2010年06月

2010年06月30日

子世帯の玄関

R1012226横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

横浜市による、完了検査も無事終了し、引き渡し前の最終クリーニングの真っ最中。

写真は、子世帯の玄関の写真です。

ハイサイド窓からの光が、玄関を明るくしてくれています。

写真右手のダークブラウンに染められた、玄関収納の建具が、全体的に白っぽい空間に、アクセントとして、存在感を発揮してくれています。

2010年06月29日

ステンレスの上がり框

R1012228横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

玄関の上がり框の写真です。

我が事務所としては、すっかり定番となっている、ステンレスの上がり框。

木製の上がり框が一般的ですが、汚れやすい玄関の掃除等を考え、メンテナンス性の高いステンレスを採用しています。

2010年06月26日

畳が入りました パート2

R1012218横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

前回の和室から見たLDKのアングル写真と真逆の、LDKから見た和室の写真。

和室奥の吊棚下の間接照明が、演出効果を発揮してくれています。





2010年06月25日

畳が入りました

R1012240横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

ついに最終段階の、畳が入りました。

写真は、2階子世帯のLDKに繋がる和室から、LDKを眺めたところ。

障子に障子紙が、まだ張られてしまうと、このアングルを見ることは出来ない。

空間の広がり感を考えると、障子紙を張りたくないのが、本音です。

2010年06月24日

将来を考えたトイレ

R1012183横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

1階親世帯のトイレ。

通常の2倍程度の広さを確保し、車イスのまま利用でき、パブリックトイレと同じ手摺も取り付けました。

将来の事を考え、このかたちとしました。

qull at 13:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月23日

養生が剥がされました

R1012175横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

工事もほぼ終了!!!

傷付かない様に行ってあった、養生がすべて剥がされました。

写真は2階子世帯のLDKを、ロフトから眺めた風景。

すべてが露わになり、いよいよ完成です。



2010年06月22日

パネル状の建具

R1012179横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

2階子世帯の廊下の写真です。

この廊下から、主寝室やトイレ、洗面室等にアクセスする為、建具だらけの廊下となっています。

白い壁に、白い建具では、なんの変哲もなく面白くないし、木目の建具では圧迫感がある。

そこで、白い建具の小口のみ、床と同じ、樺桜の木目としました。

パネル状に壁から飛び出ている建具の小口の木目が、縦ラインのアクセントとなり、さりげなく、廊下を彩ってくれています。



2010年06月21日

ウッドデッキ敷き

R1012188R1012177












横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

2階子世帯のバルコニー床にウッドデッキが敷かれました。

真っ黒のバルコニーの中に、赤茶のウッドデッキが引き立っています。

右側の写真は、ウッドデッキのバルコニーに繋がる和室から見たアングルです。

さまざまな色が重なり合いながら、借景の緑を写し出しています。




2010年06月19日

黄色い壁?

R1012164横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

クロス貼り工事が終了!!!

最後に貼り上がった、2階子世帯のLDKと繋がっている和室。

真っ白な空間のLDKに対して、黄色っぽいクロスを採用。

黄色と言っても、真っ黄色ではなく、京壁に使われる様な、落ち着いた黄色。

和室も同じ真っ白というのが一般的ですが、ちょっと大胆な色を使うことで、他にはない空間の面白さが、LDKのデザインとして、効果を発揮しています。

2010年06月18日

玄関ポーチのタイル貼り

R1012158横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

玄関ポーチのタイル貼りが行われました。

色ムラのあるグレーのタイルを採用。

タイルは、単色の白やダーク系の色は、非常に汚れが目立つ。

土足での使用の為、汚れやすく、綺麗に維持することが大変。

色ムラがあることで、汚れを目立たなくし、しかも自然の風合いも楽しめるものとして、よく採用しています。

2010年06月17日

引き戸レールの納まり

R1012151R1012152












横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

親世帯の6帖と8帖の和室の続き間の4枚建ての建具の上レールの写真です。

4本の細いアルミ材のみの形成です。

通常、存在感のある枠が付き、引き戸を開けていても、枠があるが為に、続き間2室としての区切りの様なものが目立ち、大きな空間として感じられない。

枠を無くし、レール自体の存在感をなくすことで、2室がひとつの空間と感じ、広さの感覚が増す効果があります。


2010年06月16日

クロス貼りが順調です。

R1012156R1012160












横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

現場はクロス屋さんオンリー。他の職人さんに邪魔されず、順調にクロス貼りが進行中。

9割程度貼り上がっています。

左の写真は2階子世帯のLDK。

真っ白なクロスが、日当たりの良いLDKをさらに明るく、気持ちいい空間を演出してくれています。

真っ白になった空間により、窓から見える木々の緑が、引き立っています。

右の写真は、2階子世帯の廊下から主寝室の入り口の写真。

主寝室は、畳敷きの為、少し和のテイストを取り入れることとし、和柄のグレーのクロスを採用。

LDKの真っ白な空間と反して、趣きのある、落ち着いた空間としました。




2010年06月12日

クロス貼り

R1012149R1012145












横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

工事も終盤戦。

壁天井の仕上げ材である、クロス貼りが始まりました。

使用される接着剤も、規定のものかをしっかり確認。

先ずは2階の子世帯から貼り始まりました。

真っ白で無地のクロスは、綺麗に貼るのが非常に難しく、職人さんの技術により大きく左右されます。

今回の職人さんも、いつもお願いしている非常に丁寧で技術をもった職人さんなので、安心してお任せできます。

2010年06月11日

2階のシステムキッチン

R1012141R1012140












横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

2階の子世帯にもシステムキッチンが取り付けられました。

こちらは、対面式のキッチンとなっています。

対面式キッチンは、手元が見えてしまう、常に綺麗にしておかなくてはというプレッシャーがあります。

少し壁を立ち上げ、リビングから見えにくくすることで、対面式の良さを得つつ、さまざまなプレッシャーからも解放されるキッチンとなります。

2010年06月10日

建具工事

R1012138R1012139












横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

建具工事が始まっています。

既製品の建具は一切使わず、すべて建具屋さんによる製作建具。

しかもドアはひとつもなく、すべて引き戸としています。

右側の写真は、2階子世帯の子供室の建具。
天井までの高さとし、枠納まりとしないことで、建具としての存在感を消し、パネルが立っているかの様なイメージの建具としました。

左側の写真は、2階子世帯のLDK。
続き間の畳の部屋との間に、障子がはめ込まれました。
通常の高さより、高い建具設定により、開けた時の開放感は、気持ちいいものです。


2010年06月08日

ステンレス巾木

R1012134横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

我が事務所では、すっかり定番となっている「ステンレスの巾木」。

巾木とは、壁と床との境目に取り付けるもの。

機能としては、壁と床との隙間を隠すことと、床を掃除したり、ワックスを掛けたりする時に、壁を汚さない様にすること。

シンプルなデザインにしたい場合など、巾木を取り付けないこともありましたが、お施主さんからのご要望がない限り、巾木は取り付ける様にしています。

巾木にも、木製やビニール製、既製品など、色々な種類がありますが、どれもあまり使いたくない。

デザイン重視であれば、巾木無しが一番ですが、メンテナンス等の機能を考えると、巾木はほしい。

そこで色々検討した結果、ステンレスの巾木を採用。今ではすっかり定番化してきています。

ステンレスにすることで、耐久性が高く、高級感もありますが、存在感があまりない。

機能とデザインとを併せ持つ、私どものアイテムのひとつです。

2010年06月07日

システムキッチン

R1012136横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

システムキッチンの取り付けが行われました。

写真は、一階の親世帯のキッチン。

向かって右側から、システムキッチン。

真ん中には冷蔵庫が入り、左側は食器棚と、炊飯器や電子レンジ等を置くスペースとなっております。



2010年06月05日

建具屋さんも登場

R1012119横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

内装の仕上げ工事が着々と進行中。

建具屋さんも登場してきました。

まずは、シューズクローゼットの扉が取り付きました。

タモの板目が美しい扉です。

2010年06月03日

内装屋さんの登場

R1012120R1012130












横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

ついに内装屋さんの登場です。

壁及び天井のクロス貼り仕上げの下地造りの為のパテ工事が始まりました。

パテ工事とは、下地のプラスターボードのジョイント部やビス部をパテで埋め、平らにしていきます。

クロスを巻き込む出隅角は弱い為、角コーナー材(写真右)を取り付け、凹みや傷を防止します。

2010年06月02日

ホームページの写真

R1012111横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

いい天気が続いていますが、引き渡し時は、梅雨真っ只中になってしまいます。

建築カメラマンによる、竣工写真を予定していますが、大丈夫かと今から心配しております。

とりあえず、私どものホームページ内の「Works」の案内写真でもと、青空をバックに、私自身で撮影。

ホームページもこの写真をアップしました。

ホームページでの案内写真は、どの物件も、ドアップで、建物の一部分と決めています。

やはり、青空と木々の緑のバックの写真は、いいものです。




2010年06月01日

大容量のシューズクローゼット

R1012108横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

子世帯の玄関ドアを開けたところの写真です。

子世帯の一階部分は、この玄関ホールのみ。

写真で見える正面の階段を上り、LDK等各部屋へと行くプランとなっています。

写真右側に、大工さんによる造り付けのシューズクローゼットが取り付きました。

天井まで収納力がある、大容量のシューズクローゼット。

靴はもちろん、スリッパや、傘、ゴルフバックまで収納出来ちゃいます。