2009年08月

2009年08月31日

玄関に鏡

88e9fc60.jpg目黒で完成しました「ミチノイエ」。

「ミチノイエ」の玄関は、非常に狭い。

狭小住宅の計画を行う際、LDK等の居室の広さを優先する為、玄関スペースが最低限の広さしか確保出来ません。

少しでも広く、圧迫感を感じさせない為に、鏡をよく利用します。

「ミチノイエ」の玄関横に、シューズインクローゼットがあり、その高さ2.6メートルの引戸を鏡張りとしました。

鏡は、空間を2倍に演出してくれます。

何より、出掛ける前の、ファッションチェックに、大活躍です。



qull at 15:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミチノイエ 

2009年08月28日

外構コンクリート打設

f1f3e15b.JPG世田谷で進行中の「ふたりの家」。

外構のコンクリート打設が行われました。

今日も晴天。しかも暑い。

一日中、日影が出来ない、非常に日当たりのいい敷地ですが、今日の様な日の作業はとても辛そう。

手前の駐車スペースも荒打ちし、これでほぼ土の部分がなくなり、現場が綺麗に維持していけます。

現場が綺麗なことは、お施主さん、職人さん、近隣の方々、みなさんが気持ちいい事です。



qull at 14:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年08月27日

素材打ち合わせ

22d92cec.JPG世田谷で進行中の「ふたりの家」。

工事も順調に進行しています。

内装の素材の最終打ち合わせの真っ最中です。

プラン段階での打ち合わせは、模型を使いますが、内装の素材、色関係の打ち合わせには、3Dのパースで行います。

実際の素材サンプルをスキャナーで読み込み、パースに取り込みます。

素材本来の質感や色を、実際の目線から確認して頂き、完成を予想して頂いています。

qull at 18:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年08月26日

外構の土間コンクリート部の配筋

16b9b545.JPG世田谷で進行中の「ふたりの家」。

駐車スペース等の土間コンクリートの為の配筋が行われました。

明後日に、コンクリート打設予定です。

qull at 18:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年08月25日

ランマーで転圧

9700c6eb.JPG世田谷で進行中の「ふたりの家」。

基礎工事も終わり、上棟前に、外構工事を行っています。

砕石を敷き、ランマーという、衝撃を与えて、土を固める作業の真っ最中。

通常、建物が完成してから、外構工事を行うことが多いのですが、ここの工務店は、基礎工事後、外構のコンクリート工事を行います。

外構が後回しだと、建物の回りは、土のままで、雨等の泥はねで、建物が汚れたり、土の中を歩いた汚れた靴で現場の中に入られると、現場の中も汚れる。

ちょっとした、工程の配慮が、現場を美しく、そして職人さん達も気持よく仕事が出来、道路を汚したりなど、近隣に迷惑を掛けるなどないのです。



qull at 18:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年08月24日

漆和紙

abe35514.jpg世田谷で進行中の「ふたりの家」。

リビングに繋がる、6帖程の畳敷きの部屋があります。

その部屋の壁及び天井に、「漆和紙」を検討中です。

「漆和紙」とは、言葉通り、和紙に漆を塗ったものです。

漆を塗った時の、季節や気温、湿気等の状態で、色柄が変わる。

そのムラのある表情を楽しむ。

機能としても、調湿作用もあり、防水性に優れている。

他にはない、新しい住宅の和の空間の提案を模索中です。




qull at 17:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年08月21日

先に外回り配管

843b1633.JPG世田谷で進行中の「ふたりの家」。

建物の外回りの給排水の配管が終了しました。

建物の外回りの配管は、建物がほぼ完成したころに、行うことが多い。

ここの施工を行っている工務店は、基礎が出来上がった後、すぐに外回りの配管を行う工程を組む。

どちらが正解とかはないが、建物がほぼ完成した後、建物の周りの土を掘り返しての配管だと、外壁や、基礎回りが汚れることもあり、手間も掛り、気も使う。

建物が出来た後、外構を行うという考え方ではなく、同じ進行で行うことにより、二度手間な時間や人件費を使うことなく、そして現場も美しく保つ、とても素晴らしい工程管理です。





qull at 18:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年08月20日

基礎立ち上がり型枠解体

b595f5a1.JPG世田谷で進行中の「ふたりの家」。

基礎立ち上がり部の型枠の解体が行われ、基礎本体が完成致しました。

今回の基礎は、立ち上がり部が、一般的な造りより高く設定しており、半分以上、土に埋まる計画です。

給排水等の設備配管を基礎下に埋設する様なことはせず、基礎上の床下配管とし、将来的なメンテナンス性を配慮しています。

そして、道路から、玄関、室内へのアプローチの、高低差を考え、この様な基礎計画としました。

qull at 15:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年08月19日

化粧打ち放しの擁壁

4bf030f1.JPG世田谷で進行中の「ふたりの家」。

擁壁のコンクリート化粧打ち放しの型枠が外れ、仕上がりが確認出来ました。

化粧打ち放しは、型枠を外してみないと、どの様に仕上がっているのか判らない。

一発勝負の施工なのです。

「ふたりの家」の擁壁は、南側で、非常に目立つところに有ります。

美しい仕上がりで、ホッと一安心です。


qull at 11:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年08月18日

基礎立上がりコンクリート打設

b5ac3d51.JPG世田谷で進行中の「ふたりの家」。

基礎立上がり部のコンクリート打設が行われました。

ポンプ車からの、黒くて長いホースから、コンクリートを輸送し、型枠に流し込みます。

夏場のコンクリート打設は、時間との勝負。

手際よく、確実に、打設を行います。


qull at 13:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年08月17日

立ち上がり型枠

008287da.JPG世田谷で進行中の「ふたりの家」。

お盆休み返上で、現場は進行しています。

基礎の立ち上がり部の型枠が組み上がりました。

明日、コンクリート打設です。

qull at 14:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年08月11日

耐圧盤コンクリート打設

2c41cf0c.JPG世田谷で進行中の「ふたりの家」。

基礎の耐圧盤のコンクリート打設が無事終了致しました。



qull at 20:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年08月08日

竣工ギャラリーにアップしました。

b175db56.jpg目黒で完成しました「ミチノイエ」。

建築カメラマンによる、竣工写真を、ホームページにアップしました。

http://www.qull.jp/newpage4.html

の中の、ミチノイエの竣工フォトギャラリー内です。

是非、立ち寄ってください。



qull at 17:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミチノイエ 

2009年08月07日

配筋検査

70f1c57a.JPG世田谷で進行中の「ふたりの家」。

基礎の配筋が終了し、構造設計家による、配筋検査が行われました。

特に問題も無く無事終了。

週明け月曜日にJIOの配筋検査が終わり次第、コンクリート打設となります。

qull at 19:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年08月06日

ロフト

54c986b3.jpg目黒で完成しました「ミチノイエ」。

竣工写真の公開「パート4」。

リビングに繋がる、主寝室とその上にあるロフト。

主寝室に入る引き戸は、オリーブの木目。

引き手の存在を消し、引き戸としての存在ではなく、一枚の板として、リビングのデザインの一部としました。

主寝室の上部にあるロフトへのアプローチ用梯子も、既製品ではなく、オブジェとしての存在を意識し、スチールのフラットバーと丸パイプで製作しました。

ロフトがあることで、奥行きを感じる事が出来、決して広くないリビングに、広がり感をもたせています。


qull at 18:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0) ミチノイエ 

2009年08月05日

砕石と防湿シートと捨コンクリート

8dd688d6.JPG世田谷で進行中の「ふたりの家」。

根切りが終わり、砕石を敷き、転圧を掛け、防湿シートを敷き詰め、捨コンクリートの打設となりました。

明日、この捨コンクリートの上に、墨出しを行う予定です。



qull at 17:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年08月04日

螺旋階段とガラスブロック

52c9ce2d.jpg目黒で完成しました「ミチノイエ」。

竣工写真の公開「パート3」。

我が事務所で、もっともお気に入りアイテムの、螺旋階段とガラスブロックの組み合わせ。

螺旋階段とガラスブロックは、機能はもちろんのこと、インテリアの一部として、室内の演出に絶大なる効果があります。

qull at 14:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミチノイエ 

2009年08月03日

綺麗に打ち上がりました

ed0cae55.JPG世田谷で進行中の「ふたりの家」。

擁壁のコンクリート打設が土曜日に終了し、型枠の解体が終わりました。

鉄筋コンクリート化粧打ち放し仕上げの為、型枠を解体してみないと、仕上がりがわかりません。

この時が、いつもドキドキです。

今回は、いつもよりも、さらに美しく、ホッと一安心です。





qull at 16:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家