2010年04月05日

佐村河内 交響曲第一番 東京初演

201004041338001-1
*******************佐村河内の交響曲第一番を聴きに東京芸術劇場へ行ってきた。会場に着くと佐村河内氏がロビーで何人かの人たちと立ち話をしていた。初めてその姿を目にしたか、外見からは思いのほか元気そうな様子で安心した。
今日のコンサートは、初めにモーツアルトのジュピター、こちらはさらっとした感じで、なんとなく前菜的な印象だったが、交響曲第一番の方は打って変わって大編成のオーケストラから押し出される音の迫力に圧倒された。もちろん聴きに行ったかいは十分にある演奏であった。
演奏前の指揮者からの紹介で、この曲をとり上げたいきさつが語られた。「シーズン初めの演奏会では、新しい作品を紹介している。毎年非常に多くの作品が作られているため、その全てを知って選ぶということはできない。自分が知る範囲で、感動できる作品を紹介している。1年ほど前に、あるコンクールの審査を担当する三枝氏から、手法や技術を抜きにして本当に感動的な作品であると紹介されたのが、初めてこの曲を知るきっかけだった。その後、定期演奏会の選曲についてのミーティングの場で、スタッフから、最近一部の人たちの間ですごく話題になっている作品があるといって、紹介されたのが、やはりこの曲であった。広島の演奏を聴いて自分も感動したので、今日の演奏会でとり上げた。」およそ、このような紹介であった。
広島と同じ1、3楽章だけの演奏であったが、広島での演奏の後、細かい部分に修正が入っているそうである。演奏が終わると、満場は怒涛の拍手、拍手、後方の席にいた佐村河内もステージにあがり、何度も何度も客席の拍手に答えていた。ぜひ次は全曲聴く機会を作って欲しいものだ。きっと大成功するだろう。佐村河内交響曲第一番、東京初演の報告である。

by Chick


qs4c_fkm at 01:24│Comments(28)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ゆき   2010年04月09日 08:57
5 4・4行った甲斐がありました。
YouTubeで聴いてたのと全く違い、音の細部もよく聞こえ、こんなに繊細で複雑で緻密に構成されていたんだと鳥肌が立ちまくりでした。
オーケストレーションも素晴らしく、独自の調性も魅力の一つでした。

とにかく今までに聴いたことない凄い曲だった。

技術に感動、音楽に感動。

スタンディングオベーションでたくさんの人が涙を流しながら熱狂の拍手、ブラボーの嵐、10分以上のカーテンコール。

こんな凄い演奏会って生まれて初めて体験した。

家に帰る道すがら、そして家に帰ってからもずっと放心状態でした。

佐村河内守ブラボー!


一日も早くCDが望まれます。
2. Posted by すずき   2010年04月15日 11:35
5 仕事が手につかない。
あんなに素晴らしい現代大作は初めて聴いた!
恐ろしい完成度。テーマがテーマだけに確かに暗い曲だが、技術はマーラーを越えていた。
世界最長であろう最後の《天昇コラール》・・・この世のものとは思えない神聖で壮麗な美しさを思い出すと、今でも目頭が熱くなる・・・・

あー 仕事仕事。
3. Posted by 東響会員Zまん   2010年04月20日 02:39
5 天才モーツァルトが霞む霞むw
こんな奇跡のような演奏会に立ち会うなんて、初めて会員でよかったー!でした。
佐村河内守は大天才!!交響曲第一番『ヒロシマ』は世界で演奏されまくる超シリアスな意義深い『祈り』の超大作!初めてこんな心掴まれた作品は本当初めて。お盆の京都なをか不可能だろ、CD求むCD求むCD求むCD求むCD求むCD求むm(__)m
4. Posted by 真理香   2010年04月22日 00:21
5 おもわずカキコごめんなさい。

八月京都の全楽章演奏会は行けないよー!お盆まっさかりじゃん

CDがめちゃめちゃほしいよ(:_;)



すんごい演奏会だったーo(^-^)o


普段超クールな私のツレの一言「たぶんクラシック音楽史上初めて歴史に名を残す邦人大作になんじゃね」でした。
右に意義なし!



YouTubeで佐村河内守の交響曲第一番聴いて『凄い完成度』と思って演奏会に行ったんだけど、YouTubeに騙されてた。
YouTubeで聞こえなかった物凄い数の音が実際には聞こえ、その精密なオーケストレーションにビックリ!!!



とにかくすんごい曲!



素晴らしい演奏会だった。
5. Posted by 曇り時々晴れ   2010年04月23日 12:58
5 ユーチューブの音が悪くかなりの音が潰れていたのは、生を聴くと認めざるを得ない。
だから曲の素晴らしさはよくわかり、佐村河内守の才能は圧倒された。
これほどの大作をここまで見事に構築できる作曲家は現在世界を見渡してもいないだろうとおもった。

大友直人は作品に思い入れが強すぎ、強弱のフリ幅が極端になりすぎていた。その点秋山和慶はさすがにバランスがいいお手本的な演奏だったようにおもう。しかし基本的に広響は下手すぎる(Tpは上手かった)。
秋山が東京交響楽団を振ったら最高だったにちがいない(弦は極度に美しいが力強さに欠ける)。
さて秋山京響だが、なんとも想像がつきがたい。
6. Posted by 保木ケイ   2010年04月27日 06:10
5 管理人様は、夜明けに失礼します(仕事が早いもんで)。
奥底までROMらせていただきましたが、管理人様は以前にも佐村河内守のことを何度か取り上げられておいでですね。先見の耳をお持ちのようでお見それします。
私は東京交響楽団の単なる会員でして、4月4日、は大友直人が芸術劇場シリーズで初めて振るモーツァルトの『ジュピター』目当てで参りました。
ジュピターは大変安定感のある落ち着いた演奏でそこそこ満足を得ました。
お恥ずかしながら勉強不足と申しますか、佐村河内守についてはほとんど予備知識のないまま聴いてしまいました。
いやあ驚きました。完全に魂を奪われたと申しますか、恐ろしい魔力を持った作品と言うか、凄まじい求心力で最後の最後までその素晴らしさに陶酔しきっておりました。最後のとても息の長い、荘厳静謐な祈りのコラールでは、自然と涙が溢れてきて止めることができませんでした。
気付けばモーツァルトは遥か遠く霞んで・・・・と申しますか、存在すら消えて無くなっておりました。
長く楽団の会員をしておりましても、こういった衝撃を味わうことはまずほとんどといってありません。
佐村河内守の音楽は最も後期のロマン派と、ウイーン楽派のベルクの作品No.66『三つの小品(小品といっても大作)』のエッセンスを上手く吸収消化させ、佐村河内守独自の内実の闇で構築された超大作だと感じました。
我々聴衆は、いえ私個人でも構わない。同世代の作曲家のこういった凄い大作の登場を待ち望んでいました。
佐村河内守を今から遡って勉強していく訳ですが。間違いないのは、現代世界を見渡してもこれほどの才能を神から与えられている作曲家はいないと思われます。
現代に於いて比類なき天才作曲家、それが佐村河内守でしょうか。
7. Posted by ドキッ!   2010年04月29日 07:29
5 今朝の読売新聞みてください「顔」欄、佐村河内守です。ドキッ!としました(^-^;
しかし本当に凄い曲(素晴らしい曲)だった。


思い出すたびため息です。
8. Posted by 遥   2010年04月29日 21:16
5 >ドキッ!さま

今日の読売新聞「顔」欄、もちろん見てます。


《演奏が終わると地鳴りのような拍手が10分近く続いた》記事より


ギェ!
皆さんが書かれていた、交響曲第一番への異例の熱狂・・・・マジだったんだね。

本当に凄い曲だったんだろう。

ちと京都行きを真剣に考えだした。
9. Posted by ヘーゲル   2010年05月01日 07:40
佐村河内守はもとよりIQ180の超ド級の天才だった訳だから、全聾になってからも天才級の大作ぐらい書けるんだろうね。

今『世界パトグラフィー学会』(天才研究機関)が日本の佐村河内守に注目しているそうだが、当然といえば当然だろう。
10. Posted by もーざん   2010年05月04日 13:41
>ヘーゲルさま

佐村河内守のIQ180は知ってるけど、ニュースみてます?【佐村河内守さん再び入院】

やはり佐村河内守は闇の住人なんです。
浮かれずに応援しましょうや(__)
11. Posted by 仙太郎   2010年05月16日 09:55
5 日本から世界の○○が久しぶりに誕生ですね。絶対の確信がありますよ、近い将来佐村河内守がそうなること。とんでもない才能です。無責任な言い方になるかも知れないけど、佐村河内の天才は彼が背負った闇(苦)から生まれたことも紛れも無い事実だと思います。頭鳴症は数え切れない自殺者を出している大変厳し病だと聞きます。辛く苦しいでしょうが、未来の人類のためにも佐村河内には生きて作曲を続けてほしいと切に願います。京都の全楽章世界初演はCD化されるべきですね。こんなチャンスを逃す手はないでしょう。どこかのレーベルに期待します。
12. Posted by Nouvelle vague   2010年05月30日 21:54
5 【音楽現代】6月号 演奏会批評
『東京交響楽団 東京芸術劇場シリーズ第104回 佐村河内守(1963‐)交響曲(2003)東京初演には日曜マチネとは思えない異様な熱気があった。管弦楽を熟知し精緻に構築する技術には、全聾どころか非凡な才がある。耳鳴りの如き不協和音からロマンティックな弦楽、雄壮な管打楽器など、マーラーも想起させる豪奢な管弦楽、美しいコラールもある。心が揺さぶられる思いであった。終演後の熱狂的な大ブラボーと拍手は、評論家の一文よりも確かな聴衆の総意だ。』西耕一

基本3管編成‐Hr8‐Tp4。3楽章制・演奏時間72分〜80分

凄そうだね、これ。
京都の全楽章演奏世界初演・・・行くことに決めました。
13. Posted by カイザー   2010年08月09日 20:05
5 いよいよあと5日で交響曲第一番『HIROSHIMA』の全曲演奏世界初演ですね!

なるほど「評論家の一文より確かな聴衆の総意」ね。その通りだと思います。
11月1日には、管弦楽のための《ヒロシマ》秋山和慶&広響で世界初演です。原爆投下後の地獄の20分を表した曲でしたね。
我々の楽しみは続きますが、天才佐村河内守の闇は晴れることはないでしょう。
辛いな。。。
14. Posted by アリーナ   2011年04月14日 18:48
現代の天才のこんな名曲をレコーディングしないとは・・・そんなに楽壇が怖いのかね、情けない。日本のレコード会社に一言「この腰抜けどもめ!!」
15. Posted by VP   2011年04月16日 02:16
>>アリーナさん
某チェリストさんのブログによると、つい先日大友/東響の組み合わせでセッション録音されたようですよ。レーベルはあかされていませんが大手との事。
発売はいつになるか分かりませんが楽しみですね。
16. Posted by 麒麟   2011年04月18日 17:37
>VP様
まさか
17. Posted by VP   2011年04月20日 23:37
>>麒麟様
疑われるのも無理はないかもしれませんが"チェリストの孤独"でGoogle検索していただけたらソースとなるブログが出てきます。

その後Twitter等色々調べましたが、複数の情報から判断するにレーベルは日本コロムビアかと思われます。
18. Posted by た か は し   2011年04月24日 02:20
5 おっしゃる通り日本コロムビアでしたわ!
佐村河内守の大交響曲第一番“HIROSHIMA”CDでるんやねとうとう!!
レコード芸術に正式な発表記事として出てましたよ。
大友直人と東京交響楽団で改めてセッション録音ですわ。どんだけ金掛けてんねん!
発売は7月20日。
なんとなんと8月4日は同じ指揮者とオケで交響曲第一番“HIROSHIMA”の全曲東京初演やて!
いまから鳥肌立ってきますわ。
めっさ楽しみです。
19. Posted by 麒麟   2011年04月24日 09:54
5 >VP様
『レコ芸』の記事で確認しました。失礼しました。
パルテノン多摩でセッション録音とのこと、コロムビアもお金掛けましたね。
それだけしても余りある価値が交響曲第一番《HIROSHIMA》にはあるでしょう。
現代の異端佐村河内守作品に携わる者は皆、楽壇に反旗を翻すことになりますが、その度胸に拍手を贈りたいです。
今からワクワクします。
20. Posted by VP   2011年04月27日 10:58
>>た か は し様
追加の情報ですが、残念ながら8月4日の演奏会の件はコロムビアの情報出しのミスで、全曲東京初演に関してはまだ決まってないそうです。
コロムビアでのレコーディング担当プロデューサーの岡野氏がTwitterでおっしゃってます。
こちらを見る限りCDに関してはかなり期待できそうですが、連動する演奏会がないのは残念でなりません。
21. Posted by カイザー   2011年05月01日 11:50
おーっ!コロムビアの敏腕岡野氏ね。
とうとう本物を掴みましたかw

みなさん、敏腕岡野氏なら心配ないよ、多分演奏会はあります!たのしみにしてようね。
22. Posted by F1六太郎   2011年05月04日 20:07


>カイザーさま



佐村河内守は本物の怪物だと思います。
交響曲第一番“HIROSHIMA”もゲンオン界を崩壊させる可能性を持つ世界で唯一の曲だとも思います。

しかし化けるか化けないかは佐村河内が無名であることが大きなネックになると思います。

いくら岡野が敏腕とはいえ無名で孤高の怪物を操るのは至難。

演奏会に莫大な金を掛けるくらいなら、とにかく宣伝喧伝に金を使うほうが百倍賢いと思いますね。

同じ金を使うなら広告に使い佐村河内守の名をしらしめることが最優先かと。


まあ、このままアボーンしそうな予感がしますw

佐村河内が歴史を変えるのは50年先ってとこですかね。
23. Posted by HAKUBOKUNOMORI   2011年05月05日 21:36
5 F1六太郎さま
胴衣です。
このCDが音楽史を動かすきっかけになることは間違いないと思いますが、このCDが直ぐさま売れるか?というといささか疑問ですよね。
レコード店には{大パネル付きの視聴コーナー}の大プッシュ(パネル制作くらいは金をかけねば無名なだけに気付かないで終わる。この曲の凄さは聴けば誰でも解るから先ずパネル、そして視聴で決まりです)&新聞や雑誌&テレビ…ここまでやればこのCDそのものがヒットの可能性もあります。
{テレビCMをうつ}のはデカイかも!!!。先日レズ指揮者の何かのテレビCMを観てオイオイ!?と思わず声を漏らしたけど、確か演奏会のCMだったかな。
コロムビア・クラシックチームもエーベックスみたくCDのテレビ宣伝のCMうつぐらいの気合いを見せてほしいですね。クラのCDのテレビCMはかろうじて辻井(エーベ)があったかな。エーベはクラを解ってないですよね。辻井のピアノはやはりまだまだ拙いです。

まあ、いずれ佐村河内守の交響曲第一番《HIROSHIMA》で歴史は大転換期を迎えます。オイラは買うのでモーマンタイです。
コロムビアには感謝だけどヒットしようとすまいと個人的には関係ないですから。
24. Posted by 凄い   2011年07月18日 15:23
5 友達に佐村河内守を薦められYouTube(New) 交響曲第1番《HIROSHIMA》/ 佐村河内守 を観ました。
録音のショートドキュメンタリーでしたが、物凄い衝撃でした。

作曲家の吉松隆のインタビュー「私は佐村河内守に同世代の作曲家として初めて嫉妬というのを覚えた!」は佐村河内守の凄さを端的に伝えるものですね。

友達に感謝感謝です。
25. Posted by 雷神   2012年01月06日 13:34
1/14サントリーホール大ホール 佐村河内守《無伴奏ヴァイオリンのためのシャコンヌ》世界初演 SOLD OUT

2/29白寿ホール 佐村河内守弦楽作品集CD発売記念コンサート
26. Posted by サムライミ   2012年11月01日 18:10
5 速報!

11/9
NHK総合
夜10時より
情報LIVE ただイマ!
特集“奇跡の作曲家”佐村河内守

楽壇べったりだったんじゃないの?!NHKさん(笑)

今回に限りNHKの勇気ある決断に拍手!!!
27. Posted by 爆笑www   2014年02月14日 21:35

詐欺被害者の皆さん、今どんな気持ち???
28. Posted by 佐村ごうちんこ   2014年02月16日 13:58
クソワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔