October 02, 2007

フラット  − willへ −

 先週末、willと同年齢・同月齢(4才10ヶ月)のフラットが虹の橋を渡った。

 あるblogで知った。何度かビブリでお会いしたことがある。
小さな腫瘍、早期発見でき切除手術したばかりだったそうだ。

つい先日まで元気に生きていた。突然の死。
オーナーの、喪失感考えると言葉が出ない。
同年齢のwillを飼うものとして他人事ではない。

 生あるものとしてその生が無限でない限り何時かは訪れること、頭では理解しているが感情的には理解できないだろう。


willへ、
 1日でも、1年でも永く生きていて欲しい!
 何か異常があれば言って欲しい!
 楽しいこといっぱいしよう!
 君の好きな、野山に・campに・水場に、沢山行こう!
 互いに後悔しないように・・・・!




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by anonまま   October 04, 2007 09:58
つい先日彼女の事を『可愛らしいワンコだね♪』とリーダーと某ブログで拝見してたんです・・・その矢先の逝去で本当にビックリでした。直接にあったことはありませんが同じワンコと暮らすものとして、ママ&パパさんの悲しみとワンコのことを思うととてもとても辛くなりました。悔いの残らぬよう精一杯ワンと楽しんで暮らしましょうね!!少しでも、一日でも長生きして欲しいものです。
2. Posted by will-papa   October 04, 2007 14:58
★anonまま、
 そうでしたか。
私の知っている限りでも、今腫瘍と戦っているフラット達がいます。何も出来ません。ただただ心から頑張って生きてりる姿に、応援するしか有りません。
 悔いの残らないようwillと楽しく生きて行きたいものです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔