モンスターズクラブ [DVD]
モンスターズクラブ [DVD] [DVD]

カリフォルニア大学の数学の教鞭をとる助教授だったが世俗を捨て、
米国の爆弾魔ユナボマーと呼ばれるようになった実話にインスパイアされた作品

産業革命が絶対悪だと自然への回帰を謳った様にその思想が反映された物語だった
豊田利晃監督が現日本に置いて類似する点を見出した為引用したとのこと

登場人物は少なく、主役の心情背景に焦点を当てた展開
山小屋での暗闇という環境が自己との対話を促す
幻想の様に劣等感を抱きながら死別した兄弟の亡霊が目下を彷徨う
犯罪に置換し声明とした使命とは何か

過激な表現ではあるが死と同等の重きに
現代社会システムの責務があるのではないかと
錯覚を覚えるような問題が提起された作品だった

最後に引用される、宮沢賢治「告別」を聞きながら
必然的に向き合わざる得ない箇所に着地させられる引力があった