2021年09月27日

近所のかっこいいディテール1

IMG_3801
IMG_3797

連続するスチール格子とコンクリートの庇が美しい!!!



2021年08月17日

五山の送り火

2021-08-16 20.07.46

事務所の窓から奇跡的に見える大文字!!!

qull at 09:11|PermalinkComments(0)日常 

2021年07月19日

山鉾の骨組み

2021-07-17 16.27.05
2021-07-17 16.25.55

今年も寂しい祇園祭・・・。

今回は技術継承の為に建てられた山鉾。

なかなか見ることが無い山鉾の骨組みもまた美しいものです。

2021年06月23日

小さなエレベーターホール

P1020367
P1020363

東京都中央区で完成しましたr-plus築地銀座のエレベーターホール。

サイン、フロアー案内、ポストが組み込まれた光壁が、この小さなエレベーターホールの主役です!!

2021年05月31日

モノトーンからのワインレッド

IMG_2390

埼玉県さいたま市で完成しましたR-STYLE大宮。

モノトーンのLDKの奥に見えるワインレットの寝室。

あえてこのギャップを楽しむ。




qull at 15:15|PermalinkComments(0)R-STYLE大宮 

2021年04月28日

モノトーンなLDK

IMG_2594

埼玉県さいたま市で完成しましたR-STYLE大宮。

白、黒、グレー、そしてステンレス。

モノトーンでコーディネートしたLDKです。

qull at 09:41|PermalinkComments(0)R-STYLE大宮 

2021年03月29日

京都の桜

京都も桜が満開。

京都らしい桜の写真。

大鳥居と京セラ美術館と。
IMG_3761D



南禅寺と苔と。
IMG_0290

qull at 08:38|PermalinkComments(0)日常 

2021年02月24日

陶板名画の庭

2021-02-23 11.24.22
2021-02-23 11.23.49

京都の北山にある「陶板名画の庭」。

コンクリートと水、そしてピンコロ。

25年ぶりに訪れましたが、今でも美しい建築でした。




qull at 10:22|PermalinkComments(0)日常 

2021年01月29日

枠無し吊引き戸

IMG_2400

埼玉県さいたま市で完成しましたR-STYLE大宮。

LDKから玄関ホールへの建具。
この建具はLDKで一番目立つ存在の為、ディテールにこだわった製作建具としました。
建具と通常セットとなる「枠」をあえて無くし、吊式のレールも天井に埋め込みました。

目立つ建具な分、あえてシンプルにし、シンプルにした分、存在感が生きる。
そんなデザインとしてみました。


qull at 09:25|PermalinkComments(0)R-STYLE大宮 

2020年12月04日

御所南のリノベーション

京都の中心地で、京都御所のすぐそば。
「御所南」というブランドがついている、京都の中でも人気のエリア。
築33年の鉄骨3階建てのリノベーションです。

リノベーション前の写真
2017-12-01 08.41.271
角地に建つ、50ミリ角のグレーのモザイクタイル仕上げの建物。
1階が貸事務所、2・3階が住居スペースとなっていました。

内部はすべて解体し、1・2階を貸店舗、住居スペースは3階のみとした、フルリノベーションです。

IMG_3625D

貸店舗としての需要価値を高めるため、大型サッシでガラス張りとし、店舗の個性が強調されやすい様、あえて黒一色のファサードデザインとしました。

IMG_3627D2

難しいといわれる2階での店舗利用も、専用の外部階段を新たに設置し、アプローチのしやすさと店舗の存在感をアピールできるプランニングとしました。

1階にボディコンディショニングケアサロン、2階にはヘアサロンが入居。
偶然にも「美と健康」を提供するビルとなりました!!!






2020年11月25日

濃赤の壁紙

IMG_2417
IMG_2424

埼玉県さいたま市で完成しましたR-STYLE大宮。

LDKの奥にある主寝室です。
濃赤の壁紙がインパクト抜群!!!
夜のライティングで、グラマラスな寝室になっちゃいます!!!

qull at 14:46|PermalinkComments(0)R-STYLE大宮 

2020年10月24日

細長タイル

IMG_2661

埼玉県さいたま市で完成しましたR-STYLE大宮。

リビングの一面の壁のタイル。

タイルとしては珍しい200ミリ×1200ミリの細長い形状で、ビアンコカララ柄がリビングを彩ります。

上部の間接照明がさらにこの壁を引き立ててくれています!!!

qull at 09:17|PermalinkComments(0)R-STYLE大宮 

2020年09月28日

アイランドキッチン

IMG_2394

埼玉県さいたま市で完成しましたR-STYLE大宮。

最上階の部屋のキッチン。
12帖程の決して広くないLDKですが、そこにあえてアイランド型を!!!
しかもオールステンレスのカッコイイ!!キッチンです。
部屋に入るとドーンとこのキッチンがお出迎え。
しかもここは賃貸!!!
オブジェの様なキッチン、しかし見かけだけではない。
三口コンロという機能バッチリ!!!料理好きには最高のキッチンです!!!




qull at 14:51|PermalinkComments(0)R-STYLE大宮 

2020年08月26日

最上階の部屋

IMG_2644

埼玉県さいたま市で完成しましたR-STYLE大宮。

最上階の部屋のリノベーションです。
写真は玄関ドアを開けた時のアングル。
濃紺の壁紙を使用した、ちょっと暗めの玄関ホールの奥に、白を基調としたモノトーンの明るいLDK。
そしてさらに奥に濃赤の壁紙を使用した寝室があります。
専有面積14坪程の細長い、決して広くない空間ですが、広く見せる効果として、玄関を入ったときに、目線を部屋の一番奥まで届かせ、陰影と色の変化を与えることで、奥行感を最大限生かすプランとしました。



qull at 10:26|PermalinkComments(0)R-STYLE大宮 

2020年07月21日

エントランスのデザイン

埼玉県さいたま市で完成しましたR-STYLE大宮。

7階建ての賃貸マンションのリノベーションです。
住みたい街ランキングで常に上位に君臨する大宮駅から徒歩10分。
駅前の繁華街をちょっと離れた静かな住宅街に位置する、住むには超便利な場所。

IMG_7374

リノベーション前の写真です。
黒い車で見えにくいですが、庇がついているところがメインエントランスです。
シルバーのアルミサッシの両開きドアが付いているだけのとっても寂しいエントランスとなってました。

先ずはこのエントランスの見直しから。

IMG_3225

真っ黒で仕上げたアーチを造作し、入口ドアの位置を少し下げて奥行感を出し、エントランスの存在感を強調しました。
海外のホテルの様な、またはお洒落なカフェの様な・・・。
そんなエントランスをもつ賃貸マンションとなりました!!!




qull at 10:52|PermalinkComments(0)R-STYLE大宮 

2020年06月22日

二つ目の箱

P1020331

東京都中央区で完成しましたr-plus築地銀座の3階のオフィス。

奥に見える二つ目の黒い箱には、給湯室にトイレ、洗面室とシャワーブースが隠されています。

P1020271

P1020277

水廻りの設備をすべてこの箱に集約しています。

2020年05月20日

一つ目の箱

P1020358
P1020308

東京都中央区で完成しましたr-plus築地銀座の3階のオフィス。

真っ白なスケルトン天井に真っ白な壁の空間の中に、黒い箱が2つ。
その一つが、エレベーターシャフトとエントランスを囲う箱。
軒の様な庇を設け、間接照明の光で天井面から存在を浮かし、黒い箱の存在感をアップさせました!!!
フレームの無い透明な強化ガラスのドアもいい感じです!!!



2020年04月06日

京都御苑の桜

P1020387

京都の桜も満開シーズン。
いつもなら、ものすごい観光客で賑わう京都も、怖いくらい人が少ない。
京都も沢山の桜の名所があり、京都に戻ったらと楽しみにしていましたが今年は自粛。
極力人に会わず、事務所で一人っきり黙々と仕事しています。
デスクワークが続く中、運動不足解消と気分転換に、事務所からすぐの京都御苑にお散歩。
広大な京都御苑もほとんど人は無し。
京都御苑の桜を独り占めって感じです。


qull at 10:40|PermalinkComments(0)日常 

2020年03月23日

小屋の様なBOX

P1020325

東京都中央区で完成しましたr-plus築地銀座の3階のオフィス。

前回までのr-plus築地銀座の7階に引き続き、今回は3階のオフィスデザイン。
ワンフロアに一つのテナントのビルの為、駆体平面は同じ。
同じ駆体平面で同じオフィスですが、レイアウトやデザインコンセプトは全く違うものとしました。

前回と違い、オフィススペースを大きくワンスペースとし、エントランスと水回りを間接照明付きの庇と黒い壁で構成し、小屋の様なBOXが2つ、真っ白な壁と真っ白なスケルトン天井のオフィス空間の中に街並みの様に存在する、そんなデザインとしました。

同じ駆体平面でも、これだけ全く違うオフィスデザインができるということを楽しんでいただけると幸いです。

2020年02月21日

フロストガラスの壁

P1020200

P1020258

東京都中央区で完成しましたr-plus築地銀座の7階のオフィス。

このオフィスの最大の目玉である「トンネルの様な廊下」。

床、壁、天井をすべてタモも無垢材で仕上げ、四方同素材とすることで、トンネル感を最大限に生かしています。
ただ完全に閉じられた空間はだと、決して広くないオフィス全体を考えると圧迫感を感じる。
そこで使用したのが「フロストガラス」。
半透明な「フロストガラス」は、光を感じ、通る人のシルエットを映し出す。

連続したタモの無垢材のフレームにフロストガラスを嵌め込むことで、トンネル内の同素材感を失うことなく、圧迫感の解消とトンネルの存在感が上手に演出できたと思っています。


2020年01月27日

オフィススペース

P1020186
P1020191

東京都中央区で完成しましたr-plus築地銀座の7階のオフィス。

エントランスの反対側にあるオフィススペースです。

赤いスケルトン天井と真っ黒な壁のエントランススペースとは対照的に、オフィススペースは真っ白なスケルトン天井にグリーンの壁、そしてグラデーション模様のカーペットで仕上げました。

木のトンネルを抜けると、また違った空間が現れる、そんなちょっと楽しいオフィスとなりました。

2019年12月24日

クリスマスイルミネーション

IMG_3525
IMG_3535

クリスマスイブということでクリスマスイルミネーション!

京都に移転して初めてのクリスマス。
京都市内は都内と違って、イルミネーションというものをほとんどやってない。
唯一大々的にやっているのがロームという会社が行っている「ロームイルミネーション」。

都内のイルミネーションはいくつも行きましたが、ロームイルミネーションが今までで一番良かったかも・・・。


qull at 17:46|PermalinkComments(0)日常 

2019年11月25日

魅せる給湯室

P1020218
P1020215

東京都中央区で完成しましたr-plus築地銀座の7階のオフィス。

給湯室の写真です。

トンネルの様な廊下を抜けると、給湯室があります。
真っ白でシンプルなミニキッチンをセレクト。
照明をスポット的にし、お洒落なミニキッチをオブジェ的に演出。

通常隠しがちになってしまう給湯室をあえて隠さず、オフィスのデザインの一部として、魅せる給湯室としました。


2019年10月22日

濃紺の洗面室 濃赤のトイレ

P1020238
P1020229

東京都中央区で完成しましたr-plus築地銀座の7階のオフィス。

前々回でご紹介したトンネルの様な廊下からアプローチする洗面室とトイレ。
濃紺色と濃赤色に色分けし、扉を開けた時の隣り合う空間を魅せるデザインとしました。

14坪程の小さなオフィススペースですが、洗面室にはシャワーブースも完備。
暑い夏の外回りから汗まみれで帰った来た時や、徹夜で仕事を頑張らなくっちゃならない時など、
シャワーを浴びれるって本当に嬉しいものです。





2019年09月28日

赤いスケルトン天井

P1020173
P1020174

東京都中央区で完成しましたr-plus築地銀座の7階のオフィス。

エレベーターを降りた瞬間から、赤いスケルトン天井に、真っ黒な壁、そして芝の様なカーペットで彩られた空間が出迎えてくれます。

中央に見えるのが、前回ご紹介したタモの無垢材で構成したトンネル廊下。

普通とは一味も二味も違うオフィスに、来客も驚き、会社のイメージとスタッフのモチベーションも上がる。
そんなオフィスデザインになったと思います。


2019年08月22日

トンネルの様な廊下

P1020266

東京都中央区で完成しましたr-plus築地銀座の7階のオフィス。

まだ東京に事務所があったときから進行していたプロジェクトが竣工しましたー!!!
京都に移転して4ヶ月、竣工写真の撮影の為、久しぶりの東京です!!!

プロに頼まず、私自身が撮影。いろんな角度から沢山の写真を撮ってきましたので、チョットづつですがご紹介したいと思います。

まずはこのオフィスの最大の見せ場となる「廊下」です。
エントランスを入ってすぐの来客用打ち合わせコーナーと、事務室をこの「廊下」で結んでいます。

「廊下」は必要不可欠のスペースですが、14坪程の小さなオフィスなどでは勿体ないスペースに感じてしまう。
その無駄な「廊下」をただ通るだけのスペースではなく、あえてこのオフィスの最大の見せ場として登場させました!!!
天井と壁と床にぐるりとタモの無垢材で仕上げ、異空間へ導かれる様な、タイムトンネルの様な、そんなトンネル的な空間を目指し造り込みました!!!

自分のデスクに向かう気持ちのスイッチをこの「廊下」が押してくれる様な、そんな「廊下」となってくれることを願っています。




2019年07月17日

祇園祭

IMG_3443
IMG_3450
IMG_3454

日本三大祭のひとつ京都の「祇園祭」。

京都に戻ってきた記念にと、30数年ぶりの祇園祭に。
相変わらずの物凄い人混みに呑まれながら、京都の夏の始まりを感じてきました。

qull at 13:25|PermalinkComments(0)日常 

2019年06月14日

茶室の様な打合せ室

_00A1544
_00A1546

茶室のような佇まいですが、都内の超高層ビル内にあるオフィスの打合せ室なんです。

スサ入りの聚楽色の珪藻土に、藍染めの様な天井、そして床はやっぱり縁なし畳。
アーチ型の躙り口を思わせる低めの入り口が茶室感をさらに演出してくれています。
座卓は掘り炬燵とし、足が疲れない様配慮。
照明も集光タイプで、必要最小限の照度として、光の演出もバッチリ!!!

この空間に座っていると、自分が何処にいるのか?忘れてしまうくらい、落ち着いた空間となりました。
しかも、窓から見える超高層ビル群とのギャップがまた楽しい!!!

靴を脱いで、座卓を囲みながら、趣のある空間で打合せができるなんて、ここで働くスタッフさんが羨ましい限りです!!!




2019年05月16日

葵祭

IMG_3348

京都に事務所を移転して2週間ちょっと。

まだまだ引っ越しの後片付けと住所変更等の手続きに大忙しの中、京都三大祭りのひとつ「葵祭」が行なわれました。

新事務所から徒歩2分にある京都御苑からスタート。
25歳まで京都に住んでいましたが、見に行くのは今回が初めて・・・。
ハッキリ言って京都人はあまり興味がないし、平日の昼間なことが多いので学生は学校があるため見れない・・・。
それでもすごい見物客でした。

初めての京都っぽい祭りの見物で、京都に戻ってきたことを少し実感しています。


qull at 15:09|PermalinkComments(0)日常 

2019年05月10日

事務所移転のお知らせ

IMG_3321

5月1日の令和を迎えると共に、事務所を移転致しました。

東京都でQull一級建築士事務所を立ち上げ、今年で15年。

東京では沢山の人と出会い、いくつもの作品を手掛けることができました。

15年という節目と共に、生まれ育った地元の京都に戻り、新たに再出発致します。

東京での今までの経験を生かし、京都で頑張っていきたいと思っております。

ホームページ等まだまだ更新できていませんが、取り急ぎこちらのブログにて、お知らせいたします。

新事務所 京都市中京区福屋町725-3階

2019年04月09日

呑川緑道

IMG_3306

今年の花見は「呑川緑道」へ。

我が事務所からすぐそばの自由通りから駒沢公園までの桜並木をぶらり。

桜のトンネルが延々と続く遊歩道。

なかなかの桜のスポットなのに、人気がないのか?、知られていないのか?、花見をしている人は少ない・・・。

上野や中目黒、千鳥ヶ淵など、都内屈指の桜の名所は人で溢れていますが、ここは桜を独り占めできるくらい、桜を堪能できる隠れた場所なのかも。

qull at 11:30|PermalinkComments(0)日常 

2019年03月15日

L型のフロントサッシ

P1020108

京都で進行中のリノベーションです。

1階のテナント部の写真。

角地という最大の武器を思いっきり利用する為、角地面にL型にフロントサッシを組み、大きな開口としました。
テナントとして貸す建物として、借りる側の一番の魅力は大きなガラス張りにすることだと思っています。
見せる店舗にしたい人には、ガラス張りを生かせるお店造りが可能ですし、見せたくない店舗では、フロストシートを貼ったり、ガラス面を大きなサインスペースとしても利用できます。

間も無く完成です。
どんな人が借りてくれるか?楽しみです!!!



2019年03月13日

2階専用階段

P1020105
P1020104

京都で進行中のリノベーションです。

今月末竣工に向け、工事は予定通り進行しています。

外壁のモルタル塗りが終わり、仕上げの塗装工事の真っ最中!!!
ジョリパット塗装のスーパーブラック!!!
真っ黒に仕上げます!!!

今までは、1階から3階まで内部階段を共用していましたが、2階のテナントの集客力を上げる為、2階専用の階段を新たに設置しました。

共用の内部階段では、事務所の様な用途のテナントしか需要がありませんでしたが、2階のテナント専用で外部階段とすることで、お客様を迎え入れるアプローチが明確になり、美容室や接骨医院、ネイルサロンにエステなど、新たな業種のテナントをターゲットにできる様になります。

大きなガラス張りと外部階段を新たに設置したことで、一段と魅力的なテナントビルに変身します!!!



2019年02月18日

京都で進行中です!!!

IMG_3280

京都で進行中のリノベーションです。

築33年の鉄骨3階建ての建物のフルリノベーション。
ほぼスケルトン状態まで解体し、給排水、ガス、電気もすべて引き込み直し、新しくしていきます。

1.2階をテナントとして貸し出し、3階に住まいを設ける計画。

現在はプラスターボードや置き床、大きくガラス張りとするフロントサッシの取り付けまで進行しています。

3月末完成予定です!!!

2019年01月01日

謹賀新年

IMG_3264

明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

今年も都内で新年を迎え、地元京都の雑煮で食べてスタートです!!!

qull at 17:14|PermalinkComments(0)日常 

2018年12月24日

クリスマスケーキ

IMG_3260

クリスマスイブということで、事務所にクリスマスケーキの差し入れ!!!

毎年恒例の「DALLOYAU」のノエルシャルム!!!

年に一度のケーキをホールで買うという贅沢の日です。


qull at 12:00|PermalinkComments(0)日常 

2018年12月23日

イルミネーション

クリスマスが近いということで、クリスマスイルミネーション!!!

今年は、品川シーズンテラスへ!!!

IMG_3239

東京タワーとのコラボがいい感じです!!!

そして、恵比寿ガーデンプレイスへ!!!イルミネーションのハシゴです!!!

IMG_3249

こちらは、沢山の人達で大賑わいです!!!

屋根のアーチが、恵比寿ガーデンプレイス感満載です。

奥に見えるのが有名なバカラのシャンデリア。

IMG_3251





qull at 09:32|PermalinkComments(0)日常 

2018年11月22日

アプローチの照明計画

P1020008

大田区で完成しました「R-STYLE馬込」。

長いアプローチの夕景です。
新設した片持ち屋根にダウンライトを一列に整列させ、壁面をライトアップさせる照明計画としました。
一直線上に光を演出させることにより魅力となり、欠点でもあった長いアプローチが、今ではこの建物の顔となりました。

qull at 17:29|PermalinkComments(0)R-STYLE馬込 

2018年10月02日

縁取ったアングル

P1010880

大田区で完成しました「R-STYLE馬込」。

竣工写真のご紹介のつづき。

長いエントランスアプローチを振り返ったアングル。

既存の三角天井で縁取って魅せるアプローチが、想像以上にいい感じに仕上がりました。

qull at 15:46|PermalinkComments(0)R-STYLE馬込 

2018年09月30日

竣工写真の撮影

P1010889

大田区で完成しました「R-STYLE馬込」。

毎日の天候不順で、なかなか撮影ができませんでしたが、週間天気予報とにらめっこしながら、やっとこの日がやってきました!!!

シロウトの私どもの撮影ですが、ちょっとづつご紹介していきたいと思います。

雲ひとつない青空と、塀まで覆い尽くす借景の緑も、このエントランスの大事なデザインの一部です!!!


qull at 18:13|PermalinkComments(0)R-STYLE馬込 

2018年08月17日

ステンレス切り文字サイン

P1010834

大田区で進行中の「R-STYLE馬込」。

いよいよ工事も最終段階。

館名が取り付きました。

ステンレスヘヤーライン仕上げの切り文字。

ポスト宅配ボックスのサイズに合わせ、質感も同じステンレスとすることで、館名もポスト宅配ボックスも、全体のデザイン構成の大事な要素となっています。

qull at 10:05|PermalinkComments(0)R-STYLE馬込 

2018年08月09日

壁紙工事

P1010829

練馬区で進行中の「練馬のリノベーション」。

内装工事業者さんによる壁紙工事が終了しました。

壁も天井も真っ白をセレクト。

一気にシンプルモダンな空間に変身です。

工事も終盤。

あともう一踏ん張りです!!!

2018年07月30日

システムキッチン

P1010822

練馬区で進行中の「練馬のリノベーション」。

システムキッチンの設置が行われました。

よくある対面式やアイランドタイプなどのオープンスタイルではなく、半個室的なキッチン室スタイル。
4.5畳の広さが、この家のキッチン室。
あえてオープンスタイルにしないことで、キッチンのゴジャゴジャ感をリビングから見えにくくする。
来客があって一緒に食事を楽しんでも、シンクにたまった食器類の後片付けも、見えにくくすることで、気を使わなくて済む。

オープンスタイルもいいが、本格的に料理作りを楽しむ方には、キッチン室スタイルもいいものです。

2018年07月25日

アルミ格子フェンス

P1010817
P1010812

大田区で進行中の「R-STYLE馬込」。

1階の窓の目隠しの為のフェンスが設置されました。
アルミ材の縦格子で、色はアルミ材そのもののシルバー!!!
既存の赤茶の外壁タイルとのコントラストを強調し、新しいものと、既存のものとの対比を楽しむデザイン。

エントランスの逆L字の黒い屋根に対し、アルミ格子の下の黒いコンクリート、そして上階の軒天をも黒くすることで、「黒」を横線状に連続させ、既存の赤茶の外壁タイルを今回のデザイン要素として、最大限生かしました。

いよいよお盆前には完成です!!!

qull at 15:19|PermalinkComments(0)R-STYLE馬込 

2018年07月18日

断熱及び壁ボード張り

練馬区で進行中の「練馬のリノベーション」。

地獄のような猛暑の中、現場の職人さん達は、汗だくになりながらも、頑張ってくれています。

壁の断熱工事が終了。

IMG_3138

引き続き壁のプラスターボード張りが進行しています。

P1010807

壁のボードが張られていくことにより、間取りが鮮明に見えてきました。



2018年07月10日

黒と白

P1010797

大田区で進行中の「R-STYLE馬込」。

エントランス工事が順調に進行中です。

黒いガルバリウム鋼板に黒いタイル、黒いH鋼材と、真っ白な塗り壁に真っ白なパンチングメタルで構成したデザイン。

既存の赤茶の外壁タイルとの対比で、引き立てる黒と白のモノトーンが目を惹きます。

まさにイメージパース通りに仕上がってきています!!!

P1010800

qull at 14:42|PermalinkComments(0)R-STYLE馬込 

2018年07月04日

天井工事

P1010788

練馬区で進行中の「練馬のリノベーション」。

天井の工事が進行中です。

今回のリノベーションは2階の工事は行なわわず、生活拠点をすべて1階とするリノベーションの為、全く断熱されていなかった建物に対し、1階のみを断熱し快適な暮らしが出来るようにする計画。
その為、通常行なわない1階の天井に断熱材を充填いきます。

断熱を敷き詰め、プラスターボードが張られていっています。

2018年06月28日

野縁と間柱

P1010784

練馬区で進行中の「練馬のリノベーション」。

大工工事が進行中です。

天井のボード下地となる野縁と間仕切りのボード下地となる間柱の造作の真っ最中!!!

平面レイアウトと各室のボリュームが徐々に見えてきました。



2018年06月25日

長いアプローチ

P1010781

大田区で進行中の「R-STYLE馬込」。

この建物の見せ場となる、長さ10メートル程の長い庇の造作が進行中です。

壁及び軒天の下地まで終了し、壁をスポット的に照らすユニバーサルダウンライトの穴の開口も開けられました。
既存のH鋼の塀のフレームの塗装も始まっています。




qull at 15:00|PermalinkComments(0)R-STYLE馬込 

2018年06月21日

外壁工事

P1010779

練馬区で進行中の「練馬のリノベーション」。

外壁工事が進行中です。

既存の外壁を剥がし、既存の柱は残しつつ、新しい間柱を入れ、構造用合板、透湿防水シート張りと進んでいきます。

床の合板の捨て張り工事も並行して進んでいます。