稲村ケ崎でピアノと二人幸せなライブでした…

2009年10月06日

初DUOライブ

昨日の夕日deサルサにお越しくださった皆様、
ありがとうございました!

稲村ガ崎は、台風後の素敵な波に縁取られ、
夕日は見られなかったけど、
素敵な夕暮れを楽しみましたよ〜。
久しぶりにRYOKO先生ともお会いできたし、
セクシー艶女&ゴージャスタンゴのパフォも逸品!

そして我らは「ピアノと二人」ライブ。
バンドメンバーの都合がつかなくて、
(なにせ、半分Amigos a la Modaなので…笑)
思い切って実験的にやってみたんですが、
これが思ったよりも大変で、
そして思っていた以上に楽しかったです。
たっぷりとリハをさせていただいている間に、
なんと、急遽コンパクトコンガも出動!
ダンサーさんにはこの音がやっぱり必要だと思って…。
初めてコンガたたきながらメインヴォーカルをとりました。
J-popだからできたんだろうなー、あれ。
もっと練習して、精度を上げたいな。

終演後、ピアノとコンガとうたの3つの音色だけで、
それでも踊りやすかった!との感想をいただきました。
音色数が少ないことで、メロディとリズムが際立って、
ダンサーさんにも聞きやすいのかもしれませんねー。

迫力はないけど、こぢんまりとしたいいライブでした。
またこの編成でやってみたいです。
いや、ベースは欲しいかも。
いや、コンガも欲しいかも。
…いやここはぜひ、二人バージョンをさらに練るべきだな。

もとかさん、Viki嬢、なおみさんというお客様のために
バースデイサルサの演奏もしました。
自然と周囲からクラーべのクラップが起こって、
Peter'sに3人を中心にした輪がいくつもできて、
夕日らしいあったかーいムードに包まれました。
こんなお誕生日会のお手伝いができて嬉しかった!

音楽というのはいろいろ大変で、凹んだりもするけど、
ライブを一つやるとまたいい感じにやる気になってくる。
…ま、この辺がやめられない理由なんでしょうね(笑)。

さて、次は火曜日のサテンドールライブです!
くりあきさんのおかげで、絶望視していた譜面も整って、
心の荷がかなり軽減しました(笑)。
いつまでたっても半人前ですが、
大先輩たちとあんな素敵なお店に出させていただけるなんて、
本当に私はラッキーな子だなあ、と
心の荷を降ろした今、ようやく感動してます(笑)。

queico at 01:10│Comments(0)TrackBack(0)Live Report 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
稲村ケ崎でピアノと二人幸せなライブでした…