福島瑞穂・消費者担当相は2日、国民生活センターの中名生(なかのみょう)隆理事長(66)が任期途中の今年度末で辞任することを認めた。後任は閣議決定に基づき、公募で選ぶ。中名生氏は67年に旧経済企画庁に入り、同事務次官などを経て07年4月から現職。任期は11年9月末までだった。辞任理由について、福島氏は閣議後の記者会見で「消費者庁が発足し、区切りがついたと説明を受けた」と述べた。【山田泰蔵】

【関連ニュース】
日清ファルマ:カプセルは「トクホ」認めず 消費者委
消費者庁:新手の詐欺的商法で対策チーム 22日に初会合
福島消費者相:橋下知事と激論 ステッカー法的効力で
日清ファルマ:カプセル製品の「トクホ」認めず--消費者委
質問なるほドリ:「消費者ホットライン」どう使うの?=回答・山田泰蔵

子ども手当の「困難」発言、野田副大臣陳謝(読売新聞)
安保50周年 本質外れた反対運動、呪縛から思考停止に(産経新聞)
<戦国武将マップ>伊達政宗や前田慶次郎ゆかりの城や温泉紹介 福島商議所青年部が作製(毎日新聞)
<夕方閣議>「陛下に負担」宮内庁と相談へ(毎日新聞)
秋葉原17人殺傷 きょう第2回公判 事件の目撃者が証人出廷(産経新聞)