インターホンとポスト漆和紙

2009年12月15日

麻入り珪藻土

R1011403世田谷で進行中の「ふたりの家」。

「ふたりの家」の、ほとんどの部屋の壁及び天井は、ホタテの殻を再利用した「チャフウォール」を使用していますが、2階にある主寝室のみ、麻入りの珪藻土の仕上げとしました。

一番の寛ぎの場である主寝室は、目が疲れやすい白を使わず、淡いグリーンの珪藻土としました。

麻が交じっているテクスチャーが、温かみのある、癒しの空間を演出してくれます。







qull at 14:09│Comments(0)TrackBack(0) ふたりの家 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
インターホンとポスト漆和紙