2009年03月

2009年03月31日

JIOの検査

2ebfe590.JPG設計事務所と工務店の配筋検査が無事終了し、住宅保証検査機構であるJIOの検査を受けました。

検査員がひとつひとつ、配筋を確認及び記録写真を行っていきました。

こちらでも、問題無く、検査合格。

明日は、コンクリート打設となります。

qull at 17:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミチノイエ 

耐圧盤の配筋が終了しました

fde18c3c.JPG耐圧盤の配筋が終了しました。

本日の朝から始まり、夕方で終了。

工務店の配筋検査終了後、私共設計事務所の配筋検査となりました。

鉄筋の種類、本数、配置、定着長さ、かぶり厚さ等を図面と照合。

問題無く、検査合格です。

qull at 17:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミチノイエ 

2009年03月28日

鋼製型枠組

2bc884e2.JPG基礎の耐圧板の型枠工事が無事終了しました。

週明けの火曜日に配筋を行い、その日の夕方に配筋検査を行う予定です。


qull at 18:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミチノイエ 

2009年03月27日

防湿シートと捨てコンクリート

e961a6f2.JPG砕石工事が終了し、防湿シート(地中の水分を床下に上げない為のシート)を敷き、その上に、厚み6センチ程度の捨てコンクリートを打設しました。

写真左端や手間で見える、ビラビラしたビニール状のものが防湿シートです。

捨てコンクリートは、構造上の意味を持ちません。
建物の通り芯や基礎などの位置を、書き込む為のものです。

明日、基礎位置等を書き込み(業界用語は墨だしと言います。)型枠を組んでいく予定です。



qull at 14:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミチノイエ 

2009年03月25日

根切り及び砕石

ecc827e7.JPG根切り(基礎部の地盤を掘削する事)が終了し、砕石敷き(基礎の下の地盤を固める為の岩石を割った石材)が始まりました。

本日は、お昼に雨が降ってきたため、工事は中止となりました。

明日、引きつづき、砕石敷きを行い、転圧をかけ、地盤を固めていく予定です。

qull at 20:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミチノイエ 

2009年03月24日

井戸ガス抜きパイプ

308c4a5d.JPG本日、大安吉日に着工致しました。

先ず初めに、敷地内にある井戸周りを掘削。

ユンボで掘れる目一杯の深さまで掘り、井戸のお清めを、お施主さんと行い、井戸のガスを抜くためのパイプを、建物計画上、邪魔にならない所まで、配管を延長し、綺麗な山砂で埋め戻しを行いました。

井戸のガス抜きは非常に大事で、行わなかった場合、爆発する恐れもあり、非常に危険とされています。

qull at 17:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミチノイエ 

2009年03月19日

遣り方

35c7b60a.JPG24日の着工に向け、本日、遣り方を行いました。

遣り方とは、基礎工事を行うにあたり、建物の位置、高さ、根切り幅、深さを標示する仮設の板を設置する事です。

工務店立ち合いの元、確認を行いました。

写真で見る、水平の板の高さが、土台の天端となります。
土台天端から、69仂紊った所が、1階の床の高さとなります。



qull at 18:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミチノイエ 

2009年03月16日

ワインレッドラインがポイントの浴室

869ac007.JPGお施主様の大好きなワインレッド。

床、壁、天井、浴槽をすべて真っ白し、ワインレッドのラインが際立つ浴室です。

6帖程の広さがあるこの浴室に、シャワー水栓が3機。

寮や宿泊施設等ではありません。個人住宅の浴室です。

祖父母に、両親、お子さん達の3世代が、一同に入浴できる、コミュニケーションの場となります。

東向きに大きな窓を設置し、朝風呂も気持いい、大浴場となりました。

qull at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) wa+ 

2009年03月14日

建物位置と敷地確認

b8cf070e.JPG昨日、建物位置に対する、敷地に対する離れ、レベル、隣地境界等々が図面通り施工可能なのかを確認する為の、位置出しを行い、数ミリ単位の許容範囲内での誤差であり、問題無く、図面通り施工する事が出来る事を確認しました。

来週中に建築確認の許可が下り、着工を待つだけとなりました。

qull at 15:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミチノイエ 

2009年03月12日

悩みに悩んだ末買いました

ff11112d.JPGずっと欲しかった自転車。

一見、ただのミニベロの自転車に見えますが、実は電動アシスト自転車なのです。

電動アシスト自転車というと、ママチャリ的なものを想像しますが、最近はお洒落なのも出ています。

我が事務所のある自由が丘は、丘というだけあって、アップダンが激しい。

今までの相棒であったルイガノのマウンテンバイクもそろそろ寿命。

買い替えを考え、悩みに悩んで買いました。

アシストが付いてるから、坂道楽ちん。なかなか快適です。

世田谷や目黒などは、こいつと一緒に打ち合わせや現場監理に向かいます。

qull at 17:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2009年03月11日

大壁と真壁を挟む廊下

d409716a.JPG「wa+」の洋の部と和の部の境界線である廊下。

柱をポードで覆ってしまう大壁と、柱を見せる真壁が、この廊下を境に両側に広がっています。

大壁は一般的な壁紙仕上げとし、真壁は漆喰仕上げ。

和と洋の両方が楽しめる、明るく楽しい廊下となりました。

qull at 16:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) wa+ 

2009年03月05日

建築確認申請の受付

22d4c16b.jpg本日、「ミチノイエ」の確認申請の提出に行ってきました。

今回は、民間の指定確認検査機関へ。

いつ行っても賑わい、座る席すらない様な状態で混雑していて、待つのを覚悟で行ったのに、なんだか非常に空いていた。

不景気が原因なのか・・・・

しかし、空いているのは嬉しい。ゆっくり提出書類のチェックを受け、無事受付。

一昨年の建築基準法改正時の、あの混乱および、いつ確認許可が下りるかが全く判らなかった、あの最悪な時期も、今ではすっかりいい思い出となったかも・・・・



qull at 18:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミチノイエ 

2009年03月04日

主役は全長8.5メートルのシステムキッチン

c8c462f7.jpg「wa+」の洋の部が、ほぼ完成です。

ハウスクリーニングが終了し、冷蔵庫や、食器棚関係の搬入等が始まりました。

このLDKは、28帖程の広さがあります。

ダイニングキッチンとリビングとを、半透明の引き込み戸で仕切れるようにしています。

全長8.5メートルのシステムキッチンが、このLDKの主役です。

qull at 16:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) wa+ 

2009年03月03日

地盤調査を行いました。

e2172f96.JPG本日「ミチノイエ」の地盤調査を行いました。

日本住宅保障検査機構(JIO)の選定業者による、スウェーデン式サウンディング試験。

私どもも立ち会い、建物の配置及び地盤レベルを指示し、試験を行う建物の四隅と中心の5か所の位置の確認をしました。

スウェーデン式サウンディング試験には、手動式と機械式があり、今回は機械式。

ロッドと言われる棒状の先端にスクリューポイントを取り付け、地中にそう入し、貫入・回転・引抜きに対する抵抗から、土層の構成を調査します。

回転しながら地中に入ってい行く、ロッドの早さを、現場で見ていると、なんとなく地盤の良し悪しがわかります。

今回は、なかなかいい感じで、ゆっくり回転しながら、地中に入っていきましたが、やはりしっかりとしたデーターが届いてこその判断となります。

判定データーは、一週間程後となります。




qull at 15:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミチノイエ 

2009年03月02日

ド迫力の格天井

cfc940bd.JPG和室の天井の格天井が組みあがりました。

長方形型の16畳分の格天井はド迫力です。

最近は和室に格天井なんて、ほとんど行わなくなってます。

私自身も、格天井は初めて。

宮大工と相談しながらの設計となりました。

こうやって完成してみると、惚れぼれするくらい美しい。



qull at 13:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) wa+