卵巣がんステージⅣでも、人生楽しく前向きに。喜怒哀楽を大事にね。

夫と猫2匹と暮らす40代のどこにでもいる普通の主婦です。 2018年2月、卵巣癌(高異型度漿液性腺癌)ステージⅣbと告知されました。※※※※夫と二人三脚の闘病風景や体調の記録、日常(たまに猫)のことなどを綴っています。

2018年06月

手術終了、痛みが…

こんにちは。
お陰さまで28日に無事手術が終わりました。

IMG_20180630_110249
※これは手術翌日(29日)の写真です。

現在、涙が出るくらいお腹が痛いですが、1日1日回復に向かっていると信じて頑張ります。
今日は尿管(バルーン)と背中の痛み止めの管が取れました。


メールやコメントなどくださった皆様、必ずご返信しますのでしばらくお待ちください。

皆様の励まし、応援にどれだけ救われてることか…
本当にありがとうございます。

短いですがご報告でした。

ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします(*˘︶˘*)♡
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村




手術当日、行ってきます。

おはようございます。

さていよいよ本日手術となります。

昨日は夫と姉に付き添ってもらい、K先生からの手術前説明を受けました(結局19時からでした)
やっぱり医師は万が一の話などもするので少々怖さが増す部分もありましたが、それでもがん自体はかなり減少しているのではないかという嬉しい話もありました。


手術に向かうにあたっては思うことがたくさんあるはずなのに、何故だか言葉にならなくて。
ゆっくり落ち着いて考えるということが今は出来ないんですよね…。手術が終わったら今のこの色々な感情を冷静に捉えることが出来るかな


とりあえず手術前の精神統一。
DSC_0008
な~んちゃって。


1分持ちませんでした(笑)
DSC_0010


それでは落ち着いてきたらブログでまたご報告したいと思います。
いつも応援してくださる皆様、本当に励みになります。感謝です。良いイメージを持って手術に臨み、早期回復に努めたいと思います。

さてそろそろ飲み物も禁止。
今のうちにたくさん飲んでおこう。

午後から行ってきます
●今日の1日1健:精神統一(笑)
ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします(*˘︶˘*)♡
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村




手術前日、落ち着かない

こんにちは。
いつも拙いブログへご訪問くださり、ありがとうございます。

本日、入院2日目です。
消灯が21時なのですが、さすがに昨夜は眠れませんでしたね
眠剤も22時に飲んだはずなのに、結局0時過ぎてもベッドでゴロゴロ。その後は寝たり起きたりで。

右腕の点滴ポートが若干痛くて寝姿勢に気を遣いました。


今朝は食事制限からの空腹のせいかちょっと気持ち悪かったです
でもバイタルも問題なくまずまずの体調。
IMG_20180627_115244
「今日も1日、穏やかに過ごせますように」


そして昨日の夕食。
IMG_20180627_115415

今日の朝食。
IMG_20180627_115452
相変わらずのひもじさ
もう写真撮る意味ないですわぁ(笑)


さて、今日の予定です。
午前中に再びアクチット点滴を開始…と思いきや、一晩でポートが固まった?詰まった?のか全然点滴が入っていかず、結局刺し直ししてもらいました。

だからかな、昨夜ポート刺してるところが痛かったのは…

そういえば前回の手術の時、直後からすごい点滴痛(血管痛?)があったなぁ。今回はないといいなぁ。


そして、点滴が終わったら手術前処置(徐毛、おへその掃除)があります。その後シャワーを浴びてから、家族同伴の手術前説明。
説明は17時からの予定なんですが、昨日K先生が19時になるかもとのことで…。忙しいんだろうなぁ。でも2時間の差は大きい

で、夜は…苦手な浣腸
下剤も飲むけどやっぱやるのね…
ちなみに明日の朝もあります。

いよいよ明日かぁ~…

手術中は意識がないからいいんですが、術後のことを思うとほんと気が重いです。心が落ち着かないというか。

しかしながら退院したらまた自由な日々が待ってると思うと、さっさと終わらせたい気持ちも大きくて。
なんだか気持ちの浮き沈みが入院前以上にありますなもんで、最近弱音ばかりですみません。


そうそう、明日といえばサッカーワールドカップ日本戦ですね。グループリーグ突破をかけた重要な3戦目だというのに…。試合中は恐らくリカバリールームでうんうん唸ってるかな~

皆様、私の分まで応援よろしくおねがいします
よ~し明日乗り切るぞ~。
●今日の1日1健:お昼寝をたくさんする
ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします(*˘︶˘*)♡
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村




入院しました~

こんにちは。
いつも拙いブログにご訪問くださり、ありがとうございます‌

さて、本日午前中に予定通り入院しました。
DSC_0045
今回の部屋は窓側でした。
景色を眺められて良い気分転換出来そうです。

ただ窓側は部屋の奥側なので、夜トイレに行く時に他の部屋の方たちのフットライトを自然に点けてしまうことになるので申し訳ないのです…‌

ワタクシ頻尿なもので…


さて、着いてすぐいつものように看護師さんや薬剤師さんから今後の流れや体調などの問診、薬の話、検温や血圧などの計測が行われました。

ちなみに今日の体調。
体温 36.8→37.4
血圧 98/66
脈 66
血中酸素 99
体調はまずまず…かな。


そして、午後から点滴が入るので昼食前に早々とシャワーを浴びました。

そうそう、昼食と言えば…
流動食は覚悟してたんですが、量がぁ…‌
IMG_20180626_122008
足らんですわぁ…
まぁこれはしばしの辛抱ですね。


そして病衣に着替えて点滴を待ちました。
IMG_20180626_134640
「これから約2週間、頑張ります‌


15時前に看護師さんが来て、点滴のルートをとってくれました。
DSC_0047
今回ちょっとグリグリされました。

点滴は、水分・電解質・エネルギー補給のアクチット輸液。
食事が摂れないからだそうです。

うーあー思い出したらお腹空きました


そして、点滴始まってほどなくして主治医のK先生登場。
お久しぶりです。明日以降よろしくお願いいたします!

ちなみに退院日を確認がてら訊いたらK先生いつもの苦笑いで手帳を出し、

K先生『まだしばらく先の話ですね‌~

私『そ、そうですよね

K先生『最短で7/7ですが、あくまでも最短です。恐らくその次の週までかかると思っていてください。』

やっぱりか…
スケジュール表に退院日7/7ってなってたからちょっとだけ期待しちゃいましたわぁ。


そんなわけでこれから仕事終わりの夫が見舞いに来てくれる予定です。夫が来たら手術前最後のコーヒーをがぶ飲みしようと企んでます(笑)


入院初日、気持ちソワソワしますが穏やかに過ごせそうで良かった。
励ましてくれた家族・友人たち、ブログを通じて応援してくださる皆様ありがとうございます

明日は夕方からK先生より術前説明。
もうひと頑張りだ~。

それではまた随時ご報告したいと思います
●今日の1日1健:入院した
ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします(*˘︶˘*)♡
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村




このブログについて。そして、最後の晩餐。

こんにちは。
いつも拙いブログへご訪問くださり、ありがとうございます

卵巣がんの告知を受けてから5ヶ月弱。
個人的にはまだ5ヶ月なんだ~?って感じです。なんだかもう1年くらい経ったような気がして、それくらい色々なことがあったなぁと・・・。

悪いことだけじゃなくて、良いこともたくさんあって。
もしかしたら良いことの方が多かったかもしれない。周囲の皆様にはご心配の掛けどおしでしたがそれでも自分がいかに幸せな世界を歩んでいたのかが浮き彫りになる5ヶ月間でした。


さてそんな中このブログですが、書き始めて昨日で丸3ヶ月が経ちました。ブログを始めたきっかけは夫の勧めであったり、他の方のブログを読んで影響を受けたり、他にも色々な思いを持って始めました。

こんな好き勝手書いてるブログですから、当初は誰か読んでくれるのかなぁ?なんて思ってましたが、今では多くの方にご訪問頂けて本当に感謝しています
読んでもらえるだけでも嬉しいのに、コメントなどで励ましてももらえたり・・・

皆様、本当にありがとうございます。


物を書くということは、今まで見えてなかった自分の本心に気付いたり、頭や心の整理が出来たり、いつかのための備忘録にもなります。 そしてブログを始めてから、がんという病との向き合い方にも変化が現れたように思います。

客観的に、楽観的に、真面目に。
そして苦痛で怯えていた時間の経過を、少しずつ楽しみに変えることが出来ました。

色々な意味で落ちつけたって感じですかね。

これからも好きなこと、思ったことを心の赴くままに書いていきたいなぁ。そしてこのブログを読んだ方がほんのちょっとでも明るく楽しい気持ちになってくれたら嬉しい。書いてて良かったなぁって思います。

相変わらず文章力も語彙力もありませんが、今後ともどうぞよろしくお願いします。


※※※
さて、いよいよ明日から病院に乗り込みます。
手術前なので明日から腸に物を溜めないよう治療食(多分流動食)がスタート。そこから術後翌日は絶飲・絶食→2日目流動食→3日目五分粥→4日目全粥・・・と食に関しては悲しい世界に突入します。(まぁ食欲もないかもしれませんが

そんなわけで昨日は、夫が最後の晩餐よろしくイタリアン食べ放題に連れて行ってくれました。食い溜めしてきたぞ~。

見てください。無心でピザをカットするこの表情。
1
ここ1週間で一番真剣な顔でしたわぁ。


そしてサラダ。
2
下の緑のひょろっとした長いのは「万願寺とうがらし」。初めて食べましたが、辛いのかと思いきや全然で、むしろ甘味のあるピーマンみたいでした。


メインたち①
3
左上から時計回りに、
「ズッキーニとサルシッチャのガレット風」 
「海老ドリア ウニソース」
「大葉香る 冷製さっぱりレモンソース」
「ズッキーニとチョリソーのアラビアータ」
※ちなみにどれも量は半人前くらいです。
サルシッチャってなんぞや?と思って調べたら、イタリア語でソーセージらしいです~。


それはもう美味しく頂きました。
4
ズビズバッと。


メインたち②
5
ピザです。
これをさっき真剣な顔でカットしてたわけです。


そしてこちらも美味しく頂きました。
6
もぐむしゃっと。


最後にデザート。
7
このちょこっとずつってのが嬉しいですね。


というわけで入院前の最後の晩餐終了。
正直に言うと夫がほとんど食べました(笑)


今後の入院生活の様子や術後の経過もブログで報告したいと思います。病室は大部屋なんですが、今回は窓側かな~廊下側かな~?

それでは明日行って来ます!

●今日の1日1健:大掃除&猫と戯れた
ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします(*˘︶˘*)♡
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村




 

九死に一生を得た摘便の話②

こんにちは。
いつも拙いブログへのご訪問、ありがとうございます

今日はこちらは梅雨の中休み的な良いお天気でして、ここぞとばかりに洗濯物を干しまくりました。

退院後のことを考えると、今のうちに掃除洗濯その他しっかりしておかねば。あと冷蔵庫やお菓子の整理も(笑)

冷蔵庫といえば私がいない間、特に心配なのが夫の食生活です。
私がいる時はバランスの良い食事をとマメに炊事してくれて本当に助かるんですが、一人になった途端インスタント食品とか食べてそう・・・

頼むから一人でもちゃんと野菜とか食べてくれい・・・


※※※
さて今日は、昨日の記事『九死に一生を得た摘便の話①』の続きです。今回もかなりの下ネタが含まれますので、苦手な方はバッサリ画面を閉じましょう!


三度目のトイレチャレンジの最中、夫が外から帰って来た。どうやら遅い時間でもやっている薬局や、薬を置いているコンビニを回ってくれていたらしい。しかしながらお目当ての『浣腸』は手に入らなかった。

そこで介護経験がある夫は摘便を考え、途中でベビーローション巡りに方針変更をしたらしい。しかし、この時間ではどこも開いておらず手に入れることは出来なかった。既に時計は深夜1時を悠に回っていた。

そうこうしているうちに三度目のトイレ籠城も1時間が経過。もう心身共に限界だった。便意があり、もうそこまで下りてきて、すぐそこまで出ているのに。肛門が酷く痛む。あまりにも辛くて死にそうなほど不快感が募っていた時、夫が「摘便をする」と言い、準備を始めた。

私の布団の上に45Lのゴミ袋を何枚も敷き、布団脇に新聞紙とスーパーのビニール袋を置いた。器にオリーブオイルを入れ自身は手袋をはめた。

ゆっくりと私を横にさせて摘便が始まった。

固まっているそれが出口を圧迫して痛い。
異物に対する違和感も半端なかった。
それでも夫の「大丈夫?痛いよな」「もうちょっとだから」という私の身を案ずる言葉を支えにとにかく必死に耐える。

10
分後・・・。

ほとんどが出切った。それもすごい量だった。

その時の心境は今でも忘れない。

『九死に一生を得た』心地だった。

死にそうだった身体は一気に楽になる。私は首だけ振り返って夫を見上げ、「命の恩人だ」と言った。夫は私を見ずに手袋を外しながら、一言「良かった」と返した。

家族とはいえ、他人の排泄物を取り扱うにはよほどのメンタルがいると思う。本当によくやってくれたとただただ感謝の念を抱いた。


ガサッ

ふと、物音がしたので夫と共にそちらを向くと・・・

私・夫『ぎゃ-----------っ!!!

いつの間にやらすみちゃんが、こんもり出切った私のそれに鼻を近づけている。

くんくんくん、何だろう・・・
とても不思議な臭いだな・・・

すみれちゃん、それはおもちゃじゃないんだぜ・・・

急いで夫がすみを抱えて遠くへ避難させる。
危なかったが大惨事は免れた。

DSC_0007-2


熱を計ると40度あった熱が37.5度まで下がっていた。

そして翌日の午後も同じ状況に陥ったが、すぐさま夫に摘便をしてもらったので事無きを得た。

それにしても救急車を呼ばずに済んで本当に良かった。

抗がん剤治療入院、前日の出来事。


この日のことは、一生忘れない。

●今日の1日1健:キャベツと玉ねぎの酢漬けをモリモリ食べた
ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします(*˘︶˘*)♡
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村




 

九死に一生を得た摘便の話①

こんにちは。
いつも拙いブログへのご訪問、ありがとうございます

昨日のワールドカップ ブラジルvsコスタリカ戦・・・
サッカーほとんど観たことない私ですが、なんだか胸が熱くなっちゃって。
コスタリカのGKナバスさんの好守連発に終始感動してました。にわかなのでその他の好プレーはよくわからんかったですが


※※※
さて今日は、私が2月に経験した便秘・摘便体験を記したいと思います。文字通り下ネタが含まれますので、そ~いうの苦手!な方はバッサリ画面を閉じましょう。


2月某日、夕方17時。
医療用麻薬の鎮痛剤のお陰でだいぶ腹部のがん性疼痛はコントロール出来ていた。ただ、薬の副作用によって便秘が猛威をふるっており、3日間出ない日が続いた。

腸閉塞を心配していたところ、異変は生じた。
ものすごい便意をもよおし、トイレに駆け込むも一向に出ない。この時は開腹手術後1ヶ月あまりだったため、腹部に力を入れてイキむことがなかなか出来なかった。

便意は相変わらずで、なんなら肛門から塊が若干顔を出している感覚さえある。なのにいくら便座で唸っても祈ってもそれ以上何も動かない。

どうすることも出来ずに時間だけが過ぎて行く。気が付いたらトイレに籠って3時間が経過していた。さすがに夫が外から「とりあえず一旦もう出たら」と促してくる。
確かにこの真冬の寒い最中、固い便座のせいでお尻が既に限界だった。

しかし、トイレから出てソファに座るも肛門から塊が顔を出しているようで不快感がものすごい。座ってなどいられない。仕方なく腹水で苦しいものの夫の介助で横になった。

しかし、1時間ほど経過してもやはり便意は治まらず再びトイレに籠る。

便座に座り、じっと出るのを待つ。便意はあるのに腸が全く動く気配がない。たまに少しお尻を浮かせたり、腹水で張りつめた腹をゆっくりねじったりマッサージしてみても一向に出る気配がない。

まるで肛門に固い蓋がされているようだった。

夫はトイレで苦しむ私の姿を察し、初めのうちは寒くないようにとハロゲンヒーターをトイレの前に持って来てくれたり、ネックウォーマーや温かいフリース、カイロなどを渡してくれた。

が、そろそろ1時間半が経過しそうな時、「もういい加減にしろ」とトイレからすぐさま出るように言われた。夫もトイレを使いたくてずっと我慢していたらしい。

ひとまず諦めてまたもトイレから出たものの不快感は治まらない。熱を計ってみると40.2度という数字に慄いた。なんとか気を紛らわせようとTVをつけてみるが30分と持たず、夫の制止を振り切って三度トイレに籠った。


ついに、半ギレ状態の夫は0時前にも関わらず「出掛けて来る」と家を出て行ってしまった。

(続く)

当時のメモ
BlogPaint

●今日の1日1健:ガスレンジ台、キッチンの掃除をした
ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします(*˘︶˘*)♡
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村 




 

手術前、麻酔科医からの説明。そして体重が・・・!

こんにちは。
いつも拙いブログへご訪問くださり、ありがとうございます

本日は、来週の手術に向けて麻酔科医からの説明があり、午前中病院へ行ってきました。
いつも付き添ってくれる夫は仕事なので今日は1人だったんですが、何故か1人の時に限って待ち時間にお腹が不穏に・・・

予約時間10分前だというのにお腹がズンドコドン

も~イヤッ!!

トイレに駆け込みとりあえず大急ぎで済ませました。
(下ネタすみません)


※※※
さて、予約時間を過ぎてほどなく麻酔科医から呼ばれました。
麻酔についての説明の後に、問診や現在の体調の様子などじっくりとお話を。とても穏やかな男性医師で、淡々とした受け答えでなく、要所要所で「お辛いですよね」「不安ですよね」って気遣ってくれて、緊張せずお話出来ました

途中、サプリメント摂取の有無を訊かれたので飲んでる旨を伝えたら先生ちょっと苦笑い。

先生『サプリメントには血液をサラサラにするものもありますので、手術の1週間前から飲まないでください』

そうなんだ~!知らなかったわぁ。
今日からストップ。忘れないようにせねば。

あと何故だか食についての質問を繰り返しされました。

(最初の方)
先生『食事は摂れてますか?食べてますか?』

私『あ、はい。以前より食が細くなりましたが食べられてます。』


(終わり頃)
先生『で、食事は摂れてますか?ちゃんと食べてますか?』

私『(それさっき聞いた!)あ、はい。割と食べてます。』

何故にそんなに訊く?(笑)

ちなみに昨日から体重が40Kg台に突入しまして。久しぶりで小躍りするくらい嬉しかった!よ~し維持してくぞ~



で、その後、今日は婦人科の診察はなかったんですが婦人科へ行き、看護師さんに術後の症状など不安なことを聞いてもらいました。
たまたま対応してくれたのが以前お手紙をくれた看護師さんのうちの1人で、お話しやすくて助かりました。

ただ、卵巣・子宮全摘出後の症状は個人差が大きいので、症状が出て来たらその都度K先生と相談して治療、もしくは緩和していきましょうと言われまして。

まぁ、そりゃそうなるよね・・・

卵巣がんで全摘手術された方が多くおられる中で、自分は何をそんなに怖がってるのか?不安になり過ぎか?とも思うのですが、どうにも未知への不安が払拭出来ずにおります・・・。

なんなのこのメンタルの低下は。

リンパ節郭清術によってどのくらい浮腫が発生するのかとか、息苦しさとか頭痛とかだるさとか今ある様々な症状が今後悪化しないかとか、きちんと緩和出来るのかとかもー 色々。
いやいや心配し過ぎですね

とりあえずは目前の手術を無事終わらせること。
それだけを考えよう。おー!


※※※
さて、昨日はすごい久しぶりに池袋へ行きました。
池袋は昔から買い物で一番利用する場所でして。
いや~懐かしかったなぁ。そして相変わらず人すごかったなぁ。

手術前ということで上の姉が再びランチに誘ってくれました。そしていつもながらご馳走になってしまって・・・。
いつもありがとう

本当は東武のレストラン街に行きたかったのに何故かルミネから脱出できない私たち。ルミネの魔法か?結局ルミネの築地玉寿司でお寿司を頂きました。


握り寿司&手巻き
DSC_0044
お味噌汁と茶わん蒸し付きでした。
あとシャリの大きさが少なめに出来るので女性には嬉しいかなと。


食後は、ようやく人づてに東武へ辿りつき(笑)、手術に必要なものなどを見て回りました。病院からストローのついたカップとエコバッグを用意するよう言われてたので、可愛い猫ちゃん柄のエコバッグなど買ってもらいました

助かりました~

買い物の後はタカノフルーツパーラーでまったりデザートを。2人ともプリン・ア・ラ・モードをチョイス。
DSC_0045
9種のフルーツとバニラアイス、プリン、生クリーム。
甘いものって幸せですわぁ
※夫に「お前いいよなぁ」って言われちゃった(笑)


そんなわけで麻酔科医からの説明も済み、いよいよ手術まであと1週間。今日からちょこちょこ入院準備を始めつつ、絶対風邪などひかないよう注意して万全な態勢で臨みたいと思います。

応援してくださる皆様、ありがとうございます。
●今日の1日1健:看護師さんに話を聞いてもらった
ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします(*˘︶˘*)♡
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村 





愚痴と内省

私には、たまにイラ~ッとしますが(笑)共に人生を歩んでくれる伴侶がいます。
そして、見守り育て、無条件で味方をしてくれる家族、親族がいます。
また、未熟な私に関わってたくさんの感動を与えてくれる友人がいます。

たくさんの温かい人たちに囲まれて幸せなはずなのに、それでもしばしば愚痴を言うことがあります。

例えば妙にイライラして愚痴ってしまいがちな時。ガス抜きは必要なので、心のままに身を任ねます。
でも愚痴った後はいつもなんだかモヤモヤ~っと虚しい気持ちに・・・。

虚しさを感じる理由は一つ。それは自分が選択したことであるにも関わらず、誰か(何か)のせいにしていることを自分が一番よくわかっているからなんですよね。
他人のせいにしている限り、決して解決することはないのに・・・。

だから、いつからか私は愚痴を言った後は言いっ放しにせず、内省もセットですることにしてみました。

するとあら不思議。止まって足踏みしていた状況が動き出します。内省をするにあたって、対象への不満だけでなく、自分自身の未熟さも浮き彫りになってきます。

なぜ不満を感じて、どうすれば満たされるのか?

それを自分の中で復唱していると意外と変えられることって多いんですよね。他人の気持ちって変えられないけど、自分の気持ちは自分でコントロールできますから。
自分の間違いや傲慢さを棚上げしてしまうと問題の本質を見失ってしまいます。そして、生きていることでそれが私にとって一番恐い。

自分自身の物事の捉え方を変えるだけで気持ちが緩やかになる。気持ちに余裕が生まれれば、新しい考えが浮かんでくることも多い。良い連鎖が生まれます。

愚痴を言ったら内省し、解決したら感謝をする。
そうやって少しずつ少しずつ、愚痴りつつも人間的に成長していきたいなぁ。


私は死ぬまでに、今の自分からどのくらい成長出来るんだろう。

自分に残された時間なんて誰にもわからないけれど、だからこそ立ち止まることなく日々何かを感じ、吸収し、時に吐き出し反省しながら生きていきたいと思います。

●今日の1日1健:街に出掛ける
ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします(*˘︶˘*)♡
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村




 

ヘビ女、ヘビに絡まれる

こんにちは。
いつも拙いブログへご訪問頂きましてありがとうございます

今日は梅雨らしいお天気ですね。

今朝は起きるといつもの息苦しさが・・・。おまけに喉の痛みと頭痛が少し。慌ててカロナールを飲んで様子見しました。この時期は皆さんもかな、気圧の影響で体調を崩しやすいですよね。
お互い大事にしましょうね。


さて、今日は夫が休みでして。
今日の予定は?なんて思ってたら、いきなり「猫カフェに行こう」と。
わーい、体調不良も忘れるくらいのテンションで家を出ました

軽い朝食を済ませて、以前一度行ったことのある猫カフェへ。


入店するとまず、ふくろうに会えます。
DSC_0003
 ご挨拶すると・・・

DSC_0002
がーーーーん

DSC_0004
なんか別のふくろうに慰められたわぁ・・・


ちなみにふくろうの羽毛すごいふわふわでした。
DSC_0044


さて、猫エリアに入ると猫たちの自由気ままに過ごす姿が
DSC_0022

DSC_0009

DSC_0011
この子、滞在中ずっとこのハンモックにいましたわぁ(笑)

そして、こちらでは一触即発な2匹。
DSC_0018


私はというと・・・
ひたすらナ~デナ~デし続けた。
DSC_0005

ナ~デナ~デ。
DSC_0027

ナ~デナ~デ。
猫に囲まれる幸せ。
DSC_0015
右端の8匹目、立ってなにしてる?


そして、そして・・・
帰り際、可愛いヘビがいることに気づきまして。
DSC_0047

店員さん『触ってみますか?』

是非お願いします!
ということで生まれて初めてヘビを触らせてもらいました。
DSC_0049
うおお可愛い顔目も黒じゃなくて赤でした。
そして皮膚はしっとりしてて冷たくて気持ち良いというか。
うねうねする動きもヘビならではって感じで。

DSC_0050
この子赤ちゃんヘビだそうですが、大人になると結構大きくなるそうな。
私ヘビ年なので妙な親近感が(笑)


あと、爬虫類ではフトアゴヒゲトカゲも。
DSC_0026
フンフーン(´<_` )♪

見づらいですが左手が常に電気コードに添えられてまして・・・(笑)
こうして見ると爬虫類も可愛いですね。

フトアゴヒゲトカゲは、興奮したり体調崩をしたりすると顎の辺りが黒くなって、人間の顎ヒゲのように見えるそうです。面白いですね。


というわけで、今日は様々な生き物と触れあうことが出来てとても癒されました

手術まであと8日。
良い気持ちを保ちつつ、穏やかに過ごしたいと思います。
休みなのに連れてってくれた夫にも感謝。

●今日の1日1健:たくさんの生き物と触れ合い癒された
ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします(*˘︶˘*)♡
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村





返しが雑すぎる

こんにちは。
いつも拙いブログへご訪問頂きましてありがとうございます。

さて、昨日の記事の最後にちょろっと手術への不安を漏らしました。卵巣・子宮全摘した後、その場所が空洞になっちゃうのかなぁ・・・と。

その不安を吐露した時の夫との会話。


(ゆで卵殻剥き中の夫↓)
1web



2web



3web



4web

話は聞いてるくせに相変わらず返しが適当すぎる


ところで昨日頂いたコメントで、空いたところには腸が移動してくるとの情報が。人間の体ってすごいですね!


ちなみに夫は味付け玉子を作ってたんですが、彼の味付けは白だしと麺つゆと生姜です。 意外と美味しいですよ。
毎朝1個食べるのが私の日課になってます
返しは雑だが夫よいつもありがとう。

●今日の1日1健:顔の筋肉のストレッチをした
ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします(*˘︶˘*)♡
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村




 

義父への電話と外出

こんにちは。
いつも拙いブログへご訪問いただきましてありがとうございます

今日も6月にしては寒いくらいの気温ですね。
そんな中、大阪では震度6の大地震が起きたとのことで、今朝ニュースを見て驚きました。余震が続くかもしれないので、大阪方面の皆様くれぐれもお気をつけください。


さて今日は、夫が休みで私の病院もないので、久しぶりに電車に乗って食事に出掛けました。

お互いの気分が珍しくパンケーキで重なった!(笑)

最寄りから数駅のショッピングセンター内にあるMerengueというハワイアンパンケーキのお店へ
DSC_0040

 
オーダーしたもの。
①『サーモンとアボカドのサラダボウル』
DSC_0013
これ、普通のサラダだと思って注文したら下に白米が
かなりな不意打ち感ありました(笑)
(しかしほとんど夫が食す)


②『ロコモコチーズ』
DSC_0014
夫が注文しました。これも下に白米が。
夫いわく「この間セブンで買ったのと同じような味だな」だそうです。
彼なりの褒め言葉?


③『エッグベネディクト』 
DSC_0019
私が注文しました。
向かって右がエストラゴン?ソース、左がバジルソース。

それではいただきまーす。
DSC_0023
むむっ


DSC_0024
ピカーーーーーーー
卵がトロトロでマフィンの塩気もちょうど良く美味しかったです。
恐らく人生初のエッグベネディクト。バンザイ。


④『ホイップバターパンケーキ』
DSC_0033
デザートは、発酵バターをのせた甘いパンケーキ。
前回のパンケーキでの教訓を活かし、今回はクリームのないシンプルなものを。しかしながらソフトクリームは別で頼んでみたり(夫が!!)。
そしてこちらもほとんど夫が食す。


⑤『アイスコーヒー』
DSC_0008
グラスがジョッキみたいで可愛かったです。
赤いストローが映えてなんだかオシャレで。


そんなわけで久しぶりに電車に乗って外食して、あいにくのお天気でしたが良い気分転換になりました


※※※
ところで、昨日は父の日でしたね。
実父には何度か会ってるのでメールを、夫のお父さんには電話をしました。

久しぶりに聞いた静岡の夫のお父さんとSさん(実質、私たちのお母さん)にはいつも励まして助けてもらってます。
今回も父の日だから・・・じゃなくて、本当は手術を控えて気持ちが落ち込んでる私が元気をもらいたくて電話をしたんだろうな・・・

お父さん「とにかく前だけ向いてれば大丈夫。」

Sさん「qooちゃんは1回目の手術も乗り越えて、治療も効いて腹水も抜けて、それは寿命をもらったってことなんだから!大~丈夫!」 

その言葉に勇気づけられました。


ただ、今度の手術では残った左卵巣や卵管、子宮を全摘出となり、摘出後空洞となったそこは一体どうなってしまうのかとか、卵巣がなくなることによる様々な症状に対する不安があります。

手術に対する気持ちはどうしても日々波があって、前向きに頑張ろうと思う反面、やっぱり怖いなぁ~・・・って思う時がありますが、なるべく手術までの日々は穏やかにゆったり過ごせればいいなぁ

●今日の1日1健:電車に乗って美味しいものを食べに行った
ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします(*˘︶˘*)♡
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村



 

私を極限まで苦しめた腹水の話②

2月下旬、ようやく初回の抗がん剤治療が始まった。

しかし肉体的には悲惨な状態で、立っても座っても横になってもどんな体勢でも苦痛が襲う。

身の置き所の無さに絶望した。


満足に歩けなくなり2月半ばには移動手段がタクシーと車椅子になってしまう。

まともな姿勢がとれなくなっていたせいで浅眠が続く。暗闇の中で覚醒すると今度は恐怖で打ちのめされそうになる。


昼間の食事や飲水も胃痛を恐れて少量ずつ恐る恐る口に入れていた。

ほんの少しでも量を読み誤ると激しい胃痛に何時間も襲われる。飲食もまともにできず、ただただ座っているのが日課となった。


この腹水のお陰で初回の抗がん剤の副作用は耐えがたい苦痛を強いられたが、夫の献身的な介護や周囲の温かい励ましによりなんとか気持ちが折れずに乗り切ることが出来た。


1
人だったら死んでいたかもしれないと、今でも思う。



そして腹水と共謀して私を苦しめたのが足の浮腫みだった。

座位だと足が痛いので横になりたいのだが、腹水に妨げられ眠れない。
結局座るしかなく途方に暮れていた私に、夫がダンボールで足置きを作ってくれた。

これにはかなり助けられた。

ソファで腹水に圧迫されない姿勢で座るには下半身の角度は重要だった。足置きの高さが苦しい状態を軽減してくれた。浮腫みが取れた現在も使っている。


余談だが入院先の病室では足置きが用意出来なかったので、点滴棒のガラガラのところに足を置き代用をしていた。

ほんの少しの高さとはいえ楽になった。


腹水や浮腫みについては、抗がん剤が功を奏した部分が大きいようなのだが、姉のマッサージや友人からもらったサプリメントや湿布も本当に心身ともに支えとなった。



現在は腹水も浮腫みも無くなって笑って暮らせているが、万が一、再び腹水が溜まるような状況に陥ってしまったら今度は耐えられる自信が無いように思う。


それくらい私にとってトラウマとなる出来事だった。


当時のメモを残しておく。
BlogPaint



BlogPaint




最後に、現在腹水で苦しんでおられる方へ。

体重の増減から鑑て、おおよそ8~9Lの腹水貯留があったと思われる私ですが、がん細胞が広域に渡っており、またその広がり方により腹水
穿刺が出来ませんでした。

とはいえ現在は完全に抜け、人並みの生活を送ることが出来ています。



こんな人間もいますので、もし同じような状況で辛い思いをされていても、希望を捨てずにいて欲しいと心から願い記録に残します。

●今日の1日1健:目のストレッチをした
ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村 

私を極限まで苦しめた腹水の話①

既に何度か記したが、1月に試験的開腹手術をし、27日に病理検査の結果、この時は卵巣がんステージⅢcと告知された。

そして、治療をするにあたってがん細胞が体内のどこに、どの程度浸食しているのかを見定めなければならなかった。

しかしながら、私は喘息を持っていて造影剤投与が出来ず、普通のCT撮影では精度が見込めなかったため、治療に入る前にPET-CT検査を実施することになった。


私の通うS病院ではPET-CT検査の出来る設備がないので大きな大学病院を紹介してもらったのだが、最短で予約を取っても8日後。そして結果が出るのに更に6日を要した。

つまりがん宣告から2週間なんの治療も施せず、がんの進行に怯えながら痛みに耐え検査結果を待つという不安な状況が続いた。


ちなみにPET-CTの結果、腹部にはほぼがん細胞が散らばっていて、リンパ節や右鎖骨、肺にも少し広がっていた。この時初めてステージⅣまで進行していることが判明した。

そして
段々と溜まり始めていた腹水が、その検査に費やした2週間の間に一気に増量された。


当時のメモを見ると腹水が増えて行き、日に日にQOL(生活の質)が下がっていく様子が書かれていた。

それに伴う心情も。



胸下から下腹部にかけて恐ろしいほどパンパンに膨れて常に呼吸が苦しい。

その上、座った状態から横になる・寝がえりを打つ・起き上がるという平凡な動作が困難を極め、夫の介助がなければ為す術がない。

睡眠は満足にとれず、2時間おきに目が覚める。トイレに行くにも眠っている夫を起こして介助してもらっていた。

食事量は激減し、メイバランスというたった125mlの高カロリー栄養補充飲料を1日かけてゆっくり飲みきる。そうしなければ腹水による胃の圧迫で、何時間も酷い胃痛に悩まされることになるからである。


中でも一番ショックなのは入浴だった。
痛みと苦しさで、毎日入ることが出来なくなった。

パンパンに膨れた腹に対して、ガリガリに痩せた手足や妙に鎖骨の浮き出たまるで餓鬼のような身体を鏡で見て、なんてみっともない姿なんだろうと酷く嫌悪した。

身綺麗にして仕事に行ったり、お洒落して出掛けていた頃を思い出し、惨めな気持ちになった。


そして、いよいよ風呂のあの低い椅子に座るのが辛くなった。座れたとしても腹が邪魔で足が洗えず、この頃から毎回夫が介助するようになった。

パンツもズボンも1人で履けない。靴下も。
何かにつかまって立っているのがやっと。


なんだ、私は1人で風呂にも入れなくなったのか。


その現実を受け入れることが出来ず

夜、布団の中で嗚咽した。

(続きます)

●今日の1日1健:心のまま動いた
ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村




 

社会からの孤立・・・拭い去れない不安

こんにちは。
いつも拙いブログへご訪問くださり、ありがとうございます

昨日は思いがけず、介護職時代の同僚と接する機会が2件もありました。

1つは近所のスーパーで。
声を掛けられ、振り向くと以前介護士をしてた頃の職場の子が。

わ、久しぶり~

私の病気のことは夫のFacebookで知ったようで、ご本人も妊娠中という大変な体なのに私のことをとても心配して応援してくれました。感謝です。

そして2つめ。
これまた同様に介護職時代、年に数回女子会(笑)を行っていたうちの1人の方がメールをくれました。
今年1月(私が入院する前)に女子会をやろうと言ってたのですが、私がこんなことになってしまったためしばらくご無沙汰になってまして・・・。

実は病気のことをなかなか言い出せず現在に至ってたので、昨日初めてがんだと打ち明けたらとても心配して気遣って励ましてくれました。
感謝です・・・。


がんが発覚して約4ヶ月。
当時に比べたらだいぶ精神的にも落ち着いてきたように思います。ただ、これからまた手術、そして抗がん剤治療という長~い壁が待っていると思うと気が重いのも事実です。

実のところ、未だ自分の病気について報告出来てない友人が何人かいまして・・・。

報告した人、報告出来てない人。
なんだか差をつけてるようで(そんなつもりはないんですが)心苦しく思います。今更ですが、こんなことなら2月の病気発覚時点で全員に報告すれば良かった・・・。

でも、身近にいてすぐ会える人もいれば遠方ですぐには会えない人もいて。何年も会ってない友人にいきなりがん報告なんてしたらどれほど驚かせてしまうか・・・。
がんは今や身近な病とはいえ、恐らく自分が逆の立場だったら心配でショック過ぎると思うとなかなか言い出せないんですよね・・・


がん報告と共にこのブログのことを知らせれば?ブログを読んで安心してもらえば?・・・とも思うんですが、自分からブログを教えるというのはどうにも気恥ずかしさという抵抗があって、また、教えたことによって相手に「読まなきゃ」という義務感を課すことになってしまうんじゃないかなぁという危惧もあります。 

何せ、私のブログは1つの記事がいつも長くて読む方も大変!(わかってても長くなっちゃうんですが

そんなこんなで昔の職場のことを思い返し、仕事について考えました。



最近、早く社会復帰したいなぁと思います。
現在ドクターストップがかかっており、仕事は出来ない状態です。医療費のこともあるので早く仕事をしたいと思いつつ、何より退職してから人と接することが激減し、社会から孤立してるような気持ちになります。

実際は専業主婦だった時代とそれほど状況は変わらないんですが、なんて言うか気の持ちようなのかなぁ、人生が止まってるっていうか、言いようのない焦りを感じるというか。

私なんにもしてないなぁ、みたいな

もちろん今は病気を治すことが最優先なのはわかってるものの、年齢も年齢だし、何の資格も持ってないし頭も悪いし最近は記憶力も低下してるし~!!

果たして治療を終えた後、私に出来る仕事があるのか?

がんでも雇ってくれる職場はあるのか?

めまぐるしく変わる体調を抱えて長期で働けるのか?

こんなこと治療しながら働いてる人からすれば「甘えるな!」って思われるかもしれませんが、たまに拭い去れない不安に襲われることがあって・・・。


それでも、見守ってくれる周囲の方々や、私をいつも傍で支えて頑張ってくれてる夫のことを思うと、小さくとも自分に出来ることを探して前進して行かなきゃいけませんよね。

最近は在宅ワークも充実してるし、色々調べて私に出来そうな仕事があればいいなぁと。あと夫に勧められたんですが、幸い時間はあるので何か私でも取れそうな資格の取得も考えようかと思います。

今日は書いてるうちになんだか不安な気持ちが湧き出てしまって、弱音ばっかりですみませんでした~


あ、ちなみに先日ハローワークに連絡して失業保険について確認したところ、やはり原則求職活動が出来ない状態では給付出来ないとのことで、私の場合ドクターストップが解除されないとダメだそうです。

ただ、受給期間が1年間なので、そう言った場合は受給期間延長の申請をすると最長4年は延長出来るそうです。申請書を取り寄せたのでこれから手続きをしておこうと思います。

治療などで退職を余儀なくされて求職活動も出来ずに困ってる方、せめて延長手続きだけでもしておくと後々助かるかもしれませんよ

●今日の1日1健:腹式呼吸を意識した
ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします(*˘︶˘*)♡
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村





『だいたいこれでイケるから』

こんにちは。
いつも拙いブログへご訪問くださり、ありがとうございます

昨日書き忘れてしまったのですが、診察の際に手術後の治療についてK先生に尋ねてみました。

私『あの・・・今の状態ですと、手術が終わってあとどのくらい抗がん剤治療をすることになりますか?』 

K先生『あとしばらくは行うでしょう。1年・・・、長期戦と見ておいて下さい。まぁ、今後のことは今考えると気が重くなるでしょうからね、手術が終わってまた状態を診てからにしましょう(苦笑)』 

・・・・・・。

そうかぁ・・・やっぱり当初の予定通り長期戦かぁ~・・・
腫瘍マーカーが下がったから若干期待してたんですが・・・

がんはそんなに甘くないか

K先生も「薬は効いているから」と仰ってくださったので、手術後も引き続き治療を頑張りたいと思います。 


そうそう、「気が重くなる」と言えば今度の手術ですが・・・。
『開腹手術後の痛み・怒り・癒し①』でも書きましたが、術後のドレーンを抜く処置が今から憂鬱で憂鬱で
あと、抜鉤(ばっこう)ぅぅぅ~

この2つが現在専ら私の気持ちをざわつかせてます。体だけでなく心までざわざわですわぁ・・・。


で、ドレーンと抜鉤のことを思い出して気が重くなると夫に話したら、相変わらずの夫節炸裂。

私『あ~、ドレーン嫌だなぁ~。めちゃ痛いんだよなぁ~。』

夫『痛い時は・・・』

web4-1

更には

web4-2


web4-3
開腹してんだぞ!
腹に力なんか入らんわ!!!




夫『・・・経験上
   だいたいこれでイケるから』




また適当なこと言ってますが・・・
もし試してみて効果があったらご報告します。→☆結果

●今日の1日1健:好きな音楽を聴いた
ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします(*˘︶˘*)♡
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村 




 

入院前、最後の診察

こんばんは。
いつも拙いブログへのご訪問、ありがとうございます

今日は週に1度の診察日。
いつものように夫に付き添ってもらいS病院へ。

血液検査と診察の他に、今日はさ来週の入院・手術の説明がありました。

まずは血液検査の結果ですが、白血球は戻りつつあるとのことで3100。最近は3000超えると安心しますね~。それでも普段(4000~5000)に比べたら少ないんですけど
他の値も特に問題ありませんでした。

そして診察。
体調を訊かれたので、最近ずっと私を悩ませている体のざわざわ感と不眠についての相談です。

私『実は先週からオキシコドン(医療用麻薬)を減らしたじゃないですか・・・。そのせいかわからないんですが、翌日の夜から体がなんだかざわざわして、じっとしていられなくて。あと、変な発汗や悪寒もあって・・・。』

K先生『あぁ~、そっちが出ちゃいましたか。そうですね、薬を減らしたせいでしょう。まんまそういう症状ですね。私も言わないで申し訳なかったですが・・・。』

や、やっぱりか。
というわけで、以前の記事でお伝えした体のざわざわ感はやはり医療用麻薬の急な減薬による退薬症候でした~

それにしても、当たり前なのかも知れませんがK先生キッパリと退薬症候であると仰られたのでなんだかとても安心しました。ぼんやりと「病気(がん)の可能性かもしれませんね」とか言われて様子見されたらどうしようかと思ってたので・・・。


で、原因が判明したのは良かったんですが、実はその後私が大チョンボをしてたことが判明。

私『先生、ちなみになんですがオキシコドンは前回、10mg/日にしたんでしたよね?』

K先生『いや、確か(PC見て)・・・20mg/日にしたはずですが。』

私『えっ?』

K先生『(察した顔で)あぁ~それじゃ、症状出ますよ。急に減らし過ぎですね。』

ガーーーーーーン
つまりは、私が先週減薬量を聞き間違えていて、予想以上に減らしちゃってたらしいです。
バカッバカッ

先生はしばらくしたら体が慣れるからと、それじゃ今日から10mg/日にしましょうかと仰ったんですが、あのざわざわ感が心配な私はとりあえず20mg/日の現状維持でお願いしました。

また、不眠についてもオキシコドン減薬が要因と考えられるそうで、こちらに関しても「体が徐々に慣れてきますから」と言われたんですが、やっぱり眠れないのは辛いので眠剤を処方して頂きました。

K先生、今日は本当に色々とすみませんでしたぁ
以後気をつけます。


そして診察後は相談室へ移動して看護師さんより入院・手術の説明がありました。

あぁ、いよいよなんだなぁ。

1月に経験したあの様々な痛みが再びかぁ・・・と身の縮む思いで聞く私。
それでも説明が終わって外の待ち合いに出たら、前回の入院中にお手紙をくれた看護師さんが声を掛けてくれて、

『大きな壁だと思うけど、きっと乗り越えられるからね』

そういって手を握ってくださいました。

そうだなぁ、頑張らんと!


来週は外来診察は無しですが、手術前ということで麻酔科の先生から説明があるので金曜日にまた病院へ行ってきます。前回同様、ガスによる全身麻酔だそうです。あと背中に管を通す硬膜外麻酔もかな。いずれにしても麻酔に関してはあまり不安はないかなぁと。


※※※
今日は午後から診察だったので、全て終わったのが16時半頃。
ちょっと早いけど夕食をってことでいつものようにラーメンチョイス。

初めて入った四川坦々麺のお店。
辛さや山椒の痺れが6段階まで選べます。
私は「辛2痺2」を、夫は「辛2痺1」を選択。

それではいただきます。
BlogPaint
「野菜たっぷり坦々麺」
かいわれと三つ葉がたっぷり。
辛味もちょうど良く、胡麻のまろやかで濃厚なスープや干しエビの風味も効いて個人的には美味しかったです。
また、別のメニューにもチャレンジしてみたいなぁ。

そしてそして、1人前食べられましたー
ヤッター。


ちなみにこちらは夫が食べた普通の坦々麺(大盛り)。
DSC_0004

さて、この調子で手術に向けて食を太くしていくぞ~。
頑張るぞ~。

●今日の1日1健:頭を刈ってもらった
ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします(*˘︶˘*)♡
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村





友人と会い、思う

こんばんは。
いつも拙いブログへご訪問頂きましてありがとうございます

今朝は思いがけず起き抜けに胃痛がありました。
今日は友人とビュッフェランチなのに大丈夫かな…と不安がよぎり、急いで処方された胃薬(ファモチジン)を飲みました。

そうしたら約束の時間になる頃には治まって、とても元気に。
食事量も心配でしたが、今日は驚くくらい食べることが出来ました。

今日会ったTちゃんとは、以前の記事15年前。夫との出会いを思い出す』でも記した夫との出会いの場である東大内で一緒に働いてた方です。
かれこれ約15年くらいのお付き合いだなぁ。
仕事やプライベートでも本当にお世話になっちゃって。

私より歳上なのですが、それを感じさせないフランクで若々しい雰囲気があってすごいなぁ…と思っています。

某ホテルのレストランにてパシャリ。
ご本人にOKをもらったのでアップします~。
DSC_0042
2人でVサイン。


そしてビュッフェは和食がメイン。
DSC_0043
最近、脂ものがだいぶ食べられなくなってきた私たち。

これらの他に、サラダやお寿司、デザートも頂いちゃって、本当に昨日までの食欲不振が嘘のようでした。


そして今日初めて聞いたのですが、私ががんになってしまいTちゃんにメールで伝えた時、急に体調不良になって熱が38度まで上がってしまったそうです。2時間ほど横になったら下がったそうですが、その時のことを「あれ、きっとショック熱だったんだね…」そう言ってました。

心配をかけて申し訳なかったです
今は本当に回復してきてるので~!

今は毎日私のためにお仏壇の前でがんが治るように祈ってくれているとのこと。それを聞いて本当に嬉しかったです。
また、可愛いポストカードを挟んだ写真立てを作ってくれて、カードには素晴らしい言葉が書かれていました。

『たとえすぐに良い結果が出なくとも
頑張り続けるその気持ちが大切なんだ』

なんだか今の自分の心情にマッチしてるなぁと・・・

本当に感謝です!ありがとう


そして、友人への感謝と言えば、昨夜は先日食事に行ったHちゃんが私の不眠を気にかけてくれて、「眠れなかったら何時でもメールしていいからね」と心強い言葉をかけてくれました

隣の夫は爆睡でしたが、しばらくメールのやり取りをさせてもらい、心の安息を得られました。
ありがとう



今日、Tちゃんとも話したんですが、世の中様々な『運』というものがある中で、私は本当に良い友人たちに恵まれたなぁとありがたく思います。

これからも自分と関わり合ってくれる人たちを大切にしなければと改めて心に誓いました

よーし手術に向けて頑張るぞ~。
あと明日は診察だ~。

●今日の1日1健:友人と食事を共にした
ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします(*˘︶˘*)♡
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村




 

したいのに、できない

こんにちは。
いつも拙いブログへご訪問頂きましてありがとうございます


いきなり弱音吐いちゃいますが、ここ最近不調続きでなかなかにしんどいです。したいのに、できないって状況が多く自分でもどうしたらいいのかほとほと困惑してます。

・寝たいのに眠れない
・食べたいのに食べられない
・体重増やしたいのに増やせない

この3つが目下、私を悩ませてます・・・
(下2つは連動してますが)

先日の記事『麻薬の禁断症状現る』で書いた体中がざわざわする感覚ですが、あれから医療用麻薬のオキシコドンを20mg/日にして服用を続けてみたところ、多少ざわざわ感が弱まりました。

しかしながら消失とまではいかず、眠るタイミングを逃すとざわざわ感に襲われ不眠状態となります。もう、なんていうか、寝たいのに眠れないって本当に嫌なものです・・・。

そして食事量減少に伴う低体重。
食べたい気持ちはあるんですが、体が受け付けようとしてくれない。少し前までは3食食べられてたのに、今は頑張っても2食がやっと。それも1食が少なめで、間食なんてすると1日1食で十分となってしまいます。


最近、病気になる前の自分を思い返すことが増えました。
昔は眠ることが大好きで、夜寝る準備を終えて「さあ寝るぞ~」ってお布団にゴロンするのが1日のささやかな幸せでした。枕が変わっても疲れてなくとも10時間ぐらい軽く寝られるほどの睡眠優良児でした。

食事に関しても本当に夫婦共々食べることが大好きで、外食だったら食べ放題には月3回くらい行ってたし、同い年の女性に比べたら倍以上食べられる自信はあったのに~・・・


昨年、妊活の影響で健康志向への意識が高まり、食事改善ダイエットをしました。
月に-kgという目標を掲げて結局10kg痩せて喜んでましたが、今思えばなんてバカなことしてたんだと思います。

自分では普段あまり後悔とかしない方だと思うんですが、さすがに今は


昨年の自分をぶん殴ってやりたい!!


パンチweb
おっと間違えて夫を殴ってしまいました。


月末の手術に向けて体力・体重共に増量を目指してましたが、今の状態ではちょっと無理っぽいです
せめて現状維持出来れば・・・。

歳を重ねるにつれて、だんだん睡眠時間が短くなるとか食事量が減るとか聞きますが、今からこれでは先が思いやられます。

なんとかならないもんかなぁ・・・。
しんどいなぁ・・・。


でも!
明日はこれまた久しぶりに昔働いてた職場の友人と食事をするので、楽しみながらできるだけたくさん食べてきたいと思います。

●今日の1日1健:鏡の前で笑顔をつくった
ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします(*˘︶˘*)♡
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村





人前で夫が・・・

こんにちは。
いつも拙いブログへご訪問くださり、ありがとうございます


※※※
さて今日は、先日姉とランチをした時に話題に出た夫の話をしたいと思います。

私が1月に突如入院・手術となり、夫に私の病名や余命が知らされた時期のこと。

後から聞いたのですが、手術後お見舞いに来てくれた姉を夫が駅まで送って行った際、初めて姉に私の病気のことやこれまでの経緯、余命の話などをしたそうです。

その時に・・・

姉『○○くん(夫)ね、その時駅で泣いていたよ』

私『えっ?そうなんだ・・・』

その情景を思い浮かべ、驚きました。

出会って約15年間、夫の泣き顔を見たのはただの一度きりなのです。

8
年前、夫のお母さんが亡くなった時に初めて見たのですが、それも本当にわずかな時間。
ちょっと失礼な話ですが、その時「ああ、この人でも泣くことあるんだなぁ」と思うほど意外でした。

それくらい涙と縁遠い夫が・・・。

しかも人前で・・・。

当時の夫はそれだけ切羽詰まってたんだろうなぁ。心配かけたなぁ・・・。
本当、申し訳なく思う一方で、少しだけ嬉しかったです。

夫から直接聞いた話では私ががんだと知った時、2日間くらい家で少し泣いたらしい。
で、そのとき猫たちは泣いてる夫に驚いて、遠巻きで様子見

しばらく近寄りもしなかったそうです


とまあ全然大した内容ではないのですが、「夫が泣いた」というのは私にとってはかなり衝撃的な話で、一応大事に思われていたんだなぁとホッとした気持ちになったのです(笑)

この15年間、私が仕事や諸々で悩んだり辛かった時、一緒に寄り添って泣くということは一切ありませんでしたが、それはそれで彼らしさなのかもしれませんね。


現在は、主治医から「余命1ヶ月かもしれない」と言われた時の状態と比べると心身とも安定しながら日々生きることが出来ており、夫も余裕が出てきてます(笑)

これからも浮き沈みのあるこの身体での人生となりますが、前向きに進んでいけそうです。

後悔しない生き方で!


これは病気発覚の数週間前にディズニーシーで撮ったものです。
DSC_0841
わかり辛いですが、まだ髪の毛があります。
よもやこの後がんになろうとは、この時は知る由もありませんでした。

でも、この時も今も幸せです

●今日の1日1健:布団にコロコロをかけた
ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします(*˘︶˘*)♡
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村 




 

プロフィール

qoo(くぅ)

ギャラリー
  • 鳴き声
  • 拾い癖
  • 49日
  • 声
  • 3月5日
  • qooを誉める
  • 無事に葬儀を終えました
  • イラストの背景
  • 2/5 20時
  • ご挨拶と、ご報告。
  • またも試練…
  • またも試練…
  • 在宅へ
  • 入院27日目~多くの支えに感謝
  • 入院23日目~昨夜は大変だったけど…
  • 入院22日目~素敵なご提案
  • 入院21日目~熱の原因
  • 入院21日目~熱の原因
  • 入院17日目~またしても高熱
  • 入院16日目~中心静脈カテーテル
  • 入院16日目~中心静脈カテーテル
  • 入院から2週間~しこり…?
  • 入院13日目~お腹ガンバレ
  • 入院10日目~「生き返る~」って思う瞬間
  • 入院9日目~いつの間にか…
  • 入院9日目~いつの間にか…
  • 入院9日目~いつの間にか…
  • 退院後あれこれ
  • 退院後あれこれ
  • 退院後あれこれ
  • 退院後あれこれ
  • 退院後あれこれ
  • 退院後あれこれ
  • こぎ着けました
  • こぎ着けました
  • こぎ着けました
  • 入院8日目~K先生から言われたショックなこと
  • 入院8日目~K先生から言われたショックなこと
  • 入院8日目~K先生から言われたショックなこと
  • 入院8日目~K先生から言われたショックなこと
  • 入院7日目~看護師さんに言われた衝撃の一言
  • 入院7日目~看護師さんに言われた衝撃の一言
  • 入院6日目~血管が…
  • 入院6日目~血管が…
  • 入院6日目~血管が…
  • 入院5日目~今後のスケジュールなど
  • 入院5日目~今後のスケジュールなど
  • 入院5日目~今後のスケジュールなど
  • 入院5日目~今後のスケジュールなど
  • 入院5日目~今後のスケジュールなど
  • 入院4日目~治療再開へ
  • 入院4日目~治療再開へ
  • 入院4日目~治療再開へ
  • 入院4日目~治療再開へ
  • 入院4日目~治療再開へ
  • 入院4日目~治療再開へ
  • 絶対元気になる!
  • 痛みはあるけど嬉しいことも
  • 痛みはあるけど嬉しいことも
  • 絶食したり、急遽受診したり・・・ここ数日の出来事
メッセージ

お気軽にどうぞ(本文やメールアドレスが公開されることはありません)

名前
メール
本文

卵巣がんランキング
闘病記ランキング
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ