柴田光明 ジャズピアノ ミニ講座
ブルーノートスケールの面白い法則


あらゆるコード上で使え、メイジャー、マイナーの別なく使える、万能で最強のスケールが

マイナーブルーノートスケール

しかも、key=Cのブルースで
Cマイナーブルーノートスケールを、トニック、サブドミナント、ドミナント関係なく使用可能、と音楽理論の出る幕のない、万能で最強のスケールです。

key=Cのブルース

|C7 |F7 |C7 |C7 |
|F7 |F7 |C7 |C7 |
|G7 |F7 |C7 |C7 ||

各コードで、Cマイナーブルーノートスケールを使うことが可能です。

C E♭ F F# G B♭

key=Cmでも使用可能。

理論的には間違いでも、ブルースでは許容されます。ただ、泥臭い演奏になるのはやむを得ません。

Cコードでは
Cマイナーブルーノートスケール

Fコードでは
Fマイナーブルーノートスケール

Gコードでは
Gマイナーブルーノートスケール

を使うほうが、響きがいいかも。どちらを使ってもいいのです。

前回も書いたように、歌モノでもあらゆるコードに使用可能なので、コードに使うスケールが良く分からない場合には、便利なスケールです。


ちなみに、メイジャー・ペンタトニック・ スケールに、♭3度を加えた、メイジャーブルーノートスケールの説明もあります。

柴田光明 ジャズピアノ ミニ講座
メジャーのブルーノートスケールとマイナーのブルーノートスケール

Cメイジャーブルーノートスケール
C D E♭ E G A

※このスケールは万能ではありません。