2024/05/15

Romeria del Rocio

roci
アンダルシア西部のセビージャ、カディス、ウエルバ三県の接する位置に自然世界遺産ドニャーナ国立公園があります。約10万ヘクタールの広さのなかにはヨーロッパ最大の沼沢地を含み平原や森や砂丘まであり数多くの鳥類や絶滅危惧種の動物も棲息しているため生物生存圏保護区に指定されている貴重な公園です。
donRoc
そのドニャーナ国立公園の北側に人口2000人ほどのEL ROCIOという有名な村があり、この小さな集落が復活祭から数えて50日目の日曜のペンテコスタ(聖霊降臨祭)を挟んだ短い間だけ毎年150万もの人と4000頭近い馬で膨れ上がるのです。今年は6月17日から20日の月曜日の早朝までがROMERIA DEL ROCIO ロメリア・デル・ロシオ、巡礼祭りにあたります。
RocioMura
1200年頃の昔、大木の洞穴に隠されていた一体の聖母像を見つけた狩人が肩に担いで村へ帰ろうとしますが余りにも重いので途中で疲れ果て眠ってしまいます。目が覚めると像はどこにもなく不思議に思った狩人が引き返してみると元の洞穴に静かに収まっていました。村人を連れて再び訪れ聖母像を出そうとしますが今度はびくともしないのです。マリア様はここがお気に入りのようだからこの場所に御堂を建てて祀ってさしあげようという事になり、見つけた場所の名をつけて最初はロシアナの聖母と、やがてロシオの聖母と呼ばれるようになりました。親しみを込めてパロマ・ブランカ=白い鳩とも呼ばれるこの聖母像は胸に小さな赤ちゃんを抱いています。
Romeria
おそらくはイスラム教徒が侵攻してきた700年頃、大切な聖母像が壊されたり卑しめられたりすることを恐れて隠されたままレコンキスタ後になっても忘れ去られていたのでしょうが、そこは奇跡を何より大切にするなんとやら、不思議な聖母像を見つけてからというものロシオの村は奇跡の村と呼ばれるようになり、1653年にアルモンテの守護聖人としてロシオ聖母が祀られると、簡素な御堂は礼拝堂となり、1969年には見事な大聖堂となり、触れると生涯健やかに暮らせると言われる聖母像を拝むために人々はこぞってロシオ村を訪れるようになったのでした。
rosio
Romeria del Rocioロシオ巡礼祭りはこうして始まったのですが、祭りとは言ってもその参加者は基本的にロシオの信者であるカトリック教徒が中心的存在であり、パンプローナの牛追い祭りやブニョルのトマト祭りのように物見遊山の観光客が押し寄せても構わない種類の祭りではありません。
RomeroyRociera
巡礼に参加するロシオ信心会はスペイン各地に95あり、信心会昇格待ちのグループは更に60あるといいます。参加する人々は到着時間を逆算して出発するわけですが、人数分の食料やテントを運ぶためのトラック、幌馬車風に改造されたトラックを除き道中は徒歩か馬か幌馬車なので遠くからの参加者は祭りの一週間くらい前には出発することになります。
RomeRoci
フラメンコを思わせるひらひらのドレスに花飾り、コルドバ帽子に長袖の白シャツが伝統的なロシオ巡礼祭りのスタイルですが、シャワーもトイレもない野営の旅がロメリアの醍醐味とは言えアンダルシアの5月はほぼ真夏の日差し、インターネットが世界を繋ぐ現代に砂埃の舞い上がる乾いた荒地を馬上の集団が行く光景は目を見張るものがあります。
CabaRoci
ロシオ巡礼に行くには、一番古くからあるアルモンテからのリャノスの道、ウエルバ方面からのモゲールの道、カディスからドニャーナ公園を通り抜けるサン・ルーカルの道、スペイン各地や海外から訪れる信者が多く利用するセビージャの道の四つがあり、それぞれの道を使って村に着いた順にテントを張るか前もって村人の住居を貸し切り契約するなどして他の信心会すべての到着を待つのです。
thVD3FU178
土曜日には各地の信心会が白く飾った神輿に乗せ牛に牽かせて大切に運んできた聖なる御印旗を捧げ持って行進し聖母像に捧げる儀式があります。
HermandaRocio
聖霊降臨祭の日曜日には大きなミサがあり、その後は夜を徹して歌ったり踊ったりしながら柵越えの時を待ちます。
nocheromeria
祭りのハイライトは夜中から早朝にかけて行なわれる柵越えの儀式とそのあとの練り歩きです。礼拝堂の一段高い位置に祀られている聖母像の周囲の柵を外して、アルモンテの人々が聖母像を外に担ぎ出します。
virgenRoci
神輿のまま担ぎ出された聖母像は練り歩きながら信心会の御印旗と対面し押し寄せる人々に祝福を授け、やがて祭りは終わりを迎えます。巡礼に参加した信者たちは翌年のロメリアの事を話しながら三々五々自分たちの町や村に帰っていくのです。
rome









quiltntile1219mahalo at 07:30|PermalinkComments(0)祝祭日・聖人 | 文化・歴史

2024/05/01

San Isidro Labrador

SanIsid
スペインの首都マドリッドの守護聖人であり農民の守り神でもあるSan Isidro Labradorサン・イシドロ・ラブラドール。11世紀後半にマドリッドの貧しい農家に生まれた彼は井戸掘りや畑仕事の合間に水にまつわる数多くの奇跡をおこしたことで知られる聖人です。
Chulapo
5月15日のサン・イシドロの祝日まで数日間行われるサン・イシドロ祭りは親しみを込めた別名のパロマ(鳩)祭りと呼ばれることが少なくありません。5月の訪れとともに市庁舎から小学校まで街中ソワソワとした高揚感に包まれながらマドリっ子たちは祭りの開始を待ちます。
th7SVMB5IW
マジョール広場の南に位置するメイン会場サン・イシドロ公園(プラデーラという野原)にはたくさんの屋台が軒を並べます。白ワインにレモンシロップを加えて角切りのリンゴを浮かべたレモネード、ジャガイモと仔牛や羊のモツを揚げたガルネッハスなどが並び、巡礼パレードや数々のコンサートの合間に人々は散策やピクニックを楽しみます。
th1VJX7247
伝統的な衣装の老若男女はチュラッポ、チュラッパと呼ばれ彼らによるチョティスというペア・ダンスのコンテスト、またベンタス闘牛場では有名な闘牛士をそろえた闘牛も開催され、祭りの最終日には花火が夜空を彩ります。
FuentedeSanIsid
プラデーラの近くにあるサン・イシドロ礼拝堂には不思議な力を持つという泉があります。泉には小さな吐水口が設けられ湧き出る聖人の水を祭りの日に飲むのも古くからの慣わしとなっています。
thT2DSN5NW
この季節に店頭に並ぶお菓子として親しまれているのはRosquillaロスキージャという名のスペイン風ドーナツ。正しくはRosquilla de Santa Clara、サンタ・クララのロスキージャと言い、マドリッドにある修道院で15世紀に作られスペイン全土に広まりました。
真っ白い砂糖のフォンダンをまとった「サンタクララ」が一般的ですが味は何種類かあり、素朴な味のプレーンは「お馬鹿さん」、レモン風味のフォンダンをかけたのは「お利口さん」と呼ばれています。
Rosquillas






quiltntile1219mahalo at 16:26|Permalink祝祭日・聖人 | 街・歴史

2024/04/15

Pimiento Rojo

pim3
タマネギ、トマト、ニンニクと肩を並べるスペイン料理の必需品といえばPimiento Rojo ピミエントロホ、赤ピーマン。緑色のピーマンばかりと慣れ親しんできた昭和世代の日本人にとって赤やオレンジのピーマンや大きくて肉厚な赤パプリカなどは馴染みが薄く食べず嫌いの方も多かった、というのはせいぜい15年前、米津氏の歌のおかげか令和の子供はおそらく好きそうな気がします。
pimientopiquillo2
ピーマンの語源がスペイン語のピミエントや仏語のピメントだというのをご存知ですか。オランダやニュージーランド、韓国からの輸入品が多かったパプリカもここ数年は国産の大きくて肉厚な良品を安く購入できるようになりましたが、こちらの語源はハンガリー語やオランダ語のパプリカ。ちなみに英語のペッパーの語源はギリシャ語のペペルです。
pimi
さて、スペインの北部ナバラ地方の名産品にピキージョ種という赤ピーマンがあります。先の尖った肉厚な品種でスペイン中の市場に出まわります。また水煮の瓶詰やマリネの缶詰に姿を変え日本にも輸入されています。
pim
スペインでとてもポピュラーな食材の赤ピーマンはバルのタパスや家庭の食卓に頻繁に登場し、とくに焼きピーマンは手軽な一皿として人気があります。クッキングペーパーを敷いたオーブンに丸ごと並べ180度で20分ほど焼く場合もありますが、焼き網にのせて直火で焼く方法が簡単です。つい弱火でゆっくり焼いてしまいがちですが、ピーマンの旨味と甘味をきちんと出すためにはスペイン流に皮がまっ黒焦げになるまで強火で大胆に焼くこと。
pimientopiquillo3
火からおろしたらアルミホイルか濡れ布巾をかぶせてしばらく蒸らして粗熱がとれたら薄皮をむきます。種と茎を取りそのまま塩と酢とオリーブオイルで頂くのがいちばんシンプルで美味しい食べ方です。
pimiq
保存のためオイル漬けやマリネにもし、パンにのせてカナッペ、サンドイッチ、オムレツの具、肉料理のつけあわせ、ポテトサラダやパエジャの彩りなど使い方はさまざまです。
pimientopiquillo7
詰め物とパイが得意なスペインの主婦たちは赤ピーマンでも詰め物をよく作ります。ベシャメルソースで和えた魚介類を詰めて焼いたり、イカ墨の残り物を詰めて煮たり、あるいは炒めた米と挽肉とタマネギをトマトソースで軽く煮て詰めオーブンでじっくりと火を通すなど、どれをとっても美味しいこと間違いなしです。
赤いパプリカが冷蔵庫に眠っていたら、まっ黒焦げの焼きピーマン作ってみませんか?
pimientopiquillo4



quiltntile1219mahalo at 18:42|PermalinkComments(0)食材・野菜 | 料理

2024/04/01

Horario de verano

hora
1974年に始まったスペインの夏時間制度、Horario de veranoオラリオ・デ・ベラーノ。時間変更Cambio de horarioカンビオ・デ・オラリオともいいます。ずーっと昔からあったのではと思いますが実は今年でちょうど50年です。日本の夏時間の話は何年か前に持ち上がりあっという間に立ち消えになりましたが我が日本には必要が無い制度ということでしょうね。
horariodeABC
夏時間をどうやって決めているのでしょう。今年の切り替えは3月31日でした。毎年3月の一番最後の日曜日の深夜2時に時間を一時間進ませて3時とし夏時間に切り替わらせるのです。
horario
テレビやラジオでは毎年夜中の2時に切り替え放送があり、ネットニュースはもちろん日曜の夜のニュース番組でも視聴者の注意を促したりもます。かれこれ半世紀、毎年のことだから人々は慣れていて時計を一時間進めてベッドに入るのが通常です。テレビの前で時計を握りしめ睡魔と戦いながら放送を待っているのは時間変更初体験の子供と日本人観光客くらいでしょうか。
horariodeTV
それでも月曜日の朝になると、うっかりミスの人々が¡Hombre~!(オンブレ=なんてこった等の意味)と愚痴りながら走っていたり、地方に行く特急に乗り損なったり、大切な待ち合わせに遅れたり、テレビキャスターにお決まりのインタビューされたりいろんなことが起こります。夏時間は7か月の間続き10月の最後の日曜日の深夜2時に一時間戻して1時にします。ちなみに今年は10月27日。
horari



quiltntile1219mahalo at 18:29|PermalinkComments(0)街・生活 | 自然・季節・気候

2024/03/15

Manises

valenciamuseoceramica
英雄エル・シッドの活躍の舞台となったバレンシアはスペイン第三の都市。街のほぼ中央にある国立陶器博物館はドス・アグアス侯爵の館だった豪華な建物でバレンシアの三大陶器であるマニセス、パテルナ、アルコーラを始めスペイン各地を代表する陶器とタイルを展示しています。
valenciamuseoceramica2
バレンシア近郊の町Manisesマニセスはもともと陶器生産が盛んな街でしたが、イスラム陶器の技法を継承する南部の陶工たちが戦乱を逃れ移住してきたことに依って13~14世紀の頃からスペイン陶器産業の中心地となり、なかでもイスパノ・モレスクと呼ばれる陶器の代表的産地になりました。
lustre3
今日では中世末期から近世にかけてスペインで焼かれた錫釉陶器の全体をイスパノ・モレスクと総称するようになりましたが、古くは錫エナメル釉と呼ばれる緑と青と黄色の絵付けをされた色絵焼きと金属的な光沢を放つラスター彩焼きの二種類、とくにスペインで焼かれたラスター彩の焼き物をイスパノ・モレスク陶器と呼び15世紀に盛んに作られました。
lustre4
9世紀メソポタミアのガラス工芸で創始されたのではないかとされるラスター彩技法は程なくエジプトやイランに波及し12~13世紀のペルシャ陶器に多く用いられ発達しながらイスラムの西進とともに12世紀スペイン南部アンダルシア地方に伝わったと言われます。
素焼きした器や陶板に白い錫の鉛釉を掛けて焼き、硫化銀や銅あるいは金粉を黄土などと混ぜた泥顔料で模様を描いて低火度で還元焼成するという方法ですが、焼き上がりの成功率が極めて低かったためと繊細で絢爛たる模様の美しさのために高価な逸品として扱われました。
lustre5




quiltntile1219mahalo at 17:23|PermalinkComments(0)街・歴史 | 陶磁器・タイル

2024/03/01

Azulejo

portugal
壁面をタイルで装飾された建物が数多く存在するポルトガルやスペイン。タイルはスペイン語でAzulejoアスレッホと言い、ラテン系言語の「青い」を意味するAzulから来ているという説とアラビア語でタイルを示すAl zuleichに由来するという説があります。
azulejo
712年に北アフリカからイベリア半島に侵攻してきたイスラム教徒は1492年までのおよそ800年ちかい間イベリア半島に君臨していました。イスラム教徒の支配というと今では不寛容な面だけが強調されがちですが当時はそうとも言えなかったようです。パエジャで有名なバレンシアに灌漑技術を持ち込み米作りを教えたのは彼等ですし、新しい錫釉陶器の技法や美しい彩釉タイルで壁面を飾るペルシャの技法や幾何学的な建築文化を伝えたのも彼等でした。
ceramicatrianazulejo
ヨーロッパ近代陶器の発祥の地がスペインだとされるのは、レコンキスタ後にイスラム教徒が北アフリカに追放されてからも、イスラムから伝わった施釉の技を用いた陶器やタイルの生産をスペイン南部の陶工たちが受け継ぎ発展させてきたからこそと言えます。
lamancha
伝統的なイスラム幾何学文様やアラベスク文様に16世紀頃からは動物や物語や生活といった図柄が加わりやがて青以外の釉も使われるようになりました。その後の顔料の研究により更に複雑な色調を出せるようになった現在ですが青一色の作品は根強い人気があります。
talaverazulejo
小さなものでは一枚たった15センチほどの作品から大きなものでは数百枚にものぼるタイルを一つの画面に見立てて絵を描く陶板画。この二つの国はまさしくその祖国だと言えるのではないでしょうか。
talaveracasa




quiltntile1219mahalo at 17:21|Permalink街・歴史 | 陶磁器・タイル

2024/02/15

Ceramica

ceramica2
人類の文明文化のなかで最古の歴史を持ち土と水と火という原初の素材で作られる焼き物。近頃は外国人観光客にも陶芸教室の体験レッスンが人気のようですね。陶芸、いわゆる陶器はスペイン語でCeramicaセラミカ、磁器はPorcelanaポルセラーナと呼ばれます。
gra-az2
簡単に言うと陶器の主原料は粘土層の陶土で熱しにくく冷めにくい焼き物、磁器の主原料はガラス質の陶石でこちらは熱しやすく冷めやすい焼き物です。観光地の土産物屋の壁面を飾っている絵皿や肉厚な日常雑器はセラミカ、繊細なリヤドロ人形はポルセラナといったらわかりやすいでしょうか。
talavera
萩焼や益子焼のようにスペインにも代表的な窯場が各地にあります。それぞれ特徴のある陶器陶磁器を生産しておりバレンシア、マニセス、トレド、コルドバ、セビージャ、グラナダ、ガリシア、バルセロナなどどれも独特の技法や色合いで絵付けがされています。
talavera3
スペイン各地で多く生産されているマジョルカ陶器は初期の14世紀頃は青一色か緑と黒の二色だけで描かれていました。粗目の素焼に白色錫釉薬を化粧掛けし水彩技法で色絵を施した焼き物です。その後黄色が加えられ青、黒、黄、緑といった色合いのものが多くつくられるようになりました。呼び名はマジョルカですがマジョルカで焼かれた陶器ではありません。昔マニセス窯で焼かれた陶器がイタリアなどに輸出される際に地中海のマジョルカ島に一度運ばれそこで改めて船積みされたためにイタリア人がマジョルカで焼かれた製品だと思い込み世界中に誤った呼び名が広まってしまったという説が有力だと言われています。
talavera2
イギリスやフランス、イタリアなどほかのヨーロッパの国々の陶器とスペイン陶器との大きな違いは歴史的にイスラム文化の影響が色濃く残っているところでしょう。その昔ヨーロッパでは中国陶器が大流行しポルトガルやオランダなどは特に中国の絵柄を連想させるものが多いといえます。しかしスペイン陶器はイスラム色が強く、東洋風といっても中国ではなく中東やシルクロード辺りを思わせる雰囲気が絵柄に漂っています。
lustre
絵タイルを含めスペインの陶器は外人観光客に人気がありますが食器や壺は重くて脆く壊れやすいため大きな物は敬遠されがちです。またその殆どが家族経営など小規模な工房や工場での手作り生産のため、イタリア陶器のように統一された製品を大量に作る事が難しく今もって殆んど輸出もされていないのが現状です。
madrid










quiltntile1219mahalo at 15:18|PermalinkComments(0)街・歴史 | 陶磁器・タイル

2024/02/01

Tarifa

Tarifa1
ジブラルタル海峡に突き出した町Tarifaタリファ(カディス県)はイベリア半島最南端にあり、その昔イスラム勢力の侵入口だったためアラブの影響が今なお色濃く残っている町です。女性達は昔、舞い飛ぶ砂が目に入らないように片目だけ覗き窓を開けたスカーフ布で頭を包み、カーテンの両裾のような鉛の錘を仕込んだ長スカートを着て裾がめくれ上がらないようにしていました。一度だけ旅で訪れたことがありますがタリファはじつに風の強い町で、時には秒速40メートルもの強風が吹き真っ直ぐ立ってはいられないほどです。
MujerTarifa
強い東風が何日も吹き続けると人間は不安になったり苛々したりするらしく、この町の薬局で一番売れるのは精神安定剤と頭痛薬だと聞いたことがあります。「強風のせいで狂人が多い」という不名誉極まりないレッテルを張られてきたタリファはかつてハエ縄漁やマグロ漁などで生計をたてていましたが、安定した職を求め同じカディス県の他の土地へ移っていく人々も多く人口は減っていくばかりでした。
PUertaJerezTarifa
60年代後半フランコが推し進めた観光政策に依って世界に扉を開き始めると、タリファのすぐ近くコスタ・デル・ソル(マラガ県)のベニドルムに多数の外国人観光客が押しかけました。そしてその20年後、80年代に入ってからタリファの状況は一転します。強風に注目したウインドサーファー達が海外から続々とやってくるようになり、大西洋と地中海にまたがる40キロの海岸線は国際的なサーフィンの町に変貌したのです。
SurfinTarifa
町の景気が回復するとそれにともなって故郷に戻ってくる者も増え40年の間にボローニャ海岸にはホテルや洒落たレストランが林立しました。さすがにコロナ禍の間は一時的に寂れたものの今ではすっかり息を吹き返し別荘地にもなっています。地元の若者や観光客が増え街はずいぶん豊かになったように見えなくもないけれど「物価は天井知らずに高騰し風紀は乱れ、国籍不明の見知らぬ町になってしまった」と嘆く年金生活の老人たちも少なくありません。




quiltntile1219mahalo at 18:45|Permalink街・生活 | 文化・歴史

2024/01/15

Puerros y Calcots

puerros

葱の美味しい季節です。
英名でリーキ、ポロネギとも言われる西洋長ネギをPuerroプエロとスペインでは言います。肉厚の葉が交互に重なりあうプエロは香りに癖がなく豚とヒヨコマメの煮込みスープや炒め物によく使われます。日本のスーパーマーケットでも国産品をよく見かけるようになりました。プエロ以外のスペイン版長ネギと言えばもう一つ、カタルーニャ名産のCalcotsカルソッツがあります。
calcots
日本長ネギは苗を植えて一本の芽を大切に育て上げるのですが、カルソッツは玉ネギのように丸い苗から束のように出てくる芽をそのまま育てていきます。11月から4月にかけて収穫されるカルソッツは、酸味辛味が少なく葱と韮のあいだのような味と香りです。
thG9A9CLK2
毎年1月の最後の日曜日にカルソッツ祭りが開催されるバイス市はバルセロナから南へ1時間ほど。タラゴナ県のこの街はカルソッツの味と収穫量ともにスペインで第一位の名産地です。
thFDWSPX39
祭りは巨大な葱人形達のパレードで始まり、品評会、料理コンテスト、大食い大会など沢山の催し物が用意されています。一番の目玉は大食い大会で45分の制限時間内に食べた量で争われます。因みに平均的な優勝者は200本を苦も無く平らげるそうで、数年前の過去最高は225本3370gでした。
th8J7P1YIY
街の広場に用意された葡萄の枯れ枝に火がつけられ赤いカタルーニャ帽子をかぶった男性がネギを敷き詰めて焼いていきます。丸ごと黒焦げになるまで焼きあがったネギにロメスコ・ソースをつけていただくのですが、食べ方にも決まりがあり、外側の焦げた皮を引っ張ってあらわれた芯をカニしゃぶのように下から食べるのです。
thVYZMA7CX
焼き上がった直後のネギは新聞紙で数分だけ包まれてから供されます。程よく蒸された芯はしっとりと柔らかで甘味も増して美味このうえありません。
B-carzotada 2
黒焦げの皮をむくので指先は爪の間まで真っ黒、口のまわりもソースで汚れるのですが、春を待つ楽しさもあり、焼きカルソッツを提供する店はどこも大賑わいです。
ロメスコ・ソースは、アーモンド、松の実、ニンニク、パプリカ、トマト、オリーブオイルなどで作る赤いソースで、葱など焼き野菜や茹で野菜だけでなく、魚介や肉料理にもよく合いますからぜひ作ってみてください。
th0B590MPI
カルソッツは日本の深谷葱によく似ていて、日本でも味わうことが出来ます。それに深谷市ではスペインと同じ1月最終日曜日の28日(2024年)に瀧宮神社で「深谷葱祭り」も催されるので、出掛けてみてはいかがでしょう。



quiltntile1219mahalo at 17:38|PermalinkComments(0)食材・野菜 | 食文化・歴史

2024/01/01

El dia de Año Nuevo

FELIZ
あけましておめでとうございます。
エル・ディア・デ・アーニョ・ヌエボEl dia de Año Nuevo、ごくシンプルに新年の日、日本語だと元日ですね。
1DE12
しかし日本では元旦という特別な言い方もあり元日の朝のことあるいは元日の一日を指します。話のついでに言うと元旦の旦という漢字は朝日が水平線からのぼる様子を表した文字です。
B-Roscon
さて、新しい年Año Nuevoの初めを飾る1月1日は日本には及ばずとも大切な日に違いはありません。クリスマスほどの豪勢な御馳走は食べませんが、もともとクリスマスから数えて8日目はキリストとマリアの関係を祝う習慣があったため家族揃って教会のミサに行ったりケーキやシャンパンをいただいて皆で楽しく過ごします。
1de1
スペインをはじめとしたカトリック国には日本人に理解しにくい守護聖人という概念がありこれ無くしてはスペイン美術や歌、生活などを理解できませんしスペイン旅行の楽しさが半減すると言っても過言ではありません。守護聖人とはカトリックの伝統的な信仰のひとつで特定の地域や国、職業、365日をゆかりのある聖人や天使が護ってくれているという考えです。そのため子供の誕生した日の守護聖人の名前をそのまま名付ける事が少なくありません。
SANTOS
元日の守護聖人は誰でしょうか。神からのお告げでキリストを懐胎したマリアは431年のエフェソス公会議でキリストの人性と神性における母であるため神の母テオトコスと呼ばれることが決定しました。その後1500年祭を迎えた1931年、今から93年前に、1月1日の守護聖人は神の母マリアとなりました。
macaRena
誕生日でなくても守護聖人のペンダントなどを職業の守り神として身につけている人もいます。例えば聖トマス(建築家)、聖ペドロ(パン屋)、聖アンドレ(漁師)、聖ルカ(芸術家)、聖クリストバル(船乗りや旅人)、聖ミゲル(文筆業)などなど。
javier
ちなみに日本の守護聖人は大天使聖ミゲルSan Miguelです。イエズス会フランシスコ・ザビエルによって日本にキリスト教が伝えられた1549年、宣教の許可がおりたのが9月29日だったことからザビエルが9月29日の守護聖人である聖ミゲルを日本の守護聖人としました。(大天使ガブリエルとラファエルを足す方もいます)

今年も良い一年になりますように。
ANONUEVO


















quiltntile1219mahalo at 02:00|PermalinkComments(0)祝祭日・聖人 | 文化・歴史