ご無沙汰しております。tymtです。

まず初めに七帝戦のご報告が大幅に遅れてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。

20180829  七帝北海道2日目_181026_0088

 















2018
年度の七帝戦は北海道大学主幹で、グラベルラリーとジムカーナの2競技が行われました。

 

8月28日に伊都の車庫を出発し、京都の舞鶴港まで下道で移動、その後舞鶴港から小樽港までフェリーで移動し北海道にたどり着きました。そして、831日に開会式が行われ、9月1日、2日にグラベルラリー、4日にジムカーナと閉会式が行われました。

 

今回はジムカーナ(開催地:新千歳モーターランド)の成績を掲載いたします。

 

B1(前輪駆動)クラス

1位 地頭所選手(東京) 0114646

7位 笹栗魁人 0117885

12位 豊本将希 0121264

17位 樋口晴渡 0127660

 

 

B2(後輪駆動)クラス

1位 船迫選手(東北) 0116419

9位 大下 哲 0129456

11位 百冨修平 0138358

 

B3(四輪駆動)クラス

1位 松本選手(北海道) 0115984

5位 乾匠一朗 0126.057

 

OP1クラス

1位 成瀬選手(北海道) 0113341

2位 馬場研太 0117498

3位 窪木祐介 0117638

4位 堤 公平 0118387

16位 高西航平 0135524

17位 清水美里 MC

 

個人の反省は参戦記に書いてもらいますが、全体の反省点としては、初めて走るコースの攻略の組み立てや、それを踏まえた練習の量が足りていなかったこと、プレッシャーのかかる実戦経験が他大学に比べて不足していたこと等、基礎的なことができていなかったと伺えました。来年度の七帝戦は地元九州で開催されるため、ホームコースで行う練習量を更に増やし、車両もドライバーも万全の状態で臨めるよう精進して参る所存です。

また、ランサーのドライブシャフトをお貸ししてくださった東京大学様にこの場をお借りして御礼申し上げます。

 

ラリーや全体成績報告等は後日ご報告いたします。
 それではジムカーナの模様をプレイバック

20180904 七帝北海道ジムカーナ_181026_0249


 

 











20180904 七帝北海道ジムカーナ_181026_0080




























20180904 七帝北海道ジムカーナ_181026_0110













20180904 七帝北海道ジムカーナ_181026_0214




























20180904 七帝北海道ジムカーナ_181026_0186




























先輩に歯向かう芸人こと我らが主将

20180904 七帝北海道ジムカーナ_181026_0011




























完熟歩行での一コマ

20180904 七帝北海道ジムカーナ_181026_0304














集う2年生ズ

20180904 七帝北海道ジムカーナ_181026_0002













閉会式前に集合写真

文責:豊本