平野博文官房長官は7日、政府・民主党の首脳会議終了後、今夏参院選の目標議席に関する鳩山由紀夫首相の発言として記者団に「『ぜひ、安定多数を目指してお願いしたい』との話だった」と紹介した。ところが、記者団が確認すると「安定多数との言葉は使っていない」「全力で頑張ってほしいだった」などと修正した。参院選は民主党の苦戦も指摘されるだけに、平野氏が勝敗ラインに関する発言をぼかしたとの見方も出ている。

【関連ニュース】
与謝野・平沼新党:民主、「第三極」を警戒
普天間移設:「県外に」沖縄知事が要求…官房長官と会談
普天間移設:政府案の調整4月にずれ込み 官房長官見通し
官房長官:沖縄の3訓練区域 米政府に返還求める考え
中国毒ギョーザ:中国政府の対応評価 平野官房長官

「玻は平易な文字でない」最高裁、出生届認めず(読売新聞)
知的障害の女性を暴行=施設の元生活支援員逮捕-千葉(時事通信)
貴金属店窃盗、男を再逮捕=大阪市内で1500万円相当-府警など(時事通信)
<雑記帳>鉄腕アトムが小学校入学式 「特別児童」に任命(毎日新聞)
市のツイッターが縁、米子ゆるキャラ「ヨネギーズ」商品化(産経新聞)