九龍的日常

コスプレイヤー?九龍真乙の思考系blog
九龍的日常では、リンクの有り、なしに関わらす、TBを受け付けています。

【 Zabbix 2.2 】Zabbix 2.0 から Zabbix 2.2 へのアップデート #Zabbix #自宅ラック勉強会

CentOS6.x環境での公式リポジトリを利用した Zabbix 2.0 から Zabbix2.2 へのアップデート手順と注意点をまとめました。

合わせて、アップデートでは追加されないテンプレートをご用意いたしました。

ご利用ください。

VMwareテンプレート

Agent-lessテンプレート

Template App Zabbix Server

Template App Zabbix Proxy

【 Zabbix 2.2 】最速?Zabbix2.0と2.2のserver.conf比較 #Zabbix #自宅ラック勉強会

ついに、VMware監視などに対応した Zabbix 2.2 がリリースされました。

私も今週末にはコンパイルして試そうと思います。

そのまえに、とりあえず最速?でzabbix_server.confファイルの変更点を見てみたいと思います。
正式な新機能、変更点についてはリリースノート見てください。

いくつか機能の追加や、設定のGUI化によって追加されたパラメータや廃止されたパラメータがあります。
2.0から2.2にアップデートする方はconfファイルそのままだと
設定項目が足りなかったり、余計だったりする場合があるので
注意してください。


追加された項目
タイマープロセスの数


### Option: StartTimers
# Number of pre-forked instances of timers.
# Timers process time-based trigger functions and maintenance periods.
# Only the first timer process handles the maintenance periods.
#
# Mandatory: no
# Range: 1-1000
# Default:
# StartTimers=1

nodataなどの定期的な判定を行うタイマープロセスが複数になりました。
このため、タイマープロセスの数を指定する
StartTimers がパラメータとして追加されました。


VM監視系


### Option: StartVMwareCollectors
# Number of pre-forked vmware collector instances.
#
# Mandatory: no
# Range: 0-250
# Default:
# StartVMwareCollectors=0

### Option: VMwareFrequency
# How often Zabbix will connect to VMware service to obtain a new data.
#
# Mandatory: no
# Range: 10-86400
# Default:
# VMwareFrequency=60

### Option: VMwareCacheSize
# Size of VMware cache, in bytes.
# Shared memory size for storing VMware data.
# Only used if VMware collectors are started.
#
# Mandatory: no
# Range: 256K-2G
# Default:
# VMwareCacheSize=8M

2.2の目玉機能、VMware監視の設定項目が追加されました。
データ収取プロセスの数と、周期と、キャッシュを設定します。


history value cache


### Option: ValueCacheSize
# Size of history value cache, in bytes.
# Shared memory size for caching item history data requests
# Setting to 0 disables value cache.
#
# Mandatory: no
# Range: 0,128K-64G
# Default:
# ValueCacheSize=8M

障害判定や、計算に使われるヒストリデータのメモリキャッシュ
が実装されたので、そのキャッシュサイズを設定します。
これにより、判定系のパフォーマンスが向上するはず。


AllowRoot


### Option: AllowRoot
# Allow the server to run as 'root'. If disabled and the server is started by 'root', the server
# will try to switch to user 'zabbix' instead. Has no effect if started under a regular user.
# 0 - do not allow
# 1 - allow
#
# Mandatory: no
# Default:
# AllowRoot=0

Agentでは以前から実装されていましたが、2.2からServerやProxyも
root権限に成り代わって動作させるAllowRootが行えるようになったので
その設定が追加されました。


ローダブルモジュール


####### LOADABLE MODULES #######

### Option: LoadModulePath
# Full path to location of server modules.
# Default depends on compilation options.
#
# Mandatory: no
# Default:
# LoadModulePath=${libdir}/modules

### Option: LoadModule
# Module to load at server startup. Modules are used to extend functionality of the server.
# Format: LoadModule=
# The modules must be located in directory specified by LoadModulePath.
# It is allowed to include multiple LoadModule parameters.
#
# Mandatory: no
# Default:
# LoadModule=

外部監視や、ユーザパラメータのように効率を落とさずに
独自の監視機能を追加できるローダブルモジュール機能が追加されました。
ローダブルモジュールを使うためには新たに追加されたパラメータで、
パスを設定する必要があります。


廃止された項目
DisableHousekeeper


### Option: DisableHousekeeping
# If set to 1, disables housekeeping.
#
# Mandatory: no
# Range: 0-1
# Default:
# DisableHousekeeping=0

ハウスキーパーの有効化、無効化は2.0まではzabbix_server.confの設定項目でしたが
2.2からはWEB GUI上から変更できるようになりました。
このため、DisableHousekeepingの設定項目も廃止となりました。

新規導入される方は、そのまま設定すれば問題ありませんが
既存の2.0をアップグレードされる方は
zabbix_server.confを引き継ぐ場合、この追加された項目、廃止された項目を
適宜挿入、削除することを忘れないように注意してください。

追記2013/11/12/23:26
Zabbix2.0からZabbix2.2へのアップデートは
バイナリをアップデート後起動すれば、
自動的にDBをコンバートしてくれるようになっているので、簡単ですが
この際アップデートされるのはDBのスキーマだけです。

2.2で追加された、VM監視のための
VM監視テンプレートなど新しいデータは追加されませんので
運用中の2.0を2.2にアップデートして、さらに新機能のVM監視機能を使いたい場合
別途、2.2のDB、フロントエンド環境から、必要なテンプレートをエクスポートしてきて
インポートするなどの操作が必要です。

【Zabbix2.1】VM監視関連でのZabbix2.1.6から2.1.7での変更点 #Zabbix #自宅ラック勉強会 #VMware

Zabbix2.2の First bataに当たる Zabbix2.1.7がリリースされました。

個人的には、やはり新機能のVM監視機能が気になりますので、
前回のZabbix2.1.6のVM監視機能解説に続いて、
2.1.7へ変更された部分の設定をまとめてみました。



みなさんの評価や検証、デバッグにお役立てください。

【Zabbix2.1】Zabbix2.2のVMware監視機能の設定方法 #Zabbix #自宅ラック勉強会

Zabbix 2.1.6を使って、ESXiの監視を行ってみました。

どこよりも早い? Zabbix 2.2 VM監視機能の設定方法解説になっていると思います。

【Zabbix2.0】Zabbix2.0でのMySQL監視 #Zabbix #自宅ラック勉強会

Zabbix 1.8の頃までは「標準テンプレートは使えない」言われることが多かったのですが
Zabbix 2.0 になってかなり”使える”テンプレートが増えてきたようにおもいます。

ただ、せっかくのテンプレートはあるんですが、いまいちその使い方とか、設定が必要な項目が
ドキュメントにも載っていなかったりして、いまいち使い方がわからない。
そんなテンプレートが多いので、今回は、MySQL監視用テンプレート、「Template App MySQL」の
設定方法を解説してみました。



実際にMySQLの秒間クエリ数や
秒間転送byte数なども見えるので
ぜひ使ってみてください。


自宅ラックポータルのMySQLパフォーマンス
livedoor プロフィール
訪問者数

ブログ内検索 by google

コロニーな生活プラス(Myコロニー)
コロニーな生活プラス(現在地)
中の人
月別一覧
コメントありがとうございます。
あなたの意見もお聞かせください。
携帯からのアクセスはこちら
QRコード
  • ライブドアブログ