2009年03月25日

マイウェイ

JASRACからメールが来て、昨日のやり方でいいそうです。よかったよかった。
実際に埋め込み式で右クリック不可にしても保存しようと思えばできてしまうんですが、
素人が趣味で無報酬でやってるものに対しては、
JASRACもあまり難しいことは求めないそうです。

では、JASRAC更新記念に、マイウェイを弾いてみました。



作品コード 0C0-3414-3 COMME D HABITUDE /ORIGINAL/
1 FRANCOIS CLAUDE 作曲 演録M 演:SACEM 録:SDRM
2 REVAUX JACQUES 作曲 演録M 演録:SUISA
3 THIBAUT GILLES 作詞 演録M 演:SACEM 録:SDRM
4 THIBAUT LUCIEN MARIE ANTOINE 作詞 演録M 演:SACEM 録:SDRM
5 WARNER CHAPPELL MUSIC FRANCE (C) 302 /373 出版者 演録M 演:SACEM 録:SDRM
ワーナー・チャペル音楽出版 株式会社 サブ出版 全信託 JASRAC
ヤマハミュージックパブリッシング サブ出版 全信託 JASRAC
6 JEUNE MUSIQUE EDITIONS 出版者 演録M 演:SACEM 録:SDRM
ソニー・ミュージックパブリッシング A事業部 サブ出版 部分信託 JASRAC
7 岩谷 時子 訳詞 全信託 JASRAC
8 片桐 和子 訳詞 全信託 JASRAC

えらい大変なクレジット表示だなww

あっそれと、今年からYouTubeやニコニコ動画でも、国内曲に限り著作権料肩代わりすることになったので、
国内曲に限り、自由に動画の投稿や貼り付けができるようになったそうです。

RANKING  

Posted by quilted_maple at 01:58Comments(0) TrackBack(0)

2009年03月24日

お手軽著作権講座受講済みのマークはないのぉ?

今年もJASRAC許諾更新の季節がやってまいりました(汗)

去年はeyeVio以外の動画の貼り付け禁止!!と言われ、泣く泣くYouTubeやニコニコの動画を削除し、
おととしは、保存できてしまうのでメディアプレーヤーの起動は禁止!!って言われ、
どっかから、埋め込みのタグ拾ってきて、埋め込み式にしたんですよね。

今年はeyeVioのJasrac管理の外国曲の貼り付け禁止!!って言われてしまいました(泣)
これは、eyeVioが著作権料を肩代わりすると言い出したときに、国内曲のみOKということだったので
仕方ないですねぇ。
「讃美歌21編334番 よみがえりの日に」
ブログ内のサーバーに移しました。
これでいいのかな?
http://blog.livedoor.jp/quilted_maple/archives/475428.html

そもそも、なんで外国曲の貼り付けがいけないかというと、
アメリカは、日本のように、年間曲数無制限で1万円とかいう、ファミリー向けの
お手軽許諾制度がないらしいです。
国民性の違いか、日本のように、素人が趣味でコピー曲の演奏をアップしたり、MIDIにする人は、あまりいないらしいです。
だから、相互許諾のような方式がとれないみたいです。

一方、アメリカは、素人DJ放送局がさかんで、
著作権曲のCDの利用とかは、日本より進んでて、
無収入の趣味でやる人は、低価格で素人DJ放送局ができるそうですね。


というわけで、利用制限の多い、年間曲数無制限1万円という格安パック利用してると、
毎年、JASRACさんに、これはいいけど、あれはだめとか、
これをやると別料金になりますよ〜とか
いろいろご指導いただけるわけなんで、

JASRAC許諾マークだけでなくて、
「お手軽著作権講座受講済みのマーク」もいただけませんでしょうかねぇ


RANKING  
Posted by quilted_maple at 02:20Comments(0) TrackBack(0)

2009年03月21日

One More Miracle



これは、ブレービンスのページにあった「もう一つミラクルをどぞ」って感じの曲です。
どこがミラクルなのかよくわからんですけど・・・
http://www.blevinsharps.com/index.php?main_page=index&cPath=167_2_93_117
なんでこの曲弾いたかというと、この曲高域がすごい。
上のファのもう一つ上のファまでいきます。
人の声だと、上のファでも苦しいのに、そのオクターブ上のファまで行くんですから
こういう曲は、抜ける曲って言うんでしょうね。
天井が抜けて、その上に青空が広がる感じ。

私のハープはメイプルなんで、メイプルは硬めの音って言われているから、
低音は、冴えない音かも知れないけど、きっと高音はいい音するんではないかと思ったんですけど
どうかな?

いつも弾いてるコードの振ってある歌本だと、さすがにこんな高い音までいかないから、
私の腕では無理を承知で、ハープの曲弾いてみました。
ラッキーなことに、サンプルの楽譜が1ページ分もありました。(^o^)丿
http://www.cindykleinstuber.com/index.php?main_page=product_music_info&cPath=2_3_109&products_id=497
ブレービンスの奥さんは気前がいいですね(笑)

いつもコードでジャンジャン弾いてるだけだから、
楽譜どおりに弾くのはかなり大変でした。
一応暗譜したんだけど、必死の形相で弾いてます(滝汗)
お耳直しに、シンディさん(ブレービンスさんの奥さんらしい)のすばらしい演奏も聴けますから、
上のリンクで聴いてくださいね。

RANKING  
Posted by quilted_maple at 02:23Comments(0) TrackBack(0)

2009年03月15日

思い出のアルバム




思い出のアルバム


♪あんなことこんなことあったでしょう♪ の思い出のアルバムです。

なんか保育園の卒園式で歌うと、お母さんも先生もみんな泣くそうですね(笑)
この曲7番まであるから、なかなか間違えずに弾くの難しいです。
何回も撮りなおししましたorz
4番くらいまではかなり行くのですが、暗譜がぷっつんしてしまいます。

作品コード 013-2303-2 思い出のアルバム
1 増子 とし 作詞 無信託
2 本多 鉄麿 作曲 全信託 JASRAC
3 テレビ朝日ミュージック 出版者 詞 全信託 JASRAC

RANKING  
Posted by quilted_maple at 01:15Comments(0) TrackBack(0)

2009年03月14日

ハープの響板はやっぱりスプルース単板がいいですよね!?

昨日書いた、(1時間しかたってないけど・・・)
ブレビンス竪琴店の「Like A Gentle Snowfall」の曲のページで
http://www.blevinsharps.com/index.php?main_page=index&cPath=167_2_96_138

奥さんがBlevinSong 36というハープで、この曲を弾いてるんだけど、
同じ曲を、サウンドボード(響板)標準仕様の、バーチ(白樺)合板と、
オプション仕様のスプルース(アメリカ松?)の単板で、弾き比べてるんだけど、
よく聴くと、違いがわかりますよね。
(同じ条件で録音したのではないかもしれないから、断言はできませんが・・・)

バーチの合板は、音は豊かで大きめだけど、クリアさに欠けるというか、はっきりしない音ですね。
一方、スプルースの一枚板は、同じ機種のハープで弾き比べた場合、音は小さめだけど、
弾いたときのアタック音という、コンコンとドアをノックするような音がはっきり聴こえて、
ハープらしい音色ですね。


青山さんのように、昔からハープ作ってるところは、響板といえば、合板のない昔からスプルースと決まっているから、
響板の材質すらも書いてないけど、
最近できたアメリカの大衆向けのハープ店は、
何も言わないとバーチ合板で、スプルースにすると高くなるよって言う店もありますね。
プレビンス竪琴店のBlevinSong 36の場合だと、スプルースにすると300ドル(約3万円)高くなるよって書いてあります。
楽器用のスプルース材って、切ってから寝かせて乾燥させてって、かなり手間ひまかかるから、
それなりに高くなるんでしょうね。
それにスプルース材は、合板と違って天然の木材だから、
原木の保管状態が悪いと、響板にしてから、割れたりひびが入ったりするそうです。

バーチ合板の方が、値段も安いし、木目を90度違いにして、強度も増せるから、
薄くできて、ハープの軽量化もできるって、メリットはあります。

ミネハラさんの所では、響板について、こんな感じで紹介してます。
「大きな力を受ける SOUND BOARD は、スプルースの単板の場合、低音弦の中央部で6−7mm程度の厚み、高音部の薄い部分で2−3mm程度の厚みの材料が使われます。 多くの場合、SOUND BOARD には、Birch Ply (かばの木の合板) が使われています。 航空ベニヤ とも呼ばれていますが、飛行機の胴体や羽を作るために定められた厳しい品質規格で作られた合板で、薄くても、高強度の材料です。 SOUND BOARD を薄く作れますので、明るい音の楽器を作れます。」

私のキルトメイプルは、どう見ても激安の特価品だから、響板は樺の木合板ですよね。(汗)
小さいほうのミッドイーストのハープは、茶色の縞模様で樺の木ではなさそうだけど、
やっぱりなんかの木の合板みたいだけど、
もともと、弦の音がしょぼいので、コンコンというアタック音が、わりとよく聞こえます。

RANKING  
Posted by quilted_maple at 00:37Comments(0) TrackBack(0)

2009年03月13日

Like A Gentle Snowfall

東京は今年は雪積もらなくてちょっと残念だったけど、
ブレビンス竪琴店のページで見つけた、
Like A Gentle Snowfall(優しい雪のようにって感じかな)を弾いてみました。
http://www.blevinsharps.com/index.php?main_page=index&cPath=167_2_96_138

お店の奥さんのシンディーさんの演奏なんですが、
(竪琴屋の奥さんはみんなハープが上手ですね)
どこかの民謡かピアノの練習曲のような感じなんですが、
検索しても楽譜もmidiも見つからず、耳コピーです。
弾きやすいようにハ長調に下げましたが、弾いてるのはヘ長調ぐらいの音の高さです。

シンディーさんの演奏、さびの部分にいくところで終わってて、
この曲の後半があるものと思われます。



like a gentle snowfall



RANKING  
Posted by quilted_maple at 23:48Comments(0) TrackBack(0)

2009年03月08日

レスピーギのシチリアーナ



以前ミッドイーストの小さいハープで弾いたのと、同じ楽譜です。
こんな程度なら私でも弾けるよって感じの、超簡単アレンジです(爆)

レスピーギのシチリアーナ



そろそろ寝ようと思ってたら、弦がきれた〜
上から2番目のオクターブのラ。
すごい音して、あーびっくりしたなぁ。
弦が抜けただけかと思ったけど、サウンドボードの穴のところで切れたみたい。
青山さんとこに弦の結び目の作り方が書いてあったなって思い出して、
結び目作って見たけど、
見本どおりにいかないなぁ。
細い弦だから、説明どおりに、以前切れたミッドイーストのかなり太い弦をとっておいたの、
すっぽ抜け防止に、通してみたよ。
うまくいったかな??


こちらは半年前のミッドイーストのハープ。
全然進歩ないねぇ(汗)
ミッドイーストの暗めの音も、短調の曲弾くと、しっとりしていい感じでしょ。


RANKING  
Posted by quilted_maple at 23:40Comments(0) TrackBack(0)

2009年03月02日

うれしいひなまつり




うれしいひなまつり



作品コード 010-0193-1 うれしいひなまつり
1 サトウ ハチロー 作詞 全信託 JASRAC
2 河村 光陽 作曲 消滅

季節柄「うれしいひなまつり」を弾いてみました。
これしか持ってないので弾きづらいクロスハープで弾いてますが、
もともとお琴の(?)曲なんで、もちろんレバーハープでも、レバーのないハープでも弾けます。
短調だからVの和音の第3音(ソ)は半音上げてくださいね。
ヨナ抜き音階だから、メロディーにレとソの音はないとわかっていても、
(実は出だしに一箇所レがあるんだけど・・・(笑))
ついつい弦があると間違えて弾きそうになってしまいます。
やっぱり、日本の民族音楽だから、お琴で弾くのが一番ですね。
アメリカのハープで弾いたから、「うれしいひなまつり」が「陽気なひなまつり」になってしまったかな(爆)

うれしいひなまつりam


ミッドイーストのような最低音がドからはじまる、22弦ハープなら、
下のようにニ短調にしたほうが弾きやすいかも知れません。
うれしいひなまつりdm


RANKING  
Posted by quilted_maple at 05:54Comments(2) TrackBack(0)