指導現場でよく「スキーが回っていない」という言葉が使われます。
これをしょっちゅう言われるスキーヤーは2級受験レベル位の人が多いはずです。

そしてSAJ2級受験を目指している人にとっては
「スキーを回すって何?」と疑問を感じている人が沢山いるのではないでしょうか。
さらにはスキー指導者の中には、見たら違いは分かるけど定義が説明できないという人も沢山いると思います。

今回はこの指導言語"スキーを回す"についてひも解いていこうと思います。

それではまず"スキーを回す"が何かを理解するために"スキーが回っていない状態"とはどんな状態なのかを知ることから始めましょう。

大きく分けて2種類の”回っていない滑り”があります。
A「スキーを振っているだけで回っていない」
B「スキーを出しているだけで回っていない」

まずはAの「振っている」から解説します。
これはショートターンを正面から見ることで見分けがつきやすいです。
スキーの先端は基本的に少し反り上がっていますね。
昔は「三角」と呼んでいましたが、最近だと「かまぼこ」みたいな形のアレです。
そこに注目してください。

スキーヤーがショートターンしている際に、そのかまぼこが
沢山移動していると「スキーが回っている」状態で、ほぼ中央から
あまり左右に動いていないのが「スキーを振っている」という状態なのです。
ご自身の滑りの動画があればチェックしてみてください。

さらに補足すると、スキーヤーの腰の前からスキーの先端があまり動かない状態です。
つまり横幅の広いショートターンをしてもスキーヤーとスキーの先端の関係で見てみると
結局はかまぼこはスキーヤーの正面からあまり動いていないわけです。

ただ、ブーツを支点にしてスキーをスピンさせると先端は沢山動きますが、
そんな滑り方ができるのはかなり特殊な環境ですから、ここでは省略します。
(プロペラターンみたいな動き)

続いて、Bのスキーを出しているだけと言われる場合のケースです。

これはスピードコントロールができない滑りで「エッジを立ててるだけ」とか
「サイドカーブだけで滑っている」などとも言われやすいテクニックを使っていることが考えられます。
いわゆる「ひねり操作」が少なく、スキーがフォールラインに対してあまり横に向かない状態ですので、実際にはほんの少し回っているのですが、ほとんど回っていないように見えるわけです。
そもそもこの滑りでは急斜面や荒れた斜面ではスピードオーバーになってしまい、Aの滑りでブレーキをかけてBの滑りでスピードオーバーになるという繰り返しが発生します。

さてここで、本題です。

スキーが回っている状態とはどんな状態なのか。

まず、かまぼこがフォールライン下から見て左右に大きく動いていることが前提で、
スキーのトップを通過した場所をブーツが通過し、そしてテールも通過するのが
「回っている」という状態になります。

つまりシュプールのズレる量が少なく、さらにはターン全体を通してズレている幅の変化が小さい状態のことを指します。
シュプールが三日月(特にターン後半になるにつれてズレが大きくなるタイプ)のようになる場合は、スキーの先端とブーツの通過している場所が大きくズレます。
こうなるとAの振っている状態になります。また、Bは緩斜面では問題ないのですが、急斜面や荒れた斜面になると滑り続けられないので回せているとは言えないでしょう。

これを陸上で解剖学に照らして自分の骨格の特徴を理解し、
雪上で手に入れるための練習方法を学ぶのが森脇マジックです。
18010469_1401500886588026_8064064969789774266_n


当日は予定があって受けられない方や、道外でこれを読んでくださっている方で
なるほど!これは使える!と感じてくださった場合、
良心があるのであれば「森脇のブログに書いてあったんだけど」と言ってください(笑)

また、日本全国スキー学校の研修やスキークラブのワークショップを行ないますので
ご興味がある方はフェイスブックからご連絡ください。