2010年05月

2010年05月31日

2階の木工事ほぼ終了

R1012096横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

内部造作が順調に進行中です。

2階の大工さんが行う木工事は、ほぼ終了。

後は巾木を取り付けるのみ。

写真は、2階子世帯のLDKです。





qull at 16:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミンナノイエ 

2010年05月29日

黒い玄関

R1012091横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

玄関の写真です。

淡いベージュの外壁から、凹ませた玄関ポーチ。

凹ませた部分の壁天井を黒くし、玄関ドアも真っ黒に仕上げました。



qull at 16:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミンナノイエ 

2010年05月28日

外部足場が外れました。

R1012094横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

工事も終盤。

ついに外部足場が外れました。

外観の全貌が露わに!!!!!

外部足場が外れたということは、外部の工事が終了したということです。

現在内装の仕上げが急ピッチで進んでいます。

qull at 18:40|PermalinkComments(1)TrackBack(0) ミンナノイエ 

2010年05月25日

シューズクローゼット

R1012074R1012075












横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

親世帯の玄関ホールに、シューズクローゼットが設置されました。

大工さんによる、現場製作での造り付け家具です。

上下に収納を設け、中間部分には照明を設置し、ちょっとした飾りスペースを設けました。

仕上げは、タモの板目の突き板。

美しい木目で玄関を彩ります。

qull at 18:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミンナノイエ 

2010年05月24日

LDKと繋がる子供室

R1012072横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

2階子世帯のLDKの写真。

写真中央の2か所の出入り口が子供部屋となります。

子供達はLDKを通らないと自室に入れないプランとしています。

あえて扉を引き戸とし、常は引き戸を開けっぱなしで、LDKと繋がっている、半個室的な関係としています。

2室を一部屋使いとし、16帖の大きな部屋をふたりのお子さんが使用。

将来はふた部屋に仕切れるよう、電気設備、空調等の計画も、現段階でおこなっております。

qull at 10:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミンナノイエ 

2010年05月22日

壁のプラスターボード張り

R1012061横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

壁のプラスターボード張りが始まりました。

工事も終盤に差し掛かりました。

現在、壁の仕上げ色を何色にするか?をお施主さんと思案中。

後一カ月もすると完成です。

qull at 17:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミンナノイエ 

2010年05月21日

キッチン囲み造作

R1012057横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

2階の子世帯のキッチンは対面式。

対面式システムキッチンは採用せず、大工さんによる囲み壁を造作し、壁面用システムキッチンをはめ込むスタイルとしました。

造作壁は、床材と同じ無垢のフローリングを仕上げとし、床材がそのまま立ち上がっている様なデザインとしました。

ドーンと存在感を露わにする、対面式システムキッチンをLDKの中で目立たせるのではなく、LDK全体のインテリアの一部として、統一感のあるLDK空間をデザインしました。







qull at 19:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミンナノイエ 

2010年05月20日

大容量のクローゼット

R1012034横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

2階子世帯の主寝室にあるクローゼット。

幅4メーター近くもある、大容量のクローゼットです。
これだけあれば、相当なる洋服が収納できます。

私どもは、プランを考える段階で、部屋の広さを狭くしても、出来るだけ大きなクローゼットを設けることにしています。

タンス等の収納家具を部屋内に置くのではなく、そのクローゼットにすべて収納してもらう。

見せる収納等を好まれるお施主さん以外は、ものを外に出さない、シンプルでスッキリとした生活スタイルの提案として、必ず大きなクローゼットを計画しています。






qull at 14:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミンナノイエ 

2010年05月18日

フローリング張りが順調です

R1012044R1012054












横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

2人の大工さんが、1階と2階に分かれ、フローリング張りに奮闘中です。

各階約半分まで到着しています。

左の写真は、2階リビング。日が射しこんでいる時の「樺桜」のフローリングの表情です。

右の写真は、引き戸が入る為、下レール金物を埋め込む為のスリット状を形成しながらの床張りです。
引き戸を開けた時も、フローリングの木目が、きっちりと通っている施工納まりとすることで、連続性が維持され、美しい仕上がりとなります。

大工さんの根気と技術が、この様な納まりを実現してくれています。


qull at 10:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミンナノイエ 

2010年05月17日

黒いバルコニー

R1012051R1012056












横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

インナーバルコニーが、真っ黒に塗装されました。

昨日までは、下地であるケイカル板の白色でしたが、黒くなることで、外観がグッと引き締りました。



qull at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミンナノイエ 

2010年05月15日

無垢のフローリング

R1012043横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

床のフローリング張りが始まりました。

今回採用したのは、「樺桜」の無垢のフローリング。

写真で見える通り、若干の節があるもの。

無垢のフローリングでも、まったく節の無い、綺麗なものもありますが、あえて節があるものを採用しました。

まったく節の無いものは、高級で美しいのですが、美しすぎることで冷たく感じる。

節があることで、木そのものの風合いを感じることができ、自然の温かみと心地よさが足元に伝わってくる感じが好きなのです。







qull at 17:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミンナノイエ 

2010年05月14日

ロフトの梯子

R1012037横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

ロフトに上がる梯子が取り付きました。

鉄骨屋さんによる、丸パイプとフラットバーを組み合わせた特注品。

ロフト梯子は、既製品もありますが、シンプルで、オリジナルな梯子にすることで、この家のリビングのインテリアの一部の装飾品として、存在する梯子としました。

写真の赤茶色は、錆止めの色です。
壁と同じ白色で仕上げる予定です。





qull at 18:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミンナノイエ 

2010年05月13日

外壁材のコーナー材

R1012029R1012022












横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

「ミンナノイエ」の外壁の仕上げ材は、サイディング張り。

一般的な住宅の外壁材として、サイディングがもっとも多く使われています。

タイル調のものや、石目調、ストライプ超にフラットタイプなど、沢山の種類があます。

機能や施工のしやすさ、コスト等を考えると、サイディングは、非常に優れている商品です。

製作技術も発達し、タイル調なども、一見本物のタイルを張った様に見えるものもあります。
施工の納まり上、出隅、入隅等のコーナー部分に、同じ柄のコーナー材を使用し、施工することが一般的ですが、この納まりが、私どもからすると、美しくない。
せっかく本物に見えるところを、この同柄コーナー材で、模造品としてしまう。

「ミンナノイエ」は、この同柄コーナー材を使用せず、アルミの金物でコーナーを納めました。

左の写真は、出隅コーナー部。シルバーのアルミ金物がシャープに角を縁取っています。

右の写真は、インナーバルコニー廻りのアルミ金物の納まり。

サッシと同じシルバー色の為、サイディングに、細いシルバーのラインが回り込み縁取られた、デザインとなっています。

一般的な納まりではなく、ちょっとした工夫で、他とは違う、外壁のデザインとなりました。




qull at 13:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミンナノイエ 

2010年05月12日

階段の手摺

R1012036横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

階段の手摺が取り付きました。

鉄骨屋さんによる現場製作のスチールの手摺。

スチール丸パイプは22.2φ。

一見細く感じますが、私どもが、今までで色々な太さを行い、経験してきた中で、一番握りやすい太さとして、ほぼ定番としているサイズです。

既製品のゴテゴテしたものではなく、シンプルでさりげなく、そして機能的な手摺としました。

qull at 19:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミンナノイエ 

2010年05月11日

外壁工事が完了

R1012027横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

前回、同じアングルの写真を御紹介した時は、まだ透湿防水シートのままの白い状態だった為、空と一体化してしまい、見難い写真でしたが、外壁が張りあがり、存在が露わになりましたので、リベンジ写真をアップします。

庇や軒も無い、スクエアーな形状が、奇をてらっている形ではありませんが、ごく一般的な周辺の建物と対照的な建物となり、落ち着いたベージュ色の外観が存在感を出しつつ、周囲との調和もしっかりとれた、建物となりました。

qull at 14:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミンナノイエ 

2010年05月10日

大工さんによる家具造作

R1012020R1012030












横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

通常、造り付け家具等は、家具屋さんが、工場等で製作し、現場に搬入して取付を行うことが多い。

「ミンナノイエ」の造り付け家具は、工務店が材料のみ現場に納品し、大工さんが現場にて、家具を製作しています。

現場で大工さんが製作することで、ローコストで仕上げることが出来き、綺麗な納まりとなる。

これも、腕のいい大工さんだからこそ出来ること。

木造は、大工さんの腕次第で、善し悪しが決まる。

腕のいい大工さんに、お願いすることが、家造りにとって、大事なことのひとつでもあります。





qull at 18:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミンナノイエ 

2010年05月09日

寝室からの眺め

R1011990横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

寝室の窓から見える借景の写真です。

高台に建っている為、廻りの木々を見下ろす様な風景が眺められます。

木々を見上げる借景はよくありますが、見下ろす借景は、なかなか出会えることのない眺めです。



qull at 18:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミンナノイエ 

2010年05月07日

ロフト

R1012016R1012018












横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

2階子世帯には、リビングに繋がるロフトがあります。

左の写真の、職人さんが座っているところがロフトとなっています。

ロフトとは、天井高さが140センチ以下で、直下階の1/2までの広さまでであれば、容積にも階数にも含まれません。いわゆる屋根裏収納のことです。
収納として利用目的の為、天井高さも低くし、窓も大きくとることができません。(窓の大きさは各都道府県の行政によって違います。)

しかし、このちょっとした隠れ家的空間が、とても居心地がいい。
男の子にとっては、秘密基地的な雰囲気があります。

この家のロフトも、御主人さんの特等席となる予定です。

右側の写真は、ロフトから眺めたリビングキッチン。
隠れ家的ではありますが、家族が集まるリビングを見下ろせる、最高の場所となっています。



qull at 14:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミンナノイエ 

2010年05月06日

プラスターボード張り

R1012010横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

プラスターボード張りが始まりました。

プラスターボードとは、石膏を板状に固め、表面に紙を張って仕上げたボードのこと。

写真で見える、天井部に張ってある薄い黄色のものが、プラスターボードです。

プラスターボードは、耐火性、遮音性がある、内装仕上げの下地材の役目を果たします。

qull at 18:40|PermalinkComments(1)TrackBack(0) ミンナノイエ 

2010年05月05日

真っ正面

R1011993横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

「ミンナノイエ」は少し高台に建っています。

敷地内から、真っ正面を見ることは難しく、高台から降りた場所から、真っ正面を眺めることが出来ます。

空と一体化して見難い写真ですが、インナーバルコニーが大きく口を開けた、真っ正面のこの家の顔が見えます。

なかなかのド迫力な大きな存在となっています。

qull at 18:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミンナノイエ 

2010年05月02日

自由が丘スイーツフェスタ

201005021523001ゴールデンウィークの真っ最中。

天気も良く、お出かけ日和な日々が続いていますが、我が事務所は、通常通り仕事中。

事務所のある自由が丘は、「自由が丘スイーツフェスタ」が行われており、沢山の人で賑わっています。

写真は、内山理名さんのトークショー。

仕事の合間に、癒されてきました。





qull at 17:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常