IMG_0380

とても由緒あるスキークラブの理論研修に呼ばれてきました。
「札幌イーグルスキー研究会」

北海道で歴史あるスキークラブといえば「イーグル」と誰もが口を揃えて語るでしょう。
それもそのはず、来シーズンで創立50周年になるそうです。
IMG_0378


この組織に呼ばれてスキーに関わるお話をさせていただくのは指導者冥利に尽きます。
それと同時に北海道のスキー指導、スキー技術の歴史そのものでもあるので緊張もします。

今回は骨格や筋バランスの左右差が雪上でどのように影響を与えるのかを中心に
その対処法をご紹介させていただきました。
IMG_0370


その後懇親会にも誘っていただき、交流もさせてただきました。
IMG_0379

以前行なった「スベルベサ」というイベントでお世話になった田川さんにも
久しぶりに再会できました。
2012年の知的障害者スキーの世界選手権で総合優勝されています!
田川さんに私のテキストの表紙のストレッチを教えてほしいと言われ、
私が最も得意としている雪上での準備運動をご紹介させていただきました。
(股関節の動きがスムーズになり、脚が軽くなります)
表紙の写真からこの質問をされるというのはやはり世界チャンピオンのスキーに対する
ハングリー精神を感じました。

そしてイーグルスキー研究会の会長、小林俊勝さんにも貴重なお話を沢山いただきました。
いつも大会や研修会の壇上にいらっしゃる方なのでお顔は一方的に存じておりますが
今回お話しさせていただいて、とても柔軟にバランスよくスキーのことを考えられている方なんだと感じました。
私が大切にしている指導理念ともとても近い部分があり、そして熱い想いをお持ちで、
スキー愛がにじみ出ているのが伝わってきました。

日本のスキーの歴史を見続けてきた人の目には現代のスキー業界が
どのように見えているのか、もっとお話ししたいと思いました。

良い機会を与えてくださった事に感謝致します。