C型肝炎 〜 que sera sera

INF治療&日々のあれこれ

何とか元気に過ごしてます!

パソコンから随分遠ざかっていました。
すみません!

じつはぺグレべ治療の終盤ころ、
大切な友人がクモ膜下出血で倒れました。
8時間に及ぶ手術の後、集中治療室で2週間…。
一般病棟に移った日に面会し、お互いに顔を見た瞬間
手を握り、ただただ涙が溢れて止まりませんでした。
術後の経過が良く、今のところ後遺症らしきものは
ありません。ホントに奇跡のようです!
回復が早く、1ヶ月余りで退院する事ができました。
3ヶ月は自宅で静養、今後の経過が順調なら
1年後にまだ脳内にある小さな動脈瘤を
コイル塞栓術で手術する予定だそうです。
突然の病気で生活が一変してしまった友人にとって
当然ですが心身共に不安材料は尽きません。

彼女は10年以上、個人で仕事を請け負ってきて
パートさんを数人雇用しています。
以前、私も数年間お世話になりました。
今回の病気で、暫く現場に出られなくなったので
色々な意味で不都合が生じているため
微力ながら彼女の代わりに現場に入っています。
治療中、ノンビリ過ごしてきた私だから
ホントにマジで微力です!

治療後の経過は今のところ順調です。
来週は2ヶ月後の診察。
毎日忙しく過ぎていながらも
頭の片隅では少々不安。(苦笑)
でも友人の事を思うと、自分の病気が
大した事ないように思えるのも
本音なんですよね…。

今の状況や心情が上手く書けなくて
すみません。
でも体も心も至って元気です!
落ち着いたら皆さんのブログに
遊びにいきますね。

春よ〜来い♪

またまた久しぶりの更新・・・;^_^A

約1年間、毎週同じ曜日に通院してきたスケジュールが
なくなるとヘンな感じですね。
何か物足りないというか…習慣って怖いですね(笑)

最後の注射のあと、1週間分のレベを飲んで終わりだと思っていたら
「もう薬は終わり。手元に残っている分が有れば
それを飲んで終わりです」とのことでした。
手元には2錠しか残っていなかったので翌日で完全に
48週の治療が終了しました。

その後、張っていた気が抜けたんでしょうか。
頭痛と眩暈が10日ほど続き、
終盤から続いた眠気と動悸も相変わらず続き…。
治療中は眩暈を感じる事が数回しかなかったのに
治療を終えた後の方が頻繁でした。
少しずつ薬が抜けていく事に対して
身体の中で色んな変化が生じているのでしょうね。
動悸に関しては以前パニック障害で辛かった記憶が
よみがえるようで、治療のせいなのか
自分が鼓動に対して神経質になっているのか
今のところ良く分かりません。
後者のような気がしなくもありません。(苦笑)

終盤頃に愛猫を亡くしたこともあって
毎日何もやる気が起こらない日が続いていました。
治療を終えてから「やる気のなさ」が
一層酷くなったように思えてました。
毎日、買い物等で出かけてはいますが
精神的には「引きこもり」状態…。
家族で食事を食べている時に思い切って言いました。

私「此処ずっと何もやる気が起きないの。
身体は全然大丈夫だけど何に対しても億劫になってる。
こんな事じゃいけない!って分かってるんだけど・・・
やる気が起きない自分にも腹が立つの。
どうしたら良いと思う?」

主人「こんな事じゃいけない!とか、ちゃんとやらなきゃ!とか
正直なところ普段考えて生きてないからな〜俺は。

私 (゚-゚;)ヾ(-_-;) オイオイ...

息子「無理しないでゆっくりしなよ」

私 (^_^)ニコニコ 

娘「お母さんの真面目な性格は良い所だけど
【こうでなければ・・・!】っていう所はチョッとね…。
溺愛してた猫ちゃんの死と治療終了が続いたから
無理もないけど【こうしたい!】と思えるようになるまで
やる気が起きないなら何もやらなくて良いんじゃない?
でも、やらない事がストレスになるなら
【何も考えずに、とにかくやる】しかないんじゃないかな。
仕事を辞めて治療を始めてから家で1人で過ごす時間が
増えたから余計悪循環だと思うよ。」

私 (゜ー゜)(。_。)(゜−゜)(。_。)ウンウン

娘よ、貴女の仰る通りです!

結果【何も考えずに、とにかくやる】ことにしました。
まずは気になっていた玄関の家具を移動させたり、
今は私のビーズ作業部屋の模様替えに取り掛かってます。
パソコン周辺機器も配線の整理をしながら移動!
でも移動が完了し、起動させたらプリンターの電源は
ささってないわ、スピーカーの配線は間違えるわ…。
挙句、曲がってたコンセントカバーを直そうと外したら
カバーの爪は折れるし、ネジは壁の向こうに落ちちゃうしで
余計な仕事をドンドン増やしています。;^_^A

でも、溜息の数は少しずつ減っています。(^ ^)

治療後さらに増えた体重もダイエット開始です!(爆)


48回無事完走!ありがとうございました!5

2月22日(木)、無事に48回を終了する事ができました。
この日は午前中に超音波(エコー)検査をし、
その結果も合わせて診察・注射という段取りでした。
検査まで飲まず食わずの上、最終日という緊張感からか
朝から頭痛が酷く、でも鎮静剤が飲めないため
結構キツイ通院となりました。(笑)

エコーと採血を終えて一旦病院を出て
近くの喫茶店で鎮静剤を飲んでから
一人優雅にランチを堪能しました〜♪

病院に戻り、診察の順番を待つこと30分…

「とうとう最終日を迎えたね、よく頑張ったね!
エコーの方も問題ないし脂肪も付いてないから。
最後までヘモグロビンが10を下回らなくて
ホントに良かったね!毎週の診察のたびに
“体調はどう?”って聞いてもセラさんは
“ボチボチ”か“大丈夫”しか言わなかったけど
本当は辛い時も有ったんだよね?」

と、先生は声をかけてくれましたが…。

じつのところ、
先生は治療当初から私が気になる事を言っても
「大丈夫だよ!」
「それは副作用じゃないよ」と言われてきたので
“まぁ強い薬なんだからこれ位は仕方ないか!?”と
段々気にしないようになっていきました。
言い換えれば、気にしないようになっていけた程度で
済んだ副作用だったと言えます。

最後の注射だけはビンが欲しかったので
看護士さんにお願いしました。
「全部集めてた方も居たけど1個だけで良いの?」と
気遣って言ってくれましたが
私は、最後の一瓶にこだわりました。(笑)

仕事で遅い帰宅となった主人でしたが
私の顔を見るなり
「一年間お疲れ様でした!」とお辞儀をしてくれ
「頑張ったご褒美のプレゼントは何が良い?」
と、笑顔で言ってくれました。

私は治療前に既に仕事を辞めていたので
家計にかなりの負担をかけた治療だったし
「治療が終わっただけで、今後どうなるのか
まだ分からない今、プレゼントなんて滅相もない!
気持ちだけで十分嬉しい」と言った私に
主人は「それとこれは別だよ」と言ってくれました。

48回を終えてホッとしたのか、
頭痛や口内の荒れが続きました。
昨夜は娘と主人がデコレーションケーキを
買って来てくれて家族みんなでお祝いを、
体調も回復した今日は楽しく外食してきました。

家族の前で治療を終えられたお礼と
今後もよろしくね!と伝えました。
治療中、高1の息子のお弁当は毎朝ちゃんと起きて
作るというささやかな目標も達成できました
(息子も一年間皆勤通学目指して頑張ってます)


お仲間のみなさんへ

2度の急性肝炎を経てC型慢性肝炎と分かった時は
色々な書物を読み、途方に暮れました。

話せる人がいない…一人ぼっち

そしてネットでアンテナを知り、沢山の情報を頂くと共に
沢山の希望や勇気も頂きました。
治療に入り、幸い比較的軽い副作用の私は
ブログに書く事が余りなくて困りました。
副作用に苦しんでいるお仲間さんに
どんな言葉をかけてあげて良いのか悩みました。
もっと大変な病気で闘病している方々を思うと
私は暢気にブログを続けていて良いのかと自問自答しました。
でも顔も知らないけど、お会いしたこともないけど
この病気が縁でお知り合いになれた皆さんに
私は温かい気持ちを沢山いただきました。
まだ治療が終わったというだけで
この先のことは分からないけれど
今は先の結果より、完走できたことを
心から皆さんに感謝申し上げます。
ありがとうございました!

これからは経過観察の報告をしながら
治療中や治療を始めようとされてる方々の
お力に少しでもなれるようにと思っています。


ペグのビンケーキ
C型肝炎お仲間アンテナ

C型肝炎お仲間アンテナRSS

Profile

セラ

コメント
カテゴリー
  • ライブドアブログ