74667414_3161196383951792_1452743211511447552_n
昨年に続き、今年も呼んでいただきました。
昨年はこちら。


Furano Snow Schoolのインストラクター研修の講師です。
今年のテーマは「チームの戦闘力向上」ということで、インストラクションを深掘りする時間としました。

日頃何気なく使っているレッスンの中の言葉には一体どんな意味があるのか。
そしてそのインストラクションのメリットとデメリットがどのようなものなのか。
78042208_3158827904188640_7820297094169624576_n

「レッスン内容の引き出しは沢山持っている」
 
と思っていても、もしかしたらほとんどが同じカテゴリの引き出しだった場合、
「一つの大きな引き出し」 だったりするのです。

一方で習いにくる人は様々ですから別の引き出しにバッチリはまるお客さんだった場合、
何を引っ張り出してもうまくいかないというケースが生まれます。


うまく上達させられない場合に「あの人は理解が遅い」「ちょっと変わった人だった」なんてお客さんのせいにするのは二流のやることなんです。そう私は思っています。

依頼してきた人の最大限のパフォーマンスを引き出しながら楽しんでもらってこそ一流のインストラクターだと考えています。 

Furano Snow Schoolの皆さんは基本的に外国人へのレッスンが多いようなんですが、
精鋭揃いで、メンバーにはスキーもスノーボードもどちらもレッスン可能な人が何人もいます。
「私はスキーだけしか教えられないんですよ」 って自己紹介されても、私としては「それって普通じゃないんですか?」と聞き返してしまうくらいの感じです。

私が行なったことは、このスキルの高い人たちの情報をスタッフ間で共有してチーム全体の指導スキルが高まっていくことをサポートすることです。
「そんなやり方があったんだ!!」と自分の知らない情報がどんどん入ってくるわけです。
74833092_3158827780855319_3607431302078267392_n

そして一見素晴らしいと思えるレッスンの中にも「メリット」「デメリット」の両面があることを理解することで、引き出しの選択肢を判断できるようになります。

さらに今回はトレーナーとしての「セルフケア」も依頼されていましたので、
体を温めるエクササイズと腰から下のセルフケアのアプローチをいくつかご紹介させていただきました。

シーズンが長いスキー場ですので身体のケアはとても重要です。
今シーズン怪我なくより良いレッスンができることを願っています。