2017年03月

2017年03月31日

腰パネル

P1010213

世田谷区で進行中の「Retro Modernな家」。

2階の廊下の壁の腰にパネル材が取り付きました。

「Retro Modernな家」の名の通り、腰パネルを張る事で、レトロ感が生まれました。

腰パネルはアイボリーに塗装していく予定です。

2017年03月28日

サンメントで装飾

P1010208
P1010209

世田谷区で進行中の「Retro Modernな家」。

ウォークインクローゼット内の収納家具造作が進行中です。

大工さんの手による仕切りや棚板に、家具屋さんに制作してもらった引き出しがセットされていきます。

ただ棚板とハンガーパイプが取り付いていて、衣装ケースなどを並べる様な、ありがちなウォークインクローゼットと違い、完全造り付け収納の外国映画に出てくる様なウォークインクローゼット。

天井の「サンメント」という木製装飾材が、ウォークインクローゼットを彩ってくれています。


2017年03月24日

アンティーク手摺

P1010203

世田谷区で進行中の「Retro Modernな家」。

階段吹き抜け部分の一部にアンティーク手摺を採用しました。

削り出しで造形された柱と手摺笠木。

ほんのちょっとだけですが、そのほんのちょっとだけが、いい感じに彩ってくれています。


2017年03月23日

外壁のタイル貼り

P1010207

世田谷区で進行中の「Retro Modernな家」。

外壁のタイル貼りが行われています。

幅45センチ高さ5センチの超横長タイプのタイルです。
色はレトロモダンなレンガ色。

建物の1階部分をタイルとし、上部は粗めのテクスチャーの塗り壁とする予定です。


2017年03月22日

浴室のタイル貼り

P1010200

世田谷区で進行中の「Retro Modernな家」。

浴室のタイル貼りが進行中です。

先ずは壁から。

幅600ミリ高さ400ミリの大判タイルを採用。
一枚一枚石目模様が違うため、まるで本物の石を貼ったような感じに仕上がりました!!!





2017年03月21日

かまくらの様な

P1010198

世田谷区で進行中の「Retro Modernな家」。

LDKに隣接する、畳2帖分の畳コーナー。

お子さんの遊び場やお昼寝、大人もゴロンとできるスペース。

上部の下り壁をアールで囲み、かまくらの様なちょっと可愛い造りとなっています。

2帖しかありませんが、いろいろ楽しめる場所となりそうです。


2017年03月16日

階段が完成

P1010196

世田谷区で進行中の「Retro Modernな家」。

階段の造作が終了致しました。

一坪の回り階段です。

階段板はバラオークの集成材を採用。

階段の窓にはお楽しみのステングラスを入れる予定です。

2017年03月15日

システムキッチンの設置

P1010197

世田谷区で進行中の「Retro Modernな家」。

システムキッチンの設置が終わりました。
アイランド型のキッチンと、大容量の収納機能をもつ壁面キッチン。

深いパープル色の面材が超オシャレ!!!
冷蔵庫もシステム内に納まる様計画しました。


2017年03月11日

フローリング張り

P1010191

世田谷区で進行中の「Retro Modernな家」。

床のフローリング張りの真っ最中!!!

今回採用したのは、チーク突き板のフローリング材。
床暖房が入っている為、床暖房対応品からのセレクト。

フローリング一枚一枚の木目の表情の違いが、木目プリントのなんちゃってフローリングには出せない本物のよさを感じさせてくれます!!!


2017年03月10日

プラスターボード張り

P1010186
P1010190

世田谷区で進行中の「Retro Modernな家」。

天井を構成するプラスターボード張りが、大工さんの手により行われています。

上の写真が1階、下の写真が2階です。

現在大工さん3人体制で、猛スピードで現場が進んでいます!!!

2017年03月08日

浴室の防水

P1010187
P1010188

世田谷区で進行中の「Retro Modernな家」。

浴室の工事が進行中です。

最近はユニットバスで行うことが多いのですが、「Retro Modernな家」は在来での浴室造り。
壁の合板張りが終わり、防水工事まで進行しています。
排水口となるグレーチングも設置。

その後、モルタルを塗り、浴槽を据え、タイル貼りと進んでいきます。



2017年03月07日

外壁モルタル塗り

P1010184
P1010185

世田谷区で進行中の「Retro Modernな家」。

外壁のモルタル塗りが行われています。

先ずは下塗りです。
一週間ほど、養生期間をおき、上塗りとなります。

2017年03月06日

野縁工事

P1010183
P1010182

世田谷区で進行中の「Retro Modernな家」。

天井を作るための野縁工事が始まっています。
上の写真が1階、下の写真が2階です。

40センチ角程度の木材をグリット状に組んでいきます。

2017年03月02日

通気スリット

P1010181

世田谷区で進行中の「Retro Modernな家」。

屋根裏に溜まってしまう熱い空気や湿気を外部に逃がす為に通気が必要となります。
軒裏に給気となる通気口を設け、屋根の一番高い棟部で排気口を設けることで空気の通り道ができ、自然換気が行われる。

軒裏の通気口は、ガラリのような、如何にも通気口です!!と言っているようなものが多い。
しかしそれではカッコ悪い・・・。

我が事務所は、通気口ではあるが、通気口と感じさせない、そんな通気材を定番化しています。

写真でもどこから空気を取り込むのかわからない、通気スリットという専用部材。
破風板に沿って並んでいる白いライン状のものが、通気スリットです。