食として与えています。
でもたま~に好物のウェットフードを与えようとすると・・・


カサカサッ(袋を開ける音)
BlogPaint
ビクゥッ!!!
すみちゃん、いち早くウェットの予感に期待感丸出し。


BlogPaint
あまりの欲しさに夫の脚に体当たりしまくり


BlogPaint
ついには届かないのもわからず背伸びしておねだり


BlogPaint
さ~ていよいよ好物のウェットフードをロックオン!
ワクワクが止まらず、さながらスーパーサイヤ人のような輝きに


それでは、いざ実食!!
BlogPaint
すごい勢いのすみちゃんを横目にマイペースで食べるギャーコ
(ちなみにギャーコは大人しく座って待ってました) 


今日もご覧頂き、ありがとうございます。 

ランキングに参加中です。
↓ポチッと頂けると更新の励みになります(^o^)丿
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村




 

開腹手術後の痛み・怒り・癒し①

こんばんは。

今日は朝から体調があまり良くなくて、相変わらずの排尿しづらい症状もあり、午後はずっとお布団で横になっていました。卵巣がんとわかってから、気の持ちようなのか或いは気圧のせいなのか、雨の日になると体調を崩し気味な気がします・・・

病は気からって言いますし、気持ちだけはいつも元気でいたいと思います!


※※※
さて今日は過去に遡って、1月に行なった卵巣がんの試験開腹手術後からの様子について記したいと思います。(ちなみに、カテゴリー欄の『病気が発覚する前の話』をクリックしますと、以前の記事から続けて読むことが出来ます)


1月20日(入院4日目/術後1日目)
一夜明けてようやく朝に。
リカバリールームで目が覚めると、夜あれだけ酷かった、お腹の中を掻きまわされるような痛みは薬のお陰かだいぶ治まっていました。
ですが、やっぱり開腹した12cmの創が痛い・・・。

涙出るくらい痛いよ~

あ~早く病室に戻りたいなぁ、今何時だろう・・・?そんなことを考えていたら、少しお歳を召した看護師さんが元気よく入って来て、「さー病室戻るからね!その前に体拭きますよ!!」といきなり私の病衣を脱がせて乱暴にタオルで拭き始めました。

えっ、ちょっと痛い!

やめてやめて痛い痛い~!!

術後まだ24時間も経ってなくて、体も動かせなくて、当然起き上がることもできないような状態なんですけど!!!もうめちゃくちゃ痛かったって言うか恐怖でした。ちなみにこの看護師さん、その後もちょっとあってトラウマになりました。(その話はまた後日にでも)
で、無理やり車椅子に乗せられて結構なスピードで病室に戻されました。

本気で怖かった・・・

そして、本来は術後1日目に排尿チューブ(バルーン)が抜けるのですが、吐き気と腹痛が酷くあまりの私の動けなさを見た主治医のK先生が「しばらくそのままで」と判断し、その日は1日ベッドから出られませんでした。
あまりの情けなさに泣きたくなりましたが、夕方には親友のHちゃんがお見舞いに来てくれて、衰弱する私を励ましてくれたので本当に嬉しくて救われました

 

1月21日(入院5日目/術後2日目)
午前中、まだまだお腹の痛みが引かない中、相も変わらずベッドで仰向けになっていると、いきなり病室に颯爽とK先生と看護師さんが現れました。何事か?と思っていたら、背中の痛み止めの管を外してくれました(痛みはあまりなかったです)。

その後K先生が「お腹見せて下さいね~」と言って病衣と腹帯を外し始めたので、創が痛いんでそ~っと触って下さいね~・・・なんて思っていたら、何やらK先生が看護師さんに「ガーゼの準備を」とかなんとか早口で言ってて、ん?ガーゼ?と思った瞬間、

K
先生『それじゃあドレーン抜きますからね~』

私(ドレーン???)

バヂン!バヂン!

痛たっ痛いっ?!!

ズルゥリッ!!

痛だだだだだだだだだ-------っ!!!

ちょ、何やってんの先生----??!

あり得ないくらい痛いんだけど!!!

・・・恐らくですが最初のバヂンはドレーンの管を止めていた医療用ホッチキスの針を取る『抜鉤(ばっこう)』の音で、ズルゥリは音の如く、管を抜く時に私が感じた音です・・・(ガクガクブルブル

死、死ぬかと思った・・・!
ドレーン抜く時、死ぬほど痛かった・・・!!!
朝から涙目な私でした。
※ドレーンを抜く時の痛みは個人差があるので、痛みをあまり感じない方もいるみたいです。



今、思い返してもドレーンを抜く時の痛みは尋常じゃなかったです。今回はいきなりのことだったので、あっという間の出来事でしたが、次回の手術の時もこの痛みを味わうのかと思うと今から恐ろしくて仕方ありません。

実は、がん告知をされた日にK先生に「もう一度手術を行います」と言われたのですが、正直その時はがんである以上に、あの痛みをもう一度味わわなければならないという事実に愕然とし、涙がでました・・・。

ちなみにこれからドレーンを抜かれる方、怖がらせてしまってすみません。でもあまりご不安になりませんように。「ドレーン」「抜く」「痛み」などで色々検索しましたら、私のように死ぬほど痛かったという記事は特に見つけられませんでしたので


それでは長くなってしまいましたので、続きはまた今度にいたします。

今日もご覧頂き、ありがとうございます。

ランキングに参加中です。
↓ポチッと頂けると更新の励みになります(^o^)丿
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村 




 

初の抗がん剤延期

こんばんは。

今日は診察日でした。
一応、今日の血液検査の結果次第では、明日から入院・治療に入るかもしれないと主治医のK先生に言われてたので、その心づもりをしていたんですが、結局治療は来週に延期となってしまいました

血液検査の結果、白血球の値が2800と低く、先生いわく「まだ少ないね」とのこと・・・。

私の白血球さん早く増えて~お願い~


ちなみに今日もK先生と会話が噛み合わず、なんだか面白いことに。

以前の診察で、次の治療時に吐き気止めの点滴を入れてくれると言ってたので、それを再確認するための会話。

私『すみません、前回の副作用で吐き気がすごいあったとお話したと思うんですが・・・』

K先生『え?なに?聞こえないのでもう一度いいですか?』

私『あ、あの、副作用の吐き気のことなんですが点滴を・・・』

K先生『そうですね、とりあえず今回(5月)の治療やって、その次は・・・数値見て休憩に入るか・・・もしくはあともう1回治療やってから2回目の手術ですね』

私(い、いや、そうじゃなくて・・・

夫『あの、点滴内の吐き気止めの量を増やしておきましょうと先生仰っていましたよね?』

K先生『うーん、まあ今回の治療の後、もう1回(治療を)やるか休憩か・・・、で、手術になると思います』

私夫(・・・???

K先生『あと、大丈夫ですか?』

ちょっと!本当に!噛み合ってない(笑)!!

仕方ないのでとりあえず吐き気止めの点滴については、来週入院の時に改めて訊いてみようと思います。あ、誤解のないように申し上げますが、K先生は基本、優しくて信頼出来る方です。点滴のルート取るのもとっても上手で、今まで痛いと思ったことは無いくらいなんです 

だがしかし、コミュニケーションが難しい(笑)

ちなみにここ最近の排尿しづらい症状を伝えたところ、気温が高くなったことによって水分不足になっているのか、或いは、膀胱近くまで広がってた腹膜炎が治る時にもそういった症状が起こることもあるとのことで、いずれにしても痛みは無いので今回は様子見となりました。

診察が終わり、待合室で処方箋などを待っていると、いつも親切にしてくれる看護師さんがわざわざこちらまで来てくれて、排尿しづらい症状について「辛かったらいつでも電話してね」って言ってくれたのでとっても嬉しかったです 


今回、白血球が少なくて治療が延期になったせいで、GWに姉、従姉との楽しみにしていた食事の約束がダメになって本当に残念です
ただ、5月下旬に親友のHちゃんと会えそうなのでとても嬉しいです

それでは本日もご覧頂き、ありがとうございます。

ランキングに参加中です。
ポチッと頂けると更新の励みになります(^o^)丿
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村




 

やるべきことを片付ける

こんにちは。

今日は朝から全国的に晴れて、場所によっては30度を超える真夏日になる・・・と天気予報で言ってました。私の住む地域も今日は良く晴れて、この時間でもまだまだ暑いです久し振りに半袖を出しました。

今日の体調ですが、最近続いていた呼吸苦が少し落ち着いてきました。排尿しづらいのは相変わらずなのですが、太もも外側の痛みも今日は少し弱まっているので、最寄り駅の方まで散歩がてら出かけられました

明日は診察日で、血液検査の結果によっては恐らく明後日くらいから治療入院となりそうなので、今日はなるべくやるべきことを片付ける日にしています。掃除、洗濯、家計簿つけ、爪切り(私と猫2匹)、入院準備などなど・・・。
でも掃除の時点で結構息切れしちゃいました。洗濯は夫がほとんどやってくれたので助かりました。

あと今日は、いつかの記事で申し上げた通り髪の毛が伸びてきてたので、夫にバリカンで刈ってもらいました。今日みたいな暑い日は、坊主だと涼しくて気持ち良いです。なんだか坊主の夫の気持ちが図らずも理解出来ました(笑)

脱毛に関しては、最近ちょっと落ち込んだのが『まつ毛』ですね。
恐らく人並みくらいはあったまつ毛が、ここ最近どんどん減っていくのがわかってちょっとショックですもちろん、治療が終わればまた生えてくるのはわかってるんですが・・・。
やっぱり髪もですが、女性にとってまつ毛も大事ですよね(男性も?)

体調は気になる症状もありますが、とりあえず落ち着いた状態で3回目の治療を受けることが出来そうなので安心しています。
ただ、またあの副作用で数日苦しむのかと思うとゲンナリしますが、これも早く病気を治すためだと思って前向きに頑張りたいと思います。

負けないぞーーーーーー

心配してくれている皆様、いつも本当にありがとうございます。

入院や治療日が決まりましたらご報告させていただきます。
治療の様子や副作用のことなども、リアルタイムでご報告出来たらいいなぁと思います


※※※
先日撮ってアップし忘れていた夕食↓
BlogPaint
・もずく酢
・大根おろしと生姜と大葉の納豆
・ブロッコリー
・ワカメと野菜のスープ
・ほうれん草のナムル
・プチトマト
・小松菜ともやしと豚肉の焼きそば

スープにすりおろした生姜が入っているのですが、薬膳スープのようで体にすごく良い気がします。夕食は夫が作ってくれるのですが、免疫力を高めるため、体を温めるものをなるべく摂取するよう献立を考えてくれてます。

ちなみに高血糖とがんは密接な関係があるそうで、糖尿病の方はがんを発症するリスクが上昇するとのことです。私はもう何年も前から、健康や病気を取りあげたTV番組でもよく言われている(ダイエットにも効果的な)「食べる順番」に気をつけています。血糖値の急上昇は様々な病気のリスクに繋がりますので・・・。

ちなみに色々順番があるみたいですが、とにかく大事なのは『炭水化物を最後に食べること』だそうです。炭水化物が好きな私は、好きな物を最後に取っておく派なので特に不都合はないです。しいて言えば、最後に食べることによって若干冷めてしまうのが残念かな・・・

皆様は食べ順、気にされてますか?

本日もご覧頂き、ありがとうございます。

ランキングに参加中です。
ポチッと頂けると更新の励みになります(^o^)丿
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村 




 

【がん患者の目線から】もらって嬉しいお見舞い品の紹介

こんにちは。

今日はがん患者の目線から、お見舞いでいただいて嬉しかったものをご紹介いたしますね。もし、がんの方への贈り物で迷っている方がいらしたら、ご参考にしていただければ幸いです。
(但し、あくまでも私自身がいただいて嬉しかったものです。また、今回はいただいたお見舞い品の中のほんの一部のご紹介となります。本当は全て書きたかったのですが、長くなりすぎちゃって書ききれませんでした


【お金・ギフトカード】
いきなりおっと・・・と思われた方すみません
ただ、ご存知の通りがん治療を行うには、検査や診察、手術代、薬代、入院費、交通費、その他もろもろの高額費用が長期に渡りかかります。なので金額問わずお金の援助(御見舞金など)は助かります。

また、現金じゃないですが私がいただいて重宝したのが『Amazonギフトカード(1万円分)』でした。病気になると今まで普通にこなしていた買い物が不自由になり、重たい飲料水やかさばる日用品(トイレットペーパーなど)、あと家の場合、猫の砂などを買いに行くことが出来なくなりました。
そんな時、PCやスマホで簡単に注文出来るネットショッピングはとても便利で助かりました。また、お金やギフトカードは本人が本当に必要としているものに使えるのでありがたいと思います。

【がんにまつわる書籍】
今はネットで様々な情報を得られる時代ですが、信憑性という部分では書籍の方が高いのではと思います。ただ、病気をしている当人は外出が難しく、なかなか本屋に行くことが出来ないので、代わりに役立つ書籍を探して差し上げると喜ばれると思います。また、書籍の中にはがん患者さんだけでなく、そのご家族向けに書かれたものもありますのでそういった書籍も良いと思います。

【基礎化粧品や日用品】
女性に限らず、抗がん剤の副作用で肌が荒れたり乾燥が酷くなったりする方もいます。また、骨髄抑制が始まると出血や感染症も怖いですよね。
なので、質の良いボディクリームやリップクリーム、ハンドソープ、ヘッドの小さめな柔らかい歯ブラシ、うがい薬、持ち歩ける手指の消毒ジェルなどはいただくと大変重宝します

【食べ物・飲み物】
食事制限のない方には、その人の好物だったり栄養のあるものを贈ってあげると喜ばれると思います。私がいただいたのは、デトックス効果のある水素水やホッと心が安らぐ甘いお菓子、また、実家の母からのちらし寿司などです。他にもたくさんいただきましたがその全てが私の心を癒して体を元気にしてくれました。

【体を温める衣類】
体温が上がると血流が良くなり免疫力が高まります
がんと闘って行くには免疫力をつけることが重要だそうです。今は暖かい季節でも朝晩の気温差が激しかったり、冬はもちろん、夏でも冷房によって体を冷やすことが多々あります。なので、腹巻やヒートテックの靴下、ネックウォーマー、膝掛け、そして特に暖かいパジャマなどはとてもありがたかったです。

【インテリア類】
病気になると座位や横になる時間が圧倒的に多くなります。
痛みや苦しさからその人その人にあった楽な姿勢があるので、その姿勢を保つためのクッションや枕、座布団などもありがたいです。私が夫に買って来てもらって重宝したのは、厚みのあるやや硬めのマットレスと、大きめの座布団でした。(※座布団は柔らかすぎるソファに敷いて使っていました)
あと、足の浮腫などが気になる方に足置きなどを贈ると喜ばれると思います。(※私は小さめのダンボールを足置きに使っていました・笑)

【心のこもった応援品】
がんになると体だけではなく、心も辛く苦しい状況に陥ります
昔から病気の快癒を祈って作られた「千羽鶴」がその代表ですが、心がこもっていればなんでも嬉しいです。私がいただいて嬉しかったのは、大きめの寄せ書き、心温まるメッセージが綴られたカードやお手紙、見てると気持ちが明るくなるカラフルなリボンアート、わざわざ地方の神社へ足を運んで手に入れて来てくれたお守りなどなど・・・。何度も読み(見)返しては、心の支えにしています


それではここで、私がいただいた応援品の数々をご紹介します!

まずは、大親友とその息子さんが書いてくれた元気の出る寄せ書き
寝室の壁に貼って、副作用で辛く苦しい時に見つめています。
BlogPaint


家族や友達からいただいた励ましや心温まるメッセージカード(一例)
BlogPaint

BlogPaint


たくさんのカラフルリボンを作って針金に巻き付けた可愛いリボンアート
BlogPaint
ほんの一部を紹介させていただきました。
皆様、本当にありがとうございました。

では、続きに参ります・・・。

【ちょっとしたもの】

コンビニで買えるちょっとしたお見舞い品でしたら、マスクや除菌ウェットティッシュ、ミネラルォーター、柔らかい素材のポケットティッシュ、冬ならカイロなどの消耗品です。これらはいくらあっても助かります。


さて、色々ご紹介しましたが、贈り物は贈る人の気持ちがこもっていればなんでも嬉しいものです。とはいえ贈る人はより相手が喜んでもらえる品を選びたいですよね。その人その人で好みや必要としている物が違うと思いますが、今回ご紹介した記事が皆様の一助となれば幸いです。
尚、今回ご紹介したものの中には、本来はマナー的にお見舞い品としてNGとされるものも含まれていますが、私個人としていただいて本当に嬉しかったので掲載させていただきました

(※というか、そもそもお見舞いは「贈る心」が大事なのであって、鉢植えはダメとかそういうマナー的なことは個人的にはあまり必要ないと思います・・・。)

今日もご覧頂き、ありがとうございました。

ランキングに参加中です。

ポチッと頂けると更新の励みになります(^o^)丿 
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村





余命の捉え方~え?これ本人に見せちゃダメなヤツだよね・・・

こんばんは。

今日は「余命」について私が思ったことや、それにまつわるエピソードを記したいと思います。
デリケートな内容なので、もし読まれて御不快になる方がいらしたら申し訳ありません。あくまでも私個人の1つの考えとしてサラッとお読み頂ければ幸いです。


※※※
先月、2回目の抗がん剤治療で入院した時にこんなことがありました。

病棟に到着後、入院説明を受けるため、ナースステーションに行きました。
夫と共にPCの前で看護師さんから色々説明を受けていたら、突然画面の真ん中にパッと白いメッセージボードが出て、その内容を読んで唖然としました。

「○○ ○○○(私の名前)
余命については本人に伝えないで欲しいと夫からの希望あり」

・・・見た瞬間、固まりました。

・・・えぇっと・・・これ、あの、本人に見せちゃダメなヤツだよね・・・?!

いや、もう見ちゃったんだけど

隣にいる夫の顔が見れない

看護師さんは全く気付いていない様子で少しの間 離席をし、後に残された私達の間には気まずい空気が流れました。

見てはいけない物を見てしまった気分で、何故だかむしろ私の方が夫に気を遣っていました。笑いながら、「えっ○○くん(夫)、こんなこと言ったの~?やだな~」と夫の肩をたたくも、今思えば動揺を隠し切れてなかったと思います。

本当、こういったデリケートな情報は大事に扱ってくださいよ~看護師さん(笑)!
ちなみに余命についての話は1月の手術直後、私が眠っている間に行われたそうです。後にその会話の内容を聞きましたので記しておきます。

【K先生との会話】
夫『がんのことはまだ本人には伝えないでください』

K先生『うーん。でも嘘をつき続けることはできないよ。わかってしまうことだから』

夫『それは理解しています。とりあえずはお腹を切ったばかりだからそれが落ち着くまでという意味で。お腹を切ったことだけでもショックで、それ以上のことを抱えさせるのは今はやめたいのです』

K先生『うーん、じゃあ退院して最初の外来のときに伝えるかたちでいいですかね』

夫『はい、そうしてください』


【看護師さんとの会話】
夫『余命とかそういうのは不確かなものだから、本人には伝えないでほしいとDr.に伝えてもらいたいのですが』

看護師さん『わかりました、一応先生に伝えておきますね』

・・・なんかもう色々台無しで笑えました(笑)


※※※
がんと告知された人は少なからず自分の「余命」について考えてしまうと思います。かく言う私も自分の病気を知った後、確実に増えてゆく腹水を抱えながら、着々と進行しているであろう見えないがん細胞の恐怖に怯えつつ、自身の余命についてネガティブな考えを頭に過ぎらせていました。

私、近いうち死ぬのかな・・・と。

ただ、私の場合ですが、余命があとわずかとなったならば、絶対に宣告して欲しいと思います。もちろんそのショックは経験した方でなければ計り知れないものだと思います。もしかしたら私なんかの精神力じゃ立ち直れないかも知れません。

でも1つだけ言えるのは、周囲の人間だけがその事実を知らされて辛い思いを抱えさせられてしまうというのは、私にとっては余命宣告をされるのと同じくらい非常に辛いことだと思うからです。

なのでそれ以来、私は常々夫に「余命とか言われたら絶対隠さないでね」と言うようになりました。
それに対して夫はいつも「(余命は)俺は今日でお前は明日!」と言うようになりました(笑)
言われた私はすぐさま夫の頭を叩く・・・おりゃっ!

そんなたわいのないやり取りが永遠に続くといいなぁと日々願うばかりです。

本日もご覧頂き、ありがとうございます。

ランキングに参加中です。
ポチッと頂けると更新の励みになります(^o^)丿
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村




 

ここ最近の気になる症状について

こんにちは。

今日の私の住む地域は、心がワクワク踊るような晴れ渡る青空です
ただ、現在の気温はポカポカ暖かくてちょうど良いのですが、この後の予報によると夏日並みに暑くなるそうです。

皆様、家の中でも日焼けや熱中症は起こるそうなので、お互い気をつけましょうね。


※※※
さて今日は、ここ最近の気になる体調について記したいと思います。

現在2回目の抗がん剤治療から23日目。
抗がん剤の副作用自体は、もうほとんど無くて落ち着いています。

ただ、最近気になるのが頭痛です。
6日前から始まった生理のせいか頭痛が頻繁に起こるようになりました。もともと片頭痛持ちでしたが、仕事を辞めてからはほとんど治まっていたので心配です。生理が終わると共になくなるといいな・・・。

次に排尿について。
膀胱や尿道に痛みがないのが幸いなのですが、ここ数日尿が出づらくなっています。
起床後、結構溜まっているはずなのに、いつものように勢い良く出ません。細い管から一生懸命出てる感じで、排尿に時間が掛かり、下腹部の奥辺りに毎回痛みを感じます。

排尿につきましては、病気が発覚する前に散々排尿痛を経験しているので、またあの痛みが再来したらと思うと怖いですまたこの感覚は、今年2月の腹水が溜まって体調が一番最悪だった時期に似ているので、どうか何事もないように祈っています・・・!

次に呼吸苦について。
病気のせいか、アレルギー(花粉とか埃とか)のせいか定かじゃないのですが、呼吸が苦しい時があります。息が重くてすぐあがっちゃうというか・・・。元々喘息持ちでもあるので、なるべくゆっくり動いたり、腹式呼吸を意識して生活しようと思います。

他にも現在、下腹部痛やだるさ、頭皮痛があります。
また、ここ最近ではないんですが、数ヵ月前から続いている両太ももの外側の痛みもあります。衣服が触れただけで痛むので、シャワーの時も勢い良く掛からないよう毎回細心の注意を払ってます~


さて、どこも痛くなくて、苦しくなくて、はつらつとした毎日を送れる日を夢見て、今日も一日気持ちだけは元気に過ごしたいと思います


※※※
ちなみに今日は、100歳超えの祖母が現在入院しているので、お見舞いに行って来ます。おばあちゃん、お話出来るといいなぁ

こんな体調ではありますが、まだ外出出来るだけありがたいことですよね。

それでは今日もご覧頂き、ありがとうございます。

ランキングに参加中です。
ポチッと頂けると更新の励みになります(^o^)丿
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村  




 

アホな夫に日々感謝

こんばんは。

今日は私と夫のがんとの向き合い方についてのエピソードなどを綴ろうと思います。


【気まずかったDVD
故あって、私はがんが発覚してもすぐ治療に入ることが出来ませんでした。
日ごと強くなる腹痛や腹水の増加で身をもってがんの進行を感じていた時、「考えない時間も大事だから」と夫が海外ドラマのDVDを借りてきてくれました。

ですが2人並んで観賞していると、何故か借りて来るDVD、高確率でがん患者が出て来るんです。
そうなるともうお互い何となく気まずい雰囲気になって黙り込んでたものです。それが、現在はというと・・・「Breaking Bad」という、末期がん患者が主人公のドラマを普通に楽しく観賞出来るようになりました。
意外と凝っていてお洒落なドラマですよ。


【ステージ10
ある時、ふと弱気になった私が、ステージ4だからなぁ・・・と言うとすかさず
「俺はステージ10だから大丈夫」。
そこで心が沈み過ぎないようつまらないギャグを言って軽く流してくれます。
「4だろうが5だろうが治せばいいじゃん」とあっけらかんと言われるとそれもそうだなぁと・・・。
「あんたが4でも俺には追いつけない」とわけのわからない台詞を吐きながら、今日も猫にまとわりつかれる夫です。


【もうハゲとは言わせない】
初の抗がん剤後の副作用で髪が脱毛し始めた時、夫が自分用のバリカンで私の髪を刈ってくれました。
それ以来、夫は私に都合の悪い事を言われると「ハゲ」と応戦してきます。
通りすがりにわざと頭を触れるか触れないかの加減で擦っていったり。

悔しい・・・。

ところが、2クール目の途中である現在、短く刈られた髪を引っ張っても抜ける気配がないのですよ!
しかもどんどん伸びているじゃあないですか?!
よ~し、もうハゲとは言わせないぞ~!・・・と得意顔で言ってやったら、「フーン、でも白髪で白だよね(笑)」と笑顔で返されました。
まあ、そういう夫も白髪ハゲ(坊主)なんですけどね。
ハゲ夫婦で日々がんと闘っています。


※※※
ある日突然、自分が「がん」だと宣告された時、大きなショックを感じ、死の恐怖に直面し、今後の未来を考えて悲しくなったりもしました。
それでもがんにまつわる本を読み、ブログなどで同じような境遇の方たちの声を知ると、「自分」や、「がんという病」は決して「特別」なものじゃないんだなぁという気持ちに変化していきました。

今ではがんと過ごす毎日が生活の一部になっています。
もちろん苦しいことや不自由なこともありますが、今の生活に多くの楽しみや笑いを見出して、充実した生活を送れています。
とはいえ、最終的には絶対がんを追い出して、以前のような不安の無い生活を送りたいと思います!

負けん!!

本日もご覧頂き、ありがとうございます。

ランキングに参加中です。
ポチッと頂けると更新の励みになります(^o^)丿 
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村 




 

抗がん剤と猫

こんばんは。

以前にも書きましたが、うちには猫が2匹おります 

初めて抗がん剤治療に入る前に、医師や薬剤師から副作用の説明を受けました。
そして骨髄抑制の説明の時にされた感染症についてふと、動物と暮らしていても大丈夫なのかな?と疑問に思いました。

もちろん例えダメだと言われたとしても、猫たちは家族も同然ですからどうにも出来ないんですが
ちなみに、もしどーしても猫がダメだと言われたら、私が夫に追い出されていたことでしょう(笑)

それくらい大事な家族なので、入院中にがん専門の緩和ケア看護師Sさんに聞いてみました。

私『抗がん剤治療中に猫を飼ってても大丈夫ですか?』

Sさん『全っ然大丈夫だから!だってずっといるんでしょ(笑)』

私の精神面やQOLを考慮しての回答だったんだと思いますが、とりあえず安心しました

(※但し、私のケースは大丈夫だったのですが、病院や医師の見解はそれぞれなので、動物を飼われている方でご心配な方は主治医に相談してみた方が良いと思います)


※※※
さて、本日のギャーコさんです。
(すごいポーズで寝てました)

ギャーコさ~ん、これから写真撮らせてもらえますか~
BlogPaint


BlogPaint

あの、いい顔もらえますか?
BlogPaint


そこをなんとか、お願いしますよ~

ね、ギャーコさ~ん・・・!

BlogPaint
そんなっ!(逆ギレ???)


今日もご覧頂き、ありがとうございます。

ランキングに参加中です。
ポチッと頂けると更新の励みになります(^o^)丿
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村





プロフィール

qoo(くぅ)

ギャラリー
  • ヤケカレーのその後が衝撃だった件
  • ヤケカレーのその後が衝撃だった件
  • ヤケカレーのその後が衝撃だった件
  • なんだか疲れてしまいました
  • 緩和ケアで素直な気持ちを伝えてきます
  • 緩和ケアで素直な気持ちを伝えてきます
  • 一生に一度のチャンス
  • 一生に一度のチャンス
  • 12/4受診記録(マーカーから思うこと)
  • 12/4受診記録(マーカーから思うこと)
  • 多忙な1日
  • 多忙な1日
  • 夫と歩く8000歩
  • 夫と歩く8000歩
  • 夫と歩く8000歩
  • 夫と歩く8000歩
  • 退院~昨日の治療、緩和ケアのこと
  • 退院~昨日の治療、緩和ケアのこと
  • 退院~昨日の治療、緩和ケアのこと
  • 抗がん剤スタート(14クール目)
  • 抗がん剤スタート(14クール目)
  • これから入院です
  • これから入院です
  • これから入院です
  • またも決意表明
  • またも決意表明
  • またも決意表明
  • 皆さまもお気をつけください
  • 皆さまもお気をつけください
  • 燃ゆる気持ち
  • 夫へ
  • 夫へ
  • 夫へ
  • 夫へ
  • 精神的なものかぁ・・・
  • K先生、ごもっともです
  • 心臓の超音波検査
  • 11/13受診記録(動悸・息苦しさのこと)
  • 11/13受診記録(動悸・息苦しさのこと)
  • 11/13受診記録(動悸・息苦しさのこと)
  • 11/13受診記録(動悸・息苦しさのこと)
  • 11/13受診記録(腫瘍マーカーのこと)
  • 11/13受診記録(腫瘍マーカーのこと)
  • 今の心境
  • 痛みの経験値
  • 痛みの経験値
  • 撫で牛
  • 撫で牛
  • 撫で牛
  • 撫で牛
  • 撫で牛
  • 撫で牛
  • 撫で牛
  • 撫で牛
  • 撫で牛
  • 不満
  • 不満
  • 不満
  • これ以上どうにもならない
  • これ以上どうにもならない
メッセージ

お気軽にどうぞ(本文やメールアドレスが公開されることはありません)

名前
メール
本文

卵巣がんランキング
闘病記ランキング
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ