2008年02月

2008年02月29日

アクアライン

4abb6cec.JPG設計相談の依頼を受け、千葉県木更津市に行くことなり、どの様なルートで行くことが良いのか模索していたところ、品川から木更津まで、アクアラインを通る高速バスを発見!

独立を考え、相棒でもあった、フィアットパンダを、維持費の関係上、泣く泣く手放してから、車の運転から遠ざかってしまい、すっかりゴールド免許。

アクアラインは今回初めて!良い天気で気持ちイイーーー!

しかし、高速バスではなく、一度だけでも、相棒のパンダと走ってみたかった・・・・・


qull at 13:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2008年02月28日

鉄骨階段

5ec0a33b.JPG1階から2階に上がる鉄骨階段が設置されました。

稲妻型と呼ばれるササラがカッコイイー!

地下に光を取り込める様に、ストリップ階段(蹴上板無し)とし、踏板部分は写真で見える鉄板の上に集成材の木板を取り付ける階段デザインです。

qull at 18:37|PermalinkComments(1)TrackBack(0) ホワイトベース 

全開口サッシ

d4e12420.JPG2階リビングのこだわりのアイテムのひとつでもある、全開口サッシが取り付きました。

全開口サッシとは、折戸形状でサッシ部すべてが開口します。

ホワイトベースではこの全開口サッシを贅沢にもL型に設置。

開口した時の開放感は格別です。

qull at 18:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ホワイトベース 

2008年02月27日

フットライト

c4e44486.JPG私どもは、階段の照明計画にフットライト(足元に付ける照明器具)を採用することが多い。

足元が照らされ、階段に陰影ができて、段差が明確に見える。

天井や壁からの照明が無く、このフットライトのみでも、十分照度が確保できる。

暗いところから、いきなり照明が点くと、目がくらむ場合もあり、階段では非常に危ない場合もあるので、「階段室は、あまり明るくないほうがいい」と提案させていただいています。


qull at 12:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトキューブ 

2008年02月26日

屋根工事完了

213d2214.JPGガルバリウム鋼板の屋根工事が終了!
屋根工事中は雨が一切降りませんでした。

なんて天候に恵まれた現場なんだろう・・・

今日はこれから雨の予報。

どんだけ雨が降っても安心です。



qull at 15:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0) ホワイトベース 

トップライトも顔を出す。

48967e8b.JPG屋根型枠解体が終わり、トップライトも顔を覗かせました。

やっぱ、トップライトっていいなーーー!!!

qull at 15:28|PermalinkComments(1)TrackBack(0) ホワイトベース 

屋根型枠解体

97cd7ecf.JPG本日、待ちに待った、屋根型枠解体が予告通り行われました。

2階リビングの全貌が!!!!!

天井が高ーーーーーーい!!!!

なかなかの開放感に大満足です。

qull at 15:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ホワイトベース 

現場発泡ウレタン吹付け

45f7690f.JPG地階のみ断熱工事が完了。

現場発泡ウレタン吹付け断熱です。

断熱材にもいろいろありますが、鉄筋コンクリート造の内断熱工法として、一般的に多く使われている断熱工法です。

現場にて、吹付けにての施工方法です。
板状の断熱材と違い、現場吹付けの為、隙間無く、断熱が行える為、気密性は非常に高いものです。

床壁天井共に断熱しているところは、雪のカマクラの中にいる様な感じです。


qull at 15:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ホワイトベース 

2008年02月25日

ラッキーにも玄関に石貼

481556f5.JPG畳半畳分しかない玄関。

当初は予算の関係上、安めのタイルの計画でした。

施工を御願いしていた工務店が、前の現場で施工した石材が数枚余ったと聞き、安めのタイルの予算内で、余った石を貼ってもらいました。

通常、工務店は、ロス分を考え、余分に材料を発注しています。だから、どうしても材料が余ってしまい、ただ捨てるだけ。

今回のように、小さなスペースなら、余った材料内で施工できる場合があります。

安いタイルが、豪華な石になる。

ただそれだけで、玄関が豪華になる。

これもローコストで家を作るための、ひとつのアイデアです。

qull at 19:20|PermalinkComments(1)TrackBack(0) ボランタス世田谷 

2008年02月23日

タマゴ?

22d25f7d.jpgタマゴ?

いえいえ、タマゴの形をした、フックです。

お子さんの幼稚園のカバンや、黄色い帽子を掛ける為のフック。

遊び心と、お子さんに、幼稚園から帰ってきたら、キッチリと掛けるということを、教える為に奥様がセレクトされたフックなのです。

qull at 14:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Qullのあれこれ 

2008年02月22日

がんばる左官屋さん

a71e21ab.JPG外壁を、真っ白に仕上げる為に、外壁をツルツルにしなければなりません。

薄塗り用のモルタルを、何度も塗り重ね、しごいていきます。



qull at 18:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

窓枠材

dd48f28f.JPG窓の下枠の写真です。

写真を、じっくり見て頂きたい。

先端が、斜めにカットされているのが見えると思います。

何故斜めにカットするのか?

それは、枠材を薄く、シャープに見せたい!

ただそれだけの為です。

それだけ?と思われますが、カッコイイ家にするには、こんな小さなことまでこだわるんです。

この小さなこだわりの積み重ねが非常に大切なのです。



qull at 18:24|PermalinkComments(1)TrackBack(0) ホワイトベース 

ガルガリウム鋼板屋根

8017fd6a.JPG屋根工事が進行しています。

ガルバリウム鋼板のタテハゼ葺きという工法。

鉄筋コンクリート造なので、防水屋根でも?という、選択もありますが、耐久性や信頼性は、やはり、ガルバリウム鋼板で葺くことです。

ガルバリウム鋼板の屋根にも、瓦棒葺きや、平葺き等々、沢山の工法がありますが、私自身が一番信頼している工法が、タテハゼ葺きです。

釘を一切使わずに施工していく事が、屋根にとって一番大切なことです。

qull at 18:18|PermalinkComments(1)TrackBack(0) ホワイトベース 

置き床

45c9ccb1.JPG規則的に並ぶ、プラスティックの物体。

一見、異様な光景です。

これは、置き床工法と呼ばれるもので、このプラスティックの上に合板を張り、その上にフローリング材を張り、仕上げとなります。
地下1階は、床にまで、吹付け断熱を行います。

明日は吹付け断熱工事です。

現場は、一切立ち入り禁止にしての作業となります。

qull at 18:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

2008年02月21日

天井下地

66d2ffed.JPG駐車スペースやバルコニーの下にある部屋の天井には断熱材を吹き付けます。

断熱材吹き付けの後に、天井ボートを張り、仕上げを行います。

その天井ボードを取り付ける為の下地を、断熱材を吹き付ける前に取り付けます。

断熱材の吹付けは23日の土曜日の予定です。

qull at 14:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

外壁シゴキ

97d354a8.JPGホワートベースの外壁は、コンクリート化粧打ち放し部と、真っ白に塗装する部分があります。

真っ白に塗装するところは、薄塗り用のモルタルで、コンクリート面を平らにし、さらに、シゴキという行為を行ない、ツルツルに仕上げます。

ツルツルに仕上げた面に、真っ白な塗装を行ないます。

qull at 09:26|PermalinkComments(1)TrackBack(0) ホワイトベース 

圧縮強度報告書

56927528.JPG2階の立上り及び屋根のコンクリート打設から2週間が経ち、コンクリート打設時に試験用として採取したコンクリートの圧縮試験を行いました。
この圧縮強度を確認することにより、現場のコンクリートも同じ強度があることを示します。
報告書にて、予定通りの強度が確認。
あと1週間、コンクリート養生を行ない、2月26日に、2階のサポートを解体します。

解体が終われば、待ちかねた、2階のLDKの全貌が見れます。・・・楽しみです。

qull at 09:19|PermalinkComments(1)TrackBack(0) ホワイトベース 

2008年02月19日

憧れのキッチン五点セット

ad914669.JPGミーレの食器洗浄機。

AEGエレクトロラックスのオーブンレンジ。

グローエの蛇口にシーガルフォーの浄水器。

そして、ロジェールのガスコンロ。

憧れの五点セットすべて導入した特注製作キッチンです。

qull at 14:32|PermalinkComments(1)TrackBack(0) Qullのあれこれ 

2008年02月18日

ネコちゃん室

2acf3fa8.jpg10匹以上のネコと一緒に生活されているお施主さんの住宅。

ネコちゃん専用の部屋。

写真に見える梁は構造でもなんでもない、ネコちゃんの為の梁。

その梁に登るための専用階段付き。

奥に見えるは、収納棚ではなく、5段ベット。

6帖の広さに、エアコンも完備。

遊び場たっぷりの快適空間に、ネコちゃん達は、大はしゃぎしてます。

qull at 17:05|PermalinkComments(1)TrackBack(0) Qullのあれこれ 

2008年02月17日

グレーチングのバルコニー

46f4becb.JPGスノコ状のバルコニーや、グレーチングのバルコニーは、建ペイ率に含まれるのか?どうなのか?と良く聞かれます。

一昔前は、建ペイ率には含まれません!と言い切れましたが、最近は各行政や民間の審査機関により、見解が変わってきています。

跳ね出しではなく、柱等があれば、すべて建ペイ率に含みなさいと言うところもあれば、2mまでは含まないとか、まったく含まないと言うところもあり、計画する場合は必ず、確認をしています。

建築基準法や安全条例は、読む人によって、全然違った見解がなされ、同じ建築審査課でも担当者によっても違っていたり・・・・

しかし、建築基準法を武器に、狭い敷地でも、より大きな容積が取れるように日々戦うことが、我々の使命なのです。


qull at 17:35|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 京町屋の家 

2008年02月16日

階段ササラ板

dcd5c135.JPG屋根工事が終わり、大工さんの内部工事が始まりました。

コンクリートの外部面に断熱材を吹き付けるため、断熱材を吹く前に、取り付けが必要な工事から取り掛かります。

先ずは階段の踏板を取り付ける、ササラ板の取付。

今回の階段のデザインが、ササラ板を見せないデザインの為、ササラ板をギザギザにカットし、壁面に取り付けます。

qull at 18:42|PermalinkComments(1)TrackBack(0) ホワイトベース 

トップライト

a055d9ed.JPG今日も快晴!

屋根の合板張りが終了し、トップライトの取付も終了。

トップライトは、アルミやスチール製では、結露が非常に発生しやすい為、結露の発生が少ない木製サッシを採用。

電動で開閉が可能であり、電動で操作できるブラインド付きの優れもの。

トップライトは夏場は暑い為ブラインドは絶対の必需品です。

qull at 18:35|PermalinkComments(1)TrackBack(0) ホワイトベース 

2008年02月15日

秘密基地パート2

1343ebe2.JPG御主人専用の書斎。

畳3帖程のスペースに、造り付けのデスクと本棚の完備。

家族との団欒が一番大切。

しかし、誰にも邪魔されず、好きな本を読んだり、趣味に没頭できる自分専用の部屋があると、やっぱり嬉しいものです。

qull at 15:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Qullのあれこれ 

2008年02月14日

サッシの搬入

42e251f3.JPGサッシが現場に搬入されてきました。

シルバー色です。

これから、順番に取り付けていきます。

qull at 15:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

2階立上り型枠解体

ee5f5c5a.JPG2階の立上りの壁部の型枠の解体が終了。

しかし、まだ天井は養生中の為、サポートは乱立してます。

早く天井の型枠を解体して全体像を見たい!!!

しかし、ここは辛抱・・・しっかりコンクリート養生させます。

お楽しみは、後ほどに・・・

qull at 15:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

屋根下地構造用合板張り

83d27808.JPG晴天!青い空が気持ちいい中、大工さんが、屋根の合板張りが進行中です。

青く見える断熱材の上に合板を張っていきます。

週間天気予報では、雨の降る予定無し。

今のうちに屋根を仕上げてしまいます。

qull at 15:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

2008年02月13日

低価格の照明器具に一工夫。

beb1eea7.jpgボール球の電球にソケットのみのシンプルで簡易的な照明器具。

1台電球付きで、定価で1500円。仕入れ価格は1000円以下の照明器具。

この照明器具をただ単に、取り付けるのではなく、ちょっと一工夫。

取付箇所の壁を四角く凹ませ、そこに取り付け。

丸い電球が光り、凹んだ四角い部分も四角く光る。

低価格のなんでもない照明器具が、ちょっとおしゃれな照明器具に変身しちゃうんです。

qull at 11:43|PermalinkComments(1)TrackBack(0) Qullのあれこれ 

2008年02月12日

ガラス床の下地

24303b58.JPGガラス張りの床部に、鉄骨の下地材が取り付きました。

赤茶に見える部分です。赤茶は錆止めで、後から、白く塗装予定。

床用ガラスの取り付けは、工事終盤の為、床の無い状態では、落下の危険性があり、下地材のみを先に取付、合板でふさぎ、他の工事の支障が無い様、仮床を設置。

qull at 14:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

屋根断熱

e8e23a73.JPG本日から、いよいよ大工さんの登場です。

先ずは、雨が室内に入り込まない様に、屋根からスタート。

屋根に垂木を打ち、間に断熱材(今回は押出発泡ポリスチレンフォームを採用)をはめ込み、太陽の熱を遮断します。

断熱材の上に、構造用合板を張り、ガルバリウムの屋根材を葺く作業に進んでいきます。

qull at 13:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

2008年02月11日

自分の家から自分の家が見える。

a7f26189.JPG寝室の窓から、子供室の窓が見える様に計画。

南東にパティオを設け、平面計画をL型にすることで、可能となりました。

自慢の家を自慢の家の中から見る。

自分の家を、自分の窓からの景色に取り込む。

窓越しに、子供たちの気配を感じ、子供たちも同じようにお父さん、お母さんの気配を感じられる家。


qull at 11:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトキューブ 

2008年02月10日

可動式アルミルーバー

96404b81.jpg4.5帖程の広さしか無い、プライベートパティオです。

壁で完全に囲んでしまうと、圧迫感を感じ、光も取り込みにくくなることを考え、壁を角度が自由に変えられる、可動式のアルミルーバーを採用しました。

プライバシーを守りたい様なパティオの使い方(お風呂上りのパンツ一枚での夕涼みや、窓を全開放しての入浴)などの時は、ルーバーの羽を閉め、光や風を感じたい時などは、ルーバーの羽を開くなど、様々な要素に合わせて、自由自在に対応してくれる、楽しくて心強いアイテムです。

半既製品なので、価格もお手ごろなのが嬉しい!

写真は、パティオに立ち、空を眺めているところです。

qull at 15:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 空を感じる家 

2008年02月09日

かっこいい玄関ドア

ffd54023.JPG最近の各メーカーの玄関ドアは、「頑張ってデザインしてます!」って感じで、デザインが非常にうるさく感じるデザインのものが多い。

通常、私どもはスチールやステンレスで特注製作した玄関ドアを計画するのですが、価格や機能、断熱性能は、やはり、メーカー品のほうが優れている。しかしデザインが・・・・・

しかし、私どもで唯一、カッコイイと思うのが、写真にある玄関ドア。
ハンドル、鍵穴がドアと一体となったデザイン。
室内側のハンドルは本革仕様!

価格は少し高めですが、私自身、気に入っているアイテムの一つです。

qull at 12:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトキューブ 

2008年02月08日

静かに・・・

eb8564eb.JPGコンクリートの打設が先日終了し、只今、コンクリート養生中。

現場はひっそりと、コンクリートを固めています。

qull at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

2008年02月07日

夕日を楽しむ

569252dd.jpg西側に設けた、天井勾配に合わせた三角形の窓。

青空を楽しみ、夕日を楽しむ。

太陽の動きに合わせ、室内に入り込む夕日も動く。

動きに合わせ、時を教えてくれる。

季節によって射し込む夕日の違いが、また楽しい。

qull at 11:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 空を感じる家 

2008年02月06日

2階立上り及び屋根コンクリート打設

a2744ddb.JPG気温2℃。寒い・・・・

小雪が降る中でのコンクリート打設を行いました。

環状7号線が朝から道路工事行っており、大渋滞。

ミキサー車も渋滞に巻き込まれ、30分遅れのスタートとなりました。

気温が高いと、コンクリートは時間との勝負。

しかし今日は気温も低いので、安心して監理できました。

qull at 13:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

2008年02月05日

小さくても南側の吹抜

5d4b5a11.JPGリビングの採光を考える時、出来るだけ南側の開口を確保したい。

私どもは、上階に計画する寝室や子供室の部屋の広さを削ってでも、南側に吹き抜けを作り、採光を確保する提案をさせて頂いています。

小さくても、幅が狭くても、南側に吹き抜けがあるのと、無いのとでは、光の入り方が違ってきます。

リビングを中心に家作りを考えておられる方は、他の部屋を犠牲にしてでも、南側の吹き抜けを御検討して頂きたい。

qull at 14:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 京町屋の家 

2008年02月04日

構造体を見せる

c13e4ae2.JPGあえて、室内に鉄骨の構造体を見せるデザイン。

構造美の美しさを、室内のインテリアの一部に加える。

壁と同色にし、構造体自体は主張はさせず、さり気なく、見せる。

柔らかで温かみのある空間の中に、力強さを兼ねそろえる。

qull at 13:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 京町屋の家 

2008年02月03日

イメージイラスト

bb4ae24d.JPGホワイトベースの外観のコンセプトイラストです。

こんな感じの住宅が5月に完成致します。



qull at 18:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース 

2008年02月02日

テレビを収納する

3ab49edc.JPG最近は、液晶やプラズマといった薄型テレビが一般的になりました。

テレビがリビングの中心であり、インテリアの一部となっています。

私どもの提案として、テレビはあえて隠す。見る時に出して、見ない時は、隠してしまうことのできるAVボードをよく提案させて頂いています。

写真ではわかりにくいのですが、テレビの両側が引戸になっており、引き戸をテレビ側にすると、テレビが隠れ、飾り棚が出てくる様、計画したAVボードです。もう片方の引き戸には、DVD等の収納になっています。

qull at 17:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 京町屋の家 

2008年02月01日

最後の配筋検査

d2e0fff4.JPG本日も晴天!

ホワイトベースの最後の配筋検査を構造設計家立会いも下、行いました。

大きな問題も無く、軽微な指摘部分はその場で修正。

今日で、構造設計家と鉄筋工事屋さんとは、お別れです。

お疲れ様でした。

写真は屋上部分です。

五帖程のスペースですが、見晴らしは最高です。

夏のビールが楽しみです。



qull at 18:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホワイトベース