一坪の階段室ベッドヘッドの棚収納

2008年11月24日

外壁通気工法の胴縁打ち

e84f2be7.JPG外壁材を張る前に、外壁の通気を取る為の、胴縁の取り付けが始まりました。

外壁の通気とは、外壁材と透湿防水シートの間に、空気が流れるように、隙間をあけ、外壁材を張り付ける工法です。

隙間を空ける理由は、室内の湿気が壁の中に侵入してきたときに、この隙間から、湿気を逃がす。もう一つは、外気の気温と室内の気温に差が出来ると、そこに結露が発生する。この結露を防止する。

今はすっかり、常識となっていると思っている、外壁通気工法。

しかし、未だに、通気工法を知らない業者もいる。通気工法は、木造住宅の耐久を左右するほど、重要な工法です。

是非、もう一度ご確認を!!!

qull at 16:44│Comments(0)TrackBack(0) wa+ 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
一坪の階段室ベッドヘッドの棚収納