2009年12月29日

Los Quienes総決算ライブ、してきました。

日曜日、HIROKOさんとこの忘年会に、Los Quienesで出演してきました。
めっちゃ長い日記になる予感です…(汗)。

築地キューバンカフェは、去年はほぼ毎月お世話になっていた場所。
久しぶり〜。でも、やっぱり時間どおりには開かないのは相変わらず(笑)。
お店の前で待っている間に、感動の対面劇が繰り広げられました。
ピアノのもっちゃんは、なんと裏ピアノのくりあきさんと初対面!
もっちゃんが来られない日に栗秋さんにお願いしていたので、
当然と言えば当然なんですが、かなり不思議な光景(笑)。

音の調整に手間取りつつも、なんとか準備完了。
と思ったら、すぐに出番。
今回、ライブだけじゃなく、音楽講座っていうのをやったのです。
ムチャ振りクイーン、HIROKOさんからの要望は、
「ダンサーが楽しく踊れるための音楽講座」というもの。
とにかくサンプル曲をひとつ用意して、
あとは成り行きまかせに近い状態でスタート!

とにかく演奏側から提案できる「聞き方」を中心にお話ししました。
サルサは、当然踊りを作りやすいように構成された音楽なのですが、
ダンサーが、ミュージシャンと音楽の聞き方が違うのは当然。
なので、クラーベとかそういう細かいことよりも、
ダイナミックな曲の変遷をうまく利用して、
ドラマティックに踊ってくださいね、という感じです。

それぞれの楽器とパターン紹介(前半・後半)の後、
各パートが、ダンスのために何をしているかを説明。
サルサの基本的な曲の構成とその役割やら、
踊っている時に聞くと盛り上がりどころがわかるよ、って話とか。

あとは、特に依頼のあった、クラーベチェンジの話。
後半を加速させるための仕掛けのひとつと認識してますが、
3−2で始まって、コロカンタで2−3に変わる曲が多いのです。
それをちゃんとキャッチして、メロディ優先で踏み替えましょう!
これは、豪華実演付き(笑)で説明。

印象的だったのは、お客さまがみなさんとっても真剣だったこと。
みんな、ダンスを習ってる時ときっと同じぐらいの集中力で
こちらの話を聞いて下さってました。
…ので、ついつい話し過ぎたかも知れません(笑)。
DJタイム、削ってしまって申し訳ない!>えるちゃん


そして講座修了後、大慌てで着替えたら、すぐライブ開始!
今回はLos Quienes全部のせライブということで、
エレピ2台、ピアニスト2人という妙で豪華な編成に初挑戦です。
Live FIREや夕日、そして先週のラスリサスでも来てくれた、
エミコさんをゲストコーラスに迎えて、総勢7人。

そして全部のせライブですから、レパートリーを一挙公開!
講座とバースデーサルサ2回を含めて、20曲近く演奏しました。
クリスマス曲、夏の曲なんかも気にせずDOしちゃった(笑)。

演奏中、1年間の思い出が走馬灯のように…と予想してましたが、
ライブとなると集中せねばならず、走馬灯はナシ(笑)。
とにかく、曲、MC、曲、MCというのを立て続けにやってたら、
1stが終了してました。おいおい、あっさりしすぎ?

ここでパフォーマンスがいくつか入って、
それがもうかなり面白かったので、うっかり見入っていました!
スーツでもあんなに踊れるのね…ていうか、
ダンサーさん達って本当にエンターテイナーなんだよね。
「見せる」ということを究めている人達だから、
そのために最高に効果的なことは何か?って考えて、
それを自分の体を使ってその場に作り上げる。
なんてすごい表現なんだろう、って圧倒されました。はー。

さて、DJタイムの隙にキューバンカフェのおいしいごはんを頂いて、
プレゼント&罰ゲーム付きゲーム大会に参戦!
じゃんけん電車ゲーム(?)で、なぜかバンドメンバーが
いっぱい商品を頂くことに…ホントにごめんなさい!
お詫びとして、頂いた腹筋パルスマシーンで鍛えます(?)。

それにしても、司会進行をやってるHIROKOさんのトークや仕切りがすごい。
みんなに楽しいことを提供しようというたくさんのアイデアと勢い、
たくさんの生徒さん達、ダンサーさん達からの心からのリスペクト、
そしてやっぱりそれをまとめ切ってしまうHIROKOさんの現場力ったら!
しかも美しい(笑)。やっぱりアナタすごいわ〜。
2月もご一緒するのですが、ホントに誇らしい限りです。


そして2ndライブ…の前に、今度はバースデーサルサです。
実は最初、HIROKOさんのためにコッソリ仕込んでたんですが、
HIROKOさんから「12月生まれの人のために、やってくれる?」と
直接オファーが来ちゃったので、急遽計画変更。
皆さんのためのバーサルのあと、サプライズのビデオのあとで、
さらにサプライズでHIROKOさんだけのためのバーサルを敢行!
コンゲイロちっく氏を献上するべく、コンガを占拠する私(笑)。
二人きりのバーサルも、なかなかいいもンじゃないですか♪♪
お客さま達も喜んでたし、やって良かったなー。

で、遂に2ndライブ。
これが終ったら、そうた君がいなくなっちゃうんだなー。
とか思っていたら、さすがに走馬灯が走りそうだったので、回避。
しかし、途中から、後ろを向けなくなっちゃった。
最初の頃、アレンジやリハの時間が無くて、
まいかいセッション状態で演奏していた頃からの習慣で、
歌の入りや展開の部分でそうた君とアイコンタクトしてたのです。
でも、もうそれできないなーと思ったら、急激にさみしくなり、
そうた君離れしないといかん!と。
そうこうしているうちに、あんなにあった曲もどんどん終ってしまい、
アンコール曲「LOVE LOVE LOVE」がスタート。
もちろん、最後はみんなで大合唱!
そしてラヴな感じいっぱいの中、メンバー紹介のため、曲が復活。

そしたらね、お客さまが、誰からともなく輪になり始めて、
客席に大きな輪が!そしてそれが大合唱しながらジャンプ!
(写真はエミコさんのところから拝借!)
愛にあふれた、ドキドキしちゃうような素敵な空気の中、
Los Quienesの今年一年の集大成ライブが終了!

一緒に写真撮ったり、乾杯したり、機材バラしたり、
いつものライブと同じようで、やっぱりなんか違う。
なんか、この日のために1年間準備してきたみたいなライブでした。
みんなありがとう!としか言いようがないです。


バンド結成のきっかけを作ってくれたAniquiと、
私たちを育ててくれた2つのイベント、
momoさんのLive FIREと、モトカさんの夕日deサルサには
ホント、感謝し切れないほどです。
今回の2009ラストライブに呼んでくれたHIROKOさんや、
サイコーにいい環境で演奏させてもらったSALSAMANIA、
凛々&彩さんの結婚式でも演奏しました。

飛び入りから長らくゲストで入ってくれたエミコさん、
トラで来てくれたパーカッションのやまちゃん、
ユキーラやNaomi嬢も飛び入りしてくれたなー。

そして1年前「リハ3回で2ステージのライブなんですが…」なんて
無茶なお願いにも関わらず、集まってくれた最初のメンバー、
そうた君、もっちゃん、ちっくさん。
2回目のライブで飛び入りから捕獲しちゃった酒井くん。
レギュラートラなんて言って色々甘えさせてもらったくりあきさん。

そしてもちろん、私たちの演奏で踊ってくれた、多くのダンサーさん。
他にもたくさんの人達に支えられて、応援してもらって、
ヨレヨレのリーダーでしたが、なんとかここまで来られました。
来年もがんばらないと!
そうた君いないから、凹んだ時も自力で立ち直らねば〜(涙)。

今年一年、本当にありがとうございました!
来年も、Los Quienesをかわいがってやってください!
よろしくお願いいたします!!!

queico at 16:53│Comments(0)TrackBack(0)clip!Live Report 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔