(ハル) [DVD]
(ハル) [DVD]
クチコミを見る

ひとつ、台詞を引用したい

「私には彼氏はいません。
相手のことを考えるのが面倒臭いのです。
自分と会っていない間何をしているか?
自分のことを考えてくれているか?
そんな事こっちの勝手な想像ですよね。
想像の力って、あまりに大きくなるので怖いのです。」

結論が簡単に把握できることが好きと彼女は書く

「彼氏はいた方が励みになるよ。
色んな事想像するから楽しいんじゃないか。
仕事だって、うまく行けば、
これで彼女をもっと自信を持って愛せる、と思えてくるしさ。」

そう主人公は返事を書く

お互いの情報を一切持たずパソコン通信上の文字ベースから始まる恋
1996年に公開された作品であるから現代より一般的ではないだろう

メールのやり取りを画面中に文字で読ませる手法 、そこに音声はない
自動的に配役の役者の声が頭の中で再生される

文字ベースの相手を想像し、期待する
お互いが想像上の産物でないことの実在を認識する
そして倍増するその安堵と希望

想像することで壊される期待と想像することで生まれる葛藤、
想像することで育む未来、 影響力を持つ自由な想像とは
知識に理解を与え構築し再生させ実現させるそのプロセスを鍛えるのだ