夫です。

qooのブログへご訪問いただき有難うございます。
コメントやメッセージなども大変嬉しく思っております。

彼女のスマホにメールの下書きがあり、それは自分の最期を想定して「ブログの最後を託します」との内容が書かれていました。生前「私が死んだら○○くんが書くんだよ」とqooが笑いながら話していたこともありましたが、操作や読むのすら難しくなってきたときもスマホを持って皆さまのコメントを読もうとしていました、関わってくれている人たちを大切に思っている彼女の様子を私は傍で見ていました。

闘病仲間やコメントをくれる人たち、家族や友人のため。皆さんの中には動いているqooをご覧になっていた方は少ないと思いますが、実際の彼女はブログに出ている以上に人懐っこく他人想いの女性でした。

気持ちの良い挨拶、笑顔、よく笑う、しっかり話を聞く、親身になって相談に乗る、さりげない配慮、譲る気持ち、動植物を労わる優しさ、年齢問わずに仲良くなれる、弱いものを助ける正義感、人としての成長力、愛嬌ある仕草、地道に続ける努力、家族想い、仕事が丁寧、手先が器用、節約家、責任感。挙げればきりがないですね。

3年前、がんの告知後に色々と介助が必要になったとき、彼女はかなりまずい状態だったにもかかわらず、手伝う私に対して「ごめんね」「ありがとうね」との気遣いの言葉を常にかけてくれました。また、今回も同様で、4ヶ月近くほぼ絶飲食の状態なのに「○○くんはご飯ちゃんと食べてね」などとこちらの体調を気にしてくれていました。
極限の状態でも周囲を心配する、そういう人でした。

qooが始めたブログですが、多くの人にとってのブログだったんだなとコメント等を拝見して感じています。家族・友人、闘病をされている方やそのご家族、医療関係者の方、たまたま見つけてくれた方。皆さんのお役に立っていたことを知って、qooは喜んでいると思います。そんなqooを改めて誇りに思います。

DSC_0159



にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村