1033

カーブを縫うには待ち針をたっぷり。(画像よりもっともっと。)
手縫いの場合は返し縫いで。一針ずつ縫えば歪み辛い。

1034

表布、裏布共に縫い代は倒しておくと作りやすくてきれい。
ボンドを使う場合は針通りが悪くなるので、返し口付近などは注意。

1035

口を縫う時は表同士を合わせて画像のように。
端と真ん中もぴったり合わせる。

1036

口金は真ん中から縫い始めるとずれにくい。
矢印の方向に進んでいけば、全ての穴を縫える。

以上、覚書です。
もっと良い方法も沢山あると思いますので、ご自分に合った作り方を探してみてください。
(わたしもそうします (・∀・)つ)

おまけ
ペーパーライナーを使う時、しつけなしでヘクサゴンをくるむ作り方はこちら

大玉がまぐち口金&材料セットはこちら

手芸・ハンドクラフトランキングへ←ぽちっとお願いします。
いつもクリックいただきありがとうございます。

お店へはこちらからどうぞ・・・