つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語 [DVD]
つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語 [DVD] [DVD]


家族を捨て愛する女と再婚するが彼女の心ここにあらず 
 「ようやくゆっくりできた」と安堵する先には亡骸

当の本人、艶は既婚でありながらも
欲情を繰り返し感情の赴くままに生きる
 
再婚を繰り返し
インターネットで男を漁り
近所の若い男をストーキングし
語られる悪態が物語る人物像

しかし病床に横たわる姿のみ描写され
その姿は儚げで乳房についた歯型がどうしようもなく
狂おしい愛情の印となって彼女の全てを語っていた

愛するという欲求と欲情の関係性が現実離れしすぎている
人間関係は全てが複雑に絡まり合っている

旦那を浮気の末自殺で亡くした妻 
旦那と従兄弟と浮気相手との内情に発狂寸前の正妻
破錠した両親の愛情を理解すべく哲学専攻の教授と浮気する娘 
元恋人にけしかけられるまで自分に子供がいることすら知らなかった若い男
自社の社長と浮気しながら顧客とも関係を持つ女性社員

書ききれないほど背負い込んだ登場人物たち
ここには正しき愛情の姿はない
それぞれの想いがすべて一方通行で苦しい

逆にそこまでも遂げられない想いをそれぞれ抱えながら
相手を想い続ける潔さというものを感じた

自己犠牲が過ぎる無様で情けない
だがひとつ、裏切らないことは
それぞれがたった一人を愛しているという事実に過ぎない事