卵巣がんステージⅣでも、人生楽しく前向きに。喜怒哀楽を大事にね。

夫と猫2匹と暮らす40代のどこにでもいる普通の主婦です。 2018年2月、卵巣癌(高異型度漿液性腺癌)ステージⅣbと告知されました。※※※※夫と二人三脚の闘病風景や体調の記録、日常(たまに猫)のことなどを綴っています。

ゲムシタビン

ゲムシタビン~③副作用

こんにちは。
ブログへのご訪問ありがとうございます
拍手やポチもとても嬉しいです。

コメントもありがとうございます。
いつも元気をもらってますよ~

明日から9月だというのにまだまだ暑さ厳しい
ほんと疲れも溜まって体調も崩しますよね。
皆さま水分いっぱい摂ってお休みはさみながら活動しましょうね~。





さて本日はゲムシタビの副作用についてを

その③【ゲムシタビンの副作用】

副作用

ゲムシタビンの主な副作用も、これまでのTCやドキシルとあまり変わらない感じです。

●骨髄抑制

血液を作る骨髄は抗がん剤の影響を受けやすいので、もうこれは宿命のようなものですね
長年の治療でヘトヘトの骨髄にまたも追い打ちをかけるのは心苦しいですが、こればっかりは自分でどうにもならない
ごめんよ~骨髄さん(-人-;)

●食欲不振・吐き気・嘔吐
こちらも抗がん剤の副作用では代表格の症状。
ゲムシタビンは半数以上の人にこれらの消化器症状が現れるとのこと。嘔吐は3人に1人くらいの割合とか
吐き気止めをうまく使って症状を抑えたいですね。

●発熱・疲労感・発疹
個人的に疲労感ってかなり厄介な副作用だと感じてます・・・。
吐き気や痛みと違って効果的な薬がないのと、動けないことで体の衰えだけでなく心も落ち込んでしまいます。
ドキシルやってみて怠さが結構辛かったので、ゲムシタビンはどうなんだろう・・・とちと不安も


不安といえば、ウィークリーの治療はやったことがないので、副作用がどのくらい続くのかも気になるところです。

ウィークリーだと副作用が落ち着く前にまた次の治療・・・ってなっちゃうのかな。1週休薬期間があるけど、そこでリセットする感じなのかしら?


ちなみにゲムシタビンの説明の時にK先生が

『この薬はほとんど副作用ありませんよ

と言っていた。

それを聞いた私は

先生それドキシルの時も言ったー(;´༎ຶД༎ຶ`)

って秒でツッコんだ。

心の中で('◉◞⊖◟◉’)



昨日お伝えの通りゲムシタビン治療は今までになかったメリットが。

1回の投与時間が短いので体の負担の軽減が期待できるし、治療スケジュールも短周期で組まれるので、生活リズムも掴みやすそう。

なのでコメントでも頂きましたが、本当あとは副作用が軽ければいうことなしです(๑•̀ㅂ•́)و✧


どんなに効く薬でも、やっぱり副作用が強いとどうしても治療の完遂が困難になる。

ドキシル4回やって身に染みました

体が持つなら続けたかったな~とは思いますが、まあでも仕方ない

心機一転、次の治療に期待しよう(•̀ᴗ•́)و ̑̑

●今日の1日1健:新しい布団でゴロゴロする
ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします(*´ ᵕ `*)♡
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村




ゲムシタビン~②投与スケジュール

こんにちは。
ブログへのご訪問ありがとうございます
拍手やポチもとても嬉しいです。

コメントもいつもありがとうございます。
拙いブログを読んでもらえるだけで嬉しいのに、私にはもったいないお言葉の数々、本当にありがたい限りです
いつも皆さまのコメント読んでると、すごい支えられてるなーって思います。

体調へのお気遣いや、素敵な動画を教えてくれたり、お参りで私のことまでお祈りしてもらえたりも感謝です(இдஇ; )

そして遺伝子検査のご質問について。
実は以前私もK先生に検査のこと聞いてみたことがあったんですよ~。
ただ、その時は、うちの病院では検査できないんですよね~なんてサラリと終わったような
また折を見て聞いてみようかと思います(•̀ᴗ•́)و ̑̑





さて本日はゲムシタビンの投与スケジュールについて書こうと思います。

その②【ゲムシタビンの投与スケジュール】

投与スケジュール

これまでのTC療法やドキシルは、およそ月に1回の点滴を1クールとして行っていました。

ゲムシタビンはちょっと違いまして。
週1回の点滴を3週連続行い、4週目は休み。
これを1クールとするそうです。


なのでもし次の治療がゲムシタビンになった場合、ほぼ毎週治療をすることになります。

こ、これは忙しくなりそう・・・

しかも治療日が増えるということは、ルート取り(注射)の回数も増えるのか~


だがしかし!

朗報もありました

ゲムシタビンは点滴時間がなんと30分

かなり短い٩( ╹▿╹ )۶

前後の投薬(吐き気止めや生食)を入れたとしても、外来で1時間くらいで終わるそうです。

ちょっとこれ私の中ですごいことです・・・!

TC+アバスチンの時は7時間、ドキシル+アバスチンは4時間コースだったので、それを思うと血管の負担もぐっと減りますよね。


元々毎週受診はあるので、一緒に治療して帰ると思えば特に通院が増えることもないですし~。

メリデメで言うと
メリットの方が大きいかも(๑•̀ㅂ•́)و✧

もちろん効果があることが前提ですが



今の自分にとって最善の治療ってなんだろう。

長く続けることなので、体調のことやお金のこと、入院か外来かの生活スタイルなど諸々合わせて考えてるんですが、なかなか決めかねますね

そういえばドキシルの時は先生に「すごい高い薬なんですよ」って何度も言われたけど、ゲムシタビンはどうなんだろ

今度詳しく聞いてみよう٩( ᐛ )و

●今日の1日1健:比べるなら昨日の自分
ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします(*´ ᵕ `*)♡
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村




ゲムシタビン~①特徴

こんにちは。
ブログへのご訪問ありがとうございます
拍手やポチもとても嬉しいです。

温かいコメントもありがとうございます。
抗がん剤のアレルギーのお話や副作用の辛さなど、本当に身につまされる思いで読まさせて頂きました(;_;)
それでもひたむきに前進なさってる皆さまを思うと、私も頑張らなきゃっていつも励まされます。

治療中の皆さまも、応援くださる皆さまも、毎日笑顔で穏やかに過ごせますよう願ってます





次の治療の候補に挙がったゲムシタビン

まだやると決まったわけではないのですが、ゲムシタビンのことを少しまとめておきますね。


その①【ゲムシタビンの特徴】

ゲムシタビン1

がん細胞は活発なDNA合成をしながら細胞分裂を繰り返し無限に増殖するのですが、ゲムシタビンはそのDNA合成に必要な物質と似ているためがん細胞に取り込まれます。

それによりがん細胞の細胞分裂を失敗に導き、抑制や死滅させることができるとのこと。

薬の作用の仕方から、ゲムシタビ『代謝拮抗薬』と呼ばれる抗がん薬のグループに属します。


余談ですがこれまで私が使ってきた抗がん薬

パクリタキセルは『微小管作用(阻害)薬』

カルボプラチンは『白金製剤』

アバスチンは『分子標的薬』

ドキシルは『抗がん性抗生物質』

というグループになるそうです。
色々あるんですね。


おバカな私はグループ毎の特徴なんて全く理解できてませんが

とにかくどの薬も

がん細胞の細胞分裂に重要な何かを
阻害して死に追いやるもの


なのねってことだけはわかります。

いやざっくり過ぎだわ('◉◞⊖◟◉’)



これまで様々な検査を受けてきてK先生によく言われるのが、私の場合CTに写らない微小ながんがお腹やリンパ節に散らばってるってこと

なので手術や放射線といった治療の選択肢は今のところありませんが、がんの進行を緩やかにするという面において、化学療法にはかなりの奏効を実感してます。

これからも自分らしくあるためにQOLを大事にしながら、生存期間を延ばすことを目指して治療に励みますね

あっもちろん根治や寛解も諦めてませんよ

●今日の1日1健:収納について調べる
ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします(*´ ᵕ `*)♡
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村




サードライン

こんにちは。
ブログへのご訪問ありがとうございます
拍手やポチもとても嬉しいです。

温かいコメントもありがとうございます。

いつも皆さまの近況を聞かせて頂いて、ほんと皆さま頑張られてるなぁと感服してます。辛い治療や病気に関わる処置だったり、お仕事や介護、子育て、勉強、他色々・・・
皆さまが私を応援してくださるように、私も皆さまを応援してます

ところで昨日のペヤングチャレンジ。
昨日はペヤングでしたがUFOも好きですよ~
(๑´ڡ`๑)ノシ。。。アゲダマボンバー!

ちなみにSFさんのコメント読んでて、ほんと私って昔から少し調子が上がってくると途端に動き出してしまうんだな~と。
いや~気をつけないとだわん





さて今日は今後の治療の話を。

以前からお伝えの通り、セカンドラインのドキシルは副作用が厳しかったため、治療法を変更することになりました。

次はTC+アバスチンか、サードラインの抗がん剤になる予定です。


で、サードラインにK先生が提案してくれたのが

ゲムシタビン

という薬。

この薬は膵がんや非小細胞肺がん、胆道がん、乳がん、悪性リンパ腫など多様ながんに使用されてる薬です。


ちなみに適応を調べてたところ、
卵巣がんの場合

化学療法後に悪化した卵巣がん

の治療に用いられると書いてありました。
(↑ちなみにドキシルもこの部類)



治療の変更が決まってから、毎日どうしようかと考えてます。

個人的にTCは、最初の頃すごく効いてくれたので、かなりの信頼を寄せてます。

耐性がついたと言われたものの、半年空いたしまた奏効してくれるんじゃないかと期待は大きい。

副作用もキツいはキツいけど未知の怖さはない。

ただ、だからこそもう少し先まで取っておきたい気持ちもあります。


一方のゲムシタビン。

完全に初めての薬なので不安要素は多い。

副作用も心配だけど、そもそも効いてくれるのか



治療の選択って難しいですね。

どの薬を選ぶのか

休薬のタイミングはどうするか

治療をやめるのか

病院毎に経験の種類や事情も様々で、病院によって勧める治療、勧めない治療もある。

治療法だけでなく処方薬などもそうで、最近自分の思いだけで決められない部分もあるんだなと感じることが増えました。

ちなみに私がお世話になってるS病院では、ゲムシタビンを選んだ場合単剤でやるとのこと。
カルボプラチンやアバスチンの併用はないそう。


今、自分なりにゲムシタビンのことや再発卵巣がんに有用な他の治療法について調べたり、TC時代の副作用の記録を改めて見直したりしてます。


でもどんなに調べても考えても、正解はやってみないとわからない

いや

どんな結果になったとしても、自分が納得して選んだものなら全部正解なのかも。

とにかく選択肢があるのはありがたいことです




~おまけ~

昨夜、何故かケーキを買って来た夫

ケーキ1

ん?何かの日だっけ?

聞いみたところ

『いや来年の誕生日の分( *´艸`)』

だって。

私の誕生日

スーパーの半額ケーキかい('◉◞⊖◟◉’)

とはいえ

ケーキ2

今やスーパーやコンビニスイーツ
侮れませんね

●今日の1日1健:ケーキを食べた
ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチッと応援お願いします(*´ ᵕ `*)♡
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村




プロフィール

qoo(くぅ)

ギャラリー
  • 鳴き声
  • 拾い癖
  • 49日
  • 声
  • 3月5日
  • qooを誉める
  • 無事に葬儀を終えました
  • イラストの背景
  • 2/5 20時
  • ご挨拶と、ご報告。
  • またも試練…
  • またも試練…
  • 在宅へ
  • 入院27日目~多くの支えに感謝
  • 入院23日目~昨夜は大変だったけど…
  • 入院22日目~素敵なご提案
  • 入院21日目~熱の原因
  • 入院21日目~熱の原因
  • 入院17日目~またしても高熱
  • 入院16日目~中心静脈カテーテル
  • 入院16日目~中心静脈カテーテル
  • 入院から2週間~しこり…?
  • 入院13日目~お腹ガンバレ
  • 入院10日目~「生き返る~」って思う瞬間
  • 入院9日目~いつの間にか…
  • 入院9日目~いつの間にか…
  • 入院9日目~いつの間にか…
  • 退院後あれこれ
  • 退院後あれこれ
  • 退院後あれこれ
  • 退院後あれこれ
  • 退院後あれこれ
  • 退院後あれこれ
  • こぎ着けました
  • こぎ着けました
  • こぎ着けました
  • 入院8日目~K先生から言われたショックなこと
  • 入院8日目~K先生から言われたショックなこと
  • 入院8日目~K先生から言われたショックなこと
  • 入院8日目~K先生から言われたショックなこと
  • 入院7日目~看護師さんに言われた衝撃の一言
  • 入院7日目~看護師さんに言われた衝撃の一言
  • 入院6日目~血管が…
  • 入院6日目~血管が…
  • 入院6日目~血管が…
  • 入院5日目~今後のスケジュールなど
  • 入院5日目~今後のスケジュールなど
  • 入院5日目~今後のスケジュールなど
  • 入院5日目~今後のスケジュールなど
  • 入院5日目~今後のスケジュールなど
  • 入院4日目~治療再開へ
  • 入院4日目~治療再開へ
  • 入院4日目~治療再開へ
  • 入院4日目~治療再開へ
  • 入院4日目~治療再開へ
  • 入院4日目~治療再開へ
  • 絶対元気になる!
  • 痛みはあるけど嬉しいことも
  • 痛みはあるけど嬉しいことも
  • 絶食したり、急遽受診したり・・・ここ数日の出来事
メッセージ

お気軽にどうぞ(本文やメールアドレスが公開されることはありません)

名前
メール
本文

卵巣がんランキング
闘病記ランキング
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ