Avantの物欲航海日誌

自分的オススメ!なモノ探しの旅へ。物欲との果てしない戦いを書き残す、多機能大好きAvantによるBlogです

DSC_3894


最近オーディオのワイヤレス化が流行ってますが、家で何か見るときは必ずパソコンを使う私にはいつもヘッドホンで映画や番組を楽しんでいます。

そこで悩まされているのがアンプにつなぐヘッドホン。見始めるとそこから動けないのです。コードの長いヘッドホンにしたらしたで取り回しに困るといった具合。



DSC_3888

そこで密かに検討を進めていたこちら。PCやPS4をBluetoothでワイヤレス化するUSBグッズ。



DSC_3889

BluetoothでもApt-Xというタイプに対応していて、同じくApt-Xに対応したBluetoothヘッドホンやイヤホンがあれば、より低遅延・高音質で音を楽しめるというものです。




DSC_3895_R

PCにソフトかなにかをインストール、と言うモノでもなく、刺せば電力が供給されて動くようです。というのも、PCのBluetoothとして動くのではなく、この子は独立してBluetoothヘッドホンとつながるらしいです。

簡単に言えば、PCで接続するヘッドホンを選んでPC操作で接続するのではなくて、このUSB機器のボタンだけでBluetoothヘッドホンを繋ぐ、という操作だけで良いのです。

とはいえ、接続には手こずりました。ボタンが一つだけあって、長押しすればペアリング開始するのですが上手くいったかどうかが唯一の青色LEDランプの点滅の速さで確認という...(汗)

PCやスマートフォンのBluetoothであれば画面の表示で状態がわかるんですが、どちらもLEDだけだと繋がりにくいものだとつらかったです。

繋がりやすいヘッドホンはほんとすぐに繋がりました!Bluetoothは製品によりますね。一度接続すると次回からはBluetoothヘッドホンの電源を入れるだけで繋がります。元々線で繋がっていたかのようです。ちなみに接続している間は画像のようにUSBのLEDが点きっぱなしになります。



DSC_3896_R

USBポートは1つ占有されてしまいますが、この快適性はストレスフリーで素晴らしいです。
音質もアップ、快適性もアップ。お値段は4000円ちょっとしますが、スマートフォンだけでなくPCでも高音質ワイヤレス、してみませんか?



DSC_3852_R

部屋中にBluetoothオーディオ製品が増えてきた今日この頃ですが、起きたときBeoPlay H5の充電するの忘れていたりすると使えなかったり残念なときがあるので予備(サブ)として買いました。(下記がBeoPlay H5のときのレビューです)

のトレンドはワイヤレス!初じゃないけどApt-X LL対応のB&Oワイヤレスイヤホンを購入 <BANG&OLFUSEN B&O Play Beoplay H5 購入・音ゲー実戦レビュー>



DSC_3849_R

箱はいつも通りシンプルですね。



DSC_3850_R

Apt-X対応、NFC搭載のBluetoothイヤホンです。お値段は1万円程度。


DSC_3855_R

同梱されてたものは本体と充電ケーブル。ポーチかなにかの収納できるモノがあれば良かったですねぇ。ちなみにあとで気付いたのですが、充電ケーブルの一部丸いんですよね。わざわざコントローラー部や充電池ユニット部とデザイン統一している。。。結構安い汎用っぽいのが多いのに、BeoPlayシリーズ(BANG&OLUFSEN)の専用ケーブルみたいにデザイン変えて作ってますね。



DSC_3851_R

本体はとても小さく質感も良いですね。オンキヨーの製品は統一感があって好感が持てます。



DSC_3854_R

充電池ユニットも軽量で、ケーブルも細いのにしっかりしてて、取り回しが良いです。BeoPlay H5では気になったケーブルの擦れ音はほとんど感じられませんね。

音質は前述の通りオンキヨーの音質です(雑
8.6mmのダイナミックドライバーでセミオープン型なので確かに抜けの良いサウンドです。レビューにもあったとおり、ボーカルがとても綺麗、というか聴きやすいです。

個人的にはバックの音楽がボーカルくらいあるほうが好みなんですが。その辺はイコライザいじって遊んで見るとします。

音質で驚いたのですが、ワイヤレスなのに複数人が違う位置で歌うところ、結構わかるもんですね。立体感も再現出来ていて、Apt-Xやチューニングのおかげなのでしょう。これには感動しました。

セミオープン型なので外の音結構拾うかな?って思いましたが言うほど遮音性悪くなかったですね。サイズもコンパクトなので耳から出っ張らず、スッキリ。

NFCでの接続もうまくいきました。ワンタッチで接続は便利ですね。それにマルチペアリングは4台まで可能とのこと、1万円なのに結構やりますね。

ワイヤレスのイヤホンは安いモノでも3000円くらいからありますがそこから値段を上げていくと、「音が聞こえる」から「良い音で聴ける」になるんだなって思います。

1万円くらいでは良機種に入るのではないでしょうか。最近売り場にはBluetoothイヤホン増えてきているので、オーディオメーカーならではのこだわり、聴いてみてはいかがでしょうか?

以上でレビューを終わります。



DSC_3824

自転車カゴにライトを着けたいと思ったのですが固定が難しくて、ゴムで抑えるタイプを再チャレンジしました。お値段は5000円なり。結構するんですよね。。。



DSC_3821_R


4つのLEDで照らす充電式のLEDライト。英国のデザイナーが立ち上げた新進気鋭の会社だそうです。
実は同社の製品を既に持っています。



革新的なデザインの自転車ベル、です。2500円前後しますが、ベルっぽくなくてハンドルにフィット。スタイリッシュです。140年も変わらなかったところをデザインと性能(音の聞こえやすさ)共にやり直したというものです。幸いに鳴らすことはほとんど無いですが気に入ってます。



DSC_3827

そんなメーカーのLEDライト。結構種類はあるんですが、今回買ったのは配光はミドルクラスのもの。
防水対応、最大80lmの光量、配光はビーム角度35度の少し狭めなライト。



DSC_3826_R


横から見たところ。ライトがハンドルにフィットするようなデザインですね。



DSC_3831


ゴムで引っかけるところ。



DSC_3828_R

ゴムの長さは2通りあります。



DSC_3832_R


装着しようとしたらUSB充電するとこ見つけました(笑)まさかの剥き出し。。。これ濡れた状態じゃ危ないって認識でないと、ですね。
本来はハンドルバーに着けるので接していて水はつきにくいですがつかないとは言えないでしょう。



DSC_3830

真っ暗な状態で光らせてみました。照射したら中心は白色なんですが、上下の端は黄色っぽいですね。

自転車に着けてみると意外と照射角広いですね。15度のモデルでも良かったかも知れません。
当初はクラシカルなライトをつけようかなって思ってましたが、自転車自体スタイリッシュなので薄型なほうが良いかも、です。

以上、自転車ライトのレビューでした。





DSC_3815_R


革ケースをなくしてしまったので急遽Moto Z用のケースを購入。基本裸状態で使うのでスリップインケースを買いました。5.5インチなので、ほぼ同じサイズのiPhone 6 Plus用ケースで選びました。




DSC_3818_R


イギリスのSNUGG社という、スマートフォン周辺アクセサリーメーカーの作るスマートフォンケース。スマートフォンやPC、タブレットのケースを世界で400万個売ってきた英国ブランドだそうです。

基本的に本革ではなくPUレザー、製造は中国と高級なブランドではないです。
Sマークがどうもオーディオメーカーのゼンハイザーに見えてきました...(笑)




DSC_3819_R

本革ではないので硬くて重いです。もちろん落下や衝撃から守るため!なのです。ちなみにお値段は1500円。
とはいえ、クオリティはAmazonに多い中国メーカーの設計する製品に比べるとクオリティは高いです。縫製や形状に問題はありませんね。(中国メーカーだと加工が甘かったり詰めが甘かったりするので

ちなみにこっちの面にはポケットがついていて、ICカードなどが入れられます。1枚入れるとピッタリでスコーンと落ちません。さすが高品質です。




DSC_3820_R

縫製の良さはここにも。スマートフォンを入れてみましたが、手で出そうにもなかなか。もちろん振り投げたら飛び出ますが、さすがにそんな危険な出し方はしたくないです。

そこでこのベロみたいな部分を上向きに引っ張ると、下から持ち上げられてスマートフォンの頭が出てくる仕組み。このベロはマグネットがついてて普段はケースにぴったり貼り付いています。

実はここのメーカーの手帳ケース買ったことがあって、硬いし重いしで使うのをやめました(笑)
今回はこれ着けて手持ちするわけではないので、存在感と丈夫さでリベンジ。

最初は中国メーカーのさらに安い物にしようかとおもいましたが、作りが悪かったり臭いが酷かったり、ろくなことはないのでやめました(笑)

それでは、皆さんも楽しいAmazonショッピングを。



DSC_3654



米国Amazonで半額で売ってるとの情報を得たのでmotomodsのプロジェクターを買ってみることに。15000円でした。




DSC_3656_R


ヘアラインがかっこよくて高級感ありますね。




DSC_3659_R

アナログ式のピント調節機能と、プロジェクターの設定起動するボタンがあります。あと右端の穴は排気口です。LEDを冷やす空冷ファン搭載のようです。



DSC_3660_R

反対側はヒンジが見えていて、USB Tyo\pe-Cの充電端子があります。一応僅かながらバッテリーを搭載していて、最長で60分は延長出来るらしいです。



DSC_3661_R

moto Zをつけてスタンバイ状態。スタイリッシュですね。

さっそく遊んでみました。



DSC_3688


DSC_3689

撮った写真をプロジェクターで投影してみました。結構色は良いですね、解像度は854×480でさすがにHD画質ではないですがプロジェクターは離れて見るので意外といけるもんですね。


そしてもう一つやろうと思ってたことがこれ。デレマスことアイドルマスターシンデレラガールズの音ゲーです。ライブを大画面で再生してみたらどうかな?と。このプロジェクターは最大70インチまで再生出来ます。

DSC_3678_R


DSC_3690


画面から壁に飛び出しました(笑)ライブ感あって楽しいですね(←ライブ行ったことないですが

壁がデコボコなのでクッキリではないのがわかりますね。これをプロジェクター用の反射シートにすれば良くなるようです。今度試してみようかな。

解像度が解像度なので、がっつりな映画はどう感じるか、ですね。トムとジェリーみたいな軽いムービー流しっぱなしとか、お店みたいで面白いですね(電気の無駄

小一時間ずーっとライブ流してましたが、ファンは温度で最高回転数になるようです。そして結構熱くなります(笑)背中合わせなので端末も熱く...プロジェクターはLEDであろうと熱くなるものなのでこればかりは仕方ありません。

電池ですがプロジェクターのはすぐなくなって(明るさ最大なので)、本体から使われるようになります。幸い、プロジェクターにもUSB TypeCがあるので、プロジェクターと端末両方充電しながらという手も使えますね。

なかなか楽しいオモチャで気に入りました、安く手に入ったのがほんと嬉しいです。
とりとめもない内容でしたが、以上です。



DSC_3591_R



久しぶりの大型投資、というか趣味ですね(笑)
近距離移動用に電動アシスト自転車を買いました。

クロスバイクは持っていて普段使ってますが、極端に疲れてるといくら楽でも買った荷物載せるとしんどい。電気で動くモノが好きで、旅行のときに初めて電動アシスト自転車乗って感触よかったので買いました。

色は”白磁”という、クリスタルホワイトなのですが、外車や国産上位モデルの車のコーティングのように艶がかったとても綺麗なホワイトです。
パナソニックのJコンセプトモデルとして気合いが入ってるのが感じられます。(会社としてはパナソニック サイクルテック㈱になるのですが)




DSC_3590


純正品のカゴつけたらダサいかな、って気にしてましたがそうでもなさそう(小並
カゴがないとある意味威圧感や存在感がないから、対向車が気付きにくい、避けないという考え方もあって装備させることに。大事に運びたいときにはやっぱカゴですよね。



DSC_3592


制御ユニットにLEDライトのボタンもついてます。基本オートで良いんですが加速や補助パワー結構あるのでロングでも良い感じですね。

このモデル選んだのはデザインと省スペース性、軽量な点です。確かに3段変速があるとさらに楽にはなりますがメンテナンス性と重量が劣ります。結局、トレードオフなので軽さをとることに。




DSC_3594

どちらかというとスポーツ車に入るので鍵は別です。つけ外しが面倒っちゃ面倒ですが(笑)
そして後方の安全装備としてセンサー式のソーラーLEDが装備されています。
あと、純正品のキャリアもつけました。買い物したものを入れるパニアバッグを装備させるのに必要なので。


よく使う道で使ってみましたが最軽量の18.2kgというのは伊達ではないですね、本体が軽いのに、大きな電動アシスト自転車と同じユニットが使われてるのでとても軽快に進みます。

タイヤ径が小さいので、さすがに遠出は大変ですが近場で重い買い物するときに活躍しているのでバランスよく使うつもりです。