2016年07月

2016年07月25日

1階のエレベーターホール

P1000776

台東区で完成しました「御徒町テナントビル」。

1階のエレベーターから見た、エレベーターホールの写真です。

階段下までを有効に利用し、エレベーターを待つ人の溜まり場スペースを確保した計画。

光壁には2、3階の案内サインスペースを設け、エレベーターに乗る前に、行きたいお店の階数の確認ができる様な、エレベーターホールのデザインとしました。

Facebookページです

「いいね!」クリック募集中

qull at 13:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 御徒町テナントビル 

2016年07月19日

開放感ある1階の店舗

P1000787

台東区で完成しました「御徒町テナントビル」。

1階の店舗から、春日通り側を見たアングル。

決して間口の広い建物ではない為、出来る限り広く感じさせられる様、ガラスを多用しました。

春日通りから直接入れる自動ドアと連続させた、階段エレベーターホールからの入る自動ドア。

L型に連続させることにより、開放感が生まれ、より店舗内の広がりを感じさせてくれています。

Facebookページです

「いいね!」クリック募集中

qull at 15:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 御徒町テナントビル 

2016年07月14日

小さくても楽しむバルコニー

P1000481

世田谷区で完成しました「ミニミニハウス」。

主寝室からLDK、ルーフバルコニーを見たアングル。

2帖弱程の小さなバルコニーですが、LDKと主寝室の両方からアクセスできます。
洗濯物を干すスペースは別に設けている為、このルーフバルコニーは、楽しむ為の場所。

気持ちのいい日は、椅子を置いて読書をしたり、お茶を楽しんだり。
コンセントや水道の蛇口を設けているので、お友達を呼んで、ホットプレートでちょいバーベキュー気分なんてのも楽しめる。

小さな家でも、「家を楽しむ」そんな空間造りを、いつも心掛けています。

LDKと主寝室の両方から使えるルーフバルコニーは、いろんな楽しさ倍増です!!!


Facebookページです

「いいね!」クリック募集中

qull at 09:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミニミニハウス 

2016年07月11日

1階のエントランスホール

P1000754

台東区で完成しました「御徒町テナントビル」。

この建物のメインとなる1階のエントランスホール。
店舗側からのアングルです。

白とステンレスと光の効果のみでデザインしたエントランスホール。

通常そのまま軒先などに設置する、電気を供給する為の、パッとマウント変圧器という大きな受変電設備を、あえて隠し見せない様にと考え、このステンレスパネルを採用し、この奥に設置。

私どもが志す、意匠と機能を兼ね揃えたデザイン提案です。

Facebookページです

「いいね!」クリック募集中

qull at 10:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 御徒町テナントビル 

2016年07月08日

2階のLDK

P1000467

世田谷区で完成しました「ミニミニハウス」。

お引き渡しをして1ヶ月ちょっと。

この家に似合うダイニングテーブルやソファ、カーテンなどなどが揃い、お引越しの後片付けが落ち着いた頃、竣工写真を撮影する予定ですが、お引き渡し前に撮影した、何もない状態での写真をちょっぴりご紹介。

写真は2階のLDK。
8帖程の広さしかありませんが、その中に、キッチン、4人掛けダイニングテーブル、2人掛けソファ、AVボードが配置できるよう、設計段階からレイアウトを計画し、広くはない空間をうまく利用し無駄を作らないLDK計画。

写真奥に見えるルーフバルコニーや寝室をLDKと連続させ、視覚的に圧迫感を感じさせない空間造りとしました。


Facebookページです

「いいね!」クリック募集中

qull at 09:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ミニミニハウス 

2016年07月07日

タフライトサイン

P1000765

台東区で完成しました「御徒町テナントビル」。

共用エントランスの写真です。

アルミの曲げ加工パネルで仕上げたエントランスファサード。

その上部にビル名のサインを施しました。

ビル名の為、存在感を押し出すのではなく、建物全体のデザインの一部としたサイン計画。

仕上げ材のアルミのシルバーに対し、同色に近いステンレスの切り文字と考えたが、ステンレスの切り文字では、重量がある為、アルミパネルに穴を開け取り付けるしかない。
穴を開けるということは、将来そこから雨が入る心配もあり、穴を開けずに施工できるものをと、タフライトサインというものを採用しました。

タフライトサインとは、樹脂に金属メッキを行うというもの。
通常、車のエンブレムなどに使用されるもので、軽量で耐久性に優れています。

軽量である為、接着での施工で、ステンレスで行うものと同等の素材感でステンレス風のサインが可能となります。

厚みのある、高級感漂うサインとなりました。



Facebookページです

「いいね!」クリック募集中

qull at 10:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 御徒町テナントビル 

2016年07月04日

外観のデザイン

P1000798

台東区で完成しました「御徒町テナントビル」。

ワイドスパンのカーテンウォールを採用した外観。

建物自体を主張する様な化粧は一切行わず、出来る限りガラス面を大きく見せる様、カーテンウォールのアルミフレームは細く、そして本数も少なくしたディテール。

入るテナントのお店の顔が大きなガラス面の中で主張できる様に考えたデザインとしています。

御徒町駅前という場所柄、自己主張したゴテゴテの看板が乱立する中で、他とは違う洗練された自己主張出来る様な建物を目指しました。

本日からテナントの工事が始まる予定です。
この建物がどの様に変わっていくのか楽しみです。

Facebookページです

「いいね!」クリック募集中

qull at 09:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 御徒町テナントビル 

2016年07月01日

竣工しました

P1000791

台東区で進行中の「御徒町テナントビル」。

昨日無事お引き渡しが終了致しました。
お引き渡しの10分前まで残工事を行っていたほどのギリギリの竣工となりました。

プランからデザイン、設計と進んでいき、現場が始まり、建物が完成するまで、嬉しいこと苦しいこと、悩むこと沢山あります。
いろいろな事がありますが、最後にお施主様に喜んで頂ける事で、すべて吹っ飛んでしまいます。
お施主様に喜んで頂けることが、私どもにとって最高のご褒美です。

Facebookページです

「いいね!」クリック募集中

qull at 15:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 御徒町テナントビル