2005年12月

2005年12月30日

お餅

824fc5b5.jpg正月といえば、お雑煮ですよね!
写真のお餅は地元である京都の老舗の料亭のお餅です。
少し米粒が残ったままなのが特徴です。
京都を離れ関東に来てから、もう10年以上経ちます。しかし今でも、お正月のお雑煮は、白味噌とこのお餅での京都の雑煮を食べます。
小さいころから、この雑煮に慣れ親しんできたものだから、関東の雑煮だと、正月だなー!って思えないんです。わざわざ京都から送ってもらうんです。

この雑煮を食べて、来年もがんばるぞー!
って、まだ明日も仕事してるんだけどね。

qull at 17:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2005年12月29日

ワトコ

a10aa599.JPG床材の仕上げ及び汚れ防止に塗るものに、ワックスとオイルがあります。
違いがわからない人も多いと思います。
ワックスは床材の表面に膜を張る様になります。床材を塗料でラッピングするような感じです。艶も出ます。ラッピングされるので、水はじきがいいので、汚れ防止には最適です。
しかし、膜を張るという事は、床材の木の感触や風合い、温もりをもラッピングで封印してしまう事にもなります。
オイルというのは植物油をベースとしており、床材に染込ませるものです。染込ませる為、塗膜を残さず、木そのものの風合いを保ちます。木の呼吸を妨げず、調湿効果、木自体の深い味わいと温もりを感じさせます。フローリングの床に素足でというのが、気持ちいい!
しかし、ワックスに比べて汚れやすい。汚れたらすぐに拭き取らないと、汚れが浸透していきます。

どちらがいいのか?は私どもは言えません。そこに住む人の生活スタイル、住んでいる人の性格等、十分話し合いながら、決めていきたいと思っています。

qull at 14:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Qullのあれこれ 

2005年12月28日

用途地域

7b78d64b.JPG今日の東京は晴天です。事務所のバルコニーから見える空は雲ひとつない青空です。
ここ自由が丘には高い建物がありません。無いというより、建てられないんです。
建築を建てるにあたって、その地域ごとに用途地域というものが設定されています。ビルが建てられる地域や、工場が建てられる地域、風俗関係のお店が作れる地域等、この用途地域で決められています。
自由が丘はこの用途地域でもっとも厳しい「第一種低層住居専用地域」です。文字通り、低い建物で住宅専用の地域です。特例や駅前付近で無い限り、大きなお店を作ることもできません。特に東京23区は住宅密集地なので、さらに厳しい条件(太陽の光が各家にきちんと入る様、条例がある。)があります。しかしこのような条例があっても、日照条件のいい敷地というのは、なかなか無いものです。
厳しい条例の中、最大限に敷地を生かし、太陽の光が降り注ぐ家を作っていくというのが、僕ら建築家の使命であると思っています。

qull at 15:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2005年12月27日

フローリング

2e6e480f.JPG最近、無垢のフローリングを使った家作りが多くなりました。無垢の良さが一般的に浸透してきたなー!って感じます。
一昔前はコストは上がりますが、無垢のフローリングはいいですよー!って勧めても、ベニヤのカラーフロアーでいいよ。って、良く言われました。
最近はまず最初に、無垢のフローリングでー、珪藻土壁でーって言われます。
無垢を使うにあたって、怖いのが反りと痩せ、膨張です。慎重な材料選びが必要です。日本メーカーは安心ですが、今流行の輸入材は、不安があります。雨と湿気の多い日本に輸入材が対応しない事が多いからです。
最近は幅広な無垢のフローリングも人気があります。
私どもがお勧めするのは、5伉度にスライスした無垢板を合板材に張ったフローリングです。反りもなく、痩せ、膨張もない。だから、反り防止の為、ワックスやオイルを裏表塗る必要もない(コスト下る)。床暖にも使える。しかも、無垢と何も変わらない。
写真のフローリングは私どもがよく使う、デンマーク製のフローリングです。幅20cmと幅が広く、パイン、オーク、アッシュ、メイプルと4種類あります。
このフローリングにホワイトオイルを塗って!が最高です。

qull at 13:12|PermalinkComments(3)TrackBack(1) Qullのあれこれ 

2005年12月26日

ドラム式

ab7e539d.JPG最近日本製のドラム式の洗濯乾燥機が流行ってます。日本製は機能を重視して、斜めににたりしてます。
どんなに日本製が出来たからって、やはりドイツ製のミーレの洗濯乾燥機は今でも大人気です。
洗面化粧台の下に埋め込むことが多いのですが、そうすると、洗面台の高さが90cm位になってしまうのが、背の低い人やお子さんには辛い。通常の洗面台より10cm近く高くなっちゃうんです。
それでもいい!台に乗って使うからいい!って人も多数。さすが天下のミーレ様。

おしゃれに住む為なら多少の努力は惜しまないって事ですね。

qull at 16:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Qullのあれこれ 

オーブン

f6085f9c.JPG日本のシステムキッチンだと、オーブンがガスコンロの下にあることが一般的です。
海外に目を向けると、オーブンは目の高さの壁に設置されてることが多いんです。オーブンが2,3台並んで設置されている事も当たり前です。
これは日本と海外での料理方法が違うからなんです。やはり海外はオーブン料理がメイン。日本はコンロでの料理が多いからです。

最近、このウォールオーブンにしたい!っていう施主が増えてきました。
本当に料理の好きな人もいれば、オーブンをインテリアの一部として飾っておくだけという人もいます。
日本製のウォールオーブンは無く、ほとんどドイツ製になります。
やはりドイツ製はかっこいいー!性能もいい!

オープンキッチンが当たり前になってきて、キッチンもインテリアになってきました。このウォールオーブンがあるだけで、料理の上手なすてきでおしゃれな奥様って感じがしちゃいますよね。

qull at 15:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Qullのあれこれ 

2005年12月25日

ピンコロ

8d232aae.jpg普通、道路はアスファルトを敷くのが通常なのですが、自由が丘の街並の道路にこのピンコロがよく使われています。
ピンコロというのは、御影石を10cm角の立方体の大きさにカットして、地面に埋め込むものです。並べ方によって、いろんなパターンを作ることが出来ます。

アスファルトではなく、ピンコロを敷くことで、その街並に並ぶショップの表情もよりよく見えてきます。

普通、道を歩いている時って、地面がどうなってる?とか、どんな地面の上を歩いてるのか?なんて、気にすることなんて、ほとんど無いと思います。

雰囲気のある、街並を歩いている時、ふと気づいたとき、足元を見てみてください。
何か、新しいことが発見出来るかも。


qull at 11:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Qullのあれこれ 

2005年12月24日

クリスマスイブ

faecd49c.jpg今日はクリスマスイブですねー。
自由が丘の街は大賑わいですよ。
それを横目に我が事務所は仕事の真っ最中。
気分だけどもとケーキの差し入れ。
DALLOYAUのクリスマスケーキ。
ケーキなんて年に一回位しか食べないから、奮発して買っちゃいました。

今からいただきまーす!!!
ちょっとクリスマス気分を味わって、また現実に戻って図面書きがんばろ!

qull at 17:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2005年12月22日

プレゼン

b10bd986.JPG私たちの仕事は、現実にあるものをお見せして、お客様に納得して頂いて購入して頂く、ということが出来ません。打合せを重ねながら想像して頂き、判断してもらうしかないのです。
平面図や立面図だけでは、やはり一般の人は想像することは難しい。
私どもはできるだけ、一般の方が想像していただける様、様々な手法を取ります。

やはり一番わかりやすいのは、建築模型でしょう!
立体になってる分、非常にわかりやすいと思います。

最近はコンピューターソフトが充実してきて、完成予想パース等のデジタル的なプレゼンをとることが多くなりました。
模型は手間がかかります。ひとつひとつ手で作っていく。すごくアナログ的ですが、そのことで、また違った発想が生まれてくるんです。

qull at 17:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Qullのあれこれ 

2005年12月17日

御近所part3

3f05b306.jpg自由が丘といえば「スイーツ」です。
スイーツといえば、あの有名な「スイーツフォレスト」。
今でも沢山の人が来ています。

自由が丘がスイーツで有名なのは「スイーツフォレスト」だけど、あの超有名なパティシエの辻口さんのお店が自由が丘にあるんです。
「モンサンクレール」に「自由が丘ロール」。休日はいっつも長蛇の列です。
クリスマスはもっと凄いことになります。

やはり、有名なとこは美味しい!いいものはいい!いいものは並んででも食べたい!って事ですね。


qull at 16:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

御近所part2

033524a2.jpgここも自由が丘の名所になっている「LA VITA」というところです。
プロバンス風?の建物と人口の運河で異国の街並を再現した場所です。
入ってるショップに魅力がないのか?駅から少し離れてるから?なのか、よくわからないけど、人がほとんどいない!しかも夜は一年中クリスマスの様なイルミネーションが楽しめる。
ちょっとした穴場なんです。デートのお供にいかがですか?



qull at 15:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

御近所part1

5fa1014d.jpg私の事務所兼自宅があるのは目黒区の自由が丘です。
自由が丘駅から徒歩5分という好立地の賃貸マンションの一角です。

自由が丘のシンボルというと、何故か、この時計台なんです。
雑誌やメディアで自由が丘の紹介があると、必ずこの時計台が出てくるです。

この建物の一階に入ってる陶器屋さんに、あの愛子さま御用達の「ひよこのイラストの入ったお茶碗や湯のみ」が売ってるんですよ。

自由が丘にお越しの際は、是非この時計台の前で記念写真を!

qull at 15:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2005年12月15日

携帯電話

b896ddd1.JPGDOCOMO P701iDです。
デザイナーの佐藤卓さんがデザインされた携帯電話です。
この携帯電話をデザインされるにあたってのコンセプトが「デザインを削ぎ落し、携帯電話の原型に近づける」って事だそうです。
このコンセプトが今回の「ホワイトキューブ」と考え方が同じように思え、共感してしまい、発売日すぐに買いに行っちゃいました。

デザインというのは、シンプルなほうが、ゴテゴテしたデザインをするよりも、非常に難しいんです。ゴテゴテさせるというのは、色や形でごまかすことが出来ますが、シンプルはそれが出来ない。シンプルなだけに、細かなところまでこだわり抜かないと、シンプルとは言わないのです。

ホワイトキューブは細部までこだわっています。
建築に携わってない人は、そこまで細かく建物を見ることは無いと思います。ただ壁が白、ドアも白、だけでは、ホワイトキューブの様な空間は作り出すことはできません。細かなこだわりが、あのホワイトキューブの空間を演出しているのです。

qull at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

結婚式

a2810f31.JPG先日、友人の結婚式に出席しました。
場所は京都・東山にある「THE SODOH」でした。
「THE SODOH」とは日本画壇の巨匠の旧私邸をウエディングステージとして改築したところです。
80年程前に建てられた伝統の日本家屋にアジアンテイストとハワイアン等々で彩られています。
古きよきものに、まったく違うテイストをもってくる事で、新鮮でモダンな空間に演出されています。
新郎新婦のバックが自然の緑というのも、最高の演出です。写真には写ってないんですが、五重塔も新郎新婦のバックに見ることが出来ます。

私自身、建築という仕事に携わっていて常に思います。後世に残る様な建築を造っていきたいと。


qull at 18:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2005年12月08日

特等席

8c6cb75a.JPG私の特等席です。
いつもここに座って、プランやデザインを考え、図面を書いてます。
日中は南向きなので、明るくてとっても気持ちいいんですよ。徹夜明けは辛いけどね・・・。
またこの狭さがいいんです。なぜか狭いとこでないと、落ち着かないんです。いいものも書けなくなるんです。人って不思議ですよね。

人が快適だと思うのって、人それぞれ。家族だって意見が分かれる。特に意見が分かれるのは、旦那さんが自分の部屋をほしがるか?どうか?
私はどうしても自分の部屋がほしい!例え2帖しかなくてもほしいタイプなんです。
やっぱり、一人になれる空間がほしい!
「人は一人の時間を大切にしてこそ、家族や仲間を大切にできる。」と勝手に思ってます。
違うなー!って言う人もいます。

家作りって、住む人によって、また一緒に住んでいる家族もまた、求めるものが違う。
家を作るのは難しく大変な事。
生みの苦しみがあってこそ、いいもの、喜んでもらえるものができる。だから楽しい!
家作りを仕事にして、本当によかったと実感しています。


qull at 17:52|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日常 

12月です。

7e568489.jpg今日でホワイトキューブがグランドオープンしてちょうど二ヶ月が経ちました。
沢山の人に来場して頂き、沢山の意見を聞かせて頂き、いい勉強になったと思っています。今後の設計に生かし、もっともっと良いものを作っていきたいと思っています。

盛岡にも雪が降り、すっかり冬になりました。
冬は寒くて余り好きではないけど、冬は美味しい食べ物が沢山あって、楽しい季節でもありますよねー!
鍋やカニ、カキもいいですよねー!僕の一番の好物はやっぱり、寒ブリですねー!「寒」という字が付くくらい、冬の食べ物って感じが好きなんです。

今度盛岡行った際には、寒ブリ食べよーっと!

qull at 17:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトキューブ