寝室から見える風景夕暮れの外観

2009年12月18日

照明チェック

R1011573R1011561











世田谷で進行中の「ふたりの家」。

本日は、照明のチェックに、夕暮れから現場に出かけました。

照明計画を、照明器具メーカーや照明プランナーに依頼する設計事務所もありますが、私どもは、すべて自前で行っています。

自分自身で空間をデザインしている訳ですから、照明計画だけ他の人に任せるなんて出来ません。

照明計画が、空間を演出するもっとも大事なものです。

自分で行っている分、責任も重大です。

照明が点くのは、建物完成後。いつも照明チェックはドキドキしています。

「ふたりの家」も無事、想像通りの明るさで、ホッと一安心。

写真は、2階主寝室。

ベットヘッドの家具の天板に照明器具を組み込み、光が天井を照らすことで、柔らかな光の空間としました。

もちろん、調光可能とし、気分によって光の強さを調整できるようにしてあります。

私どもは、常に天井を眺めている主寝室の天井には、照明器具を付けないのがポリシー。

主寝室には、柔らかな間接照明が、よく似合います。



qull at 18:22│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
寝室から見える風景夕暮れの外観