2011年04月

2011年04月27日

フロストガラスの手摺

R10129321

横浜で完成しました「ひなたハウス」。

2階階段奥の吹抜けに繋がっているところの写真です。

南側からの窓の光が反射し、廊下を間接的に照らしています。

その光の演出を最大限生かすために、フロストガラスの手摺を採用しました。

フロストガラスは、私どもの事務所では、もっとも愛用しているアイテム。

そのフロストガラスの効果を最大限生かす為に枠を排除し、境界を曖昧にしました。

この曖昧さが、美しい光の演出をもたらしてくれます。


Facebookページです

「いいね!」クリック募集中


qull at 16:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ひなたハウス 

2011年04月25日

階段室

R1012862

横浜で完成しました「ひなたハウス」。

階段室の写真です。

広さは通常の一坪の回り階段。

しかし、一般的な回り部に柱を使用しない造りとしている為、有効寸法自体広い階段となっています。

手摺もステンレスのフラットバーと強化ガラスの組み合わせとし、開放感と安全性に配慮。

木造の階段だからと妥協せず、拘りぬいた階段となっています。


Facebookページです

「いいね!」クリック募集中


qull at 13:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ひなたハウス 

2011年04月22日

2階の廊下

R1012921

横浜で完成しました「ひなたハウス」。

2階の廊下の写真です。

廊下の通路幅は決して広くはありませんが、天井高さが2.7メートルと高く設定し、窮屈感を和らげました。

廊下奥が、玄関ホールの吹抜け部。南側の窓からの光が射し込んでいます。

奥に光を感じることで、奥行き感と幻想的な演出を感じさせる効果があります。


Facebookページです

「いいね!」クリック募集中


qull at 13:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ひなたハウス 

2011年04月20日

子供室の別アングル

R1013023

























横浜で完成しました「ひなたハウス」。

子供室の別アングル。

屋根なり勾配の天井が高い空間は、開放的で気持ちいいものです。




Facebookページです

「いいね!」クリック募集中



qull at 13:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ひなたハウス 

2011年04月18日

子供室にもバルコニー

R1012919

























横浜で完成しました「ひなたハウス」。

2階子供室の別アングル写真。

子供室にも南側にバルコニーを設けています。

バルコニーを設けた最大の理由は、子供の布団を常に干したいとの要望から。

布団を干すのは結構重労働。

布団を干せるバルコミーまで運び、また取り込む時も運ばなくてはならない。

布団を利用する部屋にすべてバルコニーがあれば、非常にうれしい。

常に太陽の光を浴びた、ホクホクのお布団で寝かせてあげたい親心が生んだプランニングとなっています。





Facebookページです

「いいね!」クリック募集中



qull at 13:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ひなたハウス 

2011年04月15日

子供室の建具

R1012918

























横浜で完成しました「ひなたハウス」。

2階子供室。

2枚並んだ建具。

将来、2室に仕切る事を考え考慮したもの。

各室6帖+ロフト3帖。シンメトリーの造りとし、互いの部屋の差が生まれぬよう配慮しています。

建具は既製品を採用していますが、高さを特注製作範囲ギリギリまでの高さある建具とし、框状のデザインで、既製建具独特の安っぽさを感じさせないものとしました。





Facebookページです

「いいね!」クリック募集中



qull at 17:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ひなたハウス 

2011年04月13日

子供室ロフトからのアングル

R1013019

























横浜で完成しました「ひなたハウス」。

2階にある子供室。

ロフトから眺めたアングルです。

真っ白な天井壁と樺桜の無垢のフローリング。

構造梁をあえて露出させ、化粧として見せています。

この構造梁にロープやブランコを吊るしてもらう予定です。

子供用のただの部屋という事ではなく、遊べる楽しみのある部屋としました。




Facebookページです

「いいね!」クリック募集中



qull at 14:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ひなたハウス 

2011年04月12日

大工造作のオリジナルAVボード

R1012934


















横浜で完成しました「ひなたハウス」。

LDKにあるAVボード。

大工造作による、この家の為だけのオリジナル。

ハイサイド窓を絡めた、壁面一杯を利用した造作家具です。

60インチまでの薄型テレビが設置可能。
ブルーレイデッキ等の周辺機器の収納や、見せない配線の工夫も施しています。

両サイドは大容量の収納。
扉にあえて、タモの羽目板を使用し、取っ手等を利用せず開け閉めが出来るよう細工し、「扉」としての存在感を消し、一枚の面として見せています。
右側の上部には、壁掛けエアコンをも収納しています。







Facebookページです

「いいね!」クリック募集中



qull at 13:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ひなたハウス 

2011年04月11日

キッチンと和室

R1012982


















横浜で完成しました「ひなたハウス」。

1階のLDKと和室を見たアングル。

メイプルの無垢のフローリングと白い壁。
天井のタモ突き板の白染色に、真っ白なシステムキッチン。

ナチュラルテイストでシンプルな造り。

この中にどんな家具達が並べられるのかは、カメラマンの竣工写真時にまたご紹介いたします。




Facebookページです

「いいね!」クリック募集中



qull at 14:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ひなたハウス 

2011年04月08日

LDKから見るワークスペース

R1012898


















横浜で完成しました「ひなたハウス」。

LDKから見たワークスペースのアングル。

写真の通り、LDKとワークスペースには、程良い距離を設けています。
LDKの中ではなく、ちょっと影になったところ。

この程良い距離間が、家族との繋がりを保ちつつ、周りを気にせずにいられるプライベート的な、居心地の良い場所となります。

パソコンでのインターネットだけではなく、本を読んだり、書き物をしたり・・・。
今注目されている、子供達の「LDKで勉強する」場所にも最適です。





Facebookページです

「いいね!」クリック募集中



qull at 13:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ひなたハウス 

2011年04月07日

階段とワークスペース

R1012930

























横浜で完成しました「ひなたハウス」。

玄関を入り、LDKの扉を開けると、2階に上がる階段とワークスペースがあります。

ワークスペースは主にパソコンを行うところ。
ひかりケーブルやLAN関係を、ここに集約し、配線関係を見せない工夫も施しています。

吊棚とカウンター一体となった地袋収納。
すべて大工さんによる造り付け家具。
吊棚下はプリンターを置くスペースとなっています。

インターネットをやりたい時、どっかからパソコンをひっぱり出してきて、LANに繋いで・・・は面倒。
プラン計画段階で、パソコンスペースをキッチリ決めておくことが大事となります。
やっぱり家族がみんな集まるLDKの中が、もっとも最適な場所だと思っております。




Facebookページです

「いいね!」クリック募集中



qull at 13:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ひなたハウス 

2011年04月06日

外観を遠目から見たアングル

R1013073



















横浜で完成しました「ひなたハウス」。

外観を遠目から見たアングル。

単調な色彩の新興住宅街の中で、やはり一番目を惹く存在です。

片流れの屋根形状が、より存在感を強調してくれています。




Facebookページです

「いいね!」クリック募集中



qull at 10:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ひなたハウス 

2011年04月05日

玄関ホールの別アングル

R1013015

























横浜で完成しました「ひなたハウス」。

玄関ホールの他から見たアングル写真です。

色構成は、真っ白な壁とメイプルのフローリング、タモを白染色した家具、ベージュ系のタイルに、ステンレスとなっています。






Facebookページです

「いいね!」クリック募集中



qull at 11:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ひなたハウス 

2011年04月04日

玄関ホールを振り返ったアングル

R1013012

























横浜で完成しました「ひなたハウス」。

玄関ホールの写真です。振り返り、玄関側を見たアングル。

奥に見えるのが、大容量のシューズインクローゼットの扉。

このシューズインクローゼットがある為、宙に浮かした下足箱は、ルームシューズや、日常利用する靴のみの収納とし、あまり大きくせず、空間的にバランスの良いサイズとしました。

天板には季節や気分によって、玄関を彩れるディスプレイスペースとしています。

撮影時は曇り空でしたが、吹抜けからの柔らかな光が、玄関ホールを明るくしてくれています。




ファンページです

「いいね!」クリック募集中



qull at 11:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ひなたハウス 

2011年04月03日

ステンレスの上框

R1012999

























横浜で完成しました「ひなたハウス」。

我が事務所ではすっかり定番アイテムとなった「ステンレスの上框」。
ステンレスはどんな材質でも相性がいい為、とても重宝した素材。

いつもお世話になっている工務店さんが、非常にステンレス加工を得意とされていますので、私どもも、随所にステンレスを提案できることが嬉しい。





ファンページです

「いいね!」クリック募集中



qull at 13:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ひなたハウス 

2011年04月02日

吹抜けを見上げたアングル

R1013004

























横浜で完成しました「ひなたハウス」。

玄関に入り見上げたアングル写真。

約一坪程の吹抜けとなっています。

一昔前、玄関を吹抜けにすることがブームとなりましたが、最近はあまり見かけません。

行わなくなったことで、忘れていた空間構成が、今は新鮮に感じる空間となりました。

南向きの大きな窓から、吹抜けを通し、明るい玄関となりました。

この家のシンボルとなる、ブルーノ・ムナーリのプロダクトデザインの代表作「FALKLAND」の照明器具が彩りを与えてくれています。

2階部分のフロストガラスの手摺部分から、吹抜けを見下ろせるもの楽しいものです。




ファンページです

「いいね!」クリック募集中



qull at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ひなたハウス 

2011年04月01日

玄関ドアを開けたアングル

R1013001

























横浜で完成しました「ひなたハウス」。

玄関ドアを開けた瞬間に目に入るアングル写真。

真っ正面に宙に浮いた下足箱。

上を向けば吹抜けが広がっています。

ステンレスの幅広の巾木の存在が、落ち着いた色合いの空間に刺激とシャープさを与えてくれています。





ファンページです

「いいね!」クリック募集中



qull at 11:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ひなたハウス