2009年01月27日

キルトメイプルのハープ

昨日の続きなんですが、
ここのトーマーレンとかいう竪琴屋にすごいゴージャスな、キルトメイプルのハープがあります。
http://www.thorharp.com/pages/Maple.htm

メイプル(カエデ材)は、フレームメイプルとか、カーリーメープルとか、バーズアイメイプルとか言って、
木目にいろいろな変形パターンが出やすい木材だそうですが、(杢(もく)という)
キルトメイプル(ウロコ模様)もそのうちの一つです。
エレキギターの化粧板にも使われてますね。

キルトメイプル材と言っても、いくつかのランク付けがあるそうで、
私が買ったのは、キルトメイプルというのが疑わしいほどで、
普通の木目にところどころウロコ模様がまばらに入ってるだけで、
こういうカエデ材は、普通の値段。
ひょっとすると半端物といわれて、標準的な年輪型の木目のカエデ材より安いかも知れません。

しかしこの写真のような、総ウロコ模様のハープは、高そうですねぇ。
メイプルやウォールナット材は、アメリカなら国産で採れますので、
気になる板があったら、アメリカの竪琴屋に問い合わせるのがいいと思います。
ちなみに、変化木目のハープは、もっぱらデザイン的なもので
音には何ら関係ないということです。  

Posted by quilted_maple at 03:00Comments(0) TrackBack(0)

2009年01月25日

A Rose in Winter

ときどき遊びにいくコプタさんのブログで、A Rose in Winter のことが書いてあったので
わたしも弾いてみました。
A Rose in Winter って何かというと「冬のバラ」っていう意味ですが(庭の千草かも)
Thormahlen (トーマーレン) とかいう、アメリカの竪琴屋で、
竪琴屋の奥さんが、自社のアイリッシュハープの、
モデル(高級、標準、エコノミー)とか、使用木材とか、弦の種類(ガットかナイロンか)などで、いろいろ弾き比べているんです。
どんなモデルでも、どんな木材使っても、どんな弦張ってもわからないほどの違いっていうのが感想ですが(爆)
で、弾き比べの曲が A Rose in Winter なわけです。

こっちが演奏してる動画のページ
http://www.thorharp.com/pages/in_stock.htm
でこっちが、楽譜(と言ってもサンプルだから最初の8小節だけだけど)のページ
http://www.thorharp.com/pages/A%20Rose%20In%20Winter.htm
弾き比べの動画も、最後の超ゴージャスなキルトメイプルのスワン(高級モデルの名前)以外は
最初の8小節だけだね。

でも、竪琴屋の奥さんって、ブレービンのシンディさんもそうだけど、
みんなハープ上手ですね。
ハープ弾いて売るのが商売から、毎日弾いてりゃうまくなるのも当然でしょうけどね。


下は私が弾いたの。超へたくそです。
フラット3つなら、コード+メロディなら弾いたことあるから、大丈夫だと思ったけど、
どれだけ練習しても全然だめ。
クロスストラングハープは、ギターのようにコードでジャンジャン(琴だからシャンシャンか)
鳴らす楽器で、
伴奏の音符そのまま弾く楽器ではないと確信しました。



RANKING  
Posted by quilted_maple at 04:25Comments(2) TrackBack(0)

2009年01月24日

ハープは弾き込むと自分の音に

ハープは弾き込むとなじんできて自分の音になるって、言われますね。
ハープに限らず電気を使わないアコースティック楽器はみんなそうかも知れません。
下は3年弾いたミッドイーストのハープの音です。(最近録画しました)
とても数万円の激安ハープとは思えない(爆)おちついたいい音しますね。
http://blog.livedoor.jp/toyharp/archives/51276796.html

キルトメイプルはまだ来たばかりだから、まだなんかよそよそしい音がしますね。
カエデ材は、ウォールナットやローズウッド(ミッドのハープの材質)より固めの音がするって言うから、
そのせいもあるかも知れません。
キルトメイプルも3年たつとミッドイーストの音になるのかなぁ(笑)

RANKING  
Posted by quilted_maple at 13:37Comments(0) TrackBack(0)

海の底でうたう唄




海の底でうたう唄



昔モコビーバーオリーブが歌ってました

作品コード 010-1958-9 海の底でうたう唄
1 尾崎 きよみ 作詞 無信託
2 サンケイ新聞 作詞 無信託
3 関口 直人 作曲 無信託
4 サンケイ新聞 作曲 無信託
5 フジパシフィック音楽出版 出版者 全信託 JASRAC

RANKING  
Posted by quilted_maple at 03:33Comments(2) TrackBack(0)

2009年01月18日

グノーのアベマリア

三日くらい練習したんですが、今日はこのへんであきらめました。
もう少しうまくなったら、再度挑戦です。
これくらいの難易度になると、暗譜のほかに
たくさん練習して、指が覚えるというか、指が自然に動くようになるまで
練習が必要です。

深夜なんで、かなり音セーブしてます。(マイク至近距離)
粒がそろってないなあ。
小さいほうのハープ(ミッドちゃん)なら深夜でも力いっぱい弾けるんだけど
この曲は音域が必要です。

ps. 先日の消費税とか関税の件なんですが、
ちょっとA○Tに電話してみたら、
当社は立て替えてるだけなんで、仕方ないですって感じなんで
ちょっと納得いかないけど、仕方なく払ってきました。




グノーのアベマリア


RANKING  
Posted by quilted_maple at 02:49Comments(7) TrackBack(0)

2009年01月13日

えぇぇ...消費税、税関費用がぁ

昨日1ドル91円だって喜んだのもつかぬま、
今日A○Tとか言う運送会社?から請求書がきてしまった・・・

んんん、輸入消費税  21700円
    通関費用   11800円
    税関検査料   8000円
    −−−−−−−−−−−−−
     合計    41500円

んんんん、もう、なんでこんなに高いのぉ 果たして払うべきか・・・
ハープの検査って何するんじゃい。
お腹に麻薬でも入ってるって思った? プンプン
こういうものって、ごねれば多少は安くなるもんなんだろうか???

RANKING  
Posted by quilted_maple at 21:43Comments(0) TrackBack(0)

2009年01月12日

1ドル91円

今日クレジットの明細が届いてびっくり!!
ハープの代金4638ドルで424,436円
なんと1ドル91.513円
こんな円高二度とないと思うよ。

RANKING  
Posted by quilted_maple at 16:52Comments(2) TrackBack(0)

2009年01月08日

ダニーボーイ

まだ弦伸びまくりで1日に半音の半分くらい下がるんだけど↓↓
ミネハラさんとこでダニーボーイの楽譜見つけたので、ちょっと弾いてみました。
http://www.minehara.com/ssh/ssh1.htm しかし、楽譜の下にこんなこと書いてあるよ。
「これは、通常のラップハープの譜面ですが、この譜面通り弾くには、結構大変な練習が必要です。」

練習しないで暗譜もしどろもどろで弾くとこうなるという悪い見本だな〜



しかし、ミネハラさんとこのお嬢さん?はうまいなぁ。
http://www.minehara.com/musikit/voyageur.htm

RANKING  
Posted by quilted_maple at 00:56Comments(0) TrackBack(0)

2009年01月05日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
実家から帰ってきたので、早速様子見たら、
弦が半音くらい下がってたよ。
いつになったら弾けるようになるのかな。

航空便だったから、気温や気圧が変化するといけないから、
ゆるゆるに張ってきたんだと思うけど、
きっと国産の青山さんとかだと、
ちゃんと弦はって、安定してからの納品となるんだろうね。

ハープが来て最初の調弦は、間違えてオクターブ高くしようとすると、
弦が切れたり、最悪の場合、響板吹っ飛んだりネック折れたりするから、
くれぐれも気をつけてね。

なんかにわかピアノ調律師にでもなったような気分やなぁ。
ハープがビキッ、バシッて言うたびにびくびくしてます。
何の音だろうねぇ。
絶対音感も相対音感もない人だから、チューナー信用するしかないね。

ブレービンスのハープはそうでもなかったけど、
ミッドイーストのハープは、最低音弦数本は、スパゲティみたいに、ゆるゆるが仕様なんだから
くれぐれも気をつけてね。

RANKING  
Posted by quilted_maple at 01:43Comments(0) TrackBack(0)

2009年01月01日

ブログランキングはじめました

これでいいのかな
RANKING  
Posted by quilted_maple at 16:24Comments(0) TrackBack(0)