2009年09月

2009年09月30日

F☆☆☆☆

R1010944世田谷で進行中の「ふたりの家」。

シックハウス対策として設けられた「F☆☆☆☆」。

現場で使用されている材料にF☆☆☆☆の製品かどうか?のチェックを行います。

数年前までは、F☆☆☆☆の製品を使って無く、取り換え指示を出すことも有りましたが、今では、その様なことも無くなりました。

今はF☆☆☆☆のマークが無い製品を探す方が、難しいのでは?と思うほど、一般的となりました。

ベニヤや、フローリング、ボンドに建具、キッチン等、沢山のものにF☆☆☆☆マークが必要です。

竣工検査時に、写真を検査機関に提出することが、義務付けられています。

qull at 17:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年09月29日

セルロースファイバー

R1010980世田谷で進行中の「ふたりの家」。

断熱に採用した「セルロースファイバー」の写真です。

セルロースファイバーの古紙にも、新聞紙と段ボールがあります。

新聞古紙はインクが使われているので、より安全性を考え、段ボール古紙としました。

段ボールそのものの色です。

人にやさしく、地球にやさしい、素材です。




qull at 17:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

断熱工事

R1010981世田谷で進行中の「ふたりの家」。

断熱工事が始まりました。

「ふたりの家」に採用したのは、セルロースファイバーです。

セルロースファイバーとは、古紙を再利用した自然素材の断熱材です。

断熱効果が高く、防音、吸音にも優れ、調湿効果もあり、耐火、防錆、防虫と、機能性は抜群!!!!!

専用のシートを張り、一部穴を開け、ホースで吹き込んでいきます。

次世代省エネルギー基準を満たす厚み分、吹き込みます。


qull at 17:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年09月28日

屋根の処理

R1010973世田谷で進行中の「ふたりの家」。

「ふたりの家」の屋根には段差が、いくつかあります。

段差等のない、一枚単純屋根(片流れや切妻屋根)は、特に問題がないのですが、段差や谷は、雨漏れの原因になる可能性が高い場所の為、キッチリと処理しなくてはなりません。

写真で見える様に、立ち上がり部に、防水シートをL型に規定高さまで張り込み、屋根仕上げ材の中に雨が侵入してきても問題無い様に処理します。

どんなにカッコイイ家を造っても、雨漏れしてしまえば、すべてが台無し。

カッコよく、そして安心できる家を造ることが大切です。

qull at 18:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年09月26日

階段にもちょっぴり

R1010934世田谷で進行中の「ふたりの家」。

我が事務所でお気に入りのガラスブロック。

先日のブログで、玄関脇をご紹介しましたが、階段部にも、ちょっぴり使用しました。

ガラスブロックは、大きく大胆がポリシーとしてありますが、階段部は、他の窓や構造等の絡みで、ちょっぴりとしました。

このちょっぴりも、他の素材や形と絡み、アクセントとして、効いてくることとなります。

乞うご期待!!!!!



qull at 18:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年09月25日

焼き杉のテクスチャ

R1010954世田谷で進行中の「ふたりの家」。

外壁の焼き杉板張りが、順調に進行中です。

焼き杉とは、言葉通り、杉板の表面をバーナーで焼き、炭化させることにより、腐食を緩和させています。

使用した焼き杉は、自然塗料塗装品で、深みのある仕上がりのものです。

qull at 18:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年09月24日

焼き杉板張り始まりました

R1010949世田谷で進行中の「ふたりの家」。

外壁の焼き杉板張りが始まりました。

足場養生からチラット見えています。

杉板の木目がなかなか美しい。

他には無い、外観となりそうな気配です。

全貌は、また今度・・・・・・楽しみです。

qull at 17:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年09月23日

台形のバルコニー

R1010908世田谷で進行中の「ふたりの家」。

「ふたりの家」の洗面室及び浴室は2階にあります。

その洗面室及び浴室の両方から直接出入りできるバルコニーを設けています。

バルコニーの壁を高くし、周りからの視線を遮断し、空を眺めるバルコニーとしました。

敷地形状に合わせた台形型。

真南に面している為、非常に日当たりの良い場所。

ぐるりと、高い壁が建てられ、プライベート的なバルコニーが見えてきました。

qull at 15:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年09月21日

造作雨樋

R1010931世田谷で進行中の「ふたりの家」。

屋根につづく、木の箱。

大工さんによる、雨樋の木下地の箱組が始まりました。

通常、雨樋といえば、既製品の塩ビやステンレス、アルミ等で出来たものを使用することが多い。

雨樋を見せたくないときには、隠し樋を行っている所もあります。

雨樋が非常に目立つ外観の為、既製品では、イメージダウンしていしまうし、隠し樋は、雨漏れの原因となるので、我が事務所はタブー。絶対に行わない。

そこで、可決策として、造作雨樋としました。

木の箱の中に、特注のステンレスを組み込み、外側は外壁と同じ仕上げとなります。



qull at 15:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年09月19日

FRP防水

200909171606000世田谷で進行中の「ふたりの家」。

バルコニーの防水工事が終了しました。

今回採用したのは、FRP防水。

FRPとは繊維強化プラスチックの略です。

JIO規定の、立ち上がりもしっかり確保しています。

qull at 16:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年09月18日

ガラスブロック

R1010940世田谷で進行中の「ふたりの家」。

我が事務所のお気に入りアイテムのひとつである「ガラスブロック」。

階段部に採用することが多いのですが、今回は玄関ドアのサイドに設置。

玄関ホールに、ガラスブロックからこぼれる、柔らかな光を取り込む計画です。

写真で見える、ガラスブロック積みの一部に木の枠が取り付けられています。

この場所に、ポスト&インターホンを取り付ける予定です。

qull at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年09月17日

通気胴縁

200909171545000世田谷で進行中の「ふたりの家」。

透湿防水シート張りが終わり、つづいて、外壁の通気工法の、通気胴縁の取り付けが行われました。

外壁の通気工法は、木造住宅の耐久性を高める為に、必ず採用している工法です。

qull at 17:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月16日

透湿防水シート

200909151414000世田谷で進行中の「ふたりの家」。

外壁周りに、透湿防水シートが張り始まりました。

透湿防水シートとは、言葉通り、湿気を通して、雨水を防ぐ。

雨漏れの原因は、このシートの張り方ミスによることが多い。

張り方に規定があり、キッチリ施工されているか?を確認。





qull at 16:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年09月15日

JIOの検査

R1010909世田谷で進行中の「ふたりの家」。

本日、JIOによる構造の検査が行われました。

JIOの検査員にも色々な方がおられます。

本日は女性の方。

私自身、検査内容を見ていると、女性検査員の方が、細かなところまで、しっかりと検査されている様に感じます。

細かく厳格に検査して頂ける方が、私どもとしても、嬉しい事です。



qull at 17:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

釘打ちピッチ

200909151412000世田谷で進行中の「ふたりの家」。

耐力壁となるダイライトを張る際に、規定の釘打ちピッチがあります。

外回りが@100ミリ、内側が@200ミリピッチ。

規定通りでないと、耐力壁として機能しない可能性があります。

規定通り施工されているのかスケールを当てながらチェックしていきます。




qull at 15:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年09月14日

焼き杉の搬入

R1010907世田谷で進行中の「ふたりの家」。

外壁に使用する「焼き杉」が現場に搬入されました。

どんな感じかは?乞うご期待!!!


qull at 17:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年09月12日

アリダン

R1010896世田谷で進行中の「ふたりの家」。

基礎と土台部に張られたのは「アリダン」という商品。

基礎断熱工法の為、基礎と土台が密着している為、基礎からの湿気を防ぎ、土台ぬ腐朽を防ぎます。

シロアリの侵入を防ぐ効果があります。

シロアリ対策には、万全な上に、さらに万全を!!!

qull at 15:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年09月11日

ダイライト張り

R1010902世田谷で進行中の「ふたりの家」。

外部のダイライト張りが始まりました。

耐力壁の壁量を確保する為に、通常、構造用合板やOSB、MDF等がよく使われます。

ダイライトも、その一つ。

ダイライトの良さは、湿気を透し、火にも強い。

「ふたりの家」の外壁に採用している焼き杉を、ダイライトと組み合わせることで、防火構造として、大臣認定を取得している。

ダイライトによって、焼き杉という外壁デザインを可能としています。

qull at 17:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年09月10日

防蟻処理

R1010905世田谷で進行中の「ふたりの家」。

シロアリ等の防蟻処理が行われました。

写真で見える、柱等に塗られたオレンジ色。

防蟻剤にも色々な種類があります。

このオレンジが嫌で、無色透明なものにしてほしいという要望があれば、無色を採用しています。

このオレンジの色が付いている利点は、塗り残しが無いか?しっかり確認できることです。




qull at 14:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年09月09日

屋根通気胴縁

R1010898世田谷で進行中の「ふたりの家」。

屋根の通気胴縁が取り付けられました。

この胴縁の上に、もう一枚野地板を張り、屋根に通気経路を確保し、棟換気にて通風します。



qull at 18:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年09月08日

屋根野地板張り

R1010891世田谷で進行中の「ふたりの家」。

工事が順調に進行中です。

屋根の野地板が終了し、ルーフィングまで張り終えました。

上棟してから、雨も無く、屋根まで行えたことに一安心。

構造体が雨に濡れるのって、大丈夫とはいいつつ、気分的に嫌なものです。

雨に降られないことが、やっぱり理想的です。

qull at 16:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年09月07日

金物検査

R1010892世田谷で進行中の「ふたりの家」。

本日、構造建築家による、構造及び金物検査を行いました。

土台、柱、梁を繋ぐ構造金物が、構造図通りに、取り付けられているか?取り付け方があっているか?をひとつひとつ確認していきます。

最近の木造住宅は金物だらけ。

写真の様な、一本の柱の上下に、ホールダウン金物が、所狭しと、取り付けられています。



qull at 18:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年09月05日

お祭り

200909051548000今日は、我が事務所のある自由が丘の熊野神社のお祭り。

小さなお祭りですが、毎年必ず来ています。

いくつになっても、お祭りや夜店って、ワクワクするものです。



qull at 17:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2009年09月04日

根太レス合板

R1010888世田谷で進行中の「ふたりの家」。

2階の床下地が始まっています。

ひと昔前は、根太を梁間に掛け、構造用合板を張っていました。

今では、すっかり定番となっている、根太レス合板工法。

24ミリの厚みで、根太が必要ない。

柱・梁同様に、プレカットしてしまえば、現場でカットする必要も無い。

構造的に強く、そして、工期短縮できる、一石二鳥の工法です。



qull at 18:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年09月03日

屋根剛性用金物

R1010880世田谷で進行中の「ふたりの家」。

上棟も無事終了し、先ず初めに、屋根から開始です。

垂木に沢山の金物が付いています。
この金物は、屋根の剛性を確保する為の、大臣認定の専用金物です。

通常、屋根の剛性を確保する為には、火打ち梁というものを設置します。
しかしこの火打ち梁が、室内に出てくる様な場合がある。
化粧として見せるインテリアならいいが、見せたくない場合が非常に困ってしまう。

そこで登場するのが、この金物。
沢山取り付けなければならないリスクはありますが、邪魔な火打ち梁を見せない美しい仕上がりにする、ひとつの方法です。



qull at 17:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年09月02日

祝!上棟

R1010867
世田谷で進行中の「ふたりの家」。

本日、無事、上棟!!

天気が気になりましたが、雨も降ることなく、一日中、曇り空の中、涼しい位の気温に恵まれた中での上棟でした。

qull at 19:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

2009年09月01日

気密パッキン

486dca37.JPG世田谷で進行中の「ふたりの家」。

通常、基礎と土台との間に、高さ20ミリの通気パッキンを行い、床下の換気を行います。

「ふたりの家」は基礎断熱を採用しており、基礎と土台との間には、気密パッキンを挟み込み、基礎と土台との隙間から、空気等の出入りが無い様、気密しています。

写真でみえる、土台下のスポンジ状のものが、気密パッキンです。


qull at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

土台敷き

a8662ccb.JPG世田谷で進行中の「ふたりの家」。

台風の接近時は、どうなるか?心配でしたが、無事、台風も去り、工程通り進行しています。

明日の上棟に向け、本日、土台敷きが行われました。

全く日影が出来ない現場で、大工さんが汗だくで、頑張ってくれました。

明日も、雨が降らないことを祈っています。

qull at 14:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ふたりの家