2007年12月

2007年12月30日

ストリップ階段

b18f037a.JPG蹴込板のない階段をストリップ階段といいます。

主に3階建て等の住宅の2階から3階に上る階段に計画します。

蹴込板が無いため、光が通りやすい。

日照を確保しやすい3階から1階に光を落とすことが、最大の目的です。

qull at 10:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 京町屋の家 

2007年12月29日

赤い車の為の家

407a69e5.JPG赤いクラッシックカー。

お施主様の宝物。

赤い車がこの家の主役。

だから家は脇役。

しかし脇役が引き立たないと、主役も引き立たない。

建物は白と黒のモノトーンで構成。

赤が引き立ち、そして、モノトーンも引き立つ。


qull at 17:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 京町屋の家 

2007年12月28日

1階立上り2階床コンクリート打設

440b274e.JPG天気予報では、午後から小雨模様の本日、1階立上り2階床のコンクリート打設を行いました。

コンクリート打設は、午前中で終了予定の為、雨が終了まで降らないことを祈りながらの開始でした。

しかし、この現場は幸運にも天気に恵まれているのか?午後になっても雨の降る気配無し。
日ごろの行ないがいいのか?どこかに晴れ男がいるのか?天気予報が大嘘つきなのか?雨が降らない!

今年最後の神様からのプレゼントなのかも・・・

今年の工事は本日で終了です。

現場監督、職人の皆様、お疲れ様でした。

良いお年を! 来年も無事故で頑張りましょう!

qull at 18:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0) ホワイトベース 

コンクリート試験の写真

f807eedf.JPGコンクリートの打設時に、現場に搬入されているコンクリートが、設計計画通りのものかどうか?の試験を現場にて行います。

施工会社からコンクリート打設後の後日、写真提出してもらい、写真にて確認するという監理方法を取られる設計事務所も多い。

しかし、私どもは、必ずコンクリート試験に立会い、キッチリと、正確に試験が行われているかを目の前でしっかりと確認しています。

立ち会ったという証拠として、私本人がコンクリート試験結果と共に、写真に写ることを、義務とし、最終的に施主様に監理報告写真としてお渡ししています。


qull at 18:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

2007年12月27日

自慢のドライエリアの上部

55c2a8b7.JPGホワイトベースの自慢のドライエリア。

ドライエリア上部も、同じ幅で壁を立ち上げていきます。

谷底をイメージしたドライエリア。

サポートが綺麗に並んでいる様も、なかなかの圧巻です。

qull at 14:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

2階床配筋検査

868f9024.JPG明日のコンクリート打設を控え、本日は構造設計家立会いの下、配筋を行いました。

今日は天気が良く、ポカポカ日和。

2階は日当たりが良く、気持ちいい中の検査となりました。

この2階がリビングとなります。

日当たりのいい、気持ちいいリビングになりそうです。

qull at 13:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

2007年12月26日

コンクリート打設準備

b1cd1216.JPG28日のコンクリート打設に向けて着々と準備が始まっています。

1階部分にサポートが建ち並び、ワイヤーブレースが取り付けられていきます。



qull at 11:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

2007年12月25日

2階床配筋

64a48908.JPG2階の床の配筋がスタートしました。

明日まで終了させて、27日に配筋検査を行い、28日にコンクリート打設となります。

週間天気予報は金曜日までは、雨の降る予定なし。

コンクリート打設が今年最後の工事。お正月にゆっくりと、コンクリートを養生します。

qull at 16:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

2007年12月24日

クリスマスケーキ

e1e3b9bb.JPG今日はクリスマスイブ。

毎年恒例の「DALLOYAU」のクリスマスケーキを事務所に差し入れ。

スイーツの街と言われる自由が丘には、沢山のスイーツのお店があります。

私自身のナンバーワンはやはり「DALLOYAU」。

なんてったって生クリームが絶品!

年に一度の贅沢です。



qull at 10:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2007年12月23日

チンドン屋

ef3a7201.JPG私どもの事務所がある、自由が丘の街は明日に控えたクリスマスイブに向けて、クリスマスムード一色!

そこに何故か?チンドン屋の行列が・・・・・・

「縁日横丁」というイベントが本日開催中なのだそうです。

「むかしの値段で売っています」をキャッチコピーに、コロッケやポップコーン、綿あめがなんと10円!!!

やはりすごい行列!思わず並んで、コロッケ3個ゲット!

亀屋万年堂のナボナも、昔の値段で売ってます。



qull at 13:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2007年12月22日

2階床型枠

d491d18a.JPG2階の床の型枠工事に入りました。

1階部分のボリュームが見えてきました。

北側の高度斜線の関係で、北側の高さが制限されている為、2階リビングの空間を優先し、1階の階高を低く構えました。

1階を低く構えることで、建物の重心が低くなり、建物のデザインとして、安定感をもたせています。



qull at 16:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

2007年12月21日

ガラス張りの洗面室

04bb012c.JPG賃貸住宅の提案です。

15帖のワンルームスタジオタイプの間取りに、ガラス張りの洗面室が隣接しています。

部屋から洗面室及びトイレが丸見え!

一人での入居を想定してのプランでしたが、実際は恋人同士や若い御夫婦が入居。

入居順番待ちも出来たほどに、人気の物件になりました。

オーナー様も大喜び。

賃貸だから出来るプランだからこそ、こういう部屋に賃貸だからこそ住んでみたい!って人が多いことに、ますます自信がわきました。

qull at 15:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ボランタス世田谷 

2007年12月20日

ニッチ

af436daf.JPG「ニッチ」とは日本語で直訳すると「すきま」という意味です。
通常、壁を作るには、柱の両面に石膏ボードを張り、壁を構成していきます。
その為、柱の厚さ分、壁の中に空洞が出来てしまいます。
外壁まわりは、その空洞に、断熱材を入れたりしますが、部屋間の間仕切り壁は空洞のままです。
その空洞を利用して、壁に凹みを作り、照明を組み込んで、ちょっとした飾り棚を作ることをニッチと言います。

私どもは、よく階段の途中や踊り場に、ニッチを計画します。
階段の照明計画は非常に難しく、天井に付けると、電球交換が天井が高すぎて出来ない。
壁にブラケットタイプの照明を付けると、上り下り時に邪魔になる。

ニッチは凹んでいる為、邪魔にもならず、電球交換も容易で、ちょっとした階段の演出効果もあり、よく提案させて頂いています。

qull at 15:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトキューブ 

2007年12月19日

止水板+コーキング

c2c9b62e.JPG地下のコンクリート打ち継ぎ部にも設置した、止水板を1階の床のコンクリート打ち継ぎにも設置します。

写真で見える、緑色の目地材は、コンクリート打設後、取り除き、溝となった部分にコーキング材(初めはネバネバしていて固まるとゴムの様になる。)を入れ込みます。

止水板とコーキング材のダブルストッパーで、コンクリートの打ち継ぎから進入してくる雨水を、シャットアウトする作戦です。

qull at 17:34|PermalinkComments(1)TrackBack(0) ホワイトベース 

1階立ち上がり型枠

c91c138a.JPG1階立ち上がり型枠工事が順調に進んでいます。

コンクリート化粧打ち放し部と最終的に白く仕上げる所は、使う型枠が違うため、現段階で間違っていないかどうかの確認をします。

qull at 16:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

2007年12月18日

玄関に和室

497c7f18.jpg玄関ドアを開けると、すぐ目の前に半オープン和室があります。
和室の奥には、パティオも見え、玄関を入ると、視覚的に広く感じる手法を取り入れています。
パティオが真南なので、玄関も明るく、とても気持ちのいい空間です。

qull at 12:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 空を感じる家 

2007年12月17日

配筋の現場写真

8f300c59.JPG配筋は構造上非常に大事な要素となります。

配筋が終わり、型枠を組んで、コンクリートを流し込んでしまうと、配筋は見えなくなってしまいます。

どの様に配筋したかを、記録に残すため、すべての箇所で写真を撮ります。

写真でも寸法が確認できるように、大きな数字の書いた定規を設置し、撮影場所、鉄筋寸法、ピッチ等を書き込んだ、黒板を置き、一緒に撮影します。

配筋だけでは無く、いろりろな工事内容の撮影がなされ、何百枚もの写真となります。

この写真は、工務店にしっかりと保管され、引渡し時には、施主にもお渡しします。



qull at 19:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0) ホワイトベース 

1階立ち上がり配筋検査

17dbe3f6.JPG本日は、構造設計立会いの下、1階立ち上がり配筋検査を行いました。
大きな問題も無く、無事終了。

内側の型枠と取付が始まり、その後2階床の型枠が始まります。

qull at 19:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

2007年12月16日

秘密基地

2c56dfcb.jpg畳2帖分しかない、小さなスペース。

御主人専用の部屋なのです。

家族でも、入室は厳禁。

男とは、子供の頃から、そして大人になっても、秘密基地が好き。

狭い所ほど、ワクワクしちゃいます。

qull at 18:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 空を感じる家 

2007年12月15日

オリジナルAVボード

ce0bff32.jpgプラズマや液晶テレビをリビングに設置する際、壁に取り付けるか?AVボードに設置するか?ということになります。
最近は周辺機器が増え、DVD、CD、ゲームソフトなどの収納に、困ることが多くなってきました。
既製のAVボードもいろいろと、いいものがありますが、私どもはオリジナルのAVボードを提案させていただいております。
この世でただひとつだけの、自分専用のAVボードを前に、映画や音楽を楽しむ。そんなくつろぎ方の提案です。


qull at 18:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 空を感じる家 

2007年12月13日

1階型枠スタート

1639848d.JPG1階の型枠が始まりました。

コンクリート化粧打ち放し用型枠のパネコートのオレンジ色がとても綺麗!

コンクリート化粧打ち放し好きの、私としては、このオレンジ色を見るだけで、ワクワクしてきます。

しかし本日は雨・・・・

降りが激しくなってきたので、本日は工事中止。

ホワイトベースの工事が始まって、一ヵ月半。

初めて、工事中止ほどの雨が降りました。

週間天気予報では、明日から晴天つづき。

予定通り、工事が進みそうなので一安心です。

qull at 17:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

2007年12月12日

寝室の照明計画

b4e9e413.jpg寝室は天井を向いて過ごすことを前提に考え、目に直接光が入ってくる様な、照明の配置は行わないように、心掛けています。

寝室という空間を大事にし、癒しとくつろぎをもたらせてくれるものは、やはり間接照明。

調光可能とし、光の強弱で、その日の気分に合わせた演出が、結構気持ち良いものです。

qull at 16:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 空を感じる家 

2007年12月11日

外回りの配管

14274758.JPG通常、外回りの配管は、建物が完成し、外構工事と一緒に行う事が多い。

しかし外壁が仕上がってからでは、土を掘り起こして配管する為、せっかく綺麗に仕上がった外壁が汚れてしまう。
一度汚れてしまうと、清掃や補修しても、完璧に元通りの綺麗さには戻りません。

今の時点で配管しておくことが、建物を綺麗に仕上げる為の大切な事だと思っています。



qull at 17:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

地下型枠解体

6a3c60ea.JPG地下の型枠の解体が始まりました。

一発勝負のコンクリート打ち放し部が綺麗に出来ていて、ホッと一安心。

自慢のドライエリアの全貌が徐々に見えてきました。

qull at 16:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

2007年12月10日

市松模様

ff8e6d27.JPG30cm角のコンクリートの平板ブロックを等間隔に並べ、間に芝生を敷き詰めた、外観計画。

パターン化された模様が、さりげない主張で、建物の脇役として、活躍しています。

なんでも遊び道具にしていしまう、お子様の、今一番の遊び相手にもなっています。


qull at 12:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトキューブ 

2007年12月09日

堀コタツ

1a6cb6b4.JPG最近の住宅では、ほとんど見なくなった「堀コタツ」。

施主さんのリビングでの過ごし方を、話し合っている最中、思わず「堀コタツ」は?と冗談半分で提案したところ、施主さんは「おもしろい!!!」って絶賛!
「掘コタツ」計画がスタートしました。

完成し、いざ堀コタツに足を入れると、これがまたなんともいえない、心地よさ!
椅子やソファーとは違い、床に座ると目線が低くなり、窓から空が良く見える。

やっぱり日本人。コタツは気持ちいいものです。


qull at 09:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 京町屋の家 

2007年12月08日

コンクリート押さえ

8562a430.JPGコンクリートが流し込まれたら、左官屋さんの出番です。

大きなコテを使い、抜群の職人技で、平らにしていきます。


qull at 18:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

地下立ち上がり及び1階床コンクリート打設

24b6a3d3.JPG本日も晴天。コンクリート打設には最高の日和となりました。

地下立ち上がり及び1階床のコンクリート打設。

コンクリートは一発勝負。失敗は許されません。

生コン車に、ポンプ車。コンクリート打設専門の職人はもちろん、型枠大工に、電気屋さん、工務店の若い監督まで、総動員でコンクリートと格闘!

壁、梁の隅々まで、コンクリートが行き渡る様、バイブレーターや木づちで、コンクリートを誘導。








qull at 18:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

2007年12月07日

サポートジャングル

b5b8daa3.JPG明日のコンクリート打設準備に入っています。

コンクリートの圧力に負けないよう、単管サポートで型枠を押えます。

まるでジャングルの様な状態です。

qull at 14:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

1階床板配筋検査

1a9a3164.JPG本日、1階床板の配筋検査を行いました。

構造設計家が図面を参照に、現場状況をひとうひとつ確認しています。

配筋工事責任者が、構造設計家の質問や指示等に対応。

その場で指摘の部を手直ししていきいます。

本日も大きな問題もなく、無事合格。

明日、コンクリート打設を行います。

qull at 14:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

2007年12月06日

可動収納

0d33b116.JPGキャスターを付け、自由な場所に、手軽に動かすことが出来る収納の提案です。

写真は賃貸マンション。

間仕切りのない、20帖の長方形のワンルーム。

可動収納を、間仕切り代わりに、好きなところに移動。

壁面に向ければ、壁面収納にも・・・・

決まった部屋の大きさの中で、どの様に住むのではなく、住む人が、自分のライフスタイルに合わせて、部屋の大きさや、形を変えていく。

そんなスタイルの提案です。


qull at 18:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ボランタス世田谷 

2007年12月04日

パイプサポート

34b59cac.JPG地下室の型枠工事も順調に進行し、終盤を迎えようとしています。

フォームタイと言われる、型枠締め付けボルトを取付け、パイプをはめ込んでいきます。

コンクリートを流し込んだ時の圧力や、重量に負けないよう、しっかりとサポートしていきます。

コンクリート内部に埋め込まれる、電気配線用空配管や、換気扇、給排水設備用のボイド管が図面通り設置されているかをも確認。

今回はセコムも入るため、セコム工事担当者も立会い、最終確認を行いました。

明日から、床の配筋工事が始まり、土曜日のコンクリート打設予定。

週間天気予報では、雨の降ること無し!

なんだか怖いくらい、天気が味方してくれてます。



qull at 18:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

2007年12月03日

富士山

a3a80629.JPG我が事務所の、年に一度の社員旅行。

今年一年の健闘を称えてのご褒美。

今年は河口湖。雄大な富士山を眺め、心も体も癒されに行って来ました。

気になっていた天気も、幸運にも晴れ。

宿泊した部屋からも、露天風呂からも、富士山を一望!一日中富士山三昧!

かちかち山ロープウェーに乗り、山頂へ!

添付の写真は、山頂からの富士山。

あまりの美しさに、感無量!






qull at 16:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Qullのあれこれ