こんにちは。
ブログへのご訪問ありがとうございます。

昨年、自分の病気についての治療経過などを、途中まで整理してそれっきりになっていたので、改めてまとめると共に備忘録として残しておこうと思います。


【病名】
卵巣がん
臨床進行期 IVB期

【病理組織診断】
右卵巣:漿液性腺癌(高異型度
右卵管:正常
腹膜:漿液性腺癌の播種
腹水細胞診:腺癌細胞陽性

(※後のPET-CT検査で、右鎖骨、肺に転移、
2回目の手術で、左卵巣、骨盤内左右リンパ節に転移発覚)


【発覚前のこと】
2017年10月
断続的な腹痛
----------------------------------------------
2017年11月
毎回、排便前に酷い腹痛
----------------------------------------------
2017年12月
排便前痛に加え、酷い排尿痛
----------------------------------------------
2018年1月

高熱が出だす
近所の消化器内科へ通うも原因不明
    ↓
総合病院を紹介される

各種検査、MRI実施後、急遽入院

試験的開腹手術実施
・右付属器切除
・腹膜生検
・骨盤内洗浄(ドレーン留置)
----------------------------------------------
2018年2月
卵巣がんと告知される
----------------------------------------------

【発覚してからのこと】
2018年2月
腹水が溜まる

大学病院にてPET-CT検査実施
肺・右鎖骨付近に遠隔転移発覚

抗がん剤(TC療法)1クール目実施(入院)
----------------------------------------------
2018年3月
抗がん剤(TC療法)2クール目実施(入院)
----------------------------------------------
2018年4月
骨髄抑制のため白血球が著しく低下し、治療延期
(検査での最低値:1300)

グラン注射5回実施
----------------------------------------------
2018年5月
抗がん剤(TC療法)3クール目実施(入院)
※骨髄抑制が著しいため、1段階減量する
----------------------------------------------
2018年6月
第2回開腹手術のため術前麻酔科説明

第2回開腹手術実施
・腹式単純子宮全摘出
・左付属器切除
・骨盤リンパ節郭清
・部分大網切除
----------------------------------------------
2018年8月
抗がん剤(TC療法)4クール目+
アバスチン1クール目実施(入院)
※TCは1段階減量のまま

白血球低下のため
フィルグラスチム注射2回実施
----------------------------------------------
2018年9月
抗がん剤(TC療法)5クール目+
アバスチン2クール目実施(入院)
※TCは1段階減量のまま

フィルグラスチム注射5回実施

単純CT検査実施
目に見える腫瘍は消失
----------------------------------------------
2018年10月
抗がん剤(TC療法)6クール目+
アバスチン3クール目実施(入院)
※TCは2段階減量に変更

フィルグラスチム注射1回実施
----------------------------------------------
2018年11月
抗がん剤(TC療法)7クール目+
アバスチン4クール目実施(入院)
※TCは2段階減量のまま

フィルグラスチム注射6回実施
----------------------------------------------
2018年12月
年末年始を挟むため、休薬する

単純CT検査実施
目に見える腫瘍はない

フィルグラスチム注射4回実施
----------------------------------------------

なお、病気発覚前の詳細は、カテゴリー欄の『病気が発覚する前の話』をご覧頂ければ幸いです。

ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします(*´ ᵕ `*)♡
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村