ゲゲゲの女房 [DVD]
ゲゲゲの女房 [DVD]
クチコミを見る

水木しげるの妻、布枝さんの自伝からなる映画
時代背景は扨置き、ほぼ見ず知らず人の妻となるお見合い
現代では恋愛結婚が主流となり、選択の自由がある種認められている 

慎ましきを超えた貧困を強いられる
人の適応能力は素晴らしいというべきか
どんな過酷な状況でも日常化することで適応する

貧困が問題ではなくなるころには、貧困自体をネガティブに捉えない思考性が見える
もしくは貧困をも超える発見や想像がそれを補う

そこには確かな愛情が見えていたし明らかなる信頼性が芽生えていた
女性とし相手に自分の生き方を捧げ支え添い遂げる
あの時代だからこそではあるがそのような相手に巡り会えることこそ幸せなのかもしれない

そしてひとつ、様々な欲を制することで何かを超越するのであろうかという疑問も生まれた