2017年05月

2017年05月26日

脱衣室を兼ねない洗面室

P10103881

世田谷区で完成しました「Retro Modernな家」。

洗面室です。

一般的に洗面室というと、浴室とつながる、お風呂に入るのに服を脱ぐ場所も兼ねていますが、この家の洗面室は、別に脱衣室を設け、洗面室は独立してものにしています。
脱衣室を別に設けることで、誰かがお風呂を使っていると、洗面台が使えないということがない。
洗面化粧台の反対面にハンガーパイプを設け、家に帰ってきたら、先ず洗面室に向かい、上着をここに掛け、手を洗う。部屋着の収納も設け、ここで着替える。
そんな動線となる洗面室としました。

洗面室という個室的な考えではなく、LDKとつながるコーナー的な空間として、使う素材にも拘りました。

他とはちょっと違う、洗面室のご提案です。



qull at 09:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Retro Modernな家 

2017年05月22日

異国の様なWIC

P1010381

世田谷区で完成しました「Retro Modernな家」。

主寝室と繋がるウォークインクローゼット。

よくあるウォークインクローゼットといえば、棚とハンガーパイプだけ建築で造り、後はプラスティックの衣装ケースなど並べてもらう様な、ただ単に洋服を収納する場所という感じのものが多いのですが、この家のウォークインクローゼットは一味違います。

サンメントで装飾した回縁や引き出しを多用し、カーペット敷きの床、姿見の鏡も組み込んだ、ただの収納部屋という考えではなく、洋服をディスプレイする衣装部屋。

異国の本来のウォークインクローゼットを目指した造りとしました。

qull at 09:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Retro Modernな家 

2017年05月16日

レトロ感満載の洗面コーナー

P1010413

世田谷区で完成しました「Retro Modernな家」。

2階の廊下にある洗面コーナーです。

洗面室が1階にある為、ちょっと手を洗ったり、歯を磨いたりする場所。
将来お子さんが大きくなってきて、朝の準備が混み合う様になったときに、もうひとつ洗面台があるといいものです。

エイジング加工したドアに、大理石モザイク貼りの洗面台、拘った照明器具と鏡などなど、この家の名の通り、洗面コーナーもレトロ感満載です。




qull at 09:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Retro Modernな家 

2017年05月12日

かまくらの様な和室

P1010349

世田谷区で完成しました「Retro Modernな家」。

上部をアーチ状に化粧した、2帖程の畳コーナー。

まだ小さな子供達の、遊び場となり、お昼寝の場所となる。

LDKの床より25センチ床を上げることで、腰掛けとして利用するのもまた楽しい。

小さいですが、多目的にいろんなことが楽しめる空間となりそうです。

奥の窓外に写る、ロートアイアンのシルエットも、この畳コーナーの演出のひとつです。

qull at 08:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Retro Modernな家 

2017年05月02日

チークの玄関ドア

P1010449

世田谷区で完成しました「Retro Modernな家」。

この家の顔である玄関です。

東京都心は防火指定があり、余程広い敷地でない限り、防火設備という玄関ドアを使用しなければならない。
製作で造るスチールか、認定を取っているアルミの既製品を使うことが一般的。

「Retro Modernな家」は、スチールもアルミも論外。
木製にこだわり、木製で防火設備の認定が取れているものを探し、この木製玄関ドアを採用しました。

チークの無垢材を使用した玄関ドア。
レンガ感ある壁のタイルと乱形石の床。
ロートアイアンの格子に、アンティーク感漂う照明器具。
などなどに囲まれた玄関がこの家の顔となりました!!!「

qull at 08:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Retro Modernな家