2007年12月

2007年12月24日

クリスマスイブ

今日はクリスマスイブ。
デパートで食べ物、お酒などを買ってきて、準備万端だ。
ケーキはロイズのフロマージュというチーズケーキを買ってきた。
こじんまりとした小さいケーキだが、毎年毎年ケーキを食べる段にはお腹がいっぱいになっていて無理やり詰め込んでいることを考えると、これくらいでいいだろう。

午前中はスポーツジムに行ってきた。
11月から通い始めて今日は15回目くらいであるが、初めてエアロビクスなるものに挑戦してみた。
甘く見ていたがなかなかハードであった。
まず、ステップや振り付け(?)を覚えられない。
周りの参加者とぜんぜん違う動きをしてしまい恥ずかしい思いをした。
肉体的にもきついが、結構頭を使うものだなぁと思った。

そんなこんなでのどが渇き気味である。ビールが楽しみ♪
今日は先にお風呂に入って、家族でネプリーグを見ながら飲んで食べて酔っ払って布団にバタンキューするという壮大な計画を立てている。

そうそう、子供の枕元にプレゼントをセットしなければ。
小学3年生ではあるが、サンタの存在を信じているようなのだ。
まあ嫁さんに任せるか。。。



qwe12345678901 at 17:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月22日

JRのトラブルに思う

久しぶりの投稿である。
技術士の口頭試験に進んだ二人の方についてアドバイスをさせてもらった。
お二人から口頭試験記録をいただいたが、順調に終わったようで安心した。
来年は自分も口頭試験に臨めるようにがんばりたい。

JR北海道でトラブルが頻発している。
札幌近郊で6時間の停止、レールの破断、この年末の忙しいときに、利用者は大変迷惑を被ったことであろう。
6時間もの運行停止になった原因は防護無線という無線を出す装置が原因である。相当古い機械も使われているようだ。レールの破断は老朽化による傷が原因といわれている。

前職で道路関係施設の老朽化問題に携わったことがあるが、公共施設の管理者はこれから大変だと思う。
大きく二つの問題がある。ひとつは、管理している施設が多すぎ、なおかつ老朽化していることだ。
予防するには費用がかかりすぎるし、人も足りない。ドイツでは管理者が「管理するための予算が無いのでここから先は運転しにくい」といった看板を置いているらしい。このように「お手上げ」するのもひとつの方法ではないだろうか。
日本の道路はアメリカなどに比べサービスレベルが高い。
以前、バスでサンフランシスコのフリーウェイを走ったが高速道路とは思えない管理のありようであった。ごみは落ちているし路面も粗い。市内に入るとあちこちで道路工事で掘り返しされており、道路は更に粗くデコボコであった。
日本であんな道路を管理していたらたちまち事故がおき管理瑕疵責任を問われることであろう。
現在でも維持管理にかけられるパワーは少ない。現状でももういっぱいいっぱいなのではないか。危険な箇所はあるけれど、たまたま事故がおきていないだけのように思う。
そのような中でドイツ方式で「お手上げ」し、利用者に伝え、同意を得てから・・インフォームドコンセントというのだろうが、利用者が自己責任で管理されていない道路を走ってもらうといった、半管理半自己責任の道路管理手法を導入していく方向になるのではないか。

JRが同様にやるとすれば、路線の廃止だろう。
利益の出ていない路線は閉鎖し、管理線路を集中する方向になるのではないか。

もうひとつの問題は、維持管理、という仕事は新規建設に比較して、面白くないということだ。
このことは予算の取り方にも係わってくる。橋をひとつ作るのに予算を得るのはわりと簡単だと思う。しかし、維持管理費用を得るのは大変だ。
「橋が壊れるかもしれないので予算がほしい」「いつ壊れるんだ」「わかりません」「そんなんじゃ予算はやれない。データは無いのか」「確実なものではありませんが、予測はしました」「やっぱりダメ」といったやり取りが目に見えるようだ。
金はないし、面白くないから人もいない。どんどん悪い方向に進んでいく・・・・と思っていたが、最近一筋の光明を見つけた。
ある自治体で当初橋を架け替える予定だったところ、担当者が取替えではなく、既存の橋梁を補修する方式に変えて事業を進めているようである。
情報源の公表は控えておくが、当初架け替える予定だった計画を変更するなんて、大変なことだと思う。
管理者、事業者が維持管理に発想をシフトしなくてはいけないが、無理だなあと思っていた。それが現実に行われているのだから、自分の感覚では、これは大変な進歩だ。
このような取り組みが広く紹介されて、既存ストックの有効活用が進めばよいと思う。



qwe12345678901 at 23:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
プロフィール

GRID

コメント
トラックバック