r-plus銀座築地3F

2020年03月23日

小屋の様なBOX

P1020325

東京都中央区で完成しましたr-plus築地銀座の3階のオフィス。

前回までのr-plus築地銀座の7階に引き続き、今回は3階のオフィスデザイン。
ワンフロアに一つのテナントのビルの為、駆体平面は同じ。
同じ駆体平面で同じオフィスですが、レイアウトやデザインコンセプトは全く違うものとしました。

前回と違い、オフィススペースを大きくワンスペースとし、エントランスと水回りを間接照明付きの庇と黒い壁で構成し、小屋の様なBOXが2つ、真っ白な壁と真っ白なスケルトン天井のオフィス空間の中に街並みの様に存在する、そんなデザインとしました。

同じ駆体平面でも、これだけ全く違うオフィスデザインができるということを楽しんでいただけると幸いです。

qull at 11:46|PermalinkComments(0)