こんにちは。
ブログへのご訪問ありがとうございます。

抗がん剤治療から9日目です。

お腹、お尻、背中など痛みありますが、オキノームでコントロール出来てます。

ただ、腰痛がやばい

今日は右側の腰~お尻~鼠径部~太腿に帯状に痛みがあり、歩くのに足を引きずってます。
昔、介護職時代に経験した坐骨神経痛みたいな感じです。

腰痛はオキノーム飲んでほんのちょっぴり楽になったような気がしますが、いやでも気がするだけかも

とりあえず湿布貼って様子見てますが、ダメだったら整形外科に行かなきゃと思ってます。

でも、最近がん治療の他に内科や眼科にも通いだしたので、出来ることならこれ以上通院増やしたくないなぁ・・・



さて昨日、ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ』第3話を見ました。

読者の皆さまや、ブロガーさんたちの記事でアライブを知って見始めたのですが、面白いです。

※以下、ネタバレ含みますので、まだ見てない方はご注意ください


主軸の心先生(松下 奈緒さん)と薫先生(木村 佳乃さん)のストーリーも気になりますが、それ以上に毎週様々ながん種の患者さんを取り巻くエピソードや心情、専門的な小ネタなどがあり、興味深く勉強になります。

そして昨日ちょっと驚いたことが。

自分ががん患者として「こうしたいな」と思ってたことが、ドラマの1シーンを見て、「あ、やっぱり違うかも」って気づいたことです。

これまで自分が良いと思ってたことも、実際にその場面に直面した時、違う感情が湧いてくることもあるんだなぁと気づきました。


あとドラマは、医療者目線、患者目線、家族目線など、多角的な視点で描かれてて、様々な立場の人の心情が網羅されてるところも良いなって思います。

私はどうしても患者目線で物事を考えがちになってしまいますが、医療者や家族の本音を役柄を通して擬似体験できるので、自分の周りと重ね合わせて考えながら見たりしてます。

もちろんドラマの中のことが、必ずしも現実の患者や家族の総意ではないですが、それでもすごく参考になります。


そして昨日のラストは悲しかった・・・

事故で長く意識が戻らなかった心先生の夫が亡くなってしまいました。

疲労や諸々重なり、夫に辛辣な言葉を投げつけてしまったことを謝れずにお別れになってしまったことが、心先生の回想シーンから窺えます。

後悔で泣き崩れる心先生を見て、ドラマとはいえ胸がギュッとなりました


ケンカするのも


悪態つけるのも


「後でいいや」って思うのも、


無意識に


明日があると思ってるからなんだなぁ
(自分だけでなく、相手にも)



大切な人と過ごす時間は


掛けがえのない時間なんだって、


毎日じゃなくていいから


意識していこうと思いました。


第4話も楽しみです



~おまけ~

せんべいが好きでだいたい常備してる我が家。

少し前にプチラッキーなことが。

大好きなこちら↓

新潟仕込み

を食べようと

2枚入りの個包装を開けたところ、


なんとなんと


ぱり・・・ぱり・・・

ヤッタネ



コメント御礼

コメントをくださった3ki3kiさん、みかさん、うっきーさん、ちょみきちさん、ちえぞうさん、アマガエルさん、かやさん、ETSUさん
いつもありがとうございます 

体調や副作用についてのお気遣い感謝します。

動悸は、普段は喘息の薬のおかげでだいぶ落ち着いてきましたが、やっぱり副作用中は顔を出しちゃいまして。
目立ちたがり屋めっ

副作用、皆さまそれぞれありますよね。
あ~この世の副作用全て消え去れ~って思います

あと、カフェラテ
私はほんと美味しかったので、機会がありましたら皆さまもぜひ娯qoo楽qooを味わってみてください♪

●今日の1日1健:脱力する
ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします(*´ ᵕ `*)♡
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村