2009年02月12日

早春賦



早春賦ってメロディーが飛んでるので、
見かけによらず手ごわいです。
おまけに、最低音がハ長調にするとソの曲なんで、
音が高すぎたり低すぎたりするんですね。
弾くとき、いちばん気持ちよく弾ける音域ってあるのかな。
自分の声域とも違うかも知れません。
(もちろん同じ場合もあるでしょうが)
楽器の音域特性にも左右されるのかも知れませんね。

写真は去年野辺山へ行ったときの八ヶ岳です。
とりあえずちょっと弾きにくいけどヘ長調で
ビェーン弦は使わずに弾きました。(爆)

作品コード 053-9263-2 早春賦
1 吉丸 一昌 作詞 消滅
2 中田 章 作曲 消滅

早春賦


RANKING

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/quilted_maple/454111
この記事へのコメント
you tube の音源が上手く聴けなかったのでよく分かりませんが、私もこの曲・Fで弾いています。

メロディー最初の音は左で取っていますが、クロス・ストリングスでは無理でしょうか?

Posted by 雫 at 2009年02月12日 07:43
あー、そうですね。
右手メロディー、左手伴奏の固定観念は捨てましょう。(笑)
ピアノでも言えることですけど。

私がこのブログ始めたのも、
「コードで弾くピアノ」って感じのサイトがいくつかあって、
それならピアノとよく似ているクロスストラングハープでもできるのではないかと思ったわけです。
でもクロスストラングは、上半分か下半分のどちらかしか弾けないので
右手と左手では、若干音色が変わるかも・・・
Posted by reito_mikan at 2009年02月12日 21:58